お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロン

7万人の子どもたちからの声を聴いてきた心理士がサポートさせて頂きます。.

Read more

家族療法を基本にサポート!

一日だけのカウンセリングで結果の出せるご家族がどんどん増えています。

Read more

家庭は社会生活の最小限のコミュニティです。

一日、私とご家族全員で時間を共有してみてください。今すぐご予約を!
画像著作者 acworks 様

Read more

優生思想は誰でもが持っている

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

精神医学や心理学は優生思想がもとになっている学問だということは再三話してまいりました。

しかし、人間というものはこの優生思想が誰にでもあるのです。このことを忘れてはなりません。

優生思想があるから、切磋琢磨したり、頑張ったり、成長すると言えるのではないかと思います。もちろん、これが強すぎると、人を見下したり、コントロールしたり支配するようになるので、気をつけろよという教えだと思うのです。

母が子どものころよく言っていた言葉を思い出します。

「実るほど首を垂れる稲穂かな」

それでは 慢について考えてみましょう。

 

 慢 まん
他人と比べて、自分を誇ったり過剰評価して、思い上がる心を慢といいます。家柄、財産、地位、知識、能力、容姿など、比べることの出来る事柄では、何にでも起こりえる煩悩のひとつです。

 

煩悩とはいったいなんでしょうか?

煩悩

仏教における教義の一つとされています。

原語は、サンクリット語のクレーシャで、心の汚れという意味があり、仏教では煩悩が人の苦しみの元とされています。

煩悩の根源は三毒(貪欲・瞋恚・愚痴)と言われ、貪欲とは必要以上に求めること、瞋恚とは怒りの感情、愚痴は物事の本質や真理に対する無知という意味があります。

煩悩のない世界を涅槃(ねはん)と呼びますが、修行僧はそこに辿り着くために日々つらい修業に耐えています。

しかしその一方で、煩悩は必ずしも苦しみだけを生み出すものではない、という考え方もあります。

これは宗派によって違いますが、欲や怒りは生きていく上のエネルギーになると捉えるものです。

例えば「家族を養うためにお金を稼ぎたい」「いつまでも健康でいたい」と願うことは悪いことではない、ということです。

私は、欲や怒りは生きていく上でのエネルギーになると考えています。

悔しいと思う気持ち!欲しい!という気持ちは生きるためのエネルギーになるという考え方です。

陰陽を学ぶと、このことがよく理解できます。

怒ることが悪いこと

欲があることは悪いこと

だけではありませんよね。 陰極まって陽となす。

まさしく、この世の中は両方があって成り立っていると強く思います。newimage-546x546-2

苦がないところには楽はありませんし、苦を乗り越えたところには大きな喜びがあります。
心の状態で、七つに分けたものを七慢といいます。八慢、九慢、という分類もあります。我慢はその中のひとつです。
 七慢 しちまん
1.慢まん  自分より劣っている人に対しては自分が勝っている、とうぬぼれ、同等の人には、自分と等しいと心を高ぶらせる。

2.過慢かまん  自分と同等の人に対して自分が勝っているとし、自分以上の人は自分と同等とする。
 

3.慢過慢まんかまん  勝っている人を見て、自分はさらに勝っている、とうぬぼれる。
 

4.我慢がまん  自負心が強く、自分本位。
 

5.増上慢ぞうじょうまん  悟っていないのに悟ったと思い、得ていないのに得たと思い、おごり高ぶる。
 

6.卑慢ひまん  非常に勝れている人を見て、自分は少し劣っている、と思う。
 

7.邪慢じゃまん  間違った行いをしても、正しいことをしたと言い張り、徳が無いのに有ると思う。
 
 

以上は、阿毘達磨品類足論あびだつまほんるいそくろんと言うお経の第一巻の辯五事品から。お経により七慢には色々な呼び方があり、順番も異なります。
 

 八慢 はちまん
  慢・大慢・慢慢・我慢・増上慢・不如慢・邪慢・倣慢
 

 九慢 くまん
九慢は少し表現が異なります。色分けしたように、七慢の慢・過慢・卑慢の三種類からの展開です。我慢がいろいろ並びます。
 
 

我勝慢 がしょうまん
我等慢 がとうまん
我劣慢 がれつまん
有勝我慢 うしょうがまん
有等我慢 うとうがまん 
有劣我慢 うれつがまん
無勝我慢 むしょうがまん
無等我慢 むとうがまん
無劣我慢 むれつがまん
 
我慢がたくさん出てきましたね。

我慢とはどういうことを言うのかを見てみましょう。 

 我慢 がまん
我慢は一般的に、自分を押さえて耐える、という意味で使われますが、本来は自分を偉いと思い、他人を軽んじることです。
仏教では、自分に執着することから、自分を高く見て他人を軽視する心が生まれる、と考えます。
 
「慢」 については 
http://tobifudo.jp/newmon/etc/gaman.html 参照させて頂きました。

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

月1度ですが、TOKYO DDC でのカウンセリングをお受けさせていただくことになりました。

初回は2月14日の火曜日になります。興味のある方は診療日にTokyo DD Clinic(03-60-240-1316)にお電話ください。

http://tokyo-dd-clinic.com/

 

index_image

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

異常にかかわりを持ちたがる義母

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

あるサイトで結婚して、異常に自分たちの生活にかかわりを持ってくる義母についての相談がありました。

このように異常に息子夫婦や娘夫婦に関りをもち、関われないと逆上してしまう人がいます。

こういう場合、キーパーソンは父親にあります。

この義両親の仲は良好ではない可能性がとても高いのです。

自分の存在意義を自分が役に立つことによって確認したいと思っているのです。

御夫婦仲がうまくいっていれば、このようなことは起きません。

参考までにこちらもお読みください。

過剰にかかわってくる母親

 

 

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

エネルギー的コミュニケーション

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

人間関係において、エネルギーの伝達と共鳴が起きています。

一方のエネルギーが相手に伝わり、相手の発しているエネルギーに共鳴することがあります。

私が、メールやSkypeカウンセリングを辞めた理由でもあるのです。

mailでやり取りしてもなかなか伝わりにくく、誤解が生じることもあります。

これは時間の無駄だと思ったのが始まりです。

実際に直接会って同じ空間でお話すると、お互いによく理解できるのです。御家族でお受けいただければこのエネルギーの交換が一度でできます。

 

日常の生活を思い浮かべてみてください。喧嘩や言い争いはエネルギーの奪い合いです。怒りをぶつける人は、怒りのエネルギーを放出しつつ、相手のエネルギーを奪っています。

怒りのエネルギーをまともに受け取った人は気分が悪くなりますよね。

愚痴や泣き言をいう人は、相手のエネルギーを吸い取っています。

ですから、愚痴を聞いた後疲れてしまう人が多いですよね。

明るく元気な人からは元気なエネルギーが流れているので、元気になりませんか?

これは、私は昔から感じていることなのですが、カウンセリングの時私は怒りや愚痴、泣き言を聴き、エネルギーをいったん引き受け、それを浄化して戻すイメージで話します。

つまり、エネルギーの交換をしています。

愛のエネルギーは生命エネルギーです。このエネルギーを受けると、緊張がほどけ穏やかな満ち足りた気持になります。

ですから、カウンセリング中に、身体が温まり、寝てしまう人もいらっしゃいます。

良いコミュニケーションが取れている場合には、お互いの境界線がきちんと保たれていて,共にいるという状態になるのです。

この境界線が弱いと相手の影響を受けてしまうことになります。

よくカウンセラーやセラピストの方が、「もらってしまった」と言っていることがありますが、これは境界線ができていないということなのです。

わたしは誰にも習ったわけでもなく、自然にやっています。実は誰にでもできることなのです。

一番いいのは、パートナーや親子で、このエネルギー交換ができるといいですよね。

「カウンセリングなんかいらない」 というのは、こういうことなのです。

しかし、これを理解できていない方でどうしたらいいのか忘れてしまっている方のスイッチを押させて頂くことはできます。何か問題があるということはこのエネルギーの交換がうまくできていないということです。エネルギーの循環をスムーズにしていくといいですよね。

これに家族カウンセリングを組み合わせているのが、私のやっている甲斐メソッドです。家族カウンセリングも、色々なところからいいとこどりして組み合わせた独自の方法です。

 

 

このたび、DDクリニックでも月に一度カウンセリングをお受けさせていただくことになりました。

第1回目は2月14日です。

もう一組様お受けできると思います。TOKYO DDCにお問い合わせください。  03-6240-1316

院長からのコメントです。

 

伝説のカウンセラーのカウンセリングスタート♪

FBFでのべ7万人以上カウンセリングされたという伝説のカウンセラー、甲斐由美子さんのカウンセリングを月に一回、クリニックでやってもらうことになりました♪。一か月に一回、二組だけの限定カウンセリングです。甲斐さんのカウンセリングはほかのカウンセラーなどと違い、基本的に一回のみとなります。場合によっては2回になることはありえますが、それでも2回です。人数も何人でも構いませんが、よくあるのは夫婦、親子などの家運セリグのようです。

相談内容はどんなパターンの人でも構いません。親子問題、夫婦問題、断薬問題、断薬後の問題、知的障害や自閉症相談ほか、なんでもありです。また子ども連れでも参加可能ですが、遊ばせておくために参加者にも工夫してもらう必要はあります。料金は最長3時間から3時間半程度で45000円です。一回で終わる、家族で参加できる、豊富な経歴を考えたときに、髙いと思うか安いと思うかはお任せします。初回は2月14日の火曜日になります。甲斐さんは御殿場にお住まいなので、東京にはなかなか来られません。

すでに2月は1組は埋まっており、あと1組のみの募集となります。興味のある方は診療日にTokyo DD Clinic(03-60-240-1316)にお電話ください。

 
 

 

 
 
 

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。