人の力を借りる

お子様が世の中に出たとき、嫌なことがあったら、逃げてしまって、社会的な適応ができないのではないかとお悩みの方も多いと思います。

学校や、周りの人たちに対して、次のように感じている方はいらっしゃいませんか?

学校がお子さんを守ってくれない!
わかってもらえない!
いくら言っても、話が通じない。

確かに、そうですね、誰も守ってくれない。
世の中に出たら、もっと、守ってもらえることは少ないですよね。

では、どうすればいいのでしょうね。

通信制高校に通っても、人との関係がうまくいかなければ、社会で生きていけないとお感じの親御さんも多いことでしょう。

それが、一番の問題だと、気が付かれている方も多いことでしょう。

さて、あなたなら、どうしますか?

学校がお子さんを守ってくれない!

理解してくれない!

などと思っている方、いかがでしょうか?

私は、あなたなら、どうしますか? と問いかけさせて頂きました。

世の中に出ると、守ってもらえない。

親がずっとついているわけにもいかない。

どうしたらいいんだろう?

そういう風に悩んでいる方は、続けてお読みくださいね。

私なら、学校の先生を味方にできるような行動をとると思います。

いろいろと、腹の立つこともあると思いますが、先生を「敵」とみないで、味方につけてしまうのですね。

それくらい、親しくなると意見を言っても、聞いてもらえるようになりますよ。

敵意を持って接すると、敵意を持った答えが戻ってきます。

不信感を持って接すると、不信感を持った答えが返ってきます。

では、どのようにすれば、味方につけることができるのでしょうか?

お子さんと信頼関係を育むことをお話しさせて頂いておりますから、大丈夫ですよね?

先ずは、先生を認めます。

相手のおっしゃることを聴きます。

否定はしないことです。

自分が正しいと思っても、否定はしないでくださいね。

先生との信頼関係をまずは作るといいですね。

ブログでは、たびたび書いていますが、子供の時に身につけたほうがいいと思うスキルが12あります。

覚えていらっしゃいますか?

第一番目に、「助けを求める」 を挙げています。誰かの力を借りることですね。

人に助けを求めるためには、相手との信頼関係ができていないと難しいですね。

保護者であるあなたは、できているでしょうか?

まずは、あなたがやってみてくださいね。

お子さんは、あなたの姿をよく見ています。

親の背中を見て育つのですね。

これは、学校の先生だけではありませんね。

旦那さん、お舅さん、姑さん、お子さん、ご近所さん お友達、会社の人たち 関わりある方々に、信頼関係を持てているといいですよね。

もし、保護者のあなたができていないと思われたら、まずはご自分からやってみてくださいね。

これは、子供の時に身に着けておきたいスキルの一つなのです。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00

カウンセリングは全て予約となります。
新たにSkypeでのカウンセリングもお受けさせて頂くことにしました。

Skypeカウンセリング
60分 5400円

あらかじめ、お振込みかカード決済して頂きます。
ご希望の方はお問い合わせください。
お使いいただけるカードはVISA、MasterCard、AmericanExpress となります。

Categories: 未分類