自己肯定感

おはようございます。お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロンの甲斐です。

多くの皆様とお話させて頂いていて、悩みの深い方々に共通する問題に、自己肯定感があります。

それは、当然だと言えば、当然ですよね。悩むのは、自信がなくなっているときですよね。

そして、不登校や、ひきこもっているお子さんの保護者さんとお話させて頂いても、同じように、自己肯定感に問題があることも多いのです。
低くても高くても大丈夫なのですが、自己肯定感をあげましょうとよく言われますよね。

何度か、ブログでもお話させて頂いていますが、お母さんが、自分を責めると、お子さんも自分を責めるようになります。

何かができるできないの自己肯定感で、責められている場合がとても多いのです。

お子さんの言ったこと、行動を否定すると、自己肯定感に問題が出てきますよね。

例えば

子ども: 今日も、学校に行きたくない。 とにかく嫌なんだよな。居場所がないんだ。

ここからは心の声だと思ってくださいね。

親御さん: 困ったな。 心配だな。どうしたんだろう? このままだったらどうしよう。将来が心配だわ。 ちゃんと独り立ちして生きていけるのだろうか?

子ども: 親に心配かけている私は、ダメな子供だ。

 

 

utu

親御さん: こんな風に育ててしまった私の育て方が悪かったのだろうか。

子ども: 親の期待に沿うことが出来ない私は、ダメ人間だ。

親がお子さんのことが心配なのは当たり前な親心ですが、

心配しすぎると、お子さんも不安になり、自己嫌悪することになります。
口に出さなくても気持ちは伝わります。

お子さんはとても敏感にキャッチします。

子ども: 今日も学校へ行きたくないなぁ・・・

ここからは、心の声です。

親御さん: ま、そんな時もあるよ。 動ける時があるから、そのときを待ってもいいかも!行きたくなければ行かなくてもいいさ。

子ども:  休んで、ゆっくりしてみるか!

親御さん: きっと、君は、自分の道を歩んでいける! そのためには、できる限りの援助はするよ。 失敗したっていいんだよ。そこから学ぶことは多いんだからね。失敗しながら成長するものだもの。

子ども: こんなこと言ったら、反対されるかなぁ~

親御さん: 相談してくれたら、一緒に考えよう。 相談できる雰囲気を作っておいたほうがいいかな。

子ども: 反対されたら、そのとき又考えればいいや。 とにかく、言ってみよう~。

こんな風に、上手く行くとは限りませんが、お子さんを信じること、相談できる受け入れる姿勢を作っておくこと
それは、とっても大切な親の姿勢ではないかと思います。

親御さんも、何があってもお子さんを受け止めるという、自己肯定感を持つと、お子さんに伝わるのですね。

何があっても私の子だよ。大丈夫!本当に困った時には言ってくれればなんでも援助はするからね。やってみてごらん。

 

お子さんが自己肯定していないなと感じたら、親御さんも、ご自分を振り返ってみてくださいね。

何かができないと、できるようにと願うのは親心ではありますが、何をするのかを決定するのはお子さん自身ですよね。

自己決定権は小さくても幼くても本人にあるのです。

 

お子さんは色々なことをとても敏感にキャッチします。

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。