発達(development)とは?

発達(development)の定義

精子と卵子の受精から死に至るまでの一生涯の『質的・量的な変化の過程』と定義する事が出来ます。人間は、一生の間、絶える事なく変化をし続けるという前提に立ち、その継続的な変化の仕組みと実際の状態について調査・研究するのが発達心理学と呼ばれる分野になります。以前は、心理学における“発達”という言葉は、日常用語の発達と同じように、誕生~成人期までの機能的形態的発展の“上昇の過程”という意味が込められていました。しかし、現代の発達心理学における発達の概念には、成人期以降の中年期・老年期も発達の段階として含まれていて、誕生~死までの生涯全ての過程を発達。
キャプチャ

古い時代には、発達は遺伝的要因にその大部分を依存する過程と考えられていて、遺伝的に潜在している可能性が時間の経過に従って次々に開花してくる事を発達と呼んでいたのですが、現代においては遺伝的要因と同等に環境的要因が重視されていて、機能的発展以外にも人格の成熟や知性の発達といった観点を合わせて生涯のスパンで発達が考えられています。また、一般的な成人期までの変化の中でも、一時的な発達の停滞や表層的な逆行が見られることがあり、成人期以降の変化でも生物学的な加齢と並行して発達の下降や衰退が必ず起こるとは断言できない部分があります。その為、発達には従来の『上昇・下降』といった価値判断を含まない事になり、一生の間の変化として発達を考えるようになりました。即ち、発達は『生涯発達』という観点から研究されるべきものとなってきました。

発達は一定の規則・型に従って、一生を通して連続的に進行する変化の過程で、その進む速さは一定ではなく個人差があります。発達のスピードの差が生まれる原因としては、遺伝的な個人差があり、性差があり、発達過程の環境などがあります。『発達の順序性』という発達の規則があり、発達は一定の決まった順序で進行していきます。

シャーレイ(1961)の研究をもとにして、人間の乳児期の発達で順序性を考えると、『胎児姿勢→あごを上げる→肩を上げる→支えて座れる→膝に座ってモノを掴める→椅子に座る→一人で座る→支えてもらって立つ→家具に掴まって立つ→ハイハイする→手を引かれて歩く→家具に掴まって立つ→階段をハイハイで上がる→一人で立つ→一人で歩く』といった発達段階を順番通りに経過していくことになります。この発達の順序性の順序が乱れたり、飛躍したりする場合には、発達上の何らかの問題や異常がある場合が考えられます。しかし、その発達段階がどのくらいの時期に起こるのかという発現の速度には個人差がありますので、あまり神経質になり過ぎるのもよくありません。

最近の傾向を見ると、個人差を無視して、枠の中に納まらないと感じると、発達障害との診断名を付けてしまうことが多いように思います。

しかもその診断方法は、DSMをもとに医師の主観によるものであるということがとても重大な問題点です。

アメリカの精神障害診断マニュアルがどのようにして作られているのかも知る必要があります。

発達障害との診断を受けているお子さんは、アレルギー反応があったり化学物質過敏症があることが多いですね。
それはなぜでしょうか?
たまたまですか?

私がお話させて頂いてきたお子さんの中にもひどい化学物質過敏症の人がいました。
それを親に伝えても伝わらないので我慢していました。
周囲からは変わった子だという評価をされていましたね。
明らかに原因があっての様々な行動です。

アレルギーについて、例を挙げてみましょう。
例えば花粉症、昔はなかった花粉症が今ではどうですか?何故ふえているのでしょうか?
スギ花粉は昔から飛んでいました。
詳しくは、花粉症についてのノートもありますので参照して頂ければ幸いです。

花粉自体に問題があるのではなく、化学物質に問題があると私は考えています。それでは、その化学物質はどこから来るのでしょうか?
この社会毒、化学物質を排毒していかなければ治らないでしょうね。

アレルギー反応を出しているということはむしろ、当然なことなのですが、多くの人はこれを抑えようとします。
医療に頼る人も多く、薬漬けになってしまう人もいるのです。
そうなると悪循環になるのは当然でしょう。

根本的にその場限りの対処をするのではなく、食や生活習慣を見直す必要があるということです。
アレルギー反応が続いているのを放っておいただけでは、たまる一方です。
放っておけば、ガンなどになる危険性があるのは当然ですね。

そして、発達障害を考えるうえで最も必要なことは、精神医学とは何かを知ることです。
児童精神科医のなかでも、診断はその医師の主観によるものだと認めている方もいらっしゃいます。

そこらあたりを調べることによって理解できることは多いのです。

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。