優しい母親ではいられないという悩み

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

今朝は、子どもを愛せないというママのためのお話です。

優しい母親ではいられないという悩み
2歳の子のママのAさん
優しく子供に接しいい母親であろうと頑張っています。
しかし、子どもは我儘放題です。
出来るだけ優しい母親でいようと思うのですが、つい手が出ます。
そして、自己嫌悪
自信をなくして行きます。


もしあなたがそういう状態であれば、まず、お子さんをなんとかしようとするのではなく、自分に向き合ってみてくださいね。

あなたの中にいる子どもの時代のあなたを思い出してほしいのです。


2歳のお子さんは、自我が芽生え始めいろいろなことに興味を持ちなんでもやりたがるようになりますよね。
躾の点でどうなんだろうか?と悩むことも多いでしょう。
2歳という時期は、まだまだ、自己中心的な自我です。
ですから、なんでも自分の思うとおりにしたいのでわがままを言うようになります。
その相手が母親なら甘えて色々と要求しても当たり前ですよね。
子供なら当たり前のことなのです。

 


さて、Aさんの理想の母親とはどのような母親像なのでしょうね?
優しくて何を言われても叱らない母親なのでしょうか?


自分の感情を抑え込んではいませんか?
あなた自身、子どもの頃に、自己主張することを抑えられてはいませんでしたか?
いま、ストレスを溜め込んではいませんか?
誰にも相談できなくて精神的に追い詰められてはいませんか?
イライラしてお子さんを受け入れることができない自分に対して嫌悪感を持っているのではありませんか?


もしそうだとしたら、少し自分に休憩をあげましょう。
少しでいいんです。
たとえば、何か美味しいものを食べるとかね。
少しだけお子さんから離れて、休憩するとかね。
ひと呼吸おいてみてください。
お子さんをどこまで受け入れられるのか、受け入れることができないのか。
冷静に判断できる状態になるまで、休憩してみてくださいね。


目の前にいるお子さんの行動に対してイライラしているのか?
それともほかの原因があるのか?
自分に問いかけてみることが大事ですよ。
少しだけ休憩すると、自分が見えてくることがあります。
お試しを!

 

 
 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。