どちらが濃いですか?

おはようございます。

自律サポートカウンセラーの甲斐です。

ここで、少し下の図をご覧下さいますか?
AとB と書かれているタイルの色は、どちらが濃く見えるでしょうか?

よぉーくご覧下さいね。

t02200171_0800062211411745876AとB どちらが濃いグレイに見えますか?

t02200171_0800062211411740444

 

こちらはいかがでしょうか?

じつは、AとBのタイルの色は同じである。これはマサチューセッツ工科大学のエドワード・エーデルソン教授が考え出した「チェッカーシャドウ錯視」というものなのですよね。

そうなんです。 同じ色なんですよ。
正解は、同じ色なんですね。試しにこの画像をプリントアウトして比べてみてください。

私もプリントアウトして比べてみました。

一般的に、周りを見てしまうので、錯視を起すことが多いのですね。

いかがでしょうか?
正しく見える人は少数派であることで、周りから浮いてしまうのですね。

「木を見て森を見ない」状態になりやすいのですが、周囲に惑わされることなく、正しく真実を判断する能力が高いのです。

錯視についてはまだほかにも色々あるようです。

こちらの記事も参考になさってください。

http://matome.naver.jp/odai/2129714413180823201

 

また、ルビンの壺のようなものもご存知でしょう。

「ルビンの壺」のように2通りの見方ができる図でも,ある瞬間に認識できる図はどちらか一方だけです。

壺が見えているときは顔は認識できず,顔と壺はまるで切り替わるように一方だけが認識でき,両方を同時に見ることはできませんよね。

「ルビンの壺」を初めて見たときに,壺が見えるか,顔が見えるかは,人によって異なります。

あきらかに顔としか見えない図を何枚も見たあとで「ルビンの壺」を見ると,顔が見える確率が高くなることが知られています。

ということは,顔を見るクセがついていると,先に顔が見えやすくなりますよね。

同じものを見ても、人によって見え方が違うということは、こういうことからも理解できますよね。

is

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。