児童精神科医は、うすうす気づいてる

児童精神科医の太田昌孝氏は「発達障害の基礎理解」金剛出版の著書の中で次のように述べていらっしゃいます。

多くの児相精神科医の方々も気づいていらっしゃるということは色々な書物を読むと分かります。問題は、判断基準について調べ検証することで、変わってくるのではないでしょうか。

教科書通りに覚えているだけでは、見えてくるものが違うということがはっきりとわかります。

私も、発達障害という診断名を初めて知ったとき、不思議なことばかりで、色々と調べ、そう呼ばれているお子さんたちとも会って話をさせて頂いてきました。

診断基準があいまいであれば当然向き合い方も違ってきます。

それは当然だといえるでしょう。

発達障害について、専門家によって診断名が違う。さらにはそもそも障害か否かの判断が異なるという話を聞くことがあるが、その理由の一つには複数の判断基準の存在が関連している。発達障害の診断をめぐる混乱には、近年の発達障害の概念の広がりも関連していると思われる。発達の遅れを伴わず発達の偏りの程度が従来の典型例よりも軽くても診断される場合が増えてきている。とりわけ行動症状では、その強さはスペクトラムをつくっているので診断基準にうまく当てはまらないことが関連していると思われる。
発達障害の原因の解明や治療法の開発を目指して研究を行うためには明確な診断基準が必要であるが、こころの発達の遅れや偏りのある子どもを支援する上では必ずしも厳密な診断にこだわることはないように思える。診断名にあまり振り回されずに、その意味するところ、つまり子どものどういう点が問題かをきちんと理解することが大切である。

 

私のこれまでのお子様たちから話を聞かせて頂いたことを鑑みてみると、困ったとされている問題には原因がある場合が多いのです。

脳の障害があるとは決して思えないということです。

そして、気になることの一つに、アレルギーを持っているお子さん、何かに対する過敏症で症状が出ていることも多いということです。

その原因は、様々です。

食であったり、親との関係であったり、いじめなども原因になります。
また、性的被害をもっていたり、虐待されることにより、積極的になれないことがあったり、言葉で感情を表せなくて行動してしまうこともあります。
早期発見早期療育を言われすぎたために、過剰反応している人が多いことも原因の一つでしょう。

そして、ワクチンも関係するというデータもあります。

診断されている基準は何でしょうか?

発達の遅れ、偏りとは何でしょうか?
人間はすべてにおいて同じように発達しなければ障害でしょうか?

国語の得意な子がいても、数学が得意な子がいても、体育が得意な子がいても、音楽が得意な子がいても、歴史が好きな子がいても、それがどうして障害だと言えるのでしょうか?
逆もまたしかりですね。

色々興味をもって、それを学ぶことができるって素晴らしいと私は思います。
そして、次々に新しいものに目を移していく才能もあるということ。

興味のないことをおとなしく聞けということもこれまた子どもにとっては酷なことですよね。
興味を持たないのは、見せ方にも問題はありませんか?

色々なことが浮かんできますよね。

人とのコミュニケーションがうまくいかないというお子さんとも話してきましたが、なぜ私とはコミュニケーションができたのでしょうか?

コミュニケーションの仕方
勉強の仕方

教えてもらっていないのかもしれませんよね。

聴き方、引き出し方、あるのではありませんか?

相手によってそれを変えることもコミュニケーション能力の一つですよね。

そう思われませんか?

 

 

 

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。