家族のシステムパターンを見ましょう。

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

昨日、Facebookにこのような記事を挙げました。

 

多くの皆さまにコメント頂きありがとうございます!!

お子さんに聞いているのに、お母さんが答えるってよくあるよね。
何を聞いても先ず、お母さんのほうを見るお子さんも多い。

これを否定的に捉えた方はとても多いと思います。

母親の接し方が悪いから?過干渉、過保護だからそうなったと思われますか?

家族療法では、これを単純に事実としてシステムの一部だと見ます。

誰もいいとか、悪いとか、問題があるとかには関係なく、家族のシステムとして判断します。

 

これがこの家族のシステムパターンです。誰が悪いとか、治そうとかしなくてもいい方法で、システムを変えていくことができると結果も変わります。

家族を一つのシステムとしてとらえる考え方です。

まず、今を見ます。

子どもに質問する

母親が答える

父親は黙ってみている

 

これが、この家庭のコミュニケーションシステムです。

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。