自己表現は何度も練習!パート1

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて皆さんは、自分のいいたいことが相手に伝わっていないなぁ。と感じることはありませんか?

私にもあります。(笑)

実は昨年暮れにもあったんです。

ではどうして伝わらなかったのでしょうか?

じつは、言いたいことを整理していなかったことに気が付きました。

当たり前の話なのですが、自分の中で何を伝えたいのか明確でなければ伝わらなくても当然ですよね。

あいてが同姓でお互いをよく知っている間柄であれば、話しながら探っていくことも可能です。

しかし、相手が異性の場合や気心の知れていない人に話すとき、これはとても難しいですよね。

何度も男女の感じる差についてはお話させて頂いてきましたが、女性は感情で話します。男性は理論で聴きます。

ま、通じないという経験も必要ですね。失敗すれば次はどのように話せばいいのか分かってきますから。

客観的な事実を踏まえて具体的な提案や要望を言うことが重要です。

次の3つの点に気を付けてみてはいかがでしょうか。

1.言うことを明確に意識する。話す前に、自分の考え、感情、本音を把握する。相手に何を訴えたいのかを確認しておきます。

2.事実、自分の感情、要望をはっきりと分けて話す。友好的なエネルギーを込めて伝えることも大事だと思います。

3.一方的にならないように相手の意見を聞く。追い詰めるような言い方をしないように気を付ける。

「あなたの意見を聞かせてほしい。」と明確に言う。

これはとても大事で、周りに第三者がいる場合には、特に気を付けないと、聴いていた人のフィルターがかかり、噂になってしまうこともあります。

先ず、何を言いたいのかをしっかり考えてみましょう。そして、それを伝えたいと思うのは何故なのか。合わせて考えてみるといいですよ。

 

何を言いたいのか明確でなければ伝わらなくても当然ですものね。

 

明日に続く(笑)

 

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。