機能不全家族 そこにあるものは寂しさです

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

先日、機能不全家族のお話をさせて頂きました。

http://hi-mawari.com/2017/01/25/%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%B8%8D%E5%85%A8%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E5%BD%B9%E5%89%B2-3/

 

この話、なかなか理解できない方が多いので具体的な例を一つお話しましょう。

あるシングルマザーがいらっしゃいました。その方はとても教育熱心な方で、不登校児や適応障害、発達障害と呼ばれているお子さんたちの教育をしていらっしゃる方でした。

とても社会的にも信用されていらっしゃるようで、ご自分の仕事にはとても熱心でした。

役職もつき責任ある地位にもついていらっしゃったので、ある日、地方に住んでいた方なのですが東京に転勤命令が出されました。お子さんを連れて行くと充分に仕事ができないと感じたのか、ご自分の母親にお子さんを育てもらい、単身赴任で別々に暮らし始めたのです。

その前から、お子さんは、「適応障害」との診断を受けていました。

帰ってくるのは数カ月に一度です。電話では話はしていましたが、そのお子さんは日に日に学校に行くことができなくなっていきました。

そんな時に私と話し始めたのですが、「私がわがままなのです。我慢しなければいけないのです。母に一緒に暮らしたいと言っても聴いてもらえません。」ということがきっかけでした。そして、そんなに学校に行きたいくないのなら東京の病院で診察を受けろとも言われてしまいました。原因は、母親がいない寂しさだというのに・・・そして、その専門家だというのにその事には気が付かない、または気が付かないふりをしているように私には思えたのです。

その子が言っていたこと

私ではなくて、他の子の方が大事なんです。あなたが私の本当のお母さんだったらいいのに・・・」

何度も言われました。

その他のお子さんたちにも同じ言葉を何度も言われました。

いかがですか?

これほど親にとって、恥ずかしいことはないとは思われませんか?

その時、私は決意したのです。

母親は私ではない。本当の母親に子どもさんたちを返そう。と。

それでは、何故、お子さんたちが私にそのような言葉を言ったのでしょうか?

私のしていたこと

それは

ただ、お子さんたちのお話を聴き、自分の子どものころのことを話しただけなのです。

同じようなことがあったよ、そんなときには、私はこう考え、こうしていたよ。

 

それだけでいいのです。

それができていない親御さんがとても多いことを知った時期でした。

 

お子さんには、母親は必要なのです。

そして、母親はあなたしかいないのです。

自立を急がせることばかりに集中してはいませんか?文句を言わなければいい子ですか?

寂しさを仮面をつけてふるまっていることに気が付きませんか?

そんな寂しさを抱えているお子さんがこの日本には大勢いらっしゃることを私は知っているのです。

 

女性の社会進出

大いに結構だと思います。しかし、ちょっと振り返ってみてくださいね。あなたの背中を見て育ちます。一生懸命に生きている姿をお手本にします。一人で抱え込んで頑張りすぎないでくださいね。

ママがストレスを抱えてイライラすると敏感に察知します。イライラしてもいいんです。泣いたっていいんです。怒ってもいいんです。ある男の子は、辛くても泣きたくても感情を表すことができませんでした。お母さんが頑張っていつも微笑んでいてくれて申し分のないお母さんだったのです。その子は感情を出してはいけないのだと思い込んでいたのです。ある日お母さんが泣き叫びました。その時、その子はお母さんに言いました。

「泣いたっていいんだよね。」と・・・

私は、そのお子さんたちと約束してきました。

あなた達の気持は、私は大人たちに伝えていくからね。だから、自分でも自分の気持ちをできるだけ言うようにしよう。そして、一緒に頑張ろうね。と。

子育て四訓を思い出します。

(1)乳児はしっかり肌を離すな
(2)幼児は肌を離せ、手を離すな
(3)少年は手を離せ、目を離すな
(4)青年は目を離せ、心を離すな

 

お母さんが頑張っていることを知っているからこそ寂しくても言えないお子さんもいるということをちょっと考えてみて欲しいなと思うのです。

一番大事なことは、お子さんに向き合ってあげる時間を持ってほしいということです。自立する前に充分な依存の時間をとってあげてほしいのです。どんな環境で育ったとしても、もちろんそのお子さんが乗り越えて生きていかなければならないことには違いありませんが、幼い時には、充分向き合って欲しいなと、色々なお子さんに接してきて思います。

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。