あなたは何を待っていますか?

おはようございます。

お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロンの自律サポートカウンセラーの甲斐です。

 

└ 待つことは受け入れることではありません  をお読みになった方の中には、「不登校 =待つこと」だと思われている保護者様が多いことと思いますが、いかがでしょうか?

 

「お子さんを信じて待ちましょう」 ということはよく聞かれている言葉だと思います。

 

この理解の仕方によって、結果が違ってくるというお話しをさせて頂きました。

 

お子様を待つ  という気持を、よく見つめてください。

あなたは、 「何を待っていますか?」

 

そんなこと、分かりきっているではないですか! 学校へ行くことを待っているんです。

そう、お答えになる保護者さんは多いのではありませんか?

 

お子さんは、そんな気持を敏感に察しています。

 

「無理して、学校へ行かなくてもいいのよ。大丈夫」

 

そんな言葉の裏に隠れている親御さんの気持を敏感に察しているのです。

 

本当に、あなたは、お子さんが「学校へ行かなくてもいい。」 と心から思っていますか?

 

学校へ行かなければ、学歴もないまま社会に出て、勤めることも出来ないではないか。

いや、このままでいたら、社会にも出ることが出来なくて、ひきこもったままになっては大変だ。

 

そんな思いが頭を駆け巡っていませんか?

 

おまけに、子どもの教育はお前のせいだと、誰かに言われたりする。

 

どんどん ご自分を追い詰めてお辛いのではないですか?

 

そんな辛い思いをさせてしまっていると、お子さんは敏感に感じているのです。

 

確かにお子様の将来に対する不安はあって当然ですね。

それが親心です。当たり前の感情です。

 

そんなときの保護者の方の感情は、不安 不快 恐怖ですね。

すると、お話させて頂いた 適応機制 または 防衛機制 が働きます。

 

誰かのせいにしたくなったり、自分は悪くないとおもったり、誰かに当たってしまったりしますよね。

 

お子様が不登校になったり、ひきこもってしまうと、多くのお母さんがお一人で抱え込んでしまい、旦那様は何もしてくれないと、不満を持つ方も多いようです。

 

一方 お父様のほうも、不安 不快 恐怖を持っていますので、やはり、適応機制 または 防衛機制 が働きます。

 

*適応機制:

私たち人間には、様々な欲求があります。そうした欲求が満たされない状態が継続すると、欲求不満になります。そこで人間は、こうした欲求そのものを満たそうとするのではなく、たとえば、それが満たされない状態を正当化するなど、別の方法で、欲求不満を解消しようとします。この人間に備わっている機能を特に「適応機制(てきおうきせい)」と言います。

 

そんなご両親や、ご家族の姿をみて、本人は、もっと不安になったり、不快であったり、恐怖を覚えていきます。

その第一の原因は、お互いの目標がずれているところにあるのですね。

 

もし、あなたが日常的に通っているどこか、会社であったり、習い事であったりを思い浮かべてみてください。

何らかの事情で、長期に休んでしまって、再度 行こうと考えたとき、何らかの不安を感じることはないでしょうか?

 

お子さんも同じですね。

 

皆が、どう思うだろうか?

受け入れてもらえるだろうか?

勉強についていけるだろうか?

虐められないだろうか?

 

そんな不安を抱えています。

学校へ行けない自分を責めていることも、多いのです。

 

たとえば、お子さんが、学校へ行くことを目標にしていたとしても、それは、本当にお子さんの目的なのか

それを確かめてあげることから、はじめてほしいのです。

 

親が学校へ行ってほしい   ではなくて、 本人が 学校へ行きたいと思っているのかどうか

 

親から見ると、当然 「学校へ行く」ことが目標になっている方が多いように感じますが、いかがですか?

 

ちょっとした、すれ違いに気がつくと、接し方がかわってきます。

一番最初に受け入れるのは、お子様の感情なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。

3月のご予約は終了しております。4月につきましてはDDCにお問い合わせください。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。