精神医学について ①

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

今朝は、精神医学について考察してみたいと思います。
精神医学についてもはや隠しようのないほどあちこちで色々なことが表に出ています。精神医学はもともと、優生思想がもとになっているのです。では優生思想についてまずは考えてみましょう。

優生思想
こちらの記事もお読みになって頂きたいなと思います。
「あきらめない」という選択様のサイトです。
http://www.geocities.jp/wan_ojim/sub4c.htm

優生思想の本質
優生思想と聞くと、ナチスドイツや旧日本帝国などの軍国独裁政権で行われた、
障害者弾圧のイメージが強いのですが、このような国家レベルの
差別に限らず、個人のレベルにおいても、「障害者は不要」とする考え方を優生思想と呼んでいます。
正確にいうと「障害の有無や人種等を基準に人の優劣を定め、優秀な者にのみ存在価値を認める」という思想です。
歴史的な背景としては、ダーウィンの進化論がきっかけとなり、優秀な遺伝形質を多く残し、劣等なものは排除するのが望ましいとする「優生学」が興り、それを根拠に、様々な社会問題を解決させる手段としての差別行為を正当化する「優生思想」が生まれ、戦前の帝国主義者の政策に利用されるようになりました。
経済力や運動能力などの「生産性」のみで、人の価値を計ろうとするから障害者不要論が浮上してくるのでしょうが、それならば健常者の中にも随分と多くの不要な存在がいます。
むしろ数からすると、ろくに働こうともしない怠け者や、人の財産を掠め盗ろうとするロクデナシは、その殆どが健常者です。
生産性に劣るから障害者は劣悪で、健常者は優秀だとする障害者不要論は、無知蒙昧な責任転化の論理に過ぎません。
人の価値は生産性のみで決まるものではありません。
個人としての人格が持つ精神性や、他者に与える影響力等、森羅万象に対して何らかの変化をもたらす根源となる「存在意義」が総合的に評価されるべきです。
さてここで一つの設問をします。
親が我が子の健康を願うのは優生思想でしょうか?
また、生まれてくる子どもが健常であることを願うのは優生思想でしょうか?
「障害を嫌う」のと「障害者を嫌う」のとは厳密には別のものです。
「病気を嫌う」のと「病人を嫌う」の違いと同じです。
本来なら上記の答えは「否」ですが、この建て分けが出来る人は多くありません。
障害は「現象」であり、障害者は「それを体現している人(当体)」です。
障害を恐れ嫌う余りに、これを混同し、障害者をも恐れ嫌うところに優生思想の落とし穴があります。
「現象を体現する」のは、障害者だけではありません。
健常者もまた、現象を体現しています。
そうでなければ、実体の無い幽霊のような存在でしかないことになります。
さらに言えば、この世の中に「健常者」というものは存在しません。
誰であっても、何がしかの不具合を有しているものです。
「私は完璧に健常者だ」と言う人が居るとすれば、その人は精神科へ行く必要があります。
「まぁこれくらいならいいか」という「見なし健常者」が、「私は健常者だ」と言っているに過ぎないのです。
極めて軽度の障害者が、重度の障害者を差別しているだけのことです。
老化現象は誰人も逃れられない、そして確実に死に至る、最も恐ろしい「障害」です。
「老化現象」などとオブラートで包むから、自分が立派な障害者である事に誰もが気がつかないで居るのですが、全身の筋肉が衰え皮膚が弛み、あらゆる臓器が機能不全に陥り、記憶力、認識力、判断力に齟齬をきたし、一歩また一歩と死に近づいていく
「老化障害」です。
人に限らず、すべての生き物は、生まれた瞬間から障害生物であることが定まっているのです。
(一部の原生生物は老化しませんが、異なる環境に対する適応能力がありません。)
まず障害者であることが根本としてあり、程度の軽重の差があるのが真理です。
「健常者」とは物理学でいうところの「剛体の棒」のように、人の頭の中にのみ存在し得るものなのです。
また、「健康な子どもが欲しい=健康でない子どもは要らない」という等式をよく目にしますが、値を変換するための係数的言葉が無いので不完全です。
「障害者が嫌だから健康な子どもが欲しい」であるならば成立しますが、「障害が嫌だから健康な子どもが欲しい」であるときの右辺は、「健康でない子どもを持つのが怖い」です。
「拒絶(障害が嫌)」と「否定(障害者が嫌)」とでは意味が違います。
残念ながら、この区別がちゃんと出来る人も、また少ないと言えます。
「拒絶」を説明する例えとして、高所恐怖症の人が、バンジージャンプで飛べない様なものと言えば解りやすいでしょうか。
いくら「大丈夫だ!」と言っても「飛んだら気持ちが良いから」と勧めても、出来ないものは、出来ません。
これを無理に突き落としたりしたら、もう何がどうなるか判りません。
心臓が止まるかも知れませんし、発狂するかも知れません。
失禁脱糞して、人前で醜態を晒し、自尊心がズタズタになるかも知れません。
もしそうなったら、私は突き落とした人を、容赦無く責めるでしょう。
「お前は人でなしだ!」と。
「否定」の最たるものと言えば「ホロコースト」でしょう。
「お前など生きる価値がないから抹殺してやる」
これこそ優生思想と言えます。
破滅的優生思想で、もはや正常な状態とは言えません。
明らかに「人格破綻」に陥っています。
両者を同等に扱うのは適切ではありません。
では「拒絶」は優生思想でないと言えるのでしょうか?
それがそうとも言いきれないのです。
ここまでも既にややこしい話でしたが、ここからはさらに、もつれて来ます。
先述の優生思想の定義からすると「拒絶」は、これに当てはまりません。
ところが、次のように言い換えたらどうでしょう。
「受け入れられる命と、そうでない命とを選別する」
こうなると、すっぽりと収まってしまいます。
最初の定義のものを「狭義」とすれば、今回のは「広義」の優生思想と言えます。
母親の「我が子が健康な体で生まれて来て欲しい」と願うことさえも優生思想の表れとなります。
しかし、それはどの時代の、どんな国の、どのような種族の人であっても思うことです。
思うなと言う方が乱暴です。
「願うだけならまだ良いが、選別することが良くないのだ」とする意見もありますが、
「願う」という感情が発生してしまった以上、具体的な行動が無くても、何かに祈らずにはいられないでしょう。
それが、神であれ、仏であれ、はたまた狐狸であれ、クチナワであれ、「祈る」という行為自体が、ふるいにかけているものです。
自分では選別しないが、神仏に選別を依頼している事に他なりません。
「俺は、殺してくれと頼んだだけで、やったのはあいつだ」といっても無罪にはなりません。
「殺人教唆」という立派な罪により、刑務所に収監されることになります。
さてこうなると、世の中の全ての人は優生思想を持つと言えます。
もっとも「我が子の健康を願う」のは「願望」であって、論理付けされた「思想」ではありません。
従って「優生願望」と呼ぶ方が適切です。
ここで一連の流れを追ってみましょう。
生存本能(生き延びたい)

***経験則***

恐怖心(死にたくない)

***逃避衝動***

差別意識(障害が怖い)

***生への執着***

優生願望(障害を避けたい)

***現象と当体の混同***

消極的優生思想(障害者を避けたい)

***社会的な刷りこみ***

積極的優生思想(障害者は不用)

***人格破綻***

破滅的優生思想(障害者を排除したい)
「生存本能」を始点とし「破滅的優生思想」を終点とする、人の心の変化の
連続性が見て取れます。
優生思想とは、狭義においては「論理の顛倒」であり、広義においては
種の保存に関する「本能的欲求」であると考えます。
もっともこれは、全てが悪循環した場合のモデルケースであって、必ずしも
こうなる訳ではありません。
どこかで分岐させることで、有益な結果に導くことが可能であると考えます。

http://www.geocities.jp/wan_ojim/sub4c.htm  より転載させて頂きました。

 

私は、精神薬を断薬しようと考えている方々に、「精神医学の歴史」をお調べくださいとよく言います。
それを知ることによって、断薬に失敗しない可能性が高まるからなのです。二度と戻ることのないように、決意が必要になるのです。
しかし、どのように調べたらいいのか分からない人も大勢いらっしゃいます。
今回の小倉さんの書いてくださったご著書には詳しく書いてあります。
まとめて詳しく書いてくださっているので、とても分かりやすく有難いですね。
いかに精神医学がでたらめなものなのかを知ることにより、そこから脱却しようと思う気持ちが高まるでしょう。
二度とそちらに戻らぬためにも、精神医学の歴史や優生学を知ることはとても大事です。
ご本人はもとより、ご家族様に置かれましてもお読みいただくことを切に願っております。
発達障害はこうして作られていったこともよく理解できるように書いてくださっています。
「心の病」はこうして作られた
― 精神医学「抑圧」の歴史 ―
小倉謙著
購入ご希望の方は小倉謙さんまでご連絡ください

一部抜粋参照させて頂きます。
アーネスト・ロダン
精神遺伝学の創始者で、ドイツ優生学を広めた人物です。
のちに、ユダヤ人、ジプシー、その他の少数民族を虐殺、同時に多くのドイツ人を断種や安楽死に導き、ホロコーストの裏付けとなる理論を展開しました。
~~~~
また、アーネスト・ロダンは1930年ワシントンD.Cの国際精神衛生会議で講演しました。そこで、彼は「遺伝性の害悪」を生むと見なされていた人々を排除するための統一された優生学的な取り組みを要求しました。「注意欠陥障害(ADD)」や「多動症」と米国の優生学者が後に定義した「欠陥者」のリストを題目にしていました。
私もノートに記事にさせて頂いておりますチャールズ・ダーウィンの従兄のフランシス・ゴ―ルトンについても詳しく書いてくださっています。

 

1940年:ナチス精神医学のエリートが出席したドイツ児童精神医学及び治療教育会議の最初の会議で、精神の医学教授のポール・シュローダーは次のように述べました。
「児童精神医学は(遺伝的に)損傷を受けている、あるいは不適格な子どもたちを、彼ら自身や公共の福祉のためにひとまとめにするのを助けてやらなければならない。ほとんど価値がなく教育が効かないと思われている子どもたちをまったくもって厳格で断固として犠牲にし、価値があり教育できる子どもたちを専門家により継続的に選抜しなけれなならない。」

「心の病」はこうして作られた より一部抜粋終わり
 

このような優生思想が今も信じられていて、「子どもらしいふるまい」を精神病とみなすようになり、子どもを早期に薬漬けにしない限り、学校生活でも人生でもうまくやっていけないと信じ込んでいるのです。
こうして、精神科医たちはそのフォローとして教育カウンセラーを学校に送り込んでいるのです。

私が色々な方からのご相談をお受けしても、「学校からお宅のお子さんは発達障害の疑いがありますので専門家に診せてください」といわれる方が増えております。

もちろん、送り込まれたスクールカウンセラーの人たちは、こういう事実を知らない方がほとんどでしょう。
そして、教育現場である学校においても、先生方もこのことを知っている方は少ないと思います。
学校の先生からも、メールや電話が入ることがあります。
「我々は一生懸命にやっている」というものがほとんどです。

何でもかんでも精神科に繋ぐことはおかしいと思っている先生方も多いのですが、学校でそのことを言うことができないと仰います。
理由を聞くと・・・

そんなことを言ったら、学校を辞めなければならなくなる。

と仰る方がとても多いのです。
これでは、お子さんたちはどうすればいいのでしょうか?

早期発見、早期療育と、声たか高に叫ばれ、自己肯定感を無くしていったとしてもおかしくない状況ですね。

そして、自己肯定感を養うために、成功体験をさせようとする方もいらっしゃいます。

しかし、自己肯定感には、色々あります。
存在自体を否定されれば、自己肯定感などできませんよね。

そこを見直す必要があるのです。

誰の心にもある「優生思想」「優生希望」

おとなの私たちは、もう一度考えてみる必要がある時なのです。

 もう1冊こちらも続けてお読みくださいね。

「心の病」が治らない本当の理由

第1部では
現代における精神医学の9つの問題

第2部では
最近の精神医学の事情、そして解決策

について、分かりやすく書いてくださっていますね。
精神疾患の病名を診断するときに使われるDSMについても、DSM第4版調査特別委員会会長のアレンフランセスはじめ、多くの精神科医のことばも取り上げてくださっています。

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。