近代の医学の歴史 安土桃山時代

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

医学、医療の歴史について、また書いてみたいと思います。近代の医学についての歴史です。1573年、室町幕府が倒れ、織田信長が天下統一を果たしました。本能寺の変で織田信長は倒れましたが、秀吉が統一を完成して関白となりました。この30年を安土桃山時代といいます。曲直瀬道三のような優秀な医家を輩出し,はじめて日本に伝わったヨーロッパの医学が外科を中心に日本の医学に影響を与え大いに医学が発達した時代でした。

曲直瀬道三(まなせどうさん)

戦国時代、医療に革命を起こし人の命を救うことに生涯をかけた医者・曲直瀬道三。織田信長や豊臣秀吉といった天下人から厚く信頼された戦国の医家だ。患者一人ひとりに合わせた治療。道三は身分に問わず病に苦しむ人を誰でも診療した。臨床医として医学教育家としてそして著述家として大いに活躍した。 後進を指導するため啓迪院(けいてきいん)という医学校を開設したのですが、その門弟は800人とも3,000人とも言われています。よく弟子の面倒をよくみましたが、各々の弟子の能力に応じた合理的な指導をしたそうです。

多くの医学書を著しましたが、なかでも1571年に書き上げた「啓迪集」(けいてきしゅう)8巻は彼の代表作です。その内容は内科、小児科、薬物、鍼灸、養生など多岐にわたり、その根拠として中国の医書64部を引用しています。1574年にはこれを正親町天皇に献上し、翠竹院の院号を下賜されています。 1566年、毛利元就の病を治療するため出雲へ出向いた際には、元就に家門繁栄の方策について意見を述べるなど多くの大名と親交があり、また茶人としても有名であり、これまでに例を見ないスケールの大きな医師であったそうです。しかし、生涯御殿医になることはありませんでした。晩年道三がキリスト教に改宗したというフロイスの記事もありますが、疑問視されているようです。キリスト教の慈善医療に興味を抱いたとしても、その著書のなかで南蛮医学については触れていない。

「啓迪集」の画像検索結果

「啓迪集」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。