感謝の気持ち

こんばんは。お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロンの甲斐です。

ブログ記事を書くのは久しぶりになります。久しぶりの投稿で申し訳ありません。
今朝、夢の中でこのことを書きたい!と思ったことが、はっきりとしたので、書いてみたいと思います。

私がしばらく何も書くことが出来なくなってしまっていたのは、結局は、人間って自分が正しいと思うものだよなぁ。人の意見を素直に聴くことが出来なくて、自分が正しいと主張し、中には相手を攻撃してしまうこともあるものだなぁ。という思いが強くて、もちろん、これは私も含めてのことなのですけどね。そうしたら、書いても何を言っても通じないのかもしれないという思いにも繋がっていたのかもしれません。しかし、先日、旭川で講演会を企画してくださった獣医師の先生とお話しさせて頂いて私のやりたいと思っていたことを再認識させて頂いたことも書く気持ちに繋がったのではないかと思います。心より感謝いたします。

本日のテーマは「感謝」です。

ときどき親御さんがお子さんに「ありがとうは?」と仰っているのを見かけます。

皆さまもお見かけになったことはあるかと思いますが、いかがでしょうか?
何気ないこの躾ですが、皆様は何かお感じになったことはありませんか?
SNSでも、なんでも「ありがとうございます」という方もいらっしゃいますよね。
違和感のある感謝の言葉をお感じになったことはないでしょうか?
こんなことを考えていたら、Facebookの過去記事に6年前に書いたブログ記事が出てきましたので、こちらも書いておきます。

そう感じるのも、私が変わった人間だからかもしれないなと思うのですが、こういう風に感じる人間もいるんだなぁということでお読みいただけると幸いです。


テーマ:
おはようございます。
お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロンの甲斐です。河合隼雄先生の本を読んでいて、とても共感したことがあるので、今朝はそのご紹介をさせていただきましょう。あるカウンセラーさんが、河合先生に「カウンセラーというものは不思議な仕事ですね。相談にいらっしゃた方に私は特別何もしていないのに、その人がいろいろと努力されて、自分の力でよいくなっていかれたなぁ、と思う人は終わってから感謝の言葉を言われたり、何かちょっとしたものを持ってきたりしてくださったりします。ところが、大変苦労して、あちこち走り回ったりお話を聞いているだけでも胸が苦しくなるような体験をしたり、そのようなことを何年も続けているような方は、めったに感謝の言葉を言われないのです。なんだか逆になっているように感じるのですが」と言われたそうです。それに対して河合先生は「感謝できる人は強い人です」とお答えになったそうです。

他人に対して心から感謝することは、大変なことですね。
なぜなら、自分が相手の方に援助してもらったという事実を認めなければならないからです。

弱い人は先ず そのような現実が把握出来ていないのですね。

次々へと起きてくる不幸や災難に対処していかなければならないので、他人のことなど考えている暇がないのです。

このことに私はとても共感しました。

子供ころの私は、自分が頑張っているから、今の自分があると思っていましたので、周りの人々に心から感謝などしていなかったと思います。
まさしく次々へと苦しいことや難題が出てきてそのことで精一杯で、一人で戦っているように思っていたのですね。

しかし同時に、「自分はこんなに頑張っているんだ!」という自信にも繋がっていたのだと思います。

お子様たちとお話していると、同じように頑張って苦しんでいるお子さんたちも多いですね。
自分の責任でないのに、こんなに苦しんでいるのだから、誰かが助けてくれるのはあたりまえだと思うようになることもあるのです。

また、援助したほうが上で、援助される方は下であると錯覚する方もいらっしゃいますが、人間って助けたり 助けられたりしながら生きていますよね。

上下なんてないのに、上下を感じてしまうほど、苦しいのですね。

誰かに助けてもらうと、感謝ではなく重荷に感じて、自分は生きていることが迷惑だと感じていくお子さんもいらっしゃいます。

「自分は生きている価値がない」とまで言うお子さんもいらっしゃいますね。

しかし、感謝といっても不必要に感謝の言葉を繰り返している時は、まだ、感謝することを否定する心が残っていると思っても間違いありません。

感謝する言葉を口に出すことで、自分に言い聞かせて居る時なのかもしれません。

お話していると、このようにお子さんたちの今の段階が見えてきます。

感謝できないことに目くじらを立てるのではなく、感謝病のように感謝の言葉を並べているときも、今 その人はその段階なんだと見ることができれば、相手の状態が分かってきますよね。

こころから適切な感謝ができることは、とても穏やかな心のときなのかもしれませんね。
このような目安もあるので、頭に置かれてみてはいかがでしょうか。

親子で笑顔になれますように!
ラブラブ応援しています

 

 

 

 

 

感謝というのは、心から湧き出る感情です。
挨拶にもなるのかもしれません。だから、躾られるのかもしれませんね。感謝の言葉を口にしたほうが人間関係はスムーズにいきます。それはとてもよく分かるし、否定するものではありません。

しかし、もう一歩踏み込んで考えてみました。
もし、ご両親が心から感謝しながら自然に「ありがとうございます」と口にしていたら、お子さんはそれをまねると思いませんか?
形だけの感謝の気持ちを口にすることが多ければ、それもお子さんは真似てしまう気がします。
「こどもは親の言うようにはしないが、親のするようにする」
こんな言葉もあります。
表面上では仲良くしていて感謝の気持ちも言い合っていたとしても、陰口を言っていたとしたら、お子さんはどう感じるでしょうか?
実は実際にカウンセリングさせて頂いた時にお子さんがこのことを仰ったことがあります。
母親の裏表な言動・・・
このお子さんは真似はなさいませんでしたが、とても苦しんでいらっしゃいました。
何を信じればいいのだろうか?
人間って怖いな。
そういう感覚をお持ちでした。
大人はお子さんたちの見本です。いい意味でも悪い意味でも。
そのことを忘れたくないなと私は思うのです。

 

お子様の不登校、ひきこもり解決策提案サロン

営業時間:9:00~17:00

静岡県御殿場市萩

原767-14

◆℡ 090-9924-7773