作者別: 甲斐 由美子

うつみんの保育園に協力していただけませんか?

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

お友達でもある尊敬する内海聡氏が保育園を作りたい!と考えて募金活動を始められました。資金がなければ貯めてから始めればいいという方々も多いとは思いますが、経済の流れを変えていくのも一つの方法かもしれないと私は考えるようになりました。一般市民が何かを興すためには大きな財力が必要になります。其れを貯めている時間は、かなりかかります。なんでも募金ということには私は今でも反対ですが、内容によっては、賛成します。全国各地にこのような保育園が増えていけば嬉しいなと思います。もし、この考えにご賛同して頂ければ、御寄附をお願いいたします。

 

内海氏の想いをこちらにも転載しておきます。

ついに始めます・寄付募集

最近の講演に出た方ならご存知かと思いますが、ついに寄付の募集を告知したいと思います。長年の希望であった保育園の設立および、それにまつわる会社を9月1日に立ち上げました。これは私の情報に触れると必ず通る道である、それが給食はどうしようとか、ワクチンはどうしようとか、保育園や幼稚園はどうしようという悩みを、長年聞いてきたからだと言えます。

残念ながら日本の保育園や幼稚園の多くはオワッテいると思います。紹介できるレベルのところはほとんどなく、一部あるようなところも満員とか、高いとかがほとんどです。そういう所は私も講義に呼ばれることが多いわけで、社会問題に注意を払っている人たちが集まる場所といえるのかもしれません。ただ、やはり私の希望としては、自分の保育園をやってみたいというのがあるのです。

そこで会社の設立に至ったわけですが、この初期投資にはあるこだわりを果たしたいと思っています。いつもいろんな場所でいろんな方が応援しますといってくれますが、虚無主義のうつみんとしては、本当かどうか試してみたいという強いこだわりがあります。正直に言えばどうせみんな口だけでしょ、とずっと思ってきたわけです。

正直に言うなれば、初期投資くらいのお金は私も持っています。現在6つの会社を経営しているわけですから。でもこれに関しては寄付を募ってみたいのです。どれくらい集まるのかをみて、口だけの人々をまたまた心で蔑むみたいな、そういう感覚を持ちたいのかもしれません。カネ儲けなんたらといわれるのはどーでもいいのですが、誰が言うかなと観察したい気持ちも満載ですし。

保育園の場所や内容、目標金額や寄付の仕方などはHPをご覧いただければと思います。これを見ている人は、私の人となりや何を語っているかはご存知の方がほとんどのはずです。本当に応援したい人だけが参加してくださることが私の望みです。もったいないなんて人はまったく見向きしてもらわなくてかまいません。ぜひそういう方のご協力をよろしくお願いいたします。

ひまわりチャイルドアカデミ― 事務局
代表  内海 聡

 

 うつみんの保育園に協力していただけませんか?

みなさんこんにちわ。FBなどではおなじみかもしれません。うつみんこと内海聡でございます。日本一悪名高い医者、業界の反逆者、イカレタ詐欺師など多くの呼び名をいただいております(笑)。

私のFB、講演、著書などにふれて、ショックを受けてきた人が何十万人もいるといわれます。それは間違いなことですが、そういう情報に触れると必ずママたちが通る道、それが給食はどうしようとか、ワクチンはどうしようとか、保育園や幼稚園はどうしようという悩みです。

これについては多くの質問を受けてきました。残念ながら日本の保育園や幼稚園の多くはオワッテいます。紹介できるレベルのところはほとんどなく、一部あるようなところも満員がほとんどです。そういう所は私も講義に呼ばれることが多いわけで、社会問題に注意を払っている人たちが集まる場所といえるのかもしれません。

ただ、やはり私の希望としては、自分の保育園をやってみたいというのがあるのです。そうすると親教育も同時に行えますからね。そこでついにうつみんは保育園を作ろうという計画に着手しました。

しかしご存知の方も多いと思いますが、うつみんはクリニックやNPO法人、福祉事業や(株)日本再生プロジェクトなど、多くの事業を手掛けていて、この事業を回す関係で余剰資金が正直ありません。それに余剰資金があってもこの保育園にはあるこだわりを果たしたいと思っています。

そこで私は寄付の募集を今回行ってみようと思ったのです。いつもいろんな場所でいろんな方が応援しますといってくれますが、虚無主義のうつみんとしては、本当かどうか試してみたいという強いこだわりがあります。正直に言えばどうせみんな口だけでしょ、と思っているわけです。

保育園の場所は横浜の予定でいます。もし資金と人材に余裕ができれば、川崎にも検討しており、これらの事業が仮にうまく回れば東京方面にも一つ作れればと考えています。とりあえずは横浜の第一園を開園するのが目標であり、その資金集めのために今回の寄付募集と至りました。

保育園がどんな形になるかは寄付金によるのでわかりませんが、内海の理論や真弓先生の理論を参考とし、ワクチンについては一切の強制をせず、給食は予算の範囲で安全なものを選択し牛乳を義務化せず、おやつも砂糖菓子ではなく自然なものを選択し、保育園内の空気はutsumionで清浄化する、ありがとうボトルのお茶をみんなで飲める、土にできるだけ触れる教育、親子のコミュニケーションセミナーの開催、内海によるミニ勉強会の開催、って保育園を最初は考えています。

これを見ている人は、私の人となりや何を語っているかはご存知の方がほとんどのはずです。本当に応援したい人だけが参加してくださることが私の望みです。もったいないなんて人はまったく見向きしてもらわなくてかまいません。ぜひそういう方のご協力をよろしくお願いいたします。

目標は一千万ですがもっと集まっても構いません。しかし集まらないことも十分考慮しています。寄付金募集のやり方は二つあり、一つはポータルサイトによって募集していき、もう一つは私自身が帽子をもって講演や勉強会などで訴えます。クリニックや薬害研究センターでも寄付を受け付けます(500円でも1000円でも大歓迎です)。

1000円、2000円、3000円、5000円、10000円、20000円、30000円、50000円、100000円の九種になっております。

ペイパルでカード決済して募金する方式と、ゆうちょからゆうちょへ直接振り込んでもらう方式の二つで集金します。募集期間は最長で2カ月くらいとする予定です。仮に1000万円が集まった場合の内訳は概案で以下となります。

場所代35%

内装費30%

人件費の初期費用15%

食費や光熱費の初期費用15%

寄付に関する人件費2%

その他雑費3%

募金額の最終的収支報告についてはFBおよび連動しているツイッター、うつみんのブログとうつみんのメールマガジンにて報告させていただきます。また、保育園の進捗状況についてもFBや連動しているツイッターで報告させていただきます。保育園の協力者もまた募集する予定です。

では、みなさまよろしくお願いいたします。

御寄附の払い込みはペイパルでお支払いくださるか、下記の口座までよろしくお願い申し上げます。

2万円以上御寄附して頂く企業様には領収書を郵送させて頂きますので、下記のメールアドレスまで、会社名、電話番号、住所をお知らせください。カード決済では領収書の発行は出来ませんので銀行振り込みでお願いいたします。
ご不明な点やご質問もメールにてお願いいたします。

e-mail:Satoru.utsumi1209@gmail.com

ゆうちょ銀行 記号 10130 番号 89496641 ウツミサトル

多金融機関からの振込の受取口座として利用する場合
店番 018 普通 8949664 内海聡

〒206-0802 東京都稲城市東長沼3107-1 PIAタウン21 2階

ひまわりチャイルドアカデミィ― 事務局

e-mail:  Satoru.utsumi1209@gmail.com
代表 内海聡

ペイパルに登録できます↓

 

 その他のオプション

ペイパルは、インターネット上の便利な【デジタルおさいふ】です。ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、IDとパスワードだけで決済完了。お店に大切なカード情報を知らせることなく、より安全に支払いができます。ペイパルアカウントの開設は、決済方法でPayPalを選択して必要事項を入力するだけなのでかんたんです。

  • 対応クレジットカード

※海外の主要な決済に自動対応しています。


金額をお選びください

金額 ↑上記の金額と下の金額を合わせてください。

1000円ご寄附なら1000¥1,000JPY
2000円ご寄附なら2000¥2,000JPY

金額

上記の金額と合わせて金額をお選びの上カートに追加してご寄付お願いします。






人間の感情と直接的に関係のある身体的な痛み

こんにちは、自律サポートカウンセラーの甲斐です。

先日は、伊豆高原のアマービレで「内海式」を学び、私たちのやっている実るシリーズの合宿をやってきました。修了証書も無事頂きました。

私は心理カウンセラーなのでこれまで身体の痛みや疾病についてはほとんど触れてきませんでしたが、感情と身体の関係に強く興味を持ち学ばせて頂いております。どこに症状が出るかで悩みが分かるってすごいですよね。でもこれは昔から言われていることだったのです。西洋医学にどっぷりだと忘れてしまっていることですが、本当に人間ってすごいなと思います。人間も自然の中の動物ですから、自然の法則には当てはまるようです。

今朝、実る!シリーズをご一緒にさせて頂いているセラピストの渡邉律子さんがシェアなさっていた記事があるので、私の学びのためにも残しておきたいと思います。同時に皆様にもシェアさせて頂きます。

精神的・感情的状態が慢性的な痛みの原因になっているかもしれない8つの症例

 

人間の感情と直接的に関係のある身体的な痛みの中でも、目立った8種類の痛みについて次にまとめてみました。

「慢性的な痛みの原因は身体的な負傷によるものだけではなく、ストレスや感情的な問題による場合もあることが、研究から明らかにされています。

そして身体的な痛みは、まだ対処しきれていない感情的な問題を抱えていることを警告する機能を果たしているのです。 Psychology Today誌のBabel博士」

1. 肩甲骨周辺(背中の上部)の痛み:
肩周辺の痛みは、世界中の人たちから最も報告されている痛みの一つです。肩の痛みが感情的な原因によるものの場合、孤独感、混乱、人から好ましく思われていない、あるいは愛されていないと感じていることから起きています。

ある意味で、感情的なコアをもっとしっかりとさせる必要があるのかもしれません。友人や家族、その他の中のいい人たちにお願いして元気づけてもらったり、またはもっと人と会うようにしましょう。

2. 腰の痛み:

金銭的な問題でストレスを抱え込むと、腰痛として現れる場合があります。痛みを無視したり、お金の問題を長引かせる代わりに、金銭的問題を解決するために何か行動を起こしましょう。

銀行口座の帳尻を合わせる、支出額を決めてそれを超えないようにする、あるいはファイナンシャルプランナーのような専門家に相談をする、昇給や昇進を会社にお願いするなどしてみるのもよいかもしれません。

3. 頭痛:
打ちのめされた気分になり、ストレスが最高潮になっていると健康にも悪影響を与えることもあります。頭痛、偏頭痛、精神的な緊張状態、その他の頭部の痛みは、そうやって蓄積された緊張感やストレスからきていることも。

緩和するためには休みを取り、あらゆる心配事から一歩引きさがってみましょう。ご自分のために緊張感を緩め、リラックスする時間を確保しましょう。

4.ひじ(肘)の痛み:
どこかにぶつけたわけでもないのに、それくらいひじが痛んだことがありますか? それは人生で変化があった時、その変化を自分が受け入れようとしないために起きた可能性があります。頑固に依然と同じでいようとすると、腕の筋肉やひじの関節が硬直する傾向が強くなります。

変化に抵抗するのを止め、変化を受け入れることでひじの痛みも軽減することも。

5.お尻の痛み:
ひじの痛みと同様、変化に抵抗している場合にお尻が痛くなることがあります。つまり前に進み、未来に何が起こるかを恐れていませんか?

過度な注意深さはかなぐり捨てて、流れに身を任せて生きましょう。変化を避けることはできません。自分の人生の主導権を取り戻し、腰を上げて動き始めましょう!

6.首の痛み:
大事な人、あるいは自分自身に対して恨みを抱き続け、悪意を抱きやすいタイプの人の場合、首が硬直し痛みを感じることが多いものです。

かわりに自分の好きなものに意識を集中させて楽しむようにし、許すように心がけることであなた自身が成長し、首の痛みが軽減されるでしょう。

7.肩の痛み:
世界の重みを肩に背負っているように感じたことはありませんか? あの重々しくて厄介な重みは、あなたが背負っている感情的な重荷で、どこに行こうともあなたについて回っています。

しつこく、無視することも難しいタイプの痛みですが、ご自分の問題や心配なことを考えないようにできるような何かをする必要があります。また、他の人の問題をまるでご自分の問題のように抱え込むこともよくありますが、そうすることを止めることでご自分の肩にかかっていた重みも少し軽くなることも。

8.足首の痛み:
足首が痛む場合、毎日の生活の中でもっと楽しむ必要があることを意味しています。ご自分を思いっきり甘やかす時間を取ったり、生活に刺激を与えるようにしましょう。

【参考】http://themindunleashed.org/2016/09/7-kinds-of-chronic-body-pains-which-could-be-caused-by-your-psychologicalemotional-states.html

 

 

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリング
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗東洋医学, 内海聡, 医学 Tags: タグ:

摂食障害について

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。「摂食障害について記事にしてください」というメッセージを頂きましたので、書いてみようと思います。先ずは厚生労働省のみんなのメンタルヘルスから、転載してみます。主に若い女性に多いイメージで書いてあります。確かに、「痩せたい!」から始まる場合もあります。そして、私がこれまでご相談受けた中で多いのが、性的被害を受けた女性にも多いですね。これは、何か(自分以外のもの)を受け入れることに関係しているように思います。「どうしてこんなことになったのだろう?」と考えてしまうことは多いと思います。一般的に言われているのは、今のところ、摂食障害には「これが原因」と一つに特定できるような原因が解明されているわけではなく、さまざまな因子が絡んでいるといわれています。完璧を求めやすい本人の性格などの背景があって、そこに引き金になる出来事(体型をからかわれる、試験に失敗する、ダイエットを始めるなど)が重なるというように、「原因」を「背景」と「引き金」とに分けて考えると考えやすいかもしれません(ただし必ずしも両方そろっているとは限りません)。

 

厚労省のページより転載

摂食障害

摂食障害には食事をほとんどとらなくなってしまう拒食症、極端に大量に食べてしまう過食症があります。拒食症では、食事量が減る、低カロリーのものしか食べないことから体重が極端に減る、やせて生理がこなくなるといった症状があります。過食症は、いったん食べ始めるとやめられない、むちゃ食いしては吐く、食べすぎたことを後悔し、憂うつになるなどの症状がみられます。拒食症から、過食症になることもあります。
「やせたい」という強い思いがあるため、本人はなかなか治療したがりません。しかし、低栄養から様々な体の不調につながり、死に至ることもある病気ですから、治療の重要性を伝えることが必要です。摂食障害は、様々なストレスが要因となっていることも多く、周囲の人の理解やサポートがとても大切です。

「摂食障害」とは

病的な拒食・過食がありますか?

食行動の異常は、食事をとりたがらない「拒食」、逆に極端に大量の食物をとる「過食」に大別できます。

少しくらいの拒食や過食は、多くの人が経験するものです。失恋をして食欲がなくなったり、ストレス解消につい食べ過ぎる、という経験をした人は少なくないと思われます。 ところが、こうした食行動の異常が過度になって、極端に体重が減少しても拒食がやめられない、過食の後に食べたものを全部吐いたり下剤や利尿剤を使って体重増加を避けようとする、という行為がみられるようになると、これは治療を要する摂食障害の疑いが濃くなります。

拒食・過食の背景にある心の傷

こうした極端な摂食行動の異常が現れるのは、背景に「太りたくない、やせたい」という体重への極端なこだわりや、「自分は太っている・醜い→自分には価値がない」という思いこみなどの心理的背景があります。また、とくに若い女性の場合は、「やせていることが美しい」という社会的価値観も影響します。また、子どもの頃に両親の仲が悪かった、親や周囲の人間から体重や体型のことをみっともないと言われた、という経験も摂食障害のひきがねになります。

10代には拒食症、20代には過食症が多い

拒食症は10代で発症する人が多く、過食症は20代に多い傾向があります。両タイプとも90%が女性です。ただし、最近は男性の摂食障害も増えているという指摘もあります。拒食と過食は正反対の症状に見えますが、拒食から過食へ、過食から拒食へと変わることもよくあります。

生命の危険もある深刻な病気です

摂食障害は、ダイエットの失敗というような単純なものではなく、ほうっておくとこころも体も病み疲れて、死に至ることもあります。とくに拒食症の場合、標準体重の60%以下にやせが進むと、低栄養による腎不全や低血糖、電解質異常による不整脈、結核などの感染症など、重い合併症を起こしやすくなります。 また、両タイプとも、アルコールや薬物への依存や抑うつ、怒りっぽい、人格障害などの精神疾患を合併しやすく、万引きや性的に奔放になる、自傷行為や自殺を図るなど衝動的な行動が多くなります。

摂食障害の治療法

摂食障害の場合、患者さん本人は治療によって体重が増えることを極端に恐れるので、なかなか治療に納得してくれません。
学校や家族・友達が専門医とともに力を合わせて、本人がきちんと治療を続けられるように支えていくことが大切です。

また、10代の患者さんの場合はとくに両親を初めとする家族との関係が病気に影響していることも多いので、家族に対しても患者さんとの接し方や家庭環境に関するカウンセリングが必要になります。 治療にあたっては摂食障害の専門医やカウンセラーを配属している病院を選びましょう。体重減少が極端な場合や家庭環境が治療に適していないような場合は入院治療も行なわれます。

治療は、体重に対するこだわりや間違った自己評価などを正常にするための心理療法を中心に、心身の回復をめざして薬による治療や栄養指導などが必要に応じて行なわれます。

 

私が驚いた摂食障害の事例では、3歳の男児の過食でした。3歳児なのにとても身体が大きくて、大人の1食分を食べてもまだ足りなくて、母親の食べているものまでもらって食べている状態でした。食べ過ぎを心配して、食べないように取り上げたり、「食べてはいけない」というと、大暴れするような状態でした。自宅で暴れる分にはいいのですが、保育園で、食事が足りなくて暴れることを心配されてカウンセリングを受けてくださいました。こういう過食もあります。過食するということは、満ち足りていない状態です。つまり、幼いころから、ご両親は共稼ぎで、充分な愛情が足りていないということですね。いつもはとてもいい子にしています。かなり我慢していたのでしょうね。我慢する代わりにそれを補うために食べていたようです。そのことを母親が理解されたとたんに過食はおさまりました。過食も、拒食も精神的な要因はとても大きいですね。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングのお問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。