作者別: 甲斐 由美子

断薬しようとしている方へ

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。たまには断薬についての記事を挙げておきましょう。
内海先生が教えてくださったのでシェアさせて頂きます。参考になさって下さいね。

 

これはアメリカの離脱症状患者が書いた文ですが、参考になります。カッコ内は内海氏の意見。

患者から医師へのアドバイス‐抗うつ薬の離脱症状を経験したものとして

最も安全かつ慎重な方法は、3週間ごとに10%づつ減らしてゆくことです。例えば10mgなら1mg、7 mgなら0.7mg減らす。CYP2D6 の代謝を抑制するパキシルの場合、10mg以下の分量ではゆっくり減薬。比較的低用量の場合、パキシルの自己阻害が減少し、代謝が早まる。

(私の場合はもう少しスピードが速いはず。単剤なら3~4カ月、多剤なら6~12ヶ月くらいで、この人の意見はそれより長くなる)

断薬には、低用量タブレットと液剤を組み合わせて使うのがよい。対象薬剤の液剤がないときは、調剤薬局で液体と調合。それできない場合はピルカッターで慎重に小さくカットするように患者に指示。

(これは基本だが、液剤はほとんどの薬がないので使わない。粉を使うのである。)

減薬過程で患者が我慢できないほどの離脱症状を訴える場合、薬を極少量のみ増量し、減薬ペースをさらに落とすこと。

(ここは意見が分かれる。倍に増やすこともあれば、そのまま維持することもある。)

離脱症状緩和のためにいかなる抗うつ薬も追加しないこと。自律神経系に不安定をもたらし、回復を遅らせる原因となる。

(これは絶対だと思うのだが誰も守らない。)

ベンゾジアゼピン系薬や睡眠薬を含め、他の向精神薬による治療は避けること。新たな薬物依存を生むことで、患者の苦痛を長引かせる結果となる。

(これも絶対だと思うのだが誰も守らない。この内容はアシュトンマニュアルも否定していることになる。)

減薬中、特に5-HTP、トリプトファン、SAM-e などの向精神薬物質に対して過反応を起こす患者がいるので、そうした物質を試すことのないように指示すること。

(そのまま)

慢性疲労、線維筋痛、POTS (体位性起立性頻拍症候群)、その他自律神経障害の症状を示す場合がある。この場合の適切な処置としては、それまで服用していた抗うつ薬の投与をミリグラムにも満たない極少量だけ再開し、さらに減薬ペースを落とすこと。離脱症状の自律神経障害はやがて消える。不安は離脱症状を悪化させるため、平静をたもつことを勧めること。瞑想で心を満たすような呼吸法が非常に有効。

(ここは意見が違う。瞑想はいいのだが、これに抗うつ薬を再開するといいことがないと思う。私はここでこそ漢方や鍼灸や栄養療法などを追加する。まあアメリカには東洋医学ないけど。)

もし患者に耐力があれば、神経機能のサポートとして、一日に ビタミンE 400IU と1000mg EPA のフィッシュオイル(約6カプセル)、不安、頻脈、筋肉のけいれんに有効なクエン酸マグネシウムを50mg-100mg、徐放性のビタミンC を1000mg/1日。ビタミンB群は過活性になることがある。乳漿(にゅうしょう)タンパク質分離物は栄養補給に。

(私は栄養療法は高額なものを一切すすめない。市販のマルチビタミンとかミネラル入りのものを飲むよう勧めるだけである。それより食事そのものを見直す。減薬がすすめば栄養療法は終了するのが基本。そのまま続ければ今度は栄養療法の被害者になる。例えばねずみ講とか高額栄養療法とか)

不眠は離脱症状としてよく起こる症状。睡眠には寝る前のマグネシウムがよい。またメラトニンも有効であるが、睡眠・覚醒サイクルをさらに混乱させないように服用は夜だけとし、最初は0.5mg 程度から始め、その後も最小用量にとどめるように患者に注意を促すこと。

(ここも意見が違う。メラトニンは今まで効いたためしがほとんどない。結局ロゼレムもぱっとしなかった。サウナはホントに結構いいと思う。)

鍼治療も断薬症状の緩和に有効。ただし、刺激治療やデトックス治療よりも、鎮静効果のある治療を推奨。患者に耐力があれば、ウゥーキングやエアロバイクなどの有酸素運動が神経系の安定に有効。

(そのまま)

抗うつ薬の断薬症候群を認識できるようになること。再発であるとか、双極性障害や心的外傷後ストレス障害などの精神障害の発現などと誤診することは避ける。抗うつ薬の断薬を行うことになった元の診断よりも重症の状態で再発するなど考えにくい。すべてのケースにおいて、断薬症状を疑うこと。

(誤診て言葉自体がナンセンスだが、元の症状とよく見比べるのが基本である。そこから発生してきたものはすべて薬側の問題である。発達障害の二次障害でも、統合失調症でも、双極性障害でも、PTSDでもない。)

抗うつ薬の断薬症状は自律神経系の不安定からくるもの。それを誤診し、治療に向精神薬を追加しては、神経系にさらに一生の障害を与えることになる。適切なケアとは、患者が自らの力で回復することを援助すること。

(そのまま。)

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8、9,10月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗精神医学, 内海聡, 医学 Tags: タグ: ,

良い人間関係って?

おはようございます!自律サポートカウンセラーの甲斐です。

 

良い人間関係とはどんなものを言うのでしょうか?
それは、あなた自身が決めるものです。
これぞいい関係というモデルは存在しないのです。
あなたは毎日どんな感情を抱きながら生きていますか?
その感情には、必ず人間関係が関わってきます。
どんな感情もとても大事なものです。
怒ってはいけないとか、泣いてはいけないとか、悲しんではいけないとか、喜んではいけないとかそう思っているとしたら、すこし、見つめてみましょう。
その感情は、私たちに必要なことを教えてくれているのですから。
怒り・・・  あなたの領分に勝手に入り込んできたものに対して、追い払うためにも必要な感情です。
怖れ・・・  不安も同じですね。これから起ころうとしていることに対して準備するために必要な感情なのです。
悲しみ・・・ 失われた過去にさよならするために必要な感情なんですよ。
喜び・・・  今、ここで生きている自分を受け入れるために必要な感情です。
今、あなたはどんな人間関係を持っていますか?
考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8、9,10月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗人間関係 Tags: タグ: ,

適応機制

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

お友達が、次のような記事を挙げていらしたので、この件に関して、思い出したことを書いておきましょう。

コメント欄も是非お読みになってみてくださいね。

https://www.facebook.com/ritsukow7/posts/1049694935165656

お腹いっぱいに
しないといられないときは自分を認めていないとき。
そして他者に認められたいとき。

この記事を読んだとき、私が思い浮かんだのがこの図です。適応機制とは関係ないのですが、陰陽五行の考え方です。
適応機制は、心理学的な見方です。
何方も知っておくといいかなと思います。
人間には自分を守るために無意識のうちにやっていることがあります。それを適応機制といいます。
様々な欲求がありますが、それが満たされない時、ストレスが溜まってしまうので、他のもので埋めようとするのです。
すっぱいぶどう の話は有名ですよね。
 
これは自然にあるものですが、知らないでこればかりやっていると、ストレスに弱く、問題解決することが無くなってしまうことがあります。
そのためには、この適応機制を知っておくといいですよね。
主なものを挙げておきます。
 
 
攻撃
物や他者に対して、感情をぶつけたり、乱暴したりする。家庭内暴力や組織におけるパワハラのような犯罪として現れることもある。また、自傷といった自分自身への攻撃に向かうこともある。
 
逃避
困難な状況や場面をさけたり、ほかのことに熱中して問題に向き合うことをさけたり、空想の世界に逃げたりする。必ずしも悪いことばかりではなく、新たなチャレンジや、芸術的な創造力の源泉となることもある。
 
退行
過去への逃避であり、現在の問題を避けるために楽しかった過去に生きようとする。赤ん坊や子供のように振舞って、依存的な態度を示すことがある。一人っ子だった家庭に、次の子供が生まれるときに、上の子供が示す態度として有名。
 
拒否
課題となっている事実が存在しないかのように振る舞う。障害を認めなかったり、発生した事実を認めないといったことが起こる。現実と向き合うだけの準備ができていない場合もあり、成長とともに振り帰ることができるようになる場合もある。
 
隔離
自分に関連することであっても、勤めて冷静に、客観的に観察することで、評論家のように振る舞う。起こっている事実から、感情を切り離す技術でもある。苦しみを生み出している困難と向き合う方法でもあり、悪いこととはいえない。
 
代償
本来の目標がかなわない場合に、容易な目標を達成することで、満足を得ようとする。特定の大学に受かりそうもない場合、別の大学で満足するといった代償は、誰にでも経験のあるものだろう。
 
合理化
自分の欠点や失敗をそのまま認めず、社会的に容認されそうな理由をつけて、それを正当化する。いわゆる「言い訳」に相当する。それが「言い訳」にすぎないことを、本人もわからなくなってしまうと危険。
 
昇華
人間が避け難くもっている性や破壊の衝動といった「暗い欲求」を、スポーツや芸術など、社会的に価値の高いことに向かうエネルギーに変換すること。多くの偉大な表現が、この昇華によるものとされる。
 
同一視
自分の欲求が満たされなくても、心理的に自分に近い他人の行動を、あたかも自分のことのように感じて、欲求が満たされているように感じる。カリスマ的な人物のファッションを真似るといった行為が、この同一視によるものと考えられている。
 
投影
自分自身がもつ不安を引き起こしている衝動や欲求を否認し、他者にその衝動や欲求があるように考える。自分が極端な嫌悪感を感じる他者の中には、むしろ、自分自身に似た「嫌な部分」がある可能性もある。
 
抑圧
過去の不快な記憶が抑制されており、楽しいこと、いいことだけが思い出せる状態。脳が、自らに対してトラウマになるような体験を思い出せなくさせることで、その個体の精神を防衛していると考えられている。
 
反動形成
自分がもっている否認すべき感情とは正反対の行動をとること。本当は好きな人に対して冷たくしてしまったり、本当は好きなことを人前で否定してしまったりといった行動が、代表的な例とされている。
 

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8、9,10月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ストレス Tags: タグ: ,