作者別: 甲斐 由美子

子は親の背中を見て育つ 甘えと躾についての考察

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

昨日は横浜の中華街でのコミュニケーションについての勉強会でお話しさせて頂きました。

参加してくださった皆様、主催してくださったおんゆうさんご夫妻に感謝申し上げます。

内容は、思ったよりも深い内容となりましたね。

やはり少人数の勉強会のほうが中身が深くなり、感じて頂けることも多く、深い内容になると改めて思います。

講演会が終ってからのご質問の一つに「甘え」についてのご質問がありました。

そのことについて書かせて頂きます。

ご質問くださった方のお子さんは幼稚園児でしたので、「この年齢のときは甘えは必要だから、甘えてもいいと思うよ。」とお答えしてあります。

帰り際のご質問だったので、それ以上はお話ができない状態でした。

その後、懇親会での様子をほかの方からお聞きして思ったのは、「甘え」と「自由」の違いがはっきりと理解できていないのだと思いました。

人間は、社会的な生き物です。ですから、他の人たちとうまくやっていく必要に迫られますね。

「子どもはえらい。だから大人のほうが間違っていることのほうが多い」ということは、私もよく言いますが、その意味をはき違えてしまうと、なんでもOKとなります。しかし、それは少し違いますよね。

発達障害 と言われるお子さんたちを見て、眉をしかめる大人はとても多いですよね。

その中には、親の接し方が大きく関係していて、何でも自由でいいのかというと、それは違います。

懇親会でよくお子さんが、騒ぐことがあります。

食事を一緒にするので、家庭が丸見えになります。

以前もあった例をお話ししましょう。

あるお子さんが自分はある程度食べたので暇になり、店内で遊び始めました。つい立てによじ登ったり、店内を走り回ったり、とにかく他のお客様にもご迷惑だったと思います。

母親を見ると、何も言いません。まさしくやりたい放題の状況になりました。そこで、同席していたある親御さんが、お子さんではなく、その親御さんに「注意しました」その結果注意された親御さんは「自由にさせているのですから、いいんです」というのです。

いかがですか?

それは違いませんか?

 

昨日の例では、自分で食べることが出来る年齢だと思われるお子さんに、お母さんが口まで運んで食べさせていたということですが、その状態もお子さんは寝っ転がっての状態だったらしいです。(私は見ていないのでその状態はよく分かりませんが)

私がそのかたの所に行ったときは、確かに寝そべっていました。どうしたの?と聞くと、眠くなったとのことでしたのであまり気にしてしていませんでしたが、明らかに飽きている状態ですよね。
その後、ドアを蹴飛ばしたらしいのですが、それも私は見ていませんが、それを注意した同席していた方からのお話で注意した方に「大きな声を出さないでください」と言われたのだと聞きました。

以前の事例では、その後、数日して注意された親御さんは、反省されて謝られたのですが、躾と自由、放任について深く考えさせられました。注意してもらった時の親の態度もお子さんはちゃんと見ていますよ。

躾とは何でしょうか?

辞書を調べてみましたので参考になさってください。

しつけ
礼儀作法を教えて身につけさせること。その礼儀作法。
漢字の躾をよくご覧ください。
身を美しくと書きます。
武家礼式の用語として生まれました。
 
 
箸の持ち方、使い方などは典型的なものですよね。
日本では、茶道や華道、日本舞踊、剣道、柔道など武道でも礼儀作法は重んじられます。
 
美しく生きるということは、生きやすいということでもあります。
今、このような考え方をする人が減ってしまったのでしょうか?
 
食事を頂く前には「頂きます」とあいさつして食べ始めます。
食事をしている間は、動き回らないことも礼儀ですね。
 
食事はお互いのマナーのもとに楽しく頂くのが大事ですね。
 
ある程度、大きくなれば自分で食べることが出来るようになります。
ですから、少々こぼしても、自分で食べる習慣をつけさせてあげることも大事です。
徐々に上手になっていきます。
 
こぼすことが嫌で、親が口に運んでいれば、いつまでたっても上手には食べることが出来なくなるでしょう。

自律、自立ができなくなっていきますよね。

 

自律とは、自分を律することでもあります。

 
お子さんが、長時間そこにいることが出来ない常態でしたら、家庭内でそれができるようになるまでは、公の場所に連れて行くのはやめたほうがいいでしょうね。
懇親会などの場合は長時間に及びますので、遊び道具などを用意することも大事なことだと思います。同席するお子さんがいらっしゃれば、一緒に遊んでもらえるような方法も考えてみるのもいいと思います。
長時間じっとしていることはお子さんたちにとっては苦痛な事でしょう。
 
講演会では、私がお話させて頂くときは、御一緒に参加されてもいいと日ごろ言っています。
ただし、お子さんにとって、そこは「退屈な場所」であることは間違いないと思います。
 
大人たちはお子さんを相手にすることはできません。お子さんが退屈しないような遊び道具をお持ちくださいともお願いしております。
そして、一番大事なことは、お連れになる前にお願いをしておいていただきたいとも言っております。
親の都合で、勉強するために連れてこられるのですから、それは当然ですよね。
 
子どもは親の所有物ではありませんので、一人の人間としての配慮が必要だと思います。
 
講演会や勉強会で騒ぐお子さんはあまりいらっしゃいませんが、懇親会となると、講演会に続いての時間となりますので、配慮はとても必要になります。
 
自由とは何か?
 
自由についても考えてみましょう。
現代社会では、自由といえば、たいがいのことが許されてしまいます。
自由とは、人間の生き方の本質に、関わる問題なのです。つまり、人生いかに、生きるべきかと言う、根元的な問題に、関わる重大な要素なのです。
 
欲望を開放することが自由ですか?
もしそう思っているとしたら、そういう人は欲望の奴隷になってしまうでしょう。
 
人生には限りがあります。しかし欲望には限りがありませんよね。
限りあるのに限りのないものを支配しようとすれば、己を失ってしまいます。自己を失ってしまったら自由などありえないのです。
 
 
自由の行きつくところはなんだとおもいますか?
 
それは自己実現です。自己実現とはなんでしょうか?それはマズローが提唱した発達段階の一番上にあるものですね。
自己実現とは意思と思いやりから達成できるものです。
主体性と思いやりがなければ達成できないのです。
 
それでは、お子さんにそのことを教えてあげていくことは親の責任だとも言えるのではないでしょうか?
先ずは、自分がどう生きるのか、何を実現したいのかを考えてみることがとても大事なことです。
 
自由とは、必然的に、自己中心の究極的な在り方を、意味することになります。自由は、自分自身の問題なのです。
昨日の勉強会でもお話しさせて頂きましたが、先ずは自分がどう生きていくのか、しっかりと見つめ直してみてはいかがでしょうか?
 
お子さんたちは、親の言う通りにはなりません。親のしているようになっていくのです。
このこともお話しさせて頂きました。
 
子どもは親の背中を見て育っていきます。
 
そのことをじっくり考えてみてはいかがでしょうか?
 
 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 9月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

断薬しようとしている方へ

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。たまには断薬についての記事を挙げておきましょう。
内海先生が教えてくださったのでシェアさせて頂きます。参考になさって下さいね。

 

これはアメリカの離脱症状患者が書いた文ですが、参考になります。カッコ内は内海氏の意見。

患者から医師へのアドバイス‐抗うつ薬の離脱症状を経験したものとして

最も安全かつ慎重な方法は、3週間ごとに10%づつ減らしてゆくことです。例えば10mgなら1mg、7 mgなら0.7mg減らす。CYP2D6 の代謝を抑制するパキシルの場合、10mg以下の分量ではゆっくり減薬。比較的低用量の場合、パキシルの自己阻害が減少し、代謝が早まる。

(私の場合はもう少しスピードが速いはず。単剤なら3~4カ月、多剤なら6~12ヶ月くらいで、この人の意見はそれより長くなる)

断薬には、低用量タブレットと液剤を組み合わせて使うのがよい。対象薬剤の液剤がないときは、調剤薬局で液体と調合。それできない場合はピルカッターで慎重に小さくカットするように患者に指示。

(これは基本だが、液剤はほとんどの薬がないので使わない。粉を使うのである。)

減薬過程で患者が我慢できないほどの離脱症状を訴える場合、薬を極少量のみ増量し、減薬ペースをさらに落とすこと。

(ここは意見が分かれる。倍に増やすこともあれば、そのまま維持することもある。)

離脱症状緩和のためにいかなる抗うつ薬も追加しないこと。自律神経系に不安定をもたらし、回復を遅らせる原因となる。

(これは絶対だと思うのだが誰も守らない。)

ベンゾジアゼピン系薬や睡眠薬を含め、他の向精神薬による治療は避けること。新たな薬物依存を生むことで、患者の苦痛を長引かせる結果となる。

(これも絶対だと思うのだが誰も守らない。この内容はアシュトンマニュアルも否定していることになる。)

減薬中、特に5-HTP、トリプトファン、SAM-e などの向精神薬物質に対して過反応を起こす患者がいるので、そうした物質を試すことのないように指示すること。

(そのまま)

慢性疲労、線維筋痛、POTS (体位性起立性頻拍症候群)、その他自律神経障害の症状を示す場合がある。この場合の適切な処置としては、それまで服用していた抗うつ薬の投与をミリグラムにも満たない極少量だけ再開し、さらに減薬ペースを落とすこと。離脱症状の自律神経障害はやがて消える。不安は離脱症状を悪化させるため、平静をたもつことを勧めること。瞑想で心を満たすような呼吸法が非常に有効。

(ここは意見が違う。瞑想はいいのだが、これに抗うつ薬を再開するといいことがないと思う。私はここでこそ漢方や鍼灸や栄養療法などを追加する。まあアメリカには東洋医学ないけど。)

もし患者に耐力があれば、神経機能のサポートとして、一日に ビタミンE 400IU と1000mg EPA のフィッシュオイル(約6カプセル)、不安、頻脈、筋肉のけいれんに有効なクエン酸マグネシウムを50mg-100mg、徐放性のビタミンC を1000mg/1日。ビタミンB群は過活性になることがある。乳漿(にゅうしょう)タンパク質分離物は栄養補給に。

(私は栄養療法は高額なものを一切すすめない。市販のマルチビタミンとかミネラル入りのものを飲むよう勧めるだけである。それより食事そのものを見直す。減薬がすすめば栄養療法は終了するのが基本。そのまま続ければ今度は栄養療法の被害者になる。例えばねずみ講とか高額栄養療法とか)

不眠は離脱症状としてよく起こる症状。睡眠には寝る前のマグネシウムがよい。またメラトニンも有効であるが、睡眠・覚醒サイクルをさらに混乱させないように服用は夜だけとし、最初は0.5mg 程度から始め、その後も最小用量にとどめるように患者に注意を促すこと。

(ここも意見が違う。メラトニンは今まで効いたためしがほとんどない。結局ロゼレムもぱっとしなかった。サウナはホントに結構いいと思う。)

鍼治療も断薬症状の緩和に有効。ただし、刺激治療やデトックス治療よりも、鎮静効果のある治療を推奨。患者に耐力があれば、ウゥーキングやエアロバイクなどの有酸素運動が神経系の安定に有効。

(そのまま)

抗うつ薬の断薬症候群を認識できるようになること。再発であるとか、双極性障害や心的外傷後ストレス障害などの精神障害の発現などと誤診することは避ける。抗うつ薬の断薬を行うことになった元の診断よりも重症の状態で再発するなど考えにくい。すべてのケースにおいて、断薬症状を疑うこと。

(誤診て言葉自体がナンセンスだが、元の症状とよく見比べるのが基本である。そこから発生してきたものはすべて薬側の問題である。発達障害の二次障害でも、統合失調症でも、双極性障害でも、PTSDでもない。)

抗うつ薬の断薬症状は自律神経系の不安定からくるもの。それを誤診し、治療に向精神薬を追加しては、神経系にさらに一生の障害を与えることになる。適切なケアとは、患者が自らの力で回復することを援助すること。

(そのまま。)

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8、9,10月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗精神医学, 内海聡, 医学 Tags: タグ: ,

良い人間関係って?

おはようございます!自律サポートカウンセラーの甲斐です。

 

良い人間関係とはどんなものを言うのでしょうか?
それは、あなた自身が決めるものです。
これぞいい関係というモデルは存在しないのです。
あなたは毎日どんな感情を抱きながら生きていますか?
その感情には、必ず人間関係が関わってきます。
どんな感情もとても大事なものです。
怒ってはいけないとか、泣いてはいけないとか、悲しんではいけないとか、喜んではいけないとかそう思っているとしたら、すこし、見つめてみましょう。
その感情は、私たちに必要なことを教えてくれているのですから。
怒り・・・  あなたの領分に勝手に入り込んできたものに対して、追い払うためにも必要な感情です。
怖れ・・・  不安も同じですね。これから起ころうとしていることに対して準備するために必要な感情なのです。
悲しみ・・・ 失われた過去にさよならするために必要な感情なんですよ。
喜び・・・  今、ここで生きている自分を受け入れるために必要な感情です。
今、あなたはどんな人間関係を持っていますか?
考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8、9,10月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗人間関係 Tags: タグ: ,