カテゴリー: カウンセリング

許すこととは?

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

「許す」ことは、自分が癒える方法ですか?
「許し」こそが「癒し」の第一歩と考えている人は多いだろう。
しかし、あなたが自分に対して正直で良好な感情を持ち自滅的な人生を建設的なものに変えるためには、必ずしも許す必要はないのである。
こう書くと反発する人も多いだろう。
多くのカウンセラーは「許す」ことこそが「癒し」の第一歩だと考えている。
いや,それが唯一の方法だと考えている人も多いだろう。
私もそのように考えていたこともある。
しかし、それは自分を偽ることになってしまう。心の奥底に封じ込めてしまうことになるからである。
心から許せる気持ちになっているのなら、それは癒しに繋がるだろうが、癒されるために「許す」という行為を強いられてしまうと、それは逆効果になってしまう。
自分に言い聞かせることによって自分を騙していることに気がつく人はどれくらいいるだろう?
「許す」とは何を指すのであろうか?
ひとつは復讐する気持ちが起こらないこと。
もうひとつは、責任を取らなければない人間から「罪を免除する」ことである。
やり返すことによって心の平静を保とうとすることはネガティブである。
仕返しをすれば、一時的には落ち着くだろうが、ひどい仕打ちをしないということを努力することは健康への第一ステップではあると思う。
しかし、「罪の免罪」についての正当性についてはどうなのだろうか?
罪を負わなければならない人間から正当な議論もなく罪を免罪するというのはどうなのであろうか?
例えば、幼子を親が性的虐待する。
暴力を振るいその子どもの一生を台無しにしてしまう。
父親が母親を殴り子どもはそのために一生苦しむ事になるとしたら。
その罪を心の奥に閉じ込め「許す」ことが果たしていいことなのであろうか?
その区別がはっきりしないことが問題なのだ。

先ずは、許せないと思う人に当てて手紙を書いてみましょう。

これまで言えなかった思いを吐き出すことで、自分がどのように思って生きてきたのかが確認できます。

そして、それを伝えるかどうかは、その時のあなたの状態で決めましょう。

相手にきちんと伝えることが出来れば、自分の生き方を相手に示すことが出来ます。

自分が傷つけられた相手に自分の気持ちを伝えたら、相手は、激怒するかもしれません。

しかし、受け入れてもらえるかもしれません。

相手が激怒し、正当化し、今度は捨てられないようにこれまでと同じようにあなたをコントロールしようとしてくるかもしれません。

その時、相手が親である場合、罪悪感を感じてしまうことがとても多いのですね。

その罪悪感を持たなくてもいいと感じるまでには、時間がかかるでしょう。

自分の生き方を明確にし、伝え、その通りに行動することが必要だと思います。

もちろん育ててもらったことへの感謝は必要でしょう。しかし、感謝と罪を許すかどうかは別のことなのです。

心から許せるなら許してもいいでしょうが、罪は罪としてそれは悪いことだと言えることがとても大事だと思います。

何度も言いますが、感謝することとそれは別の問題なのです。

ですから、それを許せなくても罪悪感を持つ必要はないのです。

 

怒りとは心の底から湧いてくる感情です。

それは、いいとか悪いとかいうことではないのです。今、その怒りはどうなっていますか?

感じてみましょう。ただ感じて受け入れてみる様にして下さい。

その怒りを持って生きてきた時間を後悔する必要はないと思います。その怒りに耐えながら頑張ってきたのですから。

「許す」ことは、自分が癒える方法ですか?

それはあなたが決めることなのです。

  

 

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: カウンセリング Tags: タグ: , ,

知らないと大変なことになります。

おはようございます。自律カウンセラーの甲斐です。

発達障害について、最近では食事を変えればある程度改善すると言っている人も増えてきましたよね。

そしてそういう著書もありますので、読んでみてくださいね。

発達障害の治療の試み

しかし、発達障害 その症状・・・

それだけではありません。

不登校になると、カウンセリングを受ける方も増えていますよね。

カウンセラーの紹介してあるサイトに全国のカウンセラーを登録してあるサイトがあります。そこでの相談に登録しているカウンセラーが答えているのを読ませて頂くと、精神科や心療内科を勧めているカウンセラーさんがとても多くて愕然としました。

食についての問診や、生活環境について書いている人は一人もいません。

先ずは、ここを見直してくださいね。

例えば、いじめや虐待が精神的にも肉体的にも影響を及ぼすことがあります。これは、本人が無意識のうちに隠しますので、なかなか厄介ですね。特に女の子の場合、性的な暴力を受けたお子さんは実はとても多いのです。

早めに気が付けば、きちんと向き合うこともできますが、現実的には大人になってもその影響が出ている場合も多いですね。

次に予防接種の害!

精神薬を服用しているお子さんも多いですよね?

精神薬は、麻薬と同等のものです。

こんな記事もありますよ。新聞も載りました。対岸の火事ではありません。

 

発達障害で向精神薬を服用させられていた男児が突然死毎日新聞 2012年11月1日 夕刊

処方されていた向精神薬オーラップジェイゾロフトエビリファイ

男児に向精神薬を処方していた児童精神科医は、両親に危険性の説明をしていなかった。

 

今朝は、お友達のホメオパス比嘉眞紗子さんの記事をご紹介させて頂きますね。

無知ではお子さんを守ることが出来ません。

先ずは知りましょうね。情報下さった眞紗子さんに感謝!!

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=711570389005673&id=100004581540550

以下転載

【幼少期に打った予防接種で、両耳が聞こえなくなった】

わたしではありませんが、実際にいらっしゃいます。
聞いた話ではなく、実際にご本人よりお聞きしました。

同じ予防接種で、片耳が聞こえなくなった方もいらっしゃる。

同じ予防接種で、植物人間になってしまわれた方もいらっしゃる。

予防接種だけでないよ。

歯医者で奥歯を治療。
麻酔を打って治療して、家に戻ってきて眠りについた。
次の朝、そのまま起きて来ない。
息はしてるが起きて来ない。

そう、植物人間、、。
一家の大黒柱が、ある日突然、植物人間。。。

またある方は、、

職場の健康診断で、胃の検査。
ブスコパンという胃の動きを止める注射で意識不明に。

その後、目が痛くてテレビ画面やパソコン画面が見れない。
化学物質過敏症も発症。
仕事にも影響するが、辛いのは全て自分もち。

まだまだあります。
いくらでもあります。

わたしの身内で実際見てきた事。
わたしが実際本人から聞いた事。

こういう事実を知っているから、
だって学校がぁ〜〜とか
だって身内がぁ〜〜とか
だって皆がぁ〜〜とか

言い訳満載で、
迷っていると言っていた予防接種を打ったり、
様子を見ればいいくらいの風邪で注射したり、薬飲ませたり、、

本当に事実を知らないって怖いし、
まさか自分の子どもに限って、、と思ってるし。

だから、説明しまくるんだけど、やはり他人事で、、、。

選ぶのは自分。自分を守るのも自分。
子どもなら、守れるのは親だけです。

自分の子どもを一番大切に考えるのか?
それとも、周りや身内や一般論が大事なのか?

肝を据えて、しっかり自分軸を持って下さい。

本当に薬害は怖いのです。
その子の一生を左右するのです。

 

内海医師もワクチンについての電子書籍を書いてくださいました。医師だから書くことが出来る内容となっておりますので

是非こちらもお読みくださいね。

私も電子書籍にしております。よかったらお読みください。

こちらは紙ベースにしてほしいという声にお応えしてペーパーバックで出しました。

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

2月から、月に1回ですがTokyoDDCでのカウンセリングも行うことになりました。

2月はすでに埋まってしまいましたが、次回は3月29日の予定になっております。

ご希望の方は下記までお問い合わせください。

 

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

機能不全家族 そこにあるものは寂しさです

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

先日、機能不全家族のお話をさせて頂きました。

http://hi-mawari.com/2017/01/25/%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%B8%8D%E5%85%A8%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E5%BD%B9%E5%89%B2-3/

 

この話、なかなか理解できない方が多いので具体的な例を一つお話しましょう。

あるシングルマザーがいらっしゃいました。その方はとても教育熱心な方で、不登校児や適応障害、発達障害と呼ばれているお子さんたちの教育をしていらっしゃる方でした。

とても社会的にも信用されていらっしゃるようで、ご自分の仕事にはとても熱心でした。

役職もつき責任ある地位にもついていらっしゃったので、ある日、地方に住んでいた方なのですが東京に転勤命令が出されました。お子さんを連れて行くと充分に仕事ができないと感じたのか、ご自分の母親にお子さんを育てもらい、単身赴任で別々に暮らし始めたのです。

その前から、お子さんは、「適応障害」との診断を受けていました。

帰ってくるのは数カ月に一度です。電話では話はしていましたが、そのお子さんは日に日に学校に行くことができなくなっていきました。

そんな時に私と話し始めたのですが、「私がわがままなのです。我慢しなければいけないのです。母に一緒に暮らしたいと言っても聴いてもらえません。」ということがきっかけでした。そして、そんなに学校に行きたいくないのなら東京の病院で診察を受けろとも言われてしまいました。原因は、母親がいない寂しさだというのに・・・そして、その専門家だというのにその事には気が付かない、または気が付かないふりをしているように私には思えたのです。

その子が言っていたこと

私ではなくて、他の子の方が大事なんです。あなたが私の本当のお母さんだったらいいのに・・・」

何度も言われました。

その他のお子さんたちにも同じ言葉を何度も言われました。

いかがですか?

これほど親にとって、恥ずかしいことはないとは思われませんか?

その時、私は決意したのです。

母親は私ではない。本当の母親に子どもさんたちを返そう。と。

それでは、何故、お子さんたちが私にそのような言葉を言ったのでしょうか?

私のしていたこと

それは

ただ、お子さんたちのお話を聴き、自分の子どものころのことを話しただけなのです。

同じようなことがあったよ、そんなときには、私はこう考え、こうしていたよ。

 

それだけでいいのです。

それができていない親御さんがとても多いことを知った時期でした。

 

お子さんには、母親は必要なのです。

そして、母親はあなたしかいないのです。

自立を急がせることばかりに集中してはいませんか?文句を言わなければいい子ですか?

寂しさを仮面をつけてふるまっていることに気が付きませんか?

そんな寂しさを抱えているお子さんがこの日本には大勢いらっしゃることを私は知っているのです。

 

女性の社会進出

大いに結構だと思います。しかし、ちょっと振り返ってみてくださいね。あなたの背中を見て育ちます。一生懸命に生きている姿をお手本にします。一人で抱え込んで頑張りすぎないでくださいね。

ママがストレスを抱えてイライラすると敏感に察知します。イライラしてもいいんです。泣いたっていいんです。怒ってもいいんです。ある男の子は、辛くても泣きたくても感情を表すことができませんでした。お母さんが頑張っていつも微笑んでいてくれて申し分のないお母さんだったのです。その子は感情を出してはいけないのだと思い込んでいたのです。ある日お母さんが泣き叫びました。その時、その子はお母さんに言いました。

「泣いたっていいんだよね。」と・・・

私は、そのお子さんたちと約束してきました。

あなた達の気持は、私は大人たちに伝えていくからね。だから、自分でも自分の気持ちをできるだけ言うようにしよう。そして、一緒に頑張ろうね。と。

子育て四訓を思い出します。

(1)乳児はしっかり肌を離すな
(2)幼児は肌を離せ、手を離すな
(3)少年は手を離せ、目を離すな
(4)青年は目を離せ、心を離すな

 

お母さんが頑張っていることを知っているからこそ寂しくても言えないお子さんもいるということをちょっと考えてみて欲しいなと思うのです。

一番大事なことは、お子さんに向き合ってあげる時間を持ってほしいということです。自立する前に充分な依存の時間をとってあげてほしいのです。どんな環境で育ったとしても、もちろんそのお子さんが乗り越えて生きていかなければならないことには違いありませんが、幼い時には、充分向き合って欲しいなと、色々なお子さんに接してきて思います。

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。