カテゴリー: カウンセリング

カウンセリングの起源

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

今朝は、私のカウンセリングの考え方の基本になっている家族システムについてお話しましょう。

資格を取った時には、家族療法についての講義は、ボーエンやミューチュン、ミラノ派まででした。

私は日本カウンセリング学会、その他の学会にも所属して学ばせて頂きました。(現在は日本カウンセリング学会は退会しております)
日本カウンセリング学会のカウンセリング心理学ハンドブックにも書いてありますが、カウンセリングというものは、だれがやっても同じ結果が出るものでなければならないと定義されています。

つまりそれが科学的なものであるということです。

 

精神科での投薬治療と並行して行うカウンセリング、同じ結果にしようとするのは、洗脳、誘導であることに違いはありません。

ですから、カウンセリングというものは、洗脳ツールとして発展してきたのです。

心理学が哲学から分離して独立した専門分野となる為には、心理学をより自然科学的な客観性のある学問にする必要がありました。しかし、人間の理性による認識を徹底的に批判哲学で考察し、経験論と合理論との対立を調停したインマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724-1804)によれば、心は観察可能な対象ではないので、心理学は実験や観察に基づく自然科学として成立しないとされました。

そこから、編み出したのが今私のやっている家族療法です。お子様たちから聴いてきた声を基に、食から、社会毒、東洋医学からの考え方、哲学、EFT、TA(心理学の考え方も取り入れております。)などを取り入れたカウンセリングを行っております。

調べていくと、ナラティヴ・セラピーに近い考え方ですが、この療法とも違います。(これは後から知ったのですが)

ナラティヴ・セラピーとは

自分の人生の時間的・空間的な連続性を、自分の言葉で生産的に整理統合していき、自分の人生に固有の意味・価値を、主観的な物語の中で創造していくことが、ナラティブ・セラピーの基本的な作業です。

家族システム理論が発展するのは1950年代のことだそうです。

しかし、それ以前にも家族単位の治療に注目していた人がいたそうです。

ネイサン・アッカーマンという人です。

彼は1930年代にすでにニューヨークで精神分析の立場から家族の重要性に気づき家族メンバーを集めて取り組み始めています。

1950~1960年代になってシステム理論に基づく家族療法が盛んになるとアッカーマン研究所として知られる家族療法研究所を設立したのです。

若い研究者たちを援助して育て家族療法の普及に貢献しました。

%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e8%ab%96%e3%81%a8%e7%a4%be%e4%bc%9a%e6%a7%8b%e6%88%90%e4%b8%bb%e7%be%a9

 

 

心理学の誕生は1879年のヴントによる心理実験室の創設を起源としています。

 

内観法は、自分で自分の意識内容(経験)を言葉にして報告するものですが、ヴントは、自分だけにしか感覚できないような主観的で哲学的な自己観察については否定していました。

ヴントの内観法は、生理学的な内観法であり、同じ刺激に対してはいつも同じ反応と報告ができるように、被験者が一定の訓練を必要とするようなものでした。

ヴントの心理学研究室には実験室が備えつけられ、自ら『実験心理学』を名乗るようになり、海外では従来の哲学的心理学と区別して『新心理学(new psychology)』とも呼ばれるようになりました。

実験心理学は、大型の金属製装置を使うので、ヴントの心理学をアメリカで継いだティチナーの時代頃から『鉄と真鍮の心理学』と言われる事もあります。

この思想は、パブロフやスキナーに受け継がれ実験が行われたのです。

あまりにも非科学的な実験だと思います。

こちらに詳しくその実験の様子を書いてあるのでもし興味ある方はお読みになってみてください。

きゃばりこ記。様のブログです。

http://blog.livedoor.jp/akisakuhana-cavalieco/archives/50753684.html

これがカウンセリングの起源なのです。

 

 

 

 

参考文献:

「心の病」はこうして作られた―精神医学「抑圧」の歴史

カウンセリング心理学ハンドブック (日本カウンセリング学会企画 日本カウンセリング学会「認定カウンセラー養成カリキュラム」)

カウンセリング心理学ハンドブック〈下巻〉

カウンセリング心理学ハンドブック[実践編] (日本カウンセリング学会企画 日本カウンセリング学会「認定カウンセラー養成カリキャラム」)

 

 

 

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

あ~ぁ やる気が無くなっちゃった・・・

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

お子さんのいらっしゃるママやパパにはこんな経験はありませんか?

部活でバスケットをやっている男の子

帰ってきて、ママにこんなことを言います。

子ども: 今日ね、帰りにフリースローの練習してきたんだ。

ママ: あらそうなの。

子ども: うん、友達にヘボいって言われたんだよね。

ママ: 誰に言われたの?

子ども: K君。すれ違いざまに、「お前、フリースロー10回やって何回入る?」って聞くから、3回くらいって答えたら、ヘボいって。

ママ: K君は何回入るの?

子ども: 7回。僕よりずっと多く入るんだよね。

ママ: それで?

子ども: だから悔しくて、いじけて休憩のときも、放課後も練習してきた。

ママ: ふ~ん、どうせ10分くらいでしょ?

子ども: まぁあんまりしていないけど・・・

ママ: もっと練習すれば?

子ども: ・・・  それは、いいや・・・

ママ: 何がいいのよ!

 

 

友達から「へぼい」と言われて、このお子さんは内心傷ついていますよね。この時のお子さんの自我状態は”自由な子ども”の自我状態です。

お子さんは、”養育的な親”からの慰めの言葉を期待していたのですね。

ところが、ママは”支配的な親”の自我状態から”適応したいい子”への言葉を投げかけているのですね。

このようなやり取りを、交流分析では交差交流と呼んでいます。

行き違いはこんなところから起きているのです。

ですから、当然嫌な雰囲気で終わってしまっているのです。

それでは、ママはどうすればよかったのでしょうか?

表面的に”養育的な親”から接すればいいということではありませんよね。

ママの無意識にうちに書いている”人生脚本”に気づくことが必要なのです。

 

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

家族療法について

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

カウンセリングの方法には様々な方法があることは皆さんご存知だと思います。

私のカウンセリングは主に家族療法,交流分析、EFT、陰陽五行の考え方、栄養学、実在主義哲学などを取り入れております。

カウンセラーは、色々な事を学びます。それらの知識や経験を活かしてカウンセリングをさせて頂く職業です。

日々、学びですね。

今私が中心にしている方法は、家族療法=システムズ・アプローチです。

家族を一つのシステムと考えて、親との関係や、子ども同士の関係、親子関係などをご家族と考えていきます。

そこでの行き違い、食い違いがあると問題が起きます。

例えば、ご夫婦仲が悪い場合、お子さんが問題を起こします。すると、多くの人はお子さんの問題行動に変化をもたらせようとします。

つまり、お子さんに問題があるとするのです。

%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0

 

しかし、本当に問題はお子さんなのでしょうか?

お互いに勘違いしていることもよくあることです。

システムという概念を家族に適用させてみると、それぞれの相互関係その他の人との関り、ルールやパターンがあることに気が付きます。

多くの個人の心理的問題や人間関係は人間の成長や変化がかかわっていることがわかります。

心身は繋がっているという東洋医学の考え方、哲学、コミュニケーション理論、食について、社会毒についても理解していただきカウンセリングをさせて頂きます。

場合によっては、ご家族皆様に感情の解放の仕方もマスターしていただきます。

ですから、ご家族でカウンセリングをお受けいただければ、問題解決が早いのです。

おいくつになられていても大丈夫です。

カウンセリングさせて頂いておりますと、長い間勘違いしたまま大人になっている人もとても多いですね。

先日も遠方よりお越し頂き、2時間でこれまでのことが腑に落ち、勘違いしていたことでの自分の人生脚本を書き換えられました。

これまで色々な人に色々なことを言われてきて、頭ではなんとなく理解していたことが、腑に落ちていなかったことにも気づき、突然現れる得体のしれない不安の原因も理解でき、ご家族にもその場で伝わり、ご家族の波動調整もさせて頂きました。

あとは、体に植え付けられた痛みをクリアしていきましょう。(もう、ほとんど消えていますが)

その方法もお伝えしましたので、もうおそらく大丈夫です。しかし、お一人だけのカウンセリングではこうはいきません。

ご一緒にカウンセリングを受けてくださってよかったと仰っていただけました。

ありがとうございます。

 

やる気満々にエネルギーが満ち溢れ、笑顔が溢れました。
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。