カテゴリー: カウンセリング

文字通りの男性、拡大解釈の女性

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

皆さんは、仕事場でも、家庭内でも、誰かに何かを頼んでも思い通りにしてもらえなくて不満に思うことはありませんか?

そこで、ちょっと考えてみましょう。

男性は言葉通りに正確に理解することが得意な人が多いですよね。順序立てて論理的に思考します。理屈があっていると納得しますよね。微妙なニュアンスや表情にはあまり注意を払わない人が多いですね。

散漫な話を聴くのが苦手な人が多いのです。

反対に女性は、微妙なニュアンスを含めて全体として包括的に把握することが得意な人が多いのです。無意識のうちに言葉だけではなくて総体的な解釈をするからなのです。

言葉を感情的に受け取ってしまうこともありますよね。正確に受け取れなくて感情的になってしまう人が多いのです。

言われた内容よりもどのように言われたのかを気にする人が多いので、言葉を正確に受け取れないこともあります。

最近ではこういう特性も「発達障害」だという人もいますよね。しかし、こういう特性が強いか弱いかだけなんですよね。

例えば・・・

家庭で「男女同じように仕事しているのだから女性だけが子育てするのはおかしい」という話し合いをしたとします。

話し合いをした結果それでは、夫婦で協力しよう!と結果が出たとします。

そのあとですぐに、「ねぇねぇ、お茶!」とか、「リンゴ剝いて!」と旦那さんがいうと、奥さんは今までの話は分かってないじゃない!と思うことがあるということです。(笑)

女性が要望を出すのは一つの具体的なことを訴えているのではなくて、それは一つの例であって欲しいという気持ちでいうことがあるのです。

ですから、男性の特性として文字通りの解釈をするので、女性から見ると、まったくわかっていないじゃない!ということになることがあります。

頼んでもちっとも分かってくれないから、もう自分でやったほうが早い!となって自分ばっかりがやっているという気持ちになっている人もとても多いのですね。

もし、そういうことがある人は、具体的にお願いしてみてください。

食器の片づけをやって!とお願いするときに、適当にお願い!というのではなくて、包丁はここに入れて、鍋はここね。という風に具体的に言ってみてはどうかということです。

片づけがきちんとできないじゃない!とイライラするよりも、食器を洗ったら、ここに入れてね。お願い♡と言ってみてください。

お風呂掃除を頼むなら、何曜日と何曜日にやってね。と具体的にお願いしてみましょう。旦那さんは汚れたらすればいいのだと思うかもしれません。しかし、奥さんは汚れているのにあれほど約束したのにちっともやってくれない!と思うかもしれませんよね。

夫婦逆の場合もありますよね。どういう風にやってほしいのか具体的にまずはお願いしてみることはお互いにとって通じやすく、ストレスも少なくなりますよ。

 

ここでうちの場合の話をしましょう。

夫は洗濯が大好きなのでしょっちゅう洗濯してもらってます。

が、干し方が私には気に入りません(笑)だから、洗濯してもらっても最初は腹が立っていたんですよね。

いくら言ってもきちんときれいに干してもらえない!って。

私は子どものころから洋品関係の仕事をしていたので、干し方や畳方に拘りがあるのです。(笑)

だから、素人の男子にはそれをやってくれと言っても無理なんですね。

それをやってほしいと言わないくせに心の中で思って一人で腹を立てていたんです。

せっかくやってもらっても、怒っていたのです。(罰当たりでしょ?)

それで、考えたんです。どうしればいいいだろう?って

洗濯機を回すのは、夫の役目、私は干す係りという感じに役割を決めました。

勝手に私が心の中で決めたんです。(夫は、ストレスが溜まると頻繁に洗濯してくれるんです。)

ですから、その洗濯するという行為は有難く受け取ろうと!

自然にその都度、「あ!干すから大丈夫!ありがとう」という感じで言っていたら、洗濯が終わったら干すのは私の役目!になっています。(笑)

そして畳むのも私の役目。夫は畳むのが苦手なのですんなりいってます。

 

という具合に、うちの場合にはそれぞれの特性を知ってお互いに補い合うとストレスが減りました。

これは私の家の例です。それぞれのご家庭で特性を考えてみてはいかがでしょうか?せっかく縁あって一緒に暮らしているんですものね。楽しく過ごしたいではないですか。

 

 
 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

過剰にかかわってくる母親

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて今朝は過剰にかかわってくる母親について考察してみましょう。

過剰なほど、時間や関心を求めて娘を息苦しくさせ、二人の間の境界線を消して、自分が娘の人生で一番重要な人物になりたがります。

自分の精神的な欠乏感を満たすために、「母親」としての役割に依存しているので、娘の健全な独立を助けることができません。

娘とは「親友」のような関係だと本人は思っていて、周りにもそのように言います。しかし、娘の欲求や好みが自分と一致しないときは、共感しません。

 

スーザンフォワードはこのように述べています。

 

娘に異常に愛情を注ぎ一心同体であろうとする母親。

よく見られるのが、夫婦仲の悪さがある。夫に愛情を注ぐことよりも娘に愛情を注いでいるように見えることが多い。

子どもはやがて大きくなり、母親から独立しようとするが、それを許さない。自分の存在価値を娘に愛情を注ぐことによって得ようとしているようにも見える。

価値観を共有したいと思っています。少しでも違うと、それも許せないのです。

娘が独立するためのちょっとしたプロセスも許すことができないのです。成長して離れようとすると、娘の裏切りだと思い込み、喪失感を感じてしまうのです。必死になって引き戻そうとします。

「あなたの役に立ててうれしいわ。」とか

「一緒にこの経験ができて嬉しいわ」とも言いますが、娘がそれを望んでいるかどうかは決して聞きません。

娘はもちろん、母親のことは好きなのですが、邪険にできなくなっていくのです。

所謂愛情の押し付けが、抑圧となって行きます。

子どもが苦労しているのを見るのは母親にとっては確かにつらいことです。つい割り込んで手を貸し、なんでもしようと思うことは自然なことだともいえるでしょう。

しかし、健全な関係では、常に目標は自立することにあります。

母親が常に手を貸し、助言することによって、自分はずっと未熟な人間であると思い込んでいきます。

自分のいいところを伸ばそうとするよりも、自分の弱点にばかり目を向けようとするのです。

「一人では何もできない」という感覚を刷り込むことによって自分の存在価値を保っているのです。

これを共依存の関係と言います。

 

 

 

 

参考文献:毒親の捨て方


 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

自己愛の強すぎる母親

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

今朝は、毒になる母親について色々なパターンがあるので考えてみましょう。

先ずは 自己愛の強すぎる母親について

非常に不安定で自分の事しか頭にない母親は、賞賛も含めて自分の重要性を強く感じたがります。

注目の的になり、スポットライトを浴びることが大好きです。

ですから、注目が娘のあなたにあてられると、世間の注目があなたに移動したと感じてしまいます。そうなると余計にその欲求が強くなるのです。

娘をライバルのように扱い、娘の女性としての自信や魅力を損なおうとするのです。このタイプの母親は脅威を感じると、批判や競争心をむき出しにします。

とりわけ娘がお年頃になると、女性として花開き始めるのでそれが顕著になるのです。

本人は気が付いていないので、とても厄介ですね。

無意識によって、または直視することを恐れている感情によって誘発されるのです。

人生におけるとてつもない不安感、喪失感、深い失望によって自分自身の恐怖と悲しみから逃れようとしているのです。

こうした母親の共通する特徴は共感の欠如です。徹底した自己中心主義で自ら生み出している苦悩がみえなくなっているのです。

それでは自己愛の強い人の特徴を見てみましょう。

自己愛が強い人は髪や唇によく触れる

甘いものを非常に好む

人の話を理解しない

「カッコいい自分教」の信者

取り巻きに「自分教」信者を集める

敵認定した人以外には甘え上手

 

このような特徴があります。

あまりにも自己愛が強すぎてしまうと、周りからは煙たい存在になってしまい、好かれなくなってしまいます。

賞賛されることが大好きなのに、逆の状態になって行くので、ますます自己中心的主義になって行きますよね。

 

参考文献:毒親の捨て方


 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。