カテゴリー: ┗ワクチン

知らないと大変なことになります。

おはようございます。自律カウンセラーの甲斐です。

発達障害について、最近では食事を変えればある程度改善すると言っている人も増えてきましたよね。

そしてそういう著書もありますので、読んでみてくださいね。

発達障害の治療の試み

しかし、発達障害 その症状・・・

それだけではありません。

不登校になると、カウンセリングを受ける方も増えていますよね。

カウンセラーの紹介してあるサイトに全国のカウンセラーを登録してあるサイトがあります。そこでの相談に登録しているカウンセラーが答えているのを読ませて頂くと、精神科や心療内科を勧めているカウンセラーさんがとても多くて愕然としました。

食についての問診や、生活環境について書いている人は一人もいません。

先ずは、ここを見直してくださいね。

例えば、いじめや虐待が精神的にも肉体的にも影響を及ぼすことがあります。これは、本人が無意識のうちに隠しますので、なかなか厄介ですね。特に女の子の場合、性的な暴力を受けたお子さんは実はとても多いのです。

早めに気が付けば、きちんと向き合うこともできますが、現実的には大人になってもその影響が出ている場合も多いですね。

次に予防接種の害!

精神薬を服用しているお子さんも多いですよね?

精神薬は、麻薬と同等のものです。

こんな記事もありますよ。新聞も載りました。対岸の火事ではありません。

 

発達障害で向精神薬を服用させられていた男児が突然死毎日新聞 2012年11月1日 夕刊

処方されていた向精神薬オーラップジェイゾロフトエビリファイ

男児に向精神薬を処方していた児童精神科医は、両親に危険性の説明をしていなかった。

 

今朝は、お友達のホメオパス比嘉眞紗子さんの記事をご紹介させて頂きますね。

無知ではお子さんを守ることが出来ません。

先ずは知りましょうね。情報下さった眞紗子さんに感謝!!

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=711570389005673&id=100004581540550

以下転載

【幼少期に打った予防接種で、両耳が聞こえなくなった】

わたしではありませんが、実際にいらっしゃいます。
聞いた話ではなく、実際にご本人よりお聞きしました。

同じ予防接種で、片耳が聞こえなくなった方もいらっしゃる。

同じ予防接種で、植物人間になってしまわれた方もいらっしゃる。

予防接種だけでないよ。

歯医者で奥歯を治療。
麻酔を打って治療して、家に戻ってきて眠りについた。
次の朝、そのまま起きて来ない。
息はしてるが起きて来ない。

そう、植物人間、、。
一家の大黒柱が、ある日突然、植物人間。。。

またある方は、、

職場の健康診断で、胃の検査。
ブスコパンという胃の動きを止める注射で意識不明に。

その後、目が痛くてテレビ画面やパソコン画面が見れない。
化学物質過敏症も発症。
仕事にも影響するが、辛いのは全て自分もち。

まだまだあります。
いくらでもあります。

わたしの身内で実際見てきた事。
わたしが実際本人から聞いた事。

こういう事実を知っているから、
だって学校がぁ〜〜とか
だって身内がぁ〜〜とか
だって皆がぁ〜〜とか

言い訳満載で、
迷っていると言っていた予防接種を打ったり、
様子を見ればいいくらいの風邪で注射したり、薬飲ませたり、、

本当に事実を知らないって怖いし、
まさか自分の子どもに限って、、と思ってるし。

だから、説明しまくるんだけど、やはり他人事で、、、。

選ぶのは自分。自分を守るのも自分。
子どもなら、守れるのは親だけです。

自分の子どもを一番大切に考えるのか?
それとも、周りや身内や一般論が大事なのか?

肝を据えて、しっかり自分軸を持って下さい。

本当に薬害は怖いのです。
その子の一生を左右するのです。

 

内海医師もワクチンについての電子書籍を書いてくださいました。医師だから書くことが出来る内容となっておりますので

是非こちらもお読みくださいね。

私も電子書籍にしております。よかったらお読みください。

こちらは紙ベースにしてほしいという声にお応えしてペーパーバックで出しました。

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

2月から、月に1回ですがTokyoDDCでのカウンセリングも行うことになりました。

2月はすでに埋まってしまいましたが、次回は3月29日の予定になっております。

ご希望の方は下記までお問い合わせください。

 

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

エネルギー的コミュニケーション

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

人間関係において、エネルギーの伝達と共鳴が起きています。

一方のエネルギーが相手に伝わり、相手の発しているエネルギーに共鳴することがあります。

私が、メールやSkypeカウンセリングを辞めた理由でもあるのです。

mailでやり取りしてもなかなか伝わりにくく、誤解が生じることもあります。

これは時間の無駄だと思ったのが始まりです。

実際に直接会って同じ空間でお話すると、お互いによく理解できるのです。御家族でお受けいただければこのエネルギーの交換が一度でできます。

 

日常の生活を思い浮かべてみてください。喧嘩や言い争いはエネルギーの奪い合いです。怒りをぶつける人は、怒りのエネルギーを放出しつつ、相手のエネルギーを奪っています。

怒りのエネルギーをまともに受け取った人は気分が悪くなりますよね。

愚痴や泣き言をいう人は、相手のエネルギーを吸い取っています。

ですから、愚痴を聞いた後疲れてしまう人が多いですよね。

明るく元気な人からは元気なエネルギーが流れているので、元気になりませんか?

これは、私は昔から感じていることなのですが、カウンセリングの時私は怒りや愚痴、泣き言を聴き、エネルギーをいったん引き受け、それを浄化して戻すイメージで話します。

つまり、エネルギーの交換をしています。

愛のエネルギーは生命エネルギーです。このエネルギーを受けると、緊張がほどけ穏やかな満ち足りた気持になります。

ですから、カウンセリング中に、身体が温まり、寝てしまう人もいらっしゃいます。

良いコミュニケーションが取れている場合には、お互いの境界線がきちんと保たれていて,共にいるという状態になるのです。

この境界線が弱いと相手の影響を受けてしまうことになります。

よくカウンセラーやセラピストの方が、「もらってしまった」と言っていることがありますが、これは境界線ができていないということなのです。

わたしは誰にも習ったわけでもなく、自然にやっています。実は誰にでもできることなのです。

一番いいのは、パートナーや親子で、このエネルギー交換ができるといいですよね。

「カウンセリングなんかいらない」 というのは、こういうことなのです。

しかし、これを理解できていない方でどうしたらいいのか忘れてしまっている方のスイッチを押させて頂くことはできます。何か問題があるということはこのエネルギーの交換がうまくできていないということです。エネルギーの循環をスムーズにしていくといいですよね。

これに家族カウンセリングを組み合わせているのが、私のやっている甲斐メソッドです。家族カウンセリングも、色々なところからいいとこどりして組み合わせた独自の方法です。

 

 

このたび、DDクリニックでも月に一度カウンセリングをお受けさせていただくことになりました。

第1回目は2月14日です。

もう一組様お受けできると思います。TOKYO DDCにお問い合わせください。  03-6240-1316

院長からのコメントです。

 

伝説のカウンセラーのカウンセリングスタート♪

FBFでのべ7万人以上カウンセリングされたという伝説のカウンセラー、甲斐由美子さんのカウンセリングを月に一回、クリニックでやってもらうことになりました♪。一か月に一回、二組だけの限定カウンセリングです。甲斐さんのカウンセリングはほかのカウンセラーなどと違い、基本的に一回のみとなります。場合によっては2回になることはありえますが、それでも2回です。人数も何人でも構いませんが、よくあるのは夫婦、親子などの家運セリグのようです。

相談内容はどんなパターンの人でも構いません。親子問題、夫婦問題、断薬問題、断薬後の問題、知的障害や自閉症相談ほか、なんでもありです。また子ども連れでも参加可能ですが、遊ばせておくために参加者にも工夫してもらう必要はあります。料金は最長3時間から3時間半程度で45000円です。一回で終わる、家族で参加できる、豊富な経歴を考えたときに、髙いと思うか安いと思うかはお任せします。初回は2月14日の火曜日になります。甲斐さんは御殿場にお住まいなので、東京にはなかなか来られません。

すでに2月は1組は埋まっており、あと1組のみの募集となります。興味のある方は診療日にTokyo DD Clinic(03-60-240-1316)にお電話ください。

 
 

 

 
 
 

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

あけましておめでとうございます。

自律サポートカウンセラーの甲斐です。

新年、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

カウンセリングは4日よりはじめさせて頂きます。

1月14日は、御殿場高原ホテルにて、「セミナーのいらなくなるセミナー」を開催させて頂きます。

昨年、ぎりぎりに念願の「ワクチン問題情報集」が本になりました。

この本を出そうと思ったきっかけは、ワクチン問題がとても重大な意味を持っているからなのです。

地位も学歴もない私が、どうやってこの問題を知らせればいいのだろうか?

出版社に原稿を送ったとしてもおそらく見向きもされないだろうということは分かっていました。しかし、日ごろお子様たちの話を聴かせて頂いたり、カウンセリングをお受けしていて、もはや黙っていることはできないと思ったのです。

先ずは電子書籍を書かせて頂きました。

電子書籍になれない方々は、紙ベースでの本の出版を希望して下さった方々も多くて、とてもありがたい反応でした。

いつか本を出したい気持ちは私にもありました。しかし、自費出版となると、とても大変で、なかなか実現することができませんでした。

オンデマンド出版という方法があることをふとしたきっかけで知り、今回はそれで出版させて頂いたのです。

加筆したためにどんどん値段が上がってしまいました。

しかし、どの情報も抜けないものばかりだったので、できるだけの情報を入れさせていただいたのです。

上下巻に分けて出版すればよかったのかもしれません。

しかし、私は、この情報は一気にお読み頂きたいという思いがとても強かったのです。

この情報を探したとき、今のように表にはこれらの情報たちは出回っていませんでした。掘って掘って掘りまくったところにある情報をメモしておいたものです。

そして、日々発信してまいりました。

今となっては、少し検索すれば出てくる情報も多いと思います。しかし、この情報をすべてお読みになってみてください。

こつんと当たるところがあります。

そこまで感じて頂きたいと思います。

私は医師ではありませんので、ワクチンを打つなとは言えません。

何が問題であるのかをどうか、見つけてください。

ご家族にワクチンについて説明できなくて困っているという方、ぜひお読みください。

ご家族の意見が違うことで、喧嘩になることのほうがおかしいのです。

14日のセミナーでは、ワクチンのみならず、色々な問題について、ご家族への伝え方について、自分のアイデンティティについてお話させて頂きます。

15781575_1377237305654507_6327720046565250815_n

先ずは、親であるあなたの生き方を再確認しませんか?

 

今年も、まだまだ頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。