カテゴリー: ┗発達障害

児童精神科医は、うすうす気づいてる

児童精神科医の太田昌孝氏は「発達障害の基礎理解」金剛出版の著書の中で次のように述べていらっしゃいます。

多くの児相精神科医の方々も気づいていらっしゃるということは色々な書物を読むと分かります。問題は、判断基準について調べ検証することで、変わってくるのではないでしょうか。

教科書通りに覚えているだけでは、見えてくるものが違うということがはっきりとわかります。

私も、発達障害という診断名を初めて知ったとき、不思議なことばかりで、色々と調べ、そう呼ばれているお子さんたちとも会って話をさせて頂いてきました。

診断基準があいまいであれば当然向き合い方も違ってきます。

それは当然だといえるでしょう。発達障害について、専門家によって診断名が違う。さらにはそもそも障害か否かの判断が異なるという話を聞くことがあるが、その理由の一つには複数の判断基準の存在が関連している。発達障害の診断をめぐる混乱には、近年の発達障害の概念の広がりも関連していると思われる。発達の遅れを伴わず発達の偏りの程度が従来の典型例よりも軽くても診断される場合が増えてきている。とりわけ行動症状では、その強さはスペクトラムをつくっているので診断基準にうまく当てはまらないことが関連していると思われる。
発達障害の原因の解明や治療法の開発を目指して研究を行うためには明確な診断基準が必要であるが、こころの発達の遅れや偏りのある子どもを支援する上では必ずしも厳密な診断にこだわることはないように思える。診断名にあまり振り回されずに、その意味するところ、つまり子どものどういう点が問題かをきちんと理解することが大切である。

 

 

私のこれまでのお子様たちから話を聞かせて頂いたことを鑑みてみると、困ったとされている問題には原因がある場合が多いのです。

脳の障害があるとは決して思えないということです。

そして、気になることの一つに、アレルギーを持っているお子さん、何かに対する過敏症で症状が出ていることも多いということです。

その原因は、様々です。

食であったり、親との関係であったり、いじめなども原因になります。
また、性的被害をもっていたり、虐待されることにより、積極的になれないことがあったり、言葉で感情を表せなくて行動してしまうこともあります。
早期発見早期療育を言われすぎたために、過剰反応している人が多いことも原因の一つでしょう。

そして、ワクチンも関係するというデータもあります。

診断されている基準は何でしょうか?

発達の遅れ、偏りとは何でしょうか?
人間はすべてにおいて同じように発達しなければ障害でしょうか?

国語の得意な子がいても、数学が得意な子がいても、体育が得意な子がいても、音楽が得意な子がいても、歴史が好きな子がいても、それがどうして障害だと言えるのでしょうか?
逆もまたしかりですね。

色々興味をもって、それを学ぶことができるって素晴らしいと私は思います。
そして、次々に新しいものに目を移していく才能もあるということ。

興味のないことをおとなしく聞けということもこれまた子どもにとっては酷なことですよね。
興味を持たないのは、見せ方にも問題はありませんか?

色々なことが浮かんできますよね。

人とのコミュニケーションがうまくいかないというお子さんとも話してきましたが、なぜ私とはコミュニケーションができたのでしょうか?

コミュニケーションの仕方
勉強の仕方

教えてもらっていないのかもしれませんよね。

聴き方、引き出し方、あるのではありませんか?

相手によってそれを変えることもコミュニケーション能力の一つですよね。

そう思われませんか?

 

 

 

 

 

ぽかぽか腹巻 予約分は完売しました。ありがとうございます。

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

アレルギーについて

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

花粉症の季節になりましたね。いかがお過ごしでしょうか?

実は私も数年前には酷い花粉症があり、花粉症用のメガネをして、マスクをして、時には鼻の穴にティッシュを詰め込んで涙目で、外出することもとても辛い時期がありました。

しかし、今ではすっかりその症状は消えています。

それはなぜでしょうか?

私のやったことは、食品添加物を極力摂らない。調味料はすべて変えました。砂糖も捨てました。

アレルギーが増えたのはいつくらいからだと思いますか?

実は昭和30年代から急激に増えたのです。

多くのお子さんや保護者様から話を聴かせて頂き、発達障害、自閉症のお子さんは、アレルギーがあることがとても多いことにも気が付きました。

数年前に、医師の内海氏とあるグループでアレルギーについて考察したことがありますので、ご紹介しておきます。

参考までにお読みください。

花粉症で悩んでいる方が多いので、この件に関して話しています。【推論】 (内海 聡氏 のコメントより抜粋)

 

内海:あのね・・・科学論だけど難しいことは考えなくていいんです。違ういい方をすれば、あなた方が考える免疫異常=アレルギー=異物排除亢進は、なぜ起こるんですかと聞いているんです。さらに違ういい方をすれば、どうして異物排除亢進が起きるんですかと聞いているんです。それは石鹸をやめてきたなくなったからではありません。そもそも花粉症って何に反応してるんですか?」

 

●スギ花粉!?(・_・;?ですよね。

 

●自律神経?

 

内海:「ここではスギ花粉で結構です。好酸球やヒスタミン細胞がはたらいていないわけではありません。しかし、ではどうして30年前よりも花粉症はここまで広がっているんでしょう?杉の植林や花粉量はそこまで大きく変わりましたか?   それなのに花粉症が激増しそれぞれの症状も悪化している理由を、400字以内で説明しなさいってことです。この結論は結局私の推論で、ネット上のどこにも載っていませんよ。」

 

● 異物排除は、生体にそなわってる本質的なもの。これがないと、自分を守れない。防人みたいなものです。花粉症は、杉花粉やひのき花粉などの外的侵入に粘膜が反応ですね。これらの異物に対して、こうたいができることから、免疫反応がはじまります。

 

内海:「どうして昔は抗体がほとんどできなかったのに、今はできるんですか?その抗体は何に対して出来ているんですか?」

 

● 杉を伐採してないことでしょうか?海外の木材のほうが安い!いま、めんどうな伐採したところで「労多くして、利益少なし」で、はったらかしの杉林が多い。私の自宅は主人の代々の家なんですが昭和7年築のオール国産杉です。

 

●ひょっとして、杉花粉自体が昔と今ではちがうのでしょうか?化学物質や、空気の汚れ、水の汚れ(塩素などの影響)。昔の杉花粉は身体にやさしかったが、今のは、人体に強力な異物となる。農薬散布!伐採しない代わりに、農薬をまいて、害虫駆除してるとか。。。

 

● 農薬や化学物質が花粉の中に入り込んでいて、人間はそれにたいして、過剰に異物排除」する。これを公表すると、いろいろ厄介なので、「はい、花粉症」といってステロイド出しておくほうが、農薬とステロイドで製薬会社は二重にもうけ、企業献金で政治屋も「もうかりま~~す」でしょうか?

 

● っていうか、農薬などで花粉自体のDNAが変質したとか。。   鹿児島は杉林に対する農薬散布が少ないのkも。。アイシャドウでかゆいのは、金属にはんのうしてるんじゃないかな?化粧品には」、金属が入ってるし。。

 

● 膠原病などの免疫疾患も、(これは自己抗体ですが)自分自身が化学物質(たぶん油性のもの、でないと細胞膜通過して、核に到達できないから)で変質して、それにより自己抗体ができるのかな?

 

● 生物兵器ってやつ?いや、植物兵器だ・・?インフルと一緒?

 

内海:「お~。ちょっと見ないうちに大分近付いてきてるんじゃない?なぜこう考えないんですか?自分たちで答えを出している部分があります。なぜ花粉には反応しないのに、世の中のスギ花粉には反応するんですか?なぜ昔のスギ花粉に反応する人は少なかったのに、今はべらぼうに多いんですか?

 

最初にアレルギーの概念がずれているといいました。つまり花粉症は病気だと思っているわけです。杉という物質に対して抗体ができていると。しかしそれがごく当たり前の自然な反応だとしたらどうでしょうか?人体の免疫は何も変わっていないとしたら?おかしいのは人体ではなく外側の問題だとしたら?

 

今の花粉の中や外にどれだけ毒物が混じっているか?計算した人はいますか?恐らくそんなニンゲンはこの世に一人もいないでしょう。だからこれは推論なのです。しかし私には何か確信めいたものがあります。

 

つまりあなた方の花粉症は、アレルギーでも病気でもなく、まったく正常に機能している結果です。そして異常に反応している相手とは、スギ花粉ではなく、スギ花粉の中や外に存在している物質です。だからこそ30年前と今でここまであからさまに数字が違う、そう思いませんか?

 

ついでに書きますと、◯◯さんは化学性の石鹸を避けることでよくなったと書いていますが、この話は同根なのです。添加物や化学薬品を避けた後に花粉症がよくなったという話はよく聞きます。あなた方に人体は勝手に誤認なんてしないんですよ。誤認しているのは愚かなグーミンの意識です。自分の体が異常だとか誤認しているとか、勝手に誤認してるわけです。それはまったく正常な反応です。そしてある物質に対して異常反応していれば、似たような物質に対しても異常反応します。あなた方が500年前にタイムトリップできたとすれば、あなた方の花粉症はきっとどこかに消えてしまうことでしょう。500年前のスギ林に住んでいたとしても・・・・・

 

さらに言えば対外的有害物質だけでなく、内面においても免疫を狂わせる原因が存在します。それが食品添加物などだけでなく、栄養素そのものです。まあ、みなさん、ゆっくり考えて下さい。」

 

● ありがとうございました。今の野菜は昔の野菜の数分の一の栄養素とか。。もう、すべて化学物質なんかで汚染され、うちからも外からもやられてるということですね。   放射線と同じですね。 自己抗体関連疾患に関しては、ずっと疑問でしたが、やはり、糖鎖が少し変質して(自分の細胞ですよ。攻撃しないでください」のマークが変質)抗体ができる、正常反応だと、理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

知らないと大変なことになります。

おはようございます。自律カウンセラーの甲斐です。

発達障害について、最近では食事を変えればある程度改善すると言っている人も増えてきましたよね。

そしてそういう著書もありますので、読んでみてくださいね。

発達障害の治療の試み

しかし、発達障害 その症状・・・

それだけではありません。

不登校になると、カウンセリングを受ける方も増えていますよね。

カウンセラーの紹介してあるサイトに全国のカウンセラーを登録してあるサイトがあります。そこでの相談に登録しているカウンセラーが答えているのを読ませて頂くと、精神科や心療内科を勧めているカウンセラーさんがとても多くて愕然としました。

食についての問診や、生活環境について書いている人は一人もいません。

先ずは、ここを見直してくださいね。

例えば、いじめや虐待が精神的にも肉体的にも影響を及ぼすことがあります。これは、本人が無意識のうちに隠しますので、なかなか厄介ですね。特に女の子の場合、性的な暴力を受けたお子さんは実はとても多いのです。

早めに気が付けば、きちんと向き合うこともできますが、現実的には大人になってもその影響が出ている場合も多いですね。

次に予防接種の害!

精神薬を服用しているお子さんも多いですよね?

精神薬は、麻薬と同等のものです。

こんな記事もありますよ。新聞も載りました。対岸の火事ではありません。

 

発達障害で向精神薬を服用させられていた男児が突然死毎日新聞 2012年11月1日 夕刊

処方されていた向精神薬オーラップジェイゾロフトエビリファイ

男児に向精神薬を処方していた児童精神科医は、両親に危険性の説明をしていなかった。

 

今朝は、お友達のホメオパス比嘉眞紗子さんの記事をご紹介させて頂きますね。

無知ではお子さんを守ることが出来ません。

先ずは知りましょうね。情報下さった眞紗子さんに感謝!!

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=711570389005673&id=100004581540550

以下転載

【幼少期に打った予防接種で、両耳が聞こえなくなった】

わたしではありませんが、実際にいらっしゃいます。
聞いた話ではなく、実際にご本人よりお聞きしました。

同じ予防接種で、片耳が聞こえなくなった方もいらっしゃる。

同じ予防接種で、植物人間になってしまわれた方もいらっしゃる。

予防接種だけでないよ。

歯医者で奥歯を治療。
麻酔を打って治療して、家に戻ってきて眠りについた。
次の朝、そのまま起きて来ない。
息はしてるが起きて来ない。

そう、植物人間、、。
一家の大黒柱が、ある日突然、植物人間。。。

またある方は、、

職場の健康診断で、胃の検査。
ブスコパンという胃の動きを止める注射で意識不明に。

その後、目が痛くてテレビ画面やパソコン画面が見れない。
化学物質過敏症も発症。
仕事にも影響するが、辛いのは全て自分もち。

まだまだあります。
いくらでもあります。

わたしの身内で実際見てきた事。
わたしが実際本人から聞いた事。

こういう事実を知っているから、
だって学校がぁ〜〜とか
だって身内がぁ〜〜とか
だって皆がぁ〜〜とか

言い訳満載で、
迷っていると言っていた予防接種を打ったり、
様子を見ればいいくらいの風邪で注射したり、薬飲ませたり、、

本当に事実を知らないって怖いし、
まさか自分の子どもに限って、、と思ってるし。

だから、説明しまくるんだけど、やはり他人事で、、、。

選ぶのは自分。自分を守るのも自分。
子どもなら、守れるのは親だけです。

自分の子どもを一番大切に考えるのか?
それとも、周りや身内や一般論が大事なのか?

肝を据えて、しっかり自分軸を持って下さい。

本当に薬害は怖いのです。
その子の一生を左右するのです。

 

内海医師もワクチンについての電子書籍を書いてくださいました。医師だから書くことが出来る内容となっておりますので

是非こちらもお読みくださいね。

私も電子書籍にしております。よかったらお読みください。

こちらは紙ベースにしてほしいという声にお応えしてペーパーバックで出しました。

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

2月から、月に1回ですがTokyoDDCでのカウンセリングも行うことになりました。

2月はすでに埋まってしまいましたが、次回は3月29日の予定になっております。

ご希望の方は下記までお問い合わせください。

 

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。