カテゴリー: ┗精神医学

摂食障害について

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。「摂食障害について記事にしてください」というメッセージを頂きましたので、書いてみようと思います。先ずは厚生労働省のみんなのメンタルヘルスから、転載してみます。主に若い女性に多いイメージで書いてあります。確かに、「痩せたい!」から始まる場合もあります。そして、私がこれまでご相談受けた中で多いのが、性的被害を受けた女性にも多いですね。これは、何か(自分以外のもの)を受け入れることに関係しているように思います。「どうしてこんなことになったのだろう?」と考えてしまうことは多いと思います。一般的に言われているのは、今のところ、摂食障害には「これが原因」と一つに特定できるような原因が解明されているわけではなく、さまざまな因子が絡んでいるといわれています。完璧を求めやすい本人の性格などの背景があって、そこに引き金になる出来事(体型をからかわれる、試験に失敗する、ダイエットを始めるなど)が重なるというように、「原因」を「背景」と「引き金」とに分けて考えると考えやすいかもしれません(ただし必ずしも両方そろっているとは限りません)。

 

厚労省のページより転載

摂食障害

摂食障害には食事をほとんどとらなくなってしまう拒食症、極端に大量に食べてしまう過食症があります。拒食症では、食事量が減る、低カロリーのものしか食べないことから体重が極端に減る、やせて生理がこなくなるといった症状があります。過食症は、いったん食べ始めるとやめられない、むちゃ食いしては吐く、食べすぎたことを後悔し、憂うつになるなどの症状がみられます。拒食症から、過食症になることもあります。
「やせたい」という強い思いがあるため、本人はなかなか治療したがりません。しかし、低栄養から様々な体の不調につながり、死に至ることもある病気ですから、治療の重要性を伝えることが必要です。摂食障害は、様々なストレスが要因となっていることも多く、周囲の人の理解やサポートがとても大切です。

「摂食障害」とは

病的な拒食・過食がありますか?

食行動の異常は、食事をとりたがらない「拒食」、逆に極端に大量の食物をとる「過食」に大別できます。

少しくらいの拒食や過食は、多くの人が経験するものです。失恋をして食欲がなくなったり、ストレス解消につい食べ過ぎる、という経験をした人は少なくないと思われます。 ところが、こうした食行動の異常が過度になって、極端に体重が減少しても拒食がやめられない、過食の後に食べたものを全部吐いたり下剤や利尿剤を使って体重増加を避けようとする、という行為がみられるようになると、これは治療を要する摂食障害の疑いが濃くなります。

拒食・過食の背景にある心の傷

こうした極端な摂食行動の異常が現れるのは、背景に「太りたくない、やせたい」という体重への極端なこだわりや、「自分は太っている・醜い→自分には価値がない」という思いこみなどの心理的背景があります。また、とくに若い女性の場合は、「やせていることが美しい」という社会的価値観も影響します。また、子どもの頃に両親の仲が悪かった、親や周囲の人間から体重や体型のことをみっともないと言われた、という経験も摂食障害のひきがねになります。

10代には拒食症、20代には過食症が多い

拒食症は10代で発症する人が多く、過食症は20代に多い傾向があります。両タイプとも90%が女性です。ただし、最近は男性の摂食障害も増えているという指摘もあります。拒食と過食は正反対の症状に見えますが、拒食から過食へ、過食から拒食へと変わることもよくあります。

生命の危険もある深刻な病気です

摂食障害は、ダイエットの失敗というような単純なものではなく、ほうっておくとこころも体も病み疲れて、死に至ることもあります。とくに拒食症の場合、標準体重の60%以下にやせが進むと、低栄養による腎不全や低血糖、電解質異常による不整脈、結核などの感染症など、重い合併症を起こしやすくなります。 また、両タイプとも、アルコールや薬物への依存や抑うつ、怒りっぽい、人格障害などの精神疾患を合併しやすく、万引きや性的に奔放になる、自傷行為や自殺を図るなど衝動的な行動が多くなります。

摂食障害の治療法

摂食障害の場合、患者さん本人は治療によって体重が増えることを極端に恐れるので、なかなか治療に納得してくれません。
学校や家族・友達が専門医とともに力を合わせて、本人がきちんと治療を続けられるように支えていくことが大切です。

また、10代の患者さんの場合はとくに両親を初めとする家族との関係が病気に影響していることも多いので、家族に対しても患者さんとの接し方や家庭環境に関するカウンセリングが必要になります。 治療にあたっては摂食障害の専門医やカウンセラーを配属している病院を選びましょう。体重減少が極端な場合や家庭環境が治療に適していないような場合は入院治療も行なわれます。

治療は、体重に対するこだわりや間違った自己評価などを正常にするための心理療法を中心に、心身の回復をめざして薬による治療や栄養指導などが必要に応じて行なわれます。

 

私が驚いた摂食障害の事例では、3歳の男児の過食でした。3歳児なのにとても身体が大きくて、大人の1食分を食べてもまだ足りなくて、母親の食べているものまでもらって食べている状態でした。食べ過ぎを心配して、食べないように取り上げたり、「食べてはいけない」というと、大暴れするような状態でした。自宅で暴れる分にはいいのですが、保育園で、食事が足りなくて暴れることを心配されてカウンセリングを受けてくださいました。こういう過食もあります。過食するということは、満ち足りていない状態です。つまり、幼いころから、ご両親は共稼ぎで、充分な愛情が足りていないということですね。いつもはとてもいい子にしています。かなり我慢していたのでしょうね。我慢する代わりにそれを補うために食べていたようです。そのことを母親が理解されたとたんに過食はおさまりました。過食も、拒食も精神的な要因はとても大きいですね。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングのお問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

断薬しようとしている方へ

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。たまには断薬についての記事を挙げておきましょう。
内海先生が教えてくださったのでシェアさせて頂きます。参考になさって下さいね。

 

これはアメリカの離脱症状患者が書いた文ですが、参考になります。カッコ内は内海氏の意見。

患者から医師へのアドバイス‐抗うつ薬の離脱症状を経験したものとして

最も安全かつ慎重な方法は、3週間ごとに10%づつ減らしてゆくことです。例えば10mgなら1mg、7 mgなら0.7mg減らす。CYP2D6 の代謝を抑制するパキシルの場合、10mg以下の分量ではゆっくり減薬。比較的低用量の場合、パキシルの自己阻害が減少し、代謝が早まる。

(私の場合はもう少しスピードが速いはず。単剤なら3~4カ月、多剤なら6~12ヶ月くらいで、この人の意見はそれより長くなる)

断薬には、低用量タブレットと液剤を組み合わせて使うのがよい。対象薬剤の液剤がないときは、調剤薬局で液体と調合。それできない場合はピルカッターで慎重に小さくカットするように患者に指示。

(これは基本だが、液剤はほとんどの薬がないので使わない。粉を使うのである。)

減薬過程で患者が我慢できないほどの離脱症状を訴える場合、薬を極少量のみ増量し、減薬ペースをさらに落とすこと。

(ここは意見が分かれる。倍に増やすこともあれば、そのまま維持することもある。)

離脱症状緩和のためにいかなる抗うつ薬も追加しないこと。自律神経系に不安定をもたらし、回復を遅らせる原因となる。

(これは絶対だと思うのだが誰も守らない。)

ベンゾジアゼピン系薬や睡眠薬を含め、他の向精神薬による治療は避けること。新たな薬物依存を生むことで、患者の苦痛を長引かせる結果となる。

(これも絶対だと思うのだが誰も守らない。この内容はアシュトンマニュアルも否定していることになる。)

減薬中、特に5-HTP、トリプトファン、SAM-e などの向精神薬物質に対して過反応を起こす患者がいるので、そうした物質を試すことのないように指示すること。

(そのまま)

慢性疲労、線維筋痛、POTS (体位性起立性頻拍症候群)、その他自律神経障害の症状を示す場合がある。この場合の適切な処置としては、それまで服用していた抗うつ薬の投与をミリグラムにも満たない極少量だけ再開し、さらに減薬ペースを落とすこと。離脱症状の自律神経障害はやがて消える。不安は離脱症状を悪化させるため、平静をたもつことを勧めること。瞑想で心を満たすような呼吸法が非常に有効。

(ここは意見が違う。瞑想はいいのだが、これに抗うつ薬を再開するといいことがないと思う。私はここでこそ漢方や鍼灸や栄養療法などを追加する。まあアメリカには東洋医学ないけど。)

もし患者に耐力があれば、神経機能のサポートとして、一日に ビタミンE 400IU と1000mg EPA のフィッシュオイル(約6カプセル)、不安、頻脈、筋肉のけいれんに有効なクエン酸マグネシウムを50mg-100mg、徐放性のビタミンC を1000mg/1日。ビタミンB群は過活性になることがある。乳漿(にゅうしょう)タンパク質分離物は栄養補給に。

(私は栄養療法は高額なものを一切すすめない。市販のマルチビタミンとかミネラル入りのものを飲むよう勧めるだけである。それより食事そのものを見直す。減薬がすすめば栄養療法は終了するのが基本。そのまま続ければ今度は栄養療法の被害者になる。例えばねずみ講とか高額栄養療法とか)

不眠は離脱症状としてよく起こる症状。睡眠には寝る前のマグネシウムがよい。またメラトニンも有効であるが、睡眠・覚醒サイクルをさらに混乱させないように服用は夜だけとし、最初は0.5mg 程度から始め、その後も最小用量にとどめるように患者に注意を促すこと。

(ここも意見が違う。メラトニンは今まで効いたためしがほとんどない。結局ロゼレムもぱっとしなかった。サウナはホントに結構いいと思う。)

鍼治療も断薬症状の緩和に有効。ただし、刺激治療やデトックス治療よりも、鎮静効果のある治療を推奨。患者に耐力があれば、ウゥーキングやエアロバイクなどの有酸素運動が神経系の安定に有効。

(そのまま)

抗うつ薬の断薬症候群を認識できるようになること。再発であるとか、双極性障害や心的外傷後ストレス障害などの精神障害の発現などと誤診することは避ける。抗うつ薬の断薬を行うことになった元の診断よりも重症の状態で再発するなど考えにくい。すべてのケースにおいて、断薬症状を疑うこと。

(誤診て言葉自体がナンセンスだが、元の症状とよく見比べるのが基本である。そこから発生してきたものはすべて薬側の問題である。発達障害の二次障害でも、統合失調症でも、双極性障害でも、PTSDでもない。)

抗うつ薬の断薬症状は自律神経系の不安定からくるもの。それを誤診し、治療に向精神薬を追加しては、神経系にさらに一生の障害を与えることになる。適切なケアとは、患者が自らの力で回復することを援助すること。

(そのまま。)

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8、9,10月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗精神医学, 内海聡, 医学 Tags: タグ: ,

スマートドラッグ  「頭が良くなる薬」乱用に規制強化へ

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

スマートドラッグってご存知ですか?記憶力が増すとか、頭が良くなるとか言ってネットで個人輸入しているお子さんたちがいらっしゃること、ご存知でしょうか?そのスマートドラッグに規制が入りそうです。

スマートドラッグの種類はこちらをご覧くださいね。https://osakado.cc/topics/smartdrug.html    

 

https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00361969  

こちらの記事より引用

「頭が良くなる薬」乱用に規制強化へ

 

「頭が良くなる」などとうたわれている、いわゆる「スマートドラッグ」について、厚生労働省が、個人輸入を原則禁止する方針であることがわかった。
「スマートドラッグ」をめぐっては、てんかんやADHDなどの治療薬を、医師の指導なしに海外から個人輸入している実態がある。
ネット上には、「試験の前に記憶力向上のために服用した」などの書き込みが相次いでいるほか、国民生活センターなどにも、「高校生の娘が、集中力が上がるという薬をのんでいる」などの相談が寄せられていて、医師は危険性について指摘している。
まきメンタルクリニック・西崎真紀院長は、「一番困るのは依存性。依存がすごく強い薬をのまれた場合は、やめるのにすごく苦労する」と語った。
厚生労働省は、「医師の指導がないと、乱用や健康被害につながる」とし、今後、スマートドラッグの種類をリスト化したうえで、医師の処方箋がない場合は、原則、個人輸入を認めない方針で、22日の有識者会議で議論することにしている。

スマートドラッグは主に、脳の神経伝達物質や、酵素・ホルモンなどの神経化学物質の供給を増やしたり、酸素供給量を向上させたり、神経の成長を促進させたりすることによって働くといわれている。これを読んだだけでも危険だということがお分かりいただけるのではないだろうか?ニュースの記事の中にも依存性が非常に高く危険だとの医師のコメントもあります。過剰のアセチルコリンは潜在的に有害であると考えられている。 また、例えばプラミラセタムの場合、作用が非常に強力の為、少量でも脳内のアセチルコリンを大量に消費する。 その結果、脳が急速に疲労するため眠気や脱力感に襲われることがある。コリン作用性のスマートドラッグを服用時には注意が必要である。

 

とにかく、この問題がこのような形でクローズアップされるということは、問題があちこちで起きている証拠でもあるでしょうね。

海外のサイトを見てみましょう。

http://www.bestmastersprograms.org/smart-drug/

「スマートドラッグ」は、広義では栄養系やサプリメントなども含まれており、その範囲ではさほど問題はないが(効果も怪しいらしいが)、狭義の医薬品の意味で用いる時は、注意が必要だ。
処方箋医薬品に当たるものは、処方箋が必要だ。
個人輸入も可能だけど、日本では 覚せい剤取締法により覚せい剤に指定されているものもある。

 処方薬として
最初に、アデロール(アンフェタミン~日本では覚せい剤取締法で覚せい剤 として指定されている)をみてみる。
ADHD(やADDー多動症候群)患者の注意力を高め、衝動性を抑える。ナルコレプシーの発作も抑制する。
Stimulantは神経伝達物質を増加させ、バランスをとる効果がある。
ADHDおよびADDと診断される生徒は、全体の7%

しかも、アメリカでもっとも流行っているものは、アンフェタミン(日本では覚せい剤指定)を含むもののようで、それが上記のインフォグラフィックスにあるように、学生の間で乱用されて、大きな問題になっているのである。

医師の処方によったとしても副作用が起こりうる

*発作
*視力障害
*食欲減退
*睡眠障害
*不整脈
*鬱病
*震え
*けいれん
*幻覚

 

 

 

薬で頭が良くなるとか、記憶力が良くなるとか・・・安易な考えは捨てたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。