カテゴリー: 医学

五行色体表

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

先日開催した、薬害研究センターでのセミナー無事終了しました。ご参加の皆様、薬害研究センターの皆様、そして場の提供をしてくださった内海聡先生ありがとうございます。少人数での座談会形式でのセミナーはいかがだったでしょうか?このセミナーは、引き続き、神戸、上尾に繋がっていきます。よろしくお願いいたします。

 

本日は久しぶりに五行についてのまとめたものをメモとして書かせて頂きます。五行色体表をやっと書きました(笑)

 

五行というのは、季節の観察から生まれたものです。この表は日本の文化とも深い関係があります。まず、木である「春」からです。次は火である「夏」です。次に長夏である「土」です。この時期は梅雨と重なるので「湿」が強くなります。次は、金である「秋」ですね。最期は水である「冬」です。東洋医学では、このような臨床的な観察から五行学説を作り上げたようです。

 
五色
五方 中央 西
五季 長夏土用
五気 湿
五能
五味
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五官
五志
五神 意智 精志
五主 血脈 肌肉 皮毛 骨髄
五華 面色
五液
五穀
五畜
五果
五菜
五声
五音
五虫
五臭
五役
五変
五有余 経洩不利 喝息
五不足 憂悲 四肢不用 息利小気 蕨逆
十干 甲・乙 丙・丁 戊・己 庚・辛 壬・癸
十二支 寅・卯 巳・午 辰・未・戌・丑 申・酉 亥・子
一日

 

平坦

(夜明けの頃)

日中

(正午頃)

日西

(正午~夕暮れ)

日入

(日暮れ)

夜半

(午前0時頃)

五季の
期間
大寒~

春分後13日

春分後13日~芒種後10日 芒種後10日~処暑後7日 処暑後7日~立冬後4日 立冬後4日~大寒前日
四季の
期間
立春

~

立夏

立夏

立秋

春夏秋冬の終わり18日 立秋

立冬

立冬

立春

 

参考:今こそ必要!あなたの食養生と経路養生

 

 

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗東洋医学, 医学 Tags: タグ: ,

近代の医学の歴史 安土桃山時代

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

医学、医療の歴史について、また書いてみたいと思います。近代の医学についての歴史です。1573年、室町幕府が倒れ、織田信長が天下統一を果たしました。本能寺の変で織田信長は倒れましたが、秀吉が統一を完成して関白となりました。この30年を安土桃山時代といいます。曲直瀬道三のような優秀な医家を輩出し,はじめて日本に伝わったヨーロッパの医学が外科を中心に日本の医学に影響を与え大いに医学が発達した時代でした。

曲直瀬道三(まなせどうさん)

戦国時代、医療に革命を起こし人の命を救うことに生涯をかけた医者・曲直瀬道三。織田信長や豊臣秀吉といった天下人から厚く信頼された戦国の医家だ。患者一人ひとりに合わせた治療。道三は身分に問わず病に苦しむ人を誰でも診療した。臨床医として医学教育家としてそして著述家として大いに活躍した。 後進を指導するため啓迪院(けいてきいん)という医学校を開設したのですが、その門弟は800人とも3,000人とも言われています。よく弟子の面倒をよくみましたが、各々の弟子の能力に応じた合理的な指導をしたそうです。

多くの医学書を著しましたが、なかでも1571年に書き上げた「啓迪集」(けいてきしゅう)8巻は彼の代表作です。その内容は内科、小児科、薬物、鍼灸、養生など多岐にわたり、その根拠として中国の医書64部を引用しています。1574年にはこれを正親町天皇に献上し、翠竹院の院号を下賜されています。 1566年、毛利元就の病を治療するため出雲へ出向いた際には、元就に家門繁栄の方策について意見を述べるなど多くの大名と親交があり、また茶人としても有名であり、これまでに例を見ないスケールの大きな医師であったそうです。しかし、生涯御殿医になることはありませんでした。晩年道三がキリスト教に改宗したというフロイスの記事もありますが、疑問視されているようです。キリスト教の慈善医療に興味を抱いたとしても、その著書のなかで南蛮医学については触れていない。

「啓迪集」の画像検索結果

「啓迪集」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

精神医学について ③

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて、精神医学について書いていますが、精神医学は、優生思想から始まっているということはお分かりになりましたでしょうか?つまり、選民して排除するために作られたものなのです。それでは、精神病といわれている病名はどのようにして作られているのでしょうか?以前にもDSMで病名は作られているという記事を書いておりますので、興味ある方はそちらもお読みくださいね。こちらです。↓

モノアミン仮説とDSMの歴史

最近、学校や保育園、幼稚園の先生から「お宅のお子さんは発達障害かもしれないので専門家に診てもらってください。早期発見、早期治療が有効ですよ。」などといわれる方が増えています。それは何故なのでしょうか?そんなご家族のカウンセリングをさせて頂きますが、私がカウンセリングさせて頂いた方のお子様たちは、必ず何かしらの原因がありました。確かに、落ち着かないとか、集中できないとか、勉強ができないとか、癇癪を起すとか、感覚過敏があるとか、そういうことはありますが、それは決して病気でも障害でもなく、当たり前の反応だと私は思います。その原因を少しお考えになってみてくださいね。一度貼られたレッテルは一生続いていくことになります。例をお話しましょう。

学習障害ではないかといわれたお子さんの場合、世間的にも地位のある立派なお父さんのお子さんでした。そのお子さんにつきっきりでお父さんが勉強を見ていらっしゃいました。ちょっと間違うと叱責され、そのたびに委縮していき、勉強が嫌いになっていらっしゃいました。国語の学習障害だといわれたお子さんですが、読書は大好きで本はよく読んでいらっしゃるとのことでしたので、ご家庭での親御さんの接し方や学校での先生の接し方をお聞きしました。学校の先生も、みんなの前で、そのお子さんをバカにして、「学習障害だから、特別学級に行けよ」などといわれていたのです。いかがですか?あなたがそのような環境にあった場合、伸び伸びと勉強できるでしょうか?

次の例をお話しましょう。三世代の御家族で、お子さんは3人いらっしゃいました。一番上の小学生になったばかりのお子さんが不登校になっていました。イライラして弟をイジメたり、いうことをちっとも聞かないということで発達障害ではないかとご相談にいらっしゃいました。話を聴いていると、そのご家庭には、大人が決めたルールが沢山ありました。お子さんにとっては、理解のできないルールが沢山あったのです。そのルールをひとつひとつ聴いていくと、どうでもいいと思うようなことばかりで、幼いお子さんたちにとってはとても窮屈なルールだったことが分かりました。そして、ご両親は不当子になっているお子さんに「学校に行かなくてもいいよ。」とお子さんにしきりに仰っているので、「本当に学校に行きたくないの?」と聞いてみました。本当は学校には行きたかったのです。なぜ行くことができないのか?皆さんにはお分かりになりますか?実は、ある日体調が悪くて学校を休みました。次の日に学校に行くと、勉強が分からなくなってしまっていました。行っても分からないので、教室にじっとしていられません。だから、休むようになったのです。いかがですか?学校に行きたいと思っていたのですが、ご両親は「行かなくてもいいよ。」といいながら、毎日テレビとゲームしている息子さんをみて本当は嘆いていらっしゃったのです。学校に戻るためには、何をすればいいのかもうお分かりですよね? 

もう一例あげておきましょう。中学生の女の子の場合です。聴覚過敏があり、授業を受けることがとても苦痛に感じていて、集中できず、休憩時間もひっそり花壇に隠れて過ごしていました。机を動かす音、みんなの話し声が耐えられなかったそうです。しかし、好きな音楽はいくらでも聴くことができる。そういう状況から、周りの人たちに理解してもらえなかったようです。家庭の状況を聴いていくと、家庭では絶えず誰かと誰かが怒鳴りあっていて、それが耐えられなくて、自分の部屋に閉じこもっていたそうです。いかがですか?何を解決すればいいのか皆様にはもうお分かりですよね? 

このようにお子さんたちが信号として発信していることには意味があります。その信号をキャッチしてあげて頂きたいなと思うことがとても多いのです。それは発達障害ではありません。発達障害だといわれている原因に考えられることはたくさんありますよね。

食の問題、特に砂糖やグルタミン酸ソーダ、植物油、ジャンクフードなどの問題。

家庭内の不和 虐待なども含みます。虐待も過保護、過干渉についてもお考え下さいね。 

いじめ 

ワクチン接種 

電磁波などの社会毒と呼ばれているものの問題 シャンプーやリンス、洗剤、芳香剤、経皮毒なども含みます。

優生思想で、あなた自身が選民していませんか?ご自分の中の優生思想を見つめてみてください。

ちょっと考えただけでも思い浮かびますよね。発達障害という診断名はどうやって作られたものでしたか?思い出してください。精神医学とは何だったのかを思い出してみてください。

こちらもお勧めの一冊です。

 

 

 

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。