カテゴリー: 哲学的思考

一度失った信頼関係は・・・

私たちは色々な場面で人間関係がうまくいかない時がありますよね。

それは何故なのでしょうね?

それは家庭内でも起こります。
お子さんが自分の気持ちを話してくれない。
言う事を聞かない。
何を考えているのか分からない。

そういう時は、信頼関係が崩れているときですね。

ちょっとした嘘や約束不履行で取り返しのつかない隙間ができます。

最初から、信頼できない人とは友人になったり仕事を一緒にしたいとは思いませんよね。
親子であるなら、最初は親しみの感情はあったと思います。

しかし、人間は裏切られたと感じる経験をするものです。
その裏切りというのは、どうして裏切りだと感じるのでしょうか?

それは自分が期待しているから
それもありますよね。 この人ならこうするだろうと期待しているとき。

人はふとしたことで自分の生き方を変えることがあります。
「人は変わる」ということを認めたくないとき。
その変化のときのショックは大きく、影響も大きいのですね。

信頼関係が崩れたとき、人間関係は大きく変わります。
せっかく作ってきた人間関係に、ちょっとした嘘や、約束不履行で、取り返しのつかない隙間を作ってしまいますよね。

一度崩れた信頼関係を修復し、また新しい人間関係を作り直すためには、ものすごいエネルギーと時間が必要ですね。

信頼関係を作るためには?

失敗を認める
素直に謝る
言い訳をしない
できないことは最初からノーという
自分の感情を素直に表す
嫌なものは嫌だとはっきりという
無理をしない
自分の限界を知る
自分に素直である

「はい」が6つ以上あれば、あなたは信頼に足る人でしょう。

いかがですか?

たいていの場合、おこさんは出来ていて、親のほうができていないことが多いのではありませんか?

人間関係はお互い様ですよね。

双方が見直してみるのもいいかもしれませんね。

それをするためには、特に「自分に素直になる」ことがとっても大事だと思います。

親しみを持って相手に接する

共感できる部分を探す

話す。触れ合う。

修復が必要であるのなら、少しずつ時間をかけて修復していきましょう。

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月、9月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

いじめられているお子さんへ

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。
もしあなたが自殺したいと思うほどいじめを受けているのなら、ご両親に助けを求めてください。
http://news.livedoor.com/article/detail/10337356/岩手県矢巾町(やはばちょう)の中学2年の村松亮君(13)がいじめを苦に列車に飛び込んで自殺したとみられる問題で、村松君の母親(44)が11日、産経新聞の取材に応じた。10日に初めて読んだ村松君のノートで、同級生からの暴力や悪口に苦悩していたことを知ったといい、「ここまでひどいいじめとは…。なぜここまで追い詰められる必要があったのか」と悔しさと憤りを露わにした。元夫からの2年半ぶりの連絡が…

5年前の8月に(村松君の父親と)離婚しました。東京都内で中学1年と小学3年の娘(亮君の妹)と住んでいます。

初めは亮も(東京に)連れていったのですが、おばあちゃん子だったのですぐに「おばあちゃんが心配。岩手に帰っていいかな」と言い出したんです。本人の意思を尊重したら、こんなことになってしまいました。

(村松君が死亡したという)一報を受けたのは6日の午後5時18分でした。元夫とは2年半の間、連絡を取っていなかったので、びっくりしました。

久しぶりの連絡がこれかよと。7日にこちら(矢巾町)に来るまで、冷静でいられませんでした。悲しみ、驚き、戸惑い、(亮を預けた元夫への)怒りが入り交じり、言葉で言い表すことができませんでした。

遺体と対面し、現実を見て、何で死んだんだろうという疑問がわきました。なぜここまで追い詰められる必要があったのか。

相談あれば「行くな」と言ったのに…

(村松君と)連絡が取れていれば、いじめのことを言ってくれたかもしれない。私なら「行くな」と言いました。亮の姉も同じ中学校に通い、いじめを受けていました。「行くな」と言いました。所属していたバレーボール部の顧問が親身になってくれました。学校とは関係なくだったと思います。

10日に初めて(村松君の生活記録)ノートを見ました。子供たちがこう(死を示唆する内容)書いているのに、他の子でも「研修たのしみましょうね」と書いてしまうのでしょうか。

生徒が40人もいれば、面倒みるのは大変でしょう。先生も人だから。でも「死ぬかも」とか「生きているのが嫌になった」とかつづっているのだから、一言でいいから元夫か、おじいちゃんに電話してくれていれば…。(学校に対しては)不信感だけ。

1年生のときの担任はすごくいい先生でした。1年生のときの担任なら助けてくれたと思います。引き継ぎしていなかったのかなぁ。亮は「何とかしてほしい」と頼んだのでしょう。

いじめ、ここまでひどいとは…

ここまでひどいいじめとは思っていませんでした。(いじめていたという)子たちを恨んでもしようがないが、この先、どういう人生を歩むのでしょうか。

(同じ中学校で)他にもいじめられている子がいると思います。全国でいじめられている子には「死ぬな」と言いたいです。中学校では「(今回の件を報道機関などに)言うな」と(箝口令が)出ているらしいです。

(村松君は)最初は卓球部に入りたがっていたらしい。でも(ラケットで)ポンポンと20回以上できないと入れないと言われてバスケ部に入ったそうです。バレーボール部でも、文化部でも良かった。絵を描くのが好きだったんです。

(いじめた子は)バスケ部にも同じクラスにもいるそうです。「人の嫌がることをするな」。この子たちにそう言いたいです。亮が何をしていたか分からないが、うちの子が悪いことをしていたら、私は土下座でもします。世の中はおかしい。いじめはなくならない。だけど、何かしたら、いずれ返ってきます。

(了)

 
 

 

この事件のことはよく分かりませんので、何も言えませんが、親に言えなかったのは何故だろう?
それがどうしても悔やまれます。

確かに自分がいじめられていることを親に言えない気持ちも分かります。
しかし、自殺したいほど悩んでいるなら、相談してください。

以前 こんなことがありました。

私は、永いあいだネットの掲示板の運営をしていました。
そこに、ある女の子が学校で集団レイプされていると助けを求めてきたのです。それが、一度や二度ではなかったのです。
死にたくなってもおかしくありませんよね。

その子は父子家庭でした。
お父さんと女の子のふたり暮らし。

だから男親には、自分の口から【レイプされている】ことが言えなかったのです。
しかし、ほかに頼りになりそうな大人がいませんでした。

とりあえずの対処法としては、絶対に一人にならないようにすること、防犯ベルなどを持つこと。
しかし、それは対処法でしかありません。

そこで私は父親に伝えるようにアドバイスしたのです。

口では言えないので、どうするかが問題ですよね。

お父さんと一緒の時に、この掲示板を開きっぱなしにしてわざと読んでもらうようにしよう。

そして、その子はその通りにしました。

すぐに父親からの書き込みがありました。
驚いた父親はお子さんを護るために、引っ越し、転校させたのです。

その子は、お父さんに心配かけたくない一心で頑張って耐えていたのです。

私のところに偶然たどり着き、何とか逃げることができました。

もし、あなたがいじめに遭っているのなら、親に伝えましょう。
何とか方法を考えて。

親はあなたに死んでもらいたくはありません。
あなたはかけがえのない子どもなのですから。

なんとしてでも逃げてください。
そして生き延びてください。

お願いします。
生き延びてください。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗人間関係 Tags: タグ:

子どもには自己決定する権利があります。

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

お子さんには、小さくても自己決定する権利があります。

もしあなたが誰かに、ひっぱり回されたり、引きずられたり、あれこれ言いつけられたり、だめだしされたりしたら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか?

命令されたり、矛盾や軽んじた態度に接した時、あなたならどうするでしょう?
お子さんは、そう感じても殴り返したりすることもできません。
しかし、かんしゃくを起こしたり、床を泥だらけにしたり、水浸しにしたり、泣き叫びあなたの邪魔をしたりするかもしれませんね。
言う事を訊かないと思うのは、いうことをきかせようとしているということですよね。
つまりコントロールしようとしているということなのです。

ひきこもりになったあるお子さんは、かんしゃくを起こすたびに父親に羽交い絞めにされ、口を押えられていたと言っています。
20歳になったばかりのお子さんでしたが、小さいころのことを鮮明に覚えていて、ひきこもることで抵抗しているようにも思えました。

あなたはお子さんにそうしたことをしてはいませんか?
子どもであっても一人の人間であるということを忘れないようにしましょうね。

あなたとお子さんが権利の面で対等であれば、お子さんは仕返しはしません。
お子さんには自己決定する権利があるのです。

ここでたとえ話をしましょう。
お誕生日プレゼントにあなたはお子さんにままごとセットをプレゼントしました。

さて、そのままごとセットの所有権は誰にありますか?

たとえそれをお子さんが壊そうと捨てようと、それはお子さんの自由なのですね。

あ~~、それはこうやって使うのよ。
や~~ それはこうして使うのよ。

あらら、壊しちゃだめよ。

遊んでいるときあれこれ言われると、あなたならどう感じるでしょうか?

あなたが誕生日に高級なバッグをもらって、それをいちいち、あ~~汚れるからそこに置かないで!とか
そんなにパンパンに荷物を入れないで!とか
いちいち言われたらどんな気持ちになりますか?

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。