カテゴリー: ┗東洋思想

東洋医学

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

内海氏のお話を聴かせて頂いて、東洋医学の面白さに気が付かせて頂き、それをきっかけに少し調べております、それを少しまとめているので、自分用にメモとして記事にさせて頂きます。

人間も自然の中の一部だとする東洋医学の考え方を知ると、家庭内の問題も簡単にわかるようになりますね。

 

五行の相生関係

母子関係
相生関係とは、五行の一つが特定の相手を生ずるという関係で、循環を繰り返すものである。
相手を生ずるというのは、育成する、保護する、援助することである。

五行相性の順序
木生火、火生土、土生金、金生水、水生木

相克関係とは、五行の一つが相手を克するという関係で、循環を繰り返すものである。

相手を克するというのは、勝つ、抑える、支配するなどの働きをすることである。

五行相克の順序
木克土、土克水、水克火、火克金、金克木

相手を克す の意味をもう一度考えてみよう。

ここがとても大事だと思います。

当時の農機具は木製で、土を耕しました。

これが木が土を克すということです。

川の氾濫を防ぐのは土
従って、土は水を克す

火を消すのは水
水が火を克すのは当然

金は固いので火で温めて加工する
火は金を克す

樹木を自由に加工するには、金属の刃物を使う
金が木を克すのは当然であろう。

しかしまた、金は木に勝つが一刃で株を切り倒せるわけではない。
土は水に勝つが、一塊の土で川を防ぐことはできない。

現実に照らし合わせて運用するように「准南子」には書いてあるという。

深いなぁ・・・

 
 

乗悔の関係

五行間の相乗と相悔のこと。
相乗の「乗」とは、強く凌辱する意味である。

 *凌辱:人をはずかしめること。特に、暴力で女性を犯すこと。

五行の相乗とは、五行中のある「一行」が克される「一行」に対して克しすぎることで、一連の異常な相克反応が起きることである。

これには二つの面がある。

ある「一行」自身が強すぎて、そのために克される方の「一行」が克されすぎ、その「一行」が弱められる。

例えば、木は本来金に克されるものであるが、木が強すぎると、金の克制を受けないばかりか、金を侮ることになる。
これを「木悔金」という。

もうひとつは、金自身が弱く、木を克制できず、逆に木の侮りを受ける。
これを「金虚木悔」という。

勝覆の関係:

子をして我を克するものを克させるという関係。

例えば、木が金に克されて弱められた時、木の子である火に力を与えて金を克させ、金の力を弱めて平衡を保とうとする関係を言う。

これを知ると、兵法に使えそうだなぁ。
と思うけど、意外と知らない間に家庭内でもやっていそうな関係ですね。

通常はここまで調べないけれど、このような関係はよく見かける関係ですね。

「相生」は「そうせい」
「相剋」は「そうこく」
「相乗」は「そうじょう」
「相侮」は「そうぶ」と読みます。

以下はこちらを参考にさせて頂きました。

http://www.sokkenhou.jp/sokken_009.htm

不正常(不健康)な状態:五行の相乗と相剋 相生・相剋のバランスを欠いた異常な状態は速やかに元に戻さなければいけません。

異常な状態には次の5通りあります。
1.土剋水、2.水剋火、3.火剋金、4.金剋木、5.木剋土

「土剋水」(脾と腎)のバランス異常の場合

症状:脾(土)の実証・・腹部張満、腹痛(拒按)、顔色黄、胃?部のつかえ、食少、曖氣、小便黄赤、二便不利、食欲不振、四肢不温、小便清長、黄疸、頭が重もだるい、小便短黄、渇くが飲まない

この状態を正常に戻す足もみの手法
①土を低く(弱く)くする→土(脾)を按でもむ
②土を低く(弱く)くする→金(肺)を按で揉む「勝覆」
③土を低く(弱く)くする→木(肝)を摩でもむ

この3通りの中で、②の手法(勝覆)が最高の手法です。

水(腎)が異常に低く(弱すぎる)なった(土は通常)「水虚土乗」

症状:腎(水)の虚証・・陽萎、早泄、尿量が多い、遺尿、腰背部のだるさ・疼痛、足や膝の無力、長く立つことができない、顔面蒼白、寒がり、四肢の冷え、息切れ、喘息(動くと症状は憎悪)、呼吸困難、精神不振、自汗、顔色蒼白、心悸、喘逆、顔面部および身体の浮腫、浮腫は下肢が著明、按じると陥凹ができる、腹部張満、大便溏泄、

この状態を正常に戻す足もみの手法
①水(腎)を増やす(強く)する→水(腎)を摩でもむ
②水(腎)を増やす(強く)する→金(肺)を摩でもむ

土剋水 脾と腎のバランス異常
水剋火 腎と心のバランス異常
火剋金 心と肺のバランス異常
金剋木 肺と肝のバランス異常
木剋土 肝と脾のバランス異常

参考終わり

 

肝が悪いと筋(スジ)が傷む、肩などがこる。
心が悪いと脈が乱れる、動悸がする。
脾が悪いと脂肪が減る、もしくは増える。
肺が悪いと皮膚が弱り皮膚の毛も弱る。
腎が悪いと骨が弱る。


内科医の内海氏は次のように述べていらっしゃいます。


これを現代西洋医学の病名と照らし合わせると面白いです
たとえば・・・
パーキンソン病、筋ジストロフィー、眼瞼痙攣、子宮内膜症や月経前症候群、更年期症候群、その他もあるが肝臓とあまり関係なさそうにみえて東洋医学では肝臓病ともとらえます。
更年期、不安神経症、パニック障害、遺伝的な新生児の心臓病、
なども心臓と関係します。心の経絡は悦楽、嫉妬、恨みなどを司りますが、新生児の心臓病なども親の悦楽や恋愛感情にも関係します。妊娠前の体の状態や精子卵子の状態が悪く、悪い食べ物=社会毒全般を食べる(=悦楽)に関係します。残念ながら人類とやらは遺伝病という言い訳にすがりますが。
虚弱体質にとどまらずあらゆる体質的な問題は、東洋医学では胃(脾)から起こると考えることが多いです。これは食べ物が体を作るという考えにも通じるでしょうし、東洋医学ではたとえば病名が○○病であっても、胃が弱い人はまずそこを立て直すことを重視します。胃を萎縮させ弱らせるのは砂糖類が代表格で、気つけさせるのも逆に甘いものです。
アレルギーやアトピーや膠原病に代表されるものはまさに肺の病気の筆頭です。喘息もアレルギーであることを考えれば理解しやすいでしょうが、肺は排泄と入れ替えの臓器であり肺とつながる大腸の経絡も排泄の臓器。さらに腸内細菌が免疫に関係するという話は聞いたことがあるでしょう。呼吸の仕方も関係してますし、アレルギー、アトピー、喘息などの人は内向的な人が多いですよね。
骨粗鬆症や老化に関する病気は腎臓の病気とよく捉えます。尿の排泄に関する臓器も腎臓が関係しており、腎臓は血の流れにも関係する水溶性毒物の解毒臓器(脂は肝臓)で、老人が腰を痛めやすいのも腎臓の場所とつなげて考えます。実際は腰の骨や関節が傷んでいるのですが、腎臓を立て直すことが腰痛をよくするのにも必要だと考えるのです

 

 

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 6~8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

http://tokyo-dd-clinic.com/

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗東洋思想, 内海聡, 医学, 未分類 Tags: タグ:

優生思想は誰でもが持っている

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

精神医学や心理学は優生思想がもとになっている学問だということは再三話してまいりました。

しかし、人間というものはこの優生思想が誰にでもあるのです。このことを忘れてはなりません。

優生思想があるから、切磋琢磨したり、頑張ったり、成長すると言えるのではないかと思います。もちろん、これが強すぎると、人を見下したり、コントロールしたり支配するようになるので、気をつけろよという教えだと思うのです。

母が子どものころよく言っていた言葉を思い出します。

「実るほど首を垂れる稲穂かな」

それでは 慢について考えてみましょう。

 

 慢 まん
他人と比べて、自分を誇ったり過剰評価して、思い上がる心を慢といいます。家柄、財産、地位、知識、能力、容姿など、比べることの出来る事柄では、何にでも起こりえる煩悩のひとつです。

 

煩悩とはいったいなんでしょうか?

煩悩

仏教における教義の一つとされています。

原語は、サンクリット語のクレーシャで、心の汚れという意味があり、仏教では煩悩が人の苦しみの元とされています。

煩悩の根源は三毒(貪欲・瞋恚・愚痴)と言われ、貪欲とは必要以上に求めること、瞋恚とは怒りの感情、愚痴は物事の本質や真理に対する無知という意味があります。

煩悩のない世界を涅槃(ねはん)と呼びますが、修行僧はそこに辿り着くために日々つらい修業に耐えています。

しかしその一方で、煩悩は必ずしも苦しみだけを生み出すものではない、という考え方もあります。

これは宗派によって違いますが、欲や怒りは生きていく上のエネルギーになると捉えるものです。

例えば「家族を養うためにお金を稼ぎたい」「いつまでも健康でいたい」と願うことは悪いことではない、ということです。

私は、欲や怒りは生きていく上でのエネルギーになると考えています。

悔しいと思う気持ち!欲しい!という気持ちは生きるためのエネルギーになるという考え方です。

陰陽を学ぶと、このことがよく理解できます。

怒ることが悪いこと

欲があることは悪いこと

だけではありませんよね。 陰極まって陽となす。

まさしく、この世の中は両方があって成り立っていると強く思います。newimage-546x546-2

苦がないところには楽はありませんし、苦を乗り越えたところには大きな喜びがあります。
心の状態で、七つに分けたものを七慢といいます。八慢、九慢、という分類もあります。我慢はその中のひとつです。
 七慢 しちまん
1.慢まん  自分より劣っている人に対しては自分が勝っている、とうぬぼれ、同等の人には、自分と等しいと心を高ぶらせる。

2.過慢かまん  自分と同等の人に対して自分が勝っているとし、自分以上の人は自分と同等とする。
 

3.慢過慢まんかまん  勝っている人を見て、自分はさらに勝っている、とうぬぼれる。
 

4.我慢がまん  自負心が強く、自分本位。
 

5.増上慢ぞうじょうまん  悟っていないのに悟ったと思い、得ていないのに得たと思い、おごり高ぶる。
 

6.卑慢ひまん  非常に勝れている人を見て、自分は少し劣っている、と思う。
 

7.邪慢じゃまん  間違った行いをしても、正しいことをしたと言い張り、徳が無いのに有ると思う。
 
 

以上は、阿毘達磨品類足論あびだつまほんるいそくろんと言うお経の第一巻の辯五事品から。お経により七慢には色々な呼び方があり、順番も異なります。
 

 八慢 はちまん
  慢・大慢・慢慢・我慢・増上慢・不如慢・邪慢・倣慢
 

 九慢 くまん
九慢は少し表現が異なります。色分けしたように、七慢の慢・過慢・卑慢の三種類からの展開です。我慢がいろいろ並びます。
 
 

我勝慢 がしょうまん
我等慢 がとうまん
我劣慢 がれつまん
有勝我慢 うしょうがまん
有等我慢 うとうがまん 
有劣我慢 うれつがまん
無勝我慢 むしょうがまん
無等我慢 むとうがまん
無劣我慢 むれつがまん
 
我慢がたくさん出てきましたね。

我慢とはどういうことを言うのかを見てみましょう。 

 我慢 がまん
我慢は一般的に、自分を押さえて耐える、という意味で使われますが、本来は自分を偉いと思い、他人を軽んじることです。
仏教では、自分に執着することから、自分を高く見て他人を軽視する心が生まれる、と考えます。
 
「慢」 については 
http://tobifudo.jp/newmon/etc/gaman.html 参照させて頂きました。

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

月1度ですが、TOKYO DDC でのカウンセリングをお受けさせていただくことになりました。

初回は2月14日の火曜日になります。興味のある方は診療日にTokyo DD Clinic(03-60-240-1316)にお電話ください。

http://tokyo-dd-clinic.com/

 

index_image

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

フォースと共に目覚めるワーク EPISODE I 2017年2月5日

今、子ども達がとても危険な状態にあります。
それは、教師をはじめ、お子さんたちに関わっている日本人全員が分かっていることと思います。

教育とは何でしょうか?
「生きる」とは何でしょうか?

私は家庭から見直す必要性を痛感しております。

家庭とは何でしょうか?
あなたはどう生きるのでしょうか?

一から考え直してみませんか?

今のままではいけない。

それが分かっている。
自分は一生懸命にやっている?

でもね、結果はどうですか?

少しでも自分が目指しているところに近づいていますか?

それを一からご一緒に考えてみませんか?

このままでいいと思う方は参加なさらなくて結構です。
何とかしたいと思う方だけご参加くださいますでしょうか?

一人で何もできないと思っている方
もしかしたら出会いがあるかもしれませんよ。

そういう方のご参加を心よりお待ちしております。

今回の講演会
久しぶりに内海氏との合同講演会となります。

めったにこういう機会はございません。

内海氏とは一体何者なのか?
甲斐とは一体何者なのか?

お確かめになってください。

いつもの講演会とは違って、ワークをふんだんに取り入れて色々なことを実感していただきたいと、心より願っております。

先ずは自分を知りましょう。

そこからきっと何かが始まります。