カテゴリー: ┗人間関係

好きにやっていいよ の罠

とても面白い記事を見つけたのでご紹介させて頂きます。
こういう光景はあちこちでよく見かけますよね。

「好きにやっていいよ」の裏側にある本音とは?

「好きにやっていい」という上司の言葉には注意しなさい
この記事を読み始めたとき、ある男の子のことを思い出していた。
何を聞いても親は「好きにしていいいよ」というだけである。
分からないから相談しているのにと嘆いていたことを思い出していたのだ。
ひきこもっている彼にとっては、この親の言葉が、理由づけになっていたのだろうなと思う。
仕事しろと言われる
何をすればいいのか分からないので、親に聞く
お前の好きな職につけばそれでいいのだといつも言われていた。
自分の好きな仕事のことについて、自分で考える前に親に聞いていた男の子がいた。

そのことを思い出しながらこの記事を読んでいくと、子育ても部下育ても、自分育ても同じだなと思うのだ。

ダブルバインドになっていませんか?
もしそうであれば、親の顔色をうかがうニンゲンに育つことになるでしょうね。
いつもびくびくして、自分から行動できなくなることもあるかもしれません。

お子さんは、幼い時は、親のまねをしたり言う事を聞いて参考にしています。
それによって自分の人生脚本を書いています。

だとしたら、幼いころの接し方が大きく左右するということは誰でもわかると思います。
人間は、助言の欲しい時もあります。

自主性を重んじていたり、自立を急いでしまうと、見はなされたと思うようになることもあります。
その子に合わせた接し方を心がけなければならないでしょう。

この記事は、社会に出てからのお話です。
会社に入ればこのような上司はいますよね。
では、どのように接すればいいのでしょうか。そんなことも考えながらお読みになってみてはいかがでしょうか?

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00

カウンセリングは全て予約となります。
新たにSkypeでのカウンセリングもお受けさせて頂くことにしました。

Skypeカウンセリング
60分 5400円

あらかじめ、お振込みかカード決済して頂きます。
ご希望の方はお問い合わせください。
お使いいただけるカードはVISA、MasterCard、AmericanExpress となります。

Categories: ┗人間関係 Tags: タグ: