カテゴリー: 未分類

インナーチャイルド

インナーアダルトを育てていくことで、あなたは子ども時代のルールや役割を手放し、別の選択肢を手にすることができます。

人との関係は、友人であれ、家族であれ、同僚であれ、片方が寄りかかったり、あるいは頑固に自力で頑張ろうとするものではありません。

健康な関係とは、相互に支え合い分かち合うものです。

だれかの役にたちたいために、自分を犠牲にしてなんでもやってしまいがちなので、いろいろな人の話を聞いてしまい、迷ってしまうことも多いと思います。
共依存に陥りやすいので気をつけましょう。

今、自分の回復中の人は、自分の回復から焦点をそらさないことです。多くの人にとって他人に気を取られるということは、自分への注意が散漫になって焦点が当てられなくなるということです。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00

カウンセリングは全て予約となります。
新たにSkypeでのカウンセリングもお受けさせて頂くことにしました。

Skypeカウンセリング
60分 5400円

あらかじめ、お振込みかカード決済して頂きます。
ご希望の方はお問い合わせください。
お使いいただけるカードはVISA、MasterCard、AmericanExpress となります。

Categories: 未分類

いつも一人で考え込んで周りに表現しないタイプの人へ

【いつも一人で考え込んで周りに表現しないタイプの人へ】

夢見るように、どこ遠くを見ているか、うつむきがちに自分の心の中を見つめていませんか?

誰かが気づいてくれるまでじっと待っていませんか?

人のことを気遣うことのできるとっても優しいあなた

少しずつでも、自分の思っていることを話してみましょう。
少しずつ 少しずつ

今なら誰かがきっと受け止めてくれるはず

赤ちゃんの時のあなたはいつも待っていたんです。

優しいあなたは、お母さんやお父さんがどうしたらいいのかわからなくて戸惑っていることに気がついていたのかな?

優しいあなたは待っていたのよね。

お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロン

誰かに抱きしめてもらえること
誰かが褒めてくれること
誰かが叱ってくれること

でも、今のあなたには、自分の思うことを発信できるのです。

さぁ! 少しの勇気を出してみませんか?

もし、お子さんがこんなタイプなら、優しく言葉をかけてあげてみてください。
お子さんの考えていることを聴いてあげてみてください。

ただひたすら聴いてみてください。

自分の考えを話すことで、傷ついてしまうことを恐れていることを忘れないで!

考えていることを受け入れてもらえれば、自信がついてきますよ。
少しずつ 少しずつ

Categories: 哲学的思考, 未分類

食品添加物

先日カウンセリングを受けてくださった方に、食を見直すようにお話させて頂いたところ、「だってみんな食べているけど、なんともないではありませんか」と言われました。
さてそれはどうでしょうね?
食品添加物だけを見ても、昭和30年代からとても多く使われるようになってきたんですよね。
だから、今では癌にかかる人、アトピーやアレルギーが増えていませんか?
そして発達障害児と言われるお子さんも増えてはいませんか?
しっかりした食べ物を食べると力が湧いてきませんか?
生まれたときから、今の環境にある人は、気づきにくいのかもしれませんね。
そう、だからあなたは生まれたときからそういう食べ物を食べていますよね。
それは引き続いてお子さんにも影響を与えているのです。
という説明で少し理解されたようではありますが、ご自分でもお調べになってくださいね。
今の世の中すべて排除することなどできない状態ですが、基本的なことを理解することで防げることがたくさんあります。
ということで、こちらの記事も挙げさせていただいておきます。
食品添加物
昔から食品添加物というものは使われていたんですよね。
人々は食べ物の 保存や加工にいろいろ工夫をしていました。
ですから、塩漬けにしたり、梅干を漬けるときにも紫蘇を使って漬けますよね。
お肉や魚を燻製にしたり、干物にしますよね。
この時は塩を使いますものね。
しかし、今ではそれだけではなくて科学的に作ったものを使ったりすることが多くなっているのです。
このように、食べ物を作ったり、加工したり、保存するときに使う 調味料、保存料、着色料などを、まとめて食品添加物といいます。
そこはきちんと覚えておきましょう。
今日本人は、一日に80種類の添加物を食べているというデータもあるくらいです。
安息香酸、安息香酸ナトリウム、BHA/BHT(酸化防止剤)、グルタミン酸ナトリウム、ソルビン酸、ソルビン酸K、赤色2号、赤色3号、緑色3号、コチニール色素、青色1号、黄色4号、カラーギン・・・・
挙げるとキリがないほどありますね。
欧米では禁止されているものでも日本で使われていることもあるのです。
発がん性があったり、アレルギーなどを誘発しやすいということも動物実験でわかっているものも多いのです。
1種類の量が少ないとしても積み重なることによって猛毒になることもあり、組合せでも猛毒になることもあります。
その組み合わせはもう、とてつもなく多いのでよくわかっていないというのが実情のようです。
有名なところでは、亜硝酸塩とソルビン酸、亜硝酸塩とアミノ酸などですが、一緒になると発がん性を帯びたり、紫外線に当たると発がん性を作り出す恐れがあります。
画像検索で見つけたわかりやすいサイト様を見つけました。
こちらの記事もお読みになるとわかりやすいと思います。
お菓子、ハム・ソーセージ、かまぼこ、つけもの、弁当など、加工食品を作るときに、形や味を整えたり、色をつけたり、くさりにくくしたりするために加えられるものを食品添加物という。
食品添加物は、法律によって、使ってよいものの種類や使い方が決められている。一般的には化学的に合成されたものをいうんだけど、動物や植物などからとった天然の添加物もある。現在使われている食品添加物の中には、発ガン性が疑われているものもあるので、加工食品を食べるときには注意をした方が安全だね。それぞれの加工食品のパックには、使われている食品添加物が表示されているよ。
・キシリトール、アスパルテーム:食品に甘味を与える
・クチナシ黄色素、食用黄色4号:食品を着色し、色調を調節する
・ソルビン酸、しらこたん白抽出物:カビや細菌などの発育を抑制し、食品の保存性をよくし、食中毒を予防する
・エルソルビン酸ナトリウム、ミックスビタミンE:油脂などの酸化を防ぎ保存性をよくする
・亜硝酸ナトリウム、硝酸ナトリウム:ハム・ソーセージなどの色調・風味を改善する
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/eco110/answer/a0135.html

Categories: 未分類