カテゴリー: 育児

自立

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。今朝は自立についてお話してみましょう。

【自立】
他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。
「精神的に―する」大辞泉 より

人が自立するきっかけとして、親に頼ることが出来ないと感じたとき、頼ることが出来ないなら、自分でやるしかないな、と思うことが始まりかもしれませんね。
親も完璧な人間はいませんので、そのこと(完ぺきではないこと)をお子さんが知る時期です。ご相談をお受けしていると、幼いころより自立させようと頑張っていらっしゃる親御さんもとても多いです。

幼い頃に、親を頼ることの出来なかったお子さんは、自立するのが早く、子どもの頃に子ども本来の我侭を言うことを抑えてしまうことがあります。
「依存してはいけない。自立すべきである。」このような・・・すべきである。 の考え方がとても強くなっていきます。
「人に頼ることは、迷惑なことである。人に迷惑をかけてはいけない。」 に繋がっているようです。


こうして、大人になったとき、人に頼ることが出来なくなったり、助けを求めることが難しくなるのです。いかがですか?あなたは助けを借りたいときに適切な助けを借りることができていますか?

自立する これは、誰にも頼らない生き方ですので、常に闘って生きているのです。すごく辛いと思いませんか?
人間は、どこかで、人に頼ったり、助けてもらいながら、バランスをとっているんですよね。
自立することは、とても大切なことですが、人に頼ることも大事なことなんですね。こういう状態になるのは、機能不全家族(いわゆる親御さんがアルコール依存症の家庭)で育った子どもたちだとの概念がありましたが、私は、アルコール依存症の親のお子さんだけではなく、日本人の多くの人に当てはまることではないかと思うのです。これを一般的な心理学の用語ではアダルトチルドレンと言います。

誰にも頼ることが出来ないと、物に依存したり、薬物依存になったり、自分が依存しているとは気付きにくい、ワーカーホリックになっていたりします。
もしも、あなたが誰かに助けてもらうことが出来たなら、あなたは、困っている人が助けを求めてきた時、手を貸すことが出来るでしょう。
手を貸してくれた人に、直接なにもお返しが出来ないとしても、いつか誰かにお返しが出来るのですね。
そうやって、世の中は順繰りに動いているように、私は感じています。
もちろん、自立することは大切なことです。それと同時に、助けを求めることも大事なことなのです。

もちろん、誰にも頼らずに生きていくことができればそれはその人の生き方ですから、それでもいいのですが。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

「ノー」と言うことは、自分に「イエス」と言うこと

こんばんは

自律サポートカウンセラーの甲斐です。

久しぶりに心理系の記事を書かせて頂きますね。

アダルトチルドレンの概念を作ったクラウディア・ブラック
私は、スーザン・フォワードを知る前に知りました。
アダルトチルドレンとは何だろうかと調べてたどり着いたカウンセラーでした。
インナーチャイルドに振り回されている人がとても多いですよね。
しかし、もともとは、親がアルコール依存症の場合の家庭で育った人たちの事を指していました。
しかし、私が数多くのお子さんたちとお話させて頂いてきて感じることは、誰でもが、多かれ少なかれアダルトチルドレン的な面を持っていると思います。
そこで、もし、生きにくいと思っている方に参考になるかと思いますので、クラウディア・ブラックからのメッセージをシェアさせて頂きます。
 
 
「ノー」と言うことは、自分に「イエス」と言うこと
 
境界を育てるには4つのステップが役立ちます。
1.子ども時代の境界を思い起こし、その体験に伴なう怒りや痛みをきちんと感じる。
2.こうした体験が現在にどう影響しているか、今の自分は周囲とどんな関係を作っているかを調べる。
3.自分を傷つけているメッセージを手放して、健康なものに置き換える。
4.境界を設定したり境界を守るスキルを練習する。
 
子ども時代、私たちには境界の侵入から身を守るすべがありませんでした。
自由に「ノー」と言えない環境の中では、「イエス」は怖れと無力感から出ていたり、承認され愛されるための必死の努力だったりします。
境界を育てていく中で、あなたは「ノー」という言葉が自分を守ってくれ、選択肢を与えてくれることに気づくでしょう。
そして、他の人の境界を尊重することも学ぶはずです。
 
私たちが境界を守るために「ノー」と言うとき、同時に自分に向かって「イエス」と肯定しているのです。
 
クラウディア・ブラックよりのメッセージ

 

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

お子様をお持ちの方は必読!

おはようございます、自律サポートカウンセラーの甲斐です。

これは大事なことです。
お子様をお持ちの方は是非ともお読みください。

学童保育所の職員が児童の口をガムテープでふさぐ

このニュース、もうすでに削除されています。

児童相談所でも同じような虐待が行われている事実を私はお子さんたちから聴いております。

証拠もなくあやふやなのに、親に虐待を受けていると認定して保護しているというのに、何故施設内でも虐待が行われて、隠蔽されるのでしょうか?

この記事は学童保育所の職員が児童の口にガムテープを貼ったという記事ですが、その記事がこうして何故すぐに削除されるのでしょうか?

日本のオトナたちは、いったい何をしているというのでしょうか?
こういう話を聴いても自分とは関係ないと知らん顔する
おとなたち・・・

自分の子どもが保護されてはじめて泣き叫び、私は虐待などしていないと言っても、もう遅いのです。

日本全国で被害は広がっています。

 

以下元ニュースをコピペします

山形県酒田市内の学童保育所で、指導員が小学校低学年の男子児童の口をガムテープでふさぐなどの虐待行為があったことが1日、同市などへの取材で分かった。
市は虐待があったことを確認し、学童保育所を指導したという。
毎日新聞の取材に対し、市子育て支援課は虐待があったことを認めたが、「虐待の詳しい内容は言えない。現在は虐待行為の相談などは寄せられていない」と話した。

学童保育所などによると、2015年6〜7月、「言うことを聞かず、周りに迷惑をかける」などの理由で、
指導員が口をガムテープでふさいだり、男児の手を縛ったりしたという。
虐待の疑いがあるとの情報提供を受けた市は、昨年10〜11月に聞き取り調査を実施した。

この学童保育所は市の委託を受けて、3人の指導員がいる。男児はその後、学童保育所をやめたという。

指導員の一人は取材に対し、「男児は周りの女の子をたたいたり、耳のそばで大声を上げたりする子。
手を縛られたときも該当の指導員から『今度、たたいたら手を縛るよ』と言われたが、『どうぞ』と返答した」と話した。

一方、男児の祖母は「確かに孫はやんちゃで、他の子に手を出したこともある。だがガムテープの件はやりすぎだと思う」と話した。
市などから謝罪はないといい、「不誠実な対応だ」と憤っている。

<虐待>指導員が男子児童の口をガムテープでふさぐ 山形

 

学校が絡んでいて、児童相談所にいろいろなことを言われてきている方は、学校の先生となるべく親密な関係を結んでおいてください。
児相が、子どもと二人で話がしたいと言ってくることがあります。
この時は非常に危険です。
学校と連絡しているにもかかわらず、児相の職員が「学校が親と連絡が取れないと言っている」と言ってくる場合もあるようです。
この場合は学校に確認が必要ですね。
しかし、決してけんか腰になりませんように、冷静な態度で接してくださいね。

あなたには、児相に不服申し立てをする権利はありません。
不服申し立ての制限
第十条の5 臨検等に係る処分については、行政不服審査法(昭和三十七年法律第百六十号)による不服申し立てをすることができない。
児童相談所に置いては、被害者が不服申し立てをできないことになっているのです。
証拠の提示もなく、オープンな裁判によって決済されずに保護されてしまうということです。
虐待があったかどうかの判断も児相が決めるのです。

 

こちらもお読みください。 
児童相談所とは何なのか? 
http://児相.com/blog/?p=219 

 

児童相談所が拉致するケース

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=188172608338001&id=100014357893194

 

 
私が良くお勧めするのがDDCでの診察と、対処
例えば、「化学物質過敏症の治療をDDCで受けています。」とか、
ワクチンや牛乳に対しても
内海 聡 (Satoru Utsumi)医師に相談しています。と言うと違いますよ。
私(甲斐)のカウンセリングを受けています。ということでもかなり防ぐことが出来ています。
 
 
 
虐待されていると親の前では何も言えないということを考えてのことだとは思いますが、これまでの事例では、お子さんが話した内容と食い違うことが多いのでお気を付けください。
「親と一緒に暮らしたくない」と言っている。と言われることが多いようです。
こんなことも考慮して、第三者を同席させてもらうか録音しておくことは必須ですね。
不登校のお子さんがターゲットになりやすいようです。
お医者様の診断書なども用意できればいいですね。
こんなご相談もありますので、3月は特にお気を付けください。

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。

3月のご予約は埋まりました。

4月は28日となります。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。