カテゴリー: ┗ 成長 発達

自立

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。今朝は自立についてお話してみましょう。

【自立】
他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。
「精神的に―する」大辞泉 より

人が自立するきっかけとして、親に頼ることが出来ないと感じたとき、頼ることが出来ないなら、自分でやるしかないな、と思うことが始まりかもしれませんね。
親も完璧な人間はいませんので、そのこと(完ぺきではないこと)をお子さんが知る時期です。ご相談をお受けしていると、幼いころより自立させようと頑張っていらっしゃる親御さんもとても多いです。

幼い頃に、親を頼ることの出来なかったお子さんは、自立するのが早く、子どもの頃に子ども本来の我侭を言うことを抑えてしまうことがあります。
「依存してはいけない。自立すべきである。」このような・・・すべきである。 の考え方がとても強くなっていきます。
「人に頼ることは、迷惑なことである。人に迷惑をかけてはいけない。」 に繋がっているようです。


こうして、大人になったとき、人に頼ることが出来なくなったり、助けを求めることが難しくなるのです。いかがですか?あなたは助けを借りたいときに適切な助けを借りることができていますか?

自立する これは、誰にも頼らない生き方ですので、常に闘って生きているのです。すごく辛いと思いませんか?
人間は、どこかで、人に頼ったり、助けてもらいながら、バランスをとっているんですよね。
自立することは、とても大切なことですが、人に頼ることも大事なことなんですね。こういう状態になるのは、機能不全家族(いわゆる親御さんがアルコール依存症の家庭)で育った子どもたちだとの概念がありましたが、私は、アルコール依存症の親のお子さんだけではなく、日本人の多くの人に当てはまることではないかと思うのです。これを一般的な心理学の用語ではアダルトチルドレンと言います。

誰にも頼ることが出来ないと、物に依存したり、薬物依存になったり、自分が依存しているとは気付きにくい、ワーカーホリックになっていたりします。
もしも、あなたが誰かに助けてもらうことが出来たなら、あなたは、困っている人が助けを求めてきた時、手を貸すことが出来るでしょう。
手を貸してくれた人に、直接なにもお返しが出来ないとしても、いつか誰かにお返しが出来るのですね。
そうやって、世の中は順繰りに動いているように、私は感じています。
もちろん、自立することは大切なことです。それと同時に、助けを求めることも大事なことなのです。

もちろん、誰にも頼らずに生きていくことができればそれはその人の生き方ですから、それでもいいのですが。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

「ノー」と言うことは、自分に「イエス」と言うこと

こんばんは

自律サポートカウンセラーの甲斐です。

久しぶりに心理系の記事を書かせて頂きますね。

アダルトチルドレンの概念を作ったクラウディア・ブラック
私は、スーザン・フォワードを知る前に知りました。
アダルトチルドレンとは何だろうかと調べてたどり着いたカウンセラーでした。
インナーチャイルドに振り回されている人がとても多いですよね。
しかし、もともとは、親がアルコール依存症の場合の家庭で育った人たちの事を指していました。
しかし、私が数多くのお子さんたちとお話させて頂いてきて感じることは、誰でもが、多かれ少なかれアダルトチルドレン的な面を持っていると思います。
そこで、もし、生きにくいと思っている方に参考になるかと思いますので、クラウディア・ブラックからのメッセージをシェアさせて頂きます。
 
 
「ノー」と言うことは、自分に「イエス」と言うこと
 
境界を育てるには4つのステップが役立ちます。
1.子ども時代の境界を思い起こし、その体験に伴なう怒りや痛みをきちんと感じる。
2.こうした体験が現在にどう影響しているか、今の自分は周囲とどんな関係を作っているかを調べる。
3.自分を傷つけているメッセージを手放して、健康なものに置き換える。
4.境界を設定したり境界を守るスキルを練習する。
 
子ども時代、私たちには境界の侵入から身を守るすべがありませんでした。
自由に「ノー」と言えない環境の中では、「イエス」は怖れと無力感から出ていたり、承認され愛されるための必死の努力だったりします。
境界を育てていく中で、あなたは「ノー」という言葉が自分を守ってくれ、選択肢を与えてくれることに気づくでしょう。
そして、他の人の境界を尊重することも学ぶはずです。
 
私たちが境界を守るために「ノー」と言うとき、同時に自分に向かって「イエス」と肯定しているのです。
 
クラウディア・ブラックよりのメッセージ

 

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

脅してコントロール 諭してしつけ?

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

人間って 

「禁じれば、禁じるほど、やりたがる」と思いませんか?

強く禁止すれば、するほど、それが魅力的に見えてしまうんですね。

それはお子さんも同じです。(笑) その時は言うことを聞きますが、長期的に見ると違うんですね。諭されてやらなかった場合のほうが、同じような場面に出会ったときの行動が違うのです。

じつは、長期的にみると、自制心の成長に違いが出る可能性もあります。

 

「いかにセルフコントロールのできる人」になるかは、こういうところにもあります。

脅しは、禁じられた行為を繰り返す引き金、誘い言葉にもなります。

ちょっと振り返ってみましょうね。

 

1965年にアメリカ、スタンフォード大学の社会心理学者、ジョナサン・フリードマンによって、脅していうことをきかせるのと、諭していうことをきかせる違いについての実験がおこなわれました。

参加したのは、カリフォルニアの小学生7~10歳の40人。

そして、実験には、5種類のおもちゃが用意されました。

 

1) 野球グロープ

2) プラスチックの潜水艦

3) おもちゃのライフル銃

4) おもちゃのトラクター

5) 電動式ロボット

「部屋にいる間、自由に遊んでいいけど、電動式ロボットだけには触らないように」

こう伝えることで、子どもたちが、その後どういう行動をしめすかを見るのが、実験の目的です。

ただし、40人の子どもたちを半数ずつ、2つのグループにわけて、メッセージの伝え方を変えます。

第1グループ(20人):

「ロボットで遊んだらダメだよ。もし遊んだら怒るし罰を与えるからね」

第2グループ(20人):

「ロボットで遊ばないでね。ロボットで遊ぶことはよくないことだから」

結果的に、ロボットに触らなかったのは、40人中2人だけでした。

しかも、

第1グループ:きつく脅された子どもたち → 1人

第2グループ:おだやかに言われた子どもたち → 1人

 

あれ?どういう言い方しても変わらないじゃない!と思いますよね。(笑)

 

フリードマンが本当に調べたかったのは、「その場に現れる違い」ではなく、「時間の経過とともに現れる違い」でした。

最初の実験の6週間後。

前回のように子どもを部屋に呼んで、今度はそれぞれに絵を描いてもらいました。

そして部屋には、お絵描き道具と前回の実験と同じおもちゃが置かれていて、「絵を描き終わったら、今回はどのおもちゃを触ってもいいよ」と言いました。

 

前回のちょっとした言い方の違いで、今回の行動に大きな違いが出たのです。 

前回の実験で、「触ってはいけない」と言われたロボットで遊んだ子どもは、

第1グループ:きつく脅された子どもたち → 77%

第2グループ:おだやかに言われた子どもたち → 33%

 

明らかに差が出てのです。

実験の結果は、「短期的には脅すほうが効果がある」のですが、実験では長期的には逆の効果があることがわかったのです。

 

 

あなたは「脅し」をしていませんか?
親しい間柄ほど無意識に「脅し」をしてしまいます。
あなたはこの1か月の間にご家族に以下のようなことをどれくらい言ったでしょうか?
チェックしてみてくださいね。
しばしば   3点
時たま    2点
めったにない 1点
ない     0点

 

 


トータル点数を見てください。

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1.君の世話はもうたくさんよ。
2.そういうことしたら後でどうなるかわかってるよね。
3.このままだとダメになるよ
4.もう出ていけ
5.顔も見たくない
6.出ていきます
7.離婚します
8.あんたなんか生まなきゃよかった
9.やめさせていただきます
10.そんな子はお母さんの子ではありません
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 


15点以上あれば、あなたは力で相手をねじ伏せようとするタイプです。
お気を付けください。
脅すという行為は相手を脅かして無理に言うことを聞かせるという手段です。
相手は一見したがっているように見えますが、心に恨みを持ちます。
脅しの心理の裏には、おびえている子どもっぽい心が隠れています。
脅す代わりに代替え案を「提案」していきましょう。
その案が多ければ多いほど解決策としてはいい方法ですね。
粘り強く相手と妥協案を見つけていけるといいですね。

 

 

さて、今日は、今月から内海医師に依頼されたので月に一度TOKYO DDCでカウンセリングさせて頂くことになりました。一日二組様お受けできます。お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!

クリニックのホームページはこちらです。 http://tokyo-dd-clinic.com/

 この記事がアップされる頃には、もう電車に乗っています。

初めてのことなのでドキドキ、ワクワク♡

皆様、 よい一日をお過ごしくださいね。それでは行ってきます!

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。