カテゴリー: 食について

食生活の乱れで何が起きるのか

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

私が長い間お子様たちからお話を聴かせて頂いてとても気になったことの一つに食生活の乱れがありました。

今日は食について、皆様に考えて頂きたいと思うので、本をご紹介させて頂きます。

 

バージニア州の少年院で囚人276人を対象に行われた興味深い研究がある。砂糖の摂取を減らしたグループと、普通食のグループと、それぞれの行動変化を比べるというものだ。
この実験を行ったシュテフェン・ショーエンセーラー博士によると、砂糖の摂取を減らしたグループは普通食のグループに比べて、反社会的行動が46%低下した。特に暴行が82%、盗みは77%減と激減した。
この結果を受けてワシントンなど12の少年院、計8000人における同様の大規模調査が行われ、この調査でも反社会的行動は47%減という結果が出た。彼らに対する栄養学的研究では、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などの不足が目立った。

 

 
医者いらずの食 より

 

  

 

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: 不登校, 推薦本, 食について Tags: タグ:

スポーツドリンク

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

スポーツドリンクについて甘味料としてアスパルテームやスクラロロースなどの人工甘味料が使われています。

 

数社のメーカーに問い合わせた時、それらの甘味料には遺伝子組み換えのトウモロコシやジャガイモが使われているという回答を頂きました。

これらの人工甘味料は合成アミノ酸で、同じく合成アミノ酸であるグルタミン酸ナトリウムは、肥満、糖尿病、心臓発作、偏頭痛、てんかん、下痢、関節痛、うつ病、めまい、ろれつが回らない、注意欠陥・多動性障害、不眠症、不安などの副作用が報告されています。

これらの危険性に警鐘を鳴らすラッセル・ブレイロック教授(http://www.russellblaylockmd.com/) は元脳神経外科医で、グルタミン酸ナトリウムに興奮毒性があること、肥満になる危険性があること、そして人工甘味料のアスパルテームと一緒に摂取し、運動をすることで突然死する可能性を指摘しています。

 

元脳神経外科医で興奮性毒の研究家であるアメリカのラッセル・ブレイロック博士は、著書の『EXCITOTOXIN(エキサイト・トキシン―人を殺す味)』でその重大な危険性を訴えています。

こちらの動画もご覧ください。

グルタミン酸ナトリウムの危険性①

グルタミン酸ナトリウムの危険性②前編~あなたの脳の最大の敵

OS1についても同じですよ。

ご質問してくださる方がいらしゃいましたが、こういう情報を知ったうえでご自分で調べる習慣をお付けくださいね。

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: , 食について Tags: タグ:

アレルギーについて

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

花粉症の季節になりましたね。いかがお過ごしでしょうか?

実は私も数年前には酷い花粉症があり、花粉症用のメガネをして、マスクをして、時には鼻の穴にティッシュを詰め込んで涙目で、外出することもとても辛い時期がありました。

しかし、今ではすっかりその症状は消えています。

それはなぜでしょうか?

私のやったことは、食品添加物を極力摂らない。調味料はすべて変えました。砂糖も捨てました。

アレルギーが増えたのはいつくらいからだと思いますか?

実は昭和30年代から急激に増えたのです。

多くのお子さんや保護者様から話を聴かせて頂き、発達障害、自閉症のお子さんは、アレルギーがあることがとても多いことにも気が付きました。

数年前に、医師の内海氏とあるグループでアレルギーについて考察したことがありますので、ご紹介しておきます。

参考までにお読みください。

花粉症で悩んでいる方が多いので、この件に関して話しています。【推論】 (内海 聡氏 のコメントより抜粋)

 

内海:あのね・・・科学論だけど難しいことは考えなくていいんです。違ういい方をすれば、あなた方が考える免疫異常=アレルギー=異物排除亢進は、なぜ起こるんですかと聞いているんです。さらに違ういい方をすれば、どうして異物排除亢進が起きるんですかと聞いているんです。それは石鹸をやめてきたなくなったからではありません。そもそも花粉症って何に反応してるんですか?」

 

●スギ花粉!?(・_・;?ですよね。

 

●自律神経?

 

内海:「ここではスギ花粉で結構です。好酸球やヒスタミン細胞がはたらいていないわけではありません。しかし、ではどうして30年前よりも花粉症はここまで広がっているんでしょう?杉の植林や花粉量はそこまで大きく変わりましたか?   それなのに花粉症が激増しそれぞれの症状も悪化している理由を、400字以内で説明しなさいってことです。この結論は結局私の推論で、ネット上のどこにも載っていませんよ。」

 

● 異物排除は、生体にそなわってる本質的なもの。これがないと、自分を守れない。防人みたいなものです。花粉症は、杉花粉やひのき花粉などの外的侵入に粘膜が反応ですね。これらの異物に対して、こうたいができることから、免疫反応がはじまります。

 

内海:「どうして昔は抗体がほとんどできなかったのに、今はできるんですか?その抗体は何に対して出来ているんですか?」

 

● 杉を伐採してないことでしょうか?海外の木材のほうが安い!いま、めんどうな伐採したところで「労多くして、利益少なし」で、はったらかしの杉林が多い。私の自宅は主人の代々の家なんですが昭和7年築のオール国産杉です。

 

●ひょっとして、杉花粉自体が昔と今ではちがうのでしょうか?化学物質や、空気の汚れ、水の汚れ(塩素などの影響)。昔の杉花粉は身体にやさしかったが、今のは、人体に強力な異物となる。農薬散布!伐採しない代わりに、農薬をまいて、害虫駆除してるとか。。。

 

● 農薬や化学物質が花粉の中に入り込んでいて、人間はそれにたいして、過剰に異物排除」する。これを公表すると、いろいろ厄介なので、「はい、花粉症」といってステロイド出しておくほうが、農薬とステロイドで製薬会社は二重にもうけ、企業献金で政治屋も「もうかりま~~す」でしょうか?

 

● っていうか、農薬などで花粉自体のDNAが変質したとか。。   鹿児島は杉林に対する農薬散布が少ないのkも。。アイシャドウでかゆいのは、金属にはんのうしてるんじゃないかな?化粧品には」、金属が入ってるし。。

 

● 膠原病などの免疫疾患も、(これは自己抗体ですが)自分自身が化学物質(たぶん油性のもの、でないと細胞膜通過して、核に到達できないから)で変質して、それにより自己抗体ができるのかな?

 

● 生物兵器ってやつ?いや、植物兵器だ・・?インフルと一緒?

 

内海:「お~。ちょっと見ないうちに大分近付いてきてるんじゃない?なぜこう考えないんですか?自分たちで答えを出している部分があります。なぜ花粉には反応しないのに、世の中のスギ花粉には反応するんですか?なぜ昔のスギ花粉に反応する人は少なかったのに、今はべらぼうに多いんですか?

 

最初にアレルギーの概念がずれているといいました。つまり花粉症は病気だと思っているわけです。杉という物質に対して抗体ができていると。しかしそれがごく当たり前の自然な反応だとしたらどうでしょうか?人体の免疫は何も変わっていないとしたら?おかしいのは人体ではなく外側の問題だとしたら?

 

今の花粉の中や外にどれだけ毒物が混じっているか?計算した人はいますか?恐らくそんなニンゲンはこの世に一人もいないでしょう。だからこれは推論なのです。しかし私には何か確信めいたものがあります。

 

つまりあなた方の花粉症は、アレルギーでも病気でもなく、まったく正常に機能している結果です。そして異常に反応している相手とは、スギ花粉ではなく、スギ花粉の中や外に存在している物質です。だからこそ30年前と今でここまであからさまに数字が違う、そう思いませんか?

 

ついでに書きますと、◯◯さんは化学性の石鹸を避けることでよくなったと書いていますが、この話は同根なのです。添加物や化学薬品を避けた後に花粉症がよくなったという話はよく聞きます。あなた方に人体は勝手に誤認なんてしないんですよ。誤認しているのは愚かなグーミンの意識です。自分の体が異常だとか誤認しているとか、勝手に誤認してるわけです。それはまったく正常な反応です。そしてある物質に対して異常反応していれば、似たような物質に対しても異常反応します。あなた方が500年前にタイムトリップできたとすれば、あなた方の花粉症はきっとどこかに消えてしまうことでしょう。500年前のスギ林に住んでいたとしても・・・・・

 

さらに言えば対外的有害物質だけでなく、内面においても免疫を狂わせる原因が存在します。それが食品添加物などだけでなく、栄養素そのものです。まあ、みなさん、ゆっくり考えて下さい。」

 

● ありがとうございました。今の野菜は昔の野菜の数分の一の栄養素とか。。もう、すべて化学物質なんかで汚染され、うちからも外からもやられてるということですね。   放射線と同じですね。 自己抗体関連疾患に関しては、ずっと疑問でしたが、やはり、糖鎖が少し変質して(自分の細胞ですよ。攻撃しないでください」のマークが変質)抗体ができる、正常反応だと、理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。