お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロン

7万人の子どもたちからの声を聴いてきた心理士がサポートさせて頂きます。.

Read more

家族療法を基本にサポート!

一日だけのカウンセリングで結果の出せるご家族がどんどん増えています。

Read more

家庭は社会生活の最小限のコミュニティです。

一日、私とご家族全員で時間を共有してみてください。今すぐご予約を!
画像著作者 acworks 様

Read more

自我状態が”成人”の場合

成人 冷静 論理的
今現在の、論理的思考のできる自我状態です。冷静に状況を見て判断し、適切な行動をとる
落ち着いているときの状態です。
それでは、いつも成人の状態だといいのでしょうか?
それはそうとばかりは言えず、いつも成人の部分が強いと、人間味に乏しい打算的で冷たい感じになってしまうことが多いのです。

プラス面
冷静沈着
現実適応性が高い
計画性がある
意見交換がきちんとできる

マイナス面
打算的になる
人情味に乏しい
面白みがない

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00

カウンセリングは全て予約となります。
新たにSkypeでのカウンセリングもお受けさせて頂くことにしました。

Skypeカウンセリング
60分 5400円

あらかじめ、お振込みかカード決済して頂きます。
ご希望の方はお問い合わせください。
お使いいただけるカードはVISA、MasterCard、AmericanExpress となります。

Categories: 哲学的思考 Tags: タグ:

脂溶性ビタミン

ビタミンには水溶性のビタミンと脂溶性ビタミンがあります。

脂溶性ビタミンというのは、脂質がないと体内に取り込めないのです。

それでは、脂溶性ビタミンにはどんなものがあるのでしょうか。

代表は次の四つです。

ビタミンA(ベータカロテン)
活性酸素の除去
髪や皮膚
粘膜の強化免疫力向上
免疫物質であるIgAはビタミンAが材料となります。

消化器官から適切に吸収されるには、ミネラルと脂肪が必要です。
体内にためておくことができるので、毎日補給する必要はありません。

ビタミンAには二つの種類があります。

☆すでにビタミンAの形になっているレチノール(動物性の食品にだけ含まれる)
☆体内で必要に応じてビタミンAに変わるカロチンと呼ばれるプロビタミンA(動物性、植物性両方に含まれる)

ベータ・カロチンで摂ることが望ましい。
なぜなら、動物性食品のビタミンAは摂り過ぎた場合に毒性を持つことがある。
ベータ・カロチンにはそのような毒性はない。

レチノール当量(ビタミンA)
食品100g当たりのレチノール当量の含有量 単位:μg
 
レチノール当量(ビタミンA)は、レバー、緑黄野菜に多く含まれます。
レチノール当量の多い食品ベスト32 (水分が40%以上) (水分が40%未満のベスト8)
鶏肉(レバー) 14,000 ぎんだら 1,100 バジル 520 生クリーム/乳脂肪 390 味付けのり 2,700
豚肉(レバー) 13,000 あなご 890 あゆ(養殖/焼) 480 しゅんぎく(生) 380 抹茶(粉) 2,400
あんこうのきも 8,300 しそ 880 うずら卵(水煮缶) 480 だいこん(葉) 370 焼きのり 2,300
うなぎ(きも) 4,400 モロヘイヤ 840 たまご(卵黄) 480 うずら卵(生) 350 とうがらし 1,500
レバーペースト 4,300 にんじん 720 ほうれん草(ゆで) 450 ほうれん草(生) 350 あおのり(乾) 1,400
うなぎ(かば焼) 1,500 鶏肉(はつ) 700 あしたば(生) 440 糸みつば 340 せん茶の茶葉 1,100
ほたるいか(生) 1,500 すじこ 670 しゅんぎく(ゆで) 440 いくら 330 フォアグラ 1,000
牛肉(レバー) 1,100 パセリ 620 よもぎ 440 ホイップクリーム/乳 330 バター(無塩) 790

ビタミンAの働き
皮膚や喉、鼻、消化器官などの粘膜を正常に保つ。薄暗い場所に目が慣れるのに関与し、夜盲症を防ぐ。
ビタミンAの欠乏症
レチノールもβカロテンも体内に蓄積できるので毎日摂る必要はない。
妊娠初期に過剰摂取すると、胎児の奇形の出現率が増える。
ビタミンAの過剰摂取
レチノールは過剰症がある。摂りすぎると、頭痛、嘔吐、発疹、脂肪肝 などの過剰症が起きる。
βカロテンは体内で必要な量だけビタミンAに変換される。

ビタミンD
骨の形成
免疫力向上

外敵が入ってきた刺激によって活性化!
抗菌ペプチドという免疫物質を合成する。

食品100g当たりのビタミンDの含有量 単位:μg 成人女子目安量:5μg
 成人男子目安量:5μg
ビタミンDは、魚に多く含まれます。
ビタミンDの多い食品ベスト32 (水分が40%以上) (水分が40%未満のベスト8)
あんこうのきも 110 さけ(紅鮭) 33 ひらめ 18 たちうお 14 きくらげ(乾) 440
しらす干し(半乾燥) 61 さけ(しろ鮭) 32 まぐろのトロ 18 さんま(開き) 14 いわし(みりん干) 53
いわし(丸干) 50 スモークサーモン 28 数の子 17 こい 14 たたみいわし 50
身欠きにしん 50 塩さけ 23 あゆ(養殖/焼) 17 かれい 13 いかなごの佃煮 23
すじこ 47 にしん 22 キングサーモン 16 まかじき 12 煮干し 18
しらす干し(微乾燥) 46 いかなご 21 さんま(焼) 16 さば(開き干し) 12 干ししいたけ(乾) 17
いくら 44 さんま(生) 19 銀鮭 15 にじます 12 わかさぎの佃煮 8
かわはぎ 43 うなぎのかば焼 19 いさき 15 さば 11 削り節の佃煮 6

ビタミンDの働き
カルシウムやリンの吸収をよくし、骨や歯への沈着を助けます。血中カルシウム濃度を一定に保つ。
ビタミンDの欠乏症
大人では、骨軟化症。
子供では、骨の成長障害が起こり、背骨や足の骨が曲ったり、X脚、O脚、くる病。下顎の骨も弱り、歯がぐらつく。
高齢者や閉経後の女性では、骨粗しょう症 の原因にもなる。
ビタミンDの過剰摂取
摂りすぎると、高カルシウム血症、腎機能障害、軟組織の石灰化障害。
過剰症は、サプリメント等で大量に摂取した場合に起こり、食事で起こることは、ほとんどない。

ビタミンE
抗酸化
細胞膜の機能向上
神経伝達物質の正常化
血行促進
ホルモンの分泌と作用の正常化

ビタミンE
食品100g当たりのビタミンEの含有量 単位:mg 成人男子目安量:8mg
 成人女子目安量:8mg
ビタミンEは、 油、種実類、魚卵に多く含まれます。
ビタミンEの多い食品ベスト32 (水分が40%以上) (水分が40%未満のベスト8)
あんこうのきも 13.8 めんたいこ 6.5 とんぶり 4.6 うなぎ(きも) 3.9 せん茶の茶葉 64.9
すじこ 10.6 モロヘイヤ 6.5 たい(焼) 4.5 しそ 3.9 とうがらし 29.8
キャビア 9.3 サウザンアイランドドレッシング 6.1 ほたるいか(生) 4.3 えび(伊勢えび) 3.8 アーモンド 29.4
いくら 9.1 フレンチドレッシング 6.0 赤ピーマン 4.3 しその実 3.8 抹茶(粉) 28.1
あゆ(養殖/焼) 8.2 オリーブのピクルス 5.5 子持かれい/水煮 4.2 かに(毛がに) 3.7 サフラワー油 27.1
いわし(油漬) 8.2 うなぎ(かば焼) 4.9 はまち(生) 4.1 うに 3.6 とうもろこし油 17.1
たらこ(焼) 8.1 だいこん(葉) 4.9 きくの花 4.1 粒うに 3.6 なたね油 15.2
たらこ(生) 7.1 かぼちゃ(西洋) 4.7 かぶのぬか漬(葉) 4.0 つくし 3.6 マーガリン 15.1

ビタミンEの働き
強い抗酸化作用があり、活性酸素の害からからだを守り、がん、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病を予防する事が期待されています。
末梢血管を広げ血行を良くする働きがあり、血行障害からくる肩こり、頭痛、冷え性等の症状を改善する。
ビタミンEの欠乏症
乳幼児で溶血性貧血を起こすことがある。ごくまれに神経障害を起こす場合がある。
ビタミンEの過剰摂取
大量摂取すると、血が固まりにくくなる。サプリメントからの摂取は許容上限摂取量以下にしましょう。

ビタミンK
動脈硬化の予防
骨粗鬆症の予防

ビタミンK 食品100g当たりのビタミンKの含有量 単位:μg 成人男子目安量:75μg
成人女子目安量:65μg
ビタミンKは、納豆、青菜に多く含まれます。
 
ビタミンKの多い食品ベスト32 (水分が40%以上の食品で) (水分40%未満のベスト8)
ひきわり納豆 930 かぶ(葉) 370 つまみ菜(生) 270 ケール 210 抹茶(粉) 2900
パセリ 850 おかひじき 360 ほうれん草(生) 270 かいわれだいこん 200 カットわかめ(乾) 1600
しそ 690 つるむらさき 350 からし菜漬け 270 クレソン 190 せん茶の茶葉 1400
モロヘイヤ 640 だいこん(葉) 340 かぶのぬか漬(葉) 260 しその実 190 わかめ(素干し) 660
納豆 600 よもぎ 340 しゅんぎく(生) 250 にら(生) 180 味付けのり 650
あしたば(生) 500 こまつな(ゆで) 320 なの花 250 わけぎ 170 焼きのり 390
しゅんぎく(ゆで) 460 ほうれん草(ゆで) 320 糸みつば 250 サニーレタス 160 ひじき(干し) 320
バジル 440 昆布のつくだ煮 310 たかな漬 220 せり(ゆで) 160 サラダ油 170

ビタミンKの働き 出血時に血を固める。骨にカルシウムが沈着するのを助ける。
ビタミンKの欠乏症 欠乏すると、血液凝固に時間がかかる。
ビタミンKは、腸内細菌によって体内合成されるので、不足の心配はまずない。
新生児は腸内細菌が少なく、ビタミンKが合成されないため、頭蓋内出血を起こす事がある。
ビタミンKの過剰摂取 心配ない。妊婦への注射による過剰投与で副作用の出た事はある。
抗血液凝固剤を使用している人や血栓症の人はビタミンKの摂取量を制限される事がある。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00

カウンセリングは全て予約となります。
新たにSkypeでのカウンセリングもお受けさせて頂くことにしました。

Skypeカウンセリング
60分 5400円

あらかじめ、お振込みかカード決済して頂きます。
ご希望の方はお問い合わせください。
お使いいただけるカードはVISA、MasterCard、AmericanExpress となります。

Categories: 食について Tags: タグ:

お子さんの話を聴こう

お子さんの話を最後まできちんと聞いていますか?
まだ話しているのに、「はいはい、こういう事でしょ。わかったわよ。」と話を中断させるか、「こういう時はこうしなさい.そういう時はあ~しなさい。」と指示を出しているだけだと、お子さんの伝える力は育ちませんよね。
そうなると、自分はどう話せばいいのか分からなくなってしまいます。
自分の気持ちをうまく言えなくて友達にからかわれても嫌と言えず、言いなりになってしまったり、「いいよ」と受け入れてしまうこともあるのですね。
からかわれていることにも気がつかずに、友達の呼びかけに素直に応じてしまうこともあります。
コミュニケ―ションは、日ごろから家庭でしっかりとれるといいですよね。
その第一歩は、家庭内でのあいさつから初めてみてください。
朝起きてすぐににっこり微笑んで「おはよう」とお互いに挨拶すれば、気持ちのいい一日を迎えることができますよね。
触れ合いは言語だけではありません。
スキンシップも大事ですね。できるだけ心も体も触れ合ってください。
それだけでも安心するのです。
先ずは、お子さんの話をじっくりと聴いてみることから始めてみてください。
途中で話の腰を折らないように、頑張ってやってみてくださいね。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00

カウンセリングは全て予約となります。
新たにSkypeでのカウンセリングもお受けさせて頂くことにしました。

Skypeカウンセリング
60分 5400円

あらかじめ、お振込みかカード決済して頂きます。
ご希望の方はお問い合わせください。
お使いいただけるカードはVISA、MasterCard、AmericanExpress となります。

Categories: 哲学的思考, 育児 Tags: タグ: