お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロン

7万人の子どもたちからの声を聴いてきた心理士がサポートさせて頂きます。.

Read more

家族療法を基本にサポート!

一日だけのカウンセリングで結果の出せるご家族がどんどん増えています。

Read more

家庭は社会生活の最小限のコミュニティです。

一日、私とご家族全員で時間を共有してみてください。今すぐご予約を!
画像著作者 acworks 様

Read more

あなたは何を待っていますか?

おはようございます。

お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロンの自律サポートカウンセラーの甲斐です。

 

└ 待つことは受け入れることではありません  をお読みになった方の中には、「不登校 =待つこと」だと思われている保護者様が多いことと思いますが、いかがでしょうか?

 

「お子さんを信じて待ちましょう」 ということはよく聞かれている言葉だと思います。

 

この理解の仕方によって、結果が違ってくるというお話しをさせて頂きました。

 

お子様を待つ  という気持を、よく見つめてください。

あなたは、 「何を待っていますか?」

 

そんなこと、分かりきっているではないですか! 学校へ行くことを待っているんです。

そう、お答えになる保護者さんは多いのではありませんか?

 

お子さんは、そんな気持を敏感に察しています。

 

「無理して、学校へ行かなくてもいいのよ。大丈夫」

 

そんな言葉の裏に隠れている親御さんの気持を敏感に察しているのです。

 

本当に、あなたは、お子さんが「学校へ行かなくてもいい。」 と心から思っていますか?

 

学校へ行かなければ、学歴もないまま社会に出て、勤めることも出来ないではないか。

いや、このままでいたら、社会にも出ることが出来なくて、ひきこもったままになっては大変だ。

 

そんな思いが頭を駆け巡っていませんか?

 

おまけに、子どもの教育はお前のせいだと、誰かに言われたりする。

 

どんどん ご自分を追い詰めてお辛いのではないですか?

 

そんな辛い思いをさせてしまっていると、お子さんは敏感に感じているのです。

 

確かにお子様の将来に対する不安はあって当然ですね。

それが親心です。当たり前の感情です。

 

そんなときの保護者の方の感情は、不安 不快 恐怖ですね。

すると、お話させて頂いた 適応機制 または 防衛機制 が働きます。

 

誰かのせいにしたくなったり、自分は悪くないとおもったり、誰かに当たってしまったりしますよね。

 

お子様が不登校になったり、ひきこもってしまうと、多くのお母さんがお一人で抱え込んでしまい、旦那様は何もしてくれないと、不満を持つ方も多いようです。

 

一方 お父様のほうも、不安 不快 恐怖を持っていますので、やはり、適応機制 または 防衛機制 が働きます。

 

*適応機制:

私たち人間には、様々な欲求があります。そうした欲求が満たされない状態が継続すると、欲求不満になります。そこで人間は、こうした欲求そのものを満たそうとするのではなく、たとえば、それが満たされない状態を正当化するなど、別の方法で、欲求不満を解消しようとします。この人間に備わっている機能を特に「適応機制(てきおうきせい)」と言います。

 

そんなご両親や、ご家族の姿をみて、本人は、もっと不安になったり、不快であったり、恐怖を覚えていきます。

その第一の原因は、お互いの目標がずれているところにあるのですね。

 

もし、あなたが日常的に通っているどこか、会社であったり、習い事であったりを思い浮かべてみてください。

何らかの事情で、長期に休んでしまって、再度 行こうと考えたとき、何らかの不安を感じることはないでしょうか?

 

お子さんも同じですね。

 

皆が、どう思うだろうか?

受け入れてもらえるだろうか?

勉強についていけるだろうか?

虐められないだろうか?

 

そんな不安を抱えています。

学校へ行けない自分を責めていることも、多いのです。

 

たとえば、お子さんが、学校へ行くことを目標にしていたとしても、それは、本当にお子さんの目的なのか

それを確かめてあげることから、はじめてほしいのです。

 

親が学校へ行ってほしい   ではなくて、 本人が 学校へ行きたいと思っているのかどうか

 

親から見ると、当然 「学校へ行く」ことが目標になっている方が多いように感じますが、いかがですか?

 

ちょっとした、すれ違いに気がつくと、接し方がかわってきます。

一番最初に受け入れるのは、お子様の感情なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。

3月のご予約は終了しております。4月につきましてはDDCにお問い合わせください。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

受け入れる?

さて、不登校になったり、ひきこもってしまったら、よくいわれることに、「受け入れなさい」という言葉がありますね。

「罪悪感」についてお話させていただきますね。

 

学校へ行かない = いけないこと  = 罪悪感

この罪悪感を持つようになったのは、親が教えた価値観なのです。

ここまでは、いいでしょうか?

 

ですから、親であるあなたの顔をみると罪悪感を感じてしまっている子供さんが多いのですね。

 

「受け入れる」 ことを勘違いして「子供を信じて待つ」 こともいいかもしれません。

何も言われなければ、子供さんは責められることがなくて楽になるかもしれませんね。

楽であることは、そこに留まり、この状態を長引かせていくことになります。

 

「子どもさんを信じて待ってみる」 それだけでは、今の状態が長引いてしまうことを覚悟してくださいね。

この「受け入れる」 ことの理解の仕方で大きく変わってきます。

 

あなたは、子どもさんと接するとき、否定から、入っていませんか?

 

学校へ行かない = いけないこと = 罪悪感

 

先ず、この考え方を捨ててみてくださいね。

お子さんの言うことを、否定しないで、肯定してみてください。

 

「○○しなさい」と、命令されることは誰でも嫌ではありませんか?

子どもさんも同じなのです。

 

肯定し、気持ち(感情を)分かってあげること。

共感することから、信頼関係を取り戻してくださいね。

先ずは、肯定することなのです。

 

学校に行かなかったり、ひきこもっているときは、自分と向き合うチャンスなのですね。

このチャンスを活かせますように!!

 

応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。3月は満席となりました。4月のご予約受付中です。御殿場でのカウンセリングと訪問カウンセリングは受け付けております。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

お子様をお持ちの方は必読!

おはようございます、自律サポートカウンセラーの甲斐です。

これは大事なことです。
お子様をお持ちの方は是非ともお読みください。

学童保育所の職員が児童の口をガムテープでふさぐ

このニュース、もうすでに削除されています。

児童相談所でも同じような虐待が行われている事実を私はお子さんたちから聴いております。

証拠もなくあやふやなのに、親に虐待を受けていると認定して保護しているというのに、何故施設内でも虐待が行われて、隠蔽されるのでしょうか?

この記事は学童保育所の職員が児童の口にガムテープを貼ったという記事ですが、その記事がこうして何故すぐに削除されるのでしょうか?

日本のオトナたちは、いったい何をしているというのでしょうか?
こういう話を聴いても自分とは関係ないと知らん顔する
おとなたち・・・

自分の子どもが保護されてはじめて泣き叫び、私は虐待などしていないと言っても、もう遅いのです。

日本全国で被害は広がっています。

 

以下元ニュースをコピペします

山形県酒田市内の学童保育所で、指導員が小学校低学年の男子児童の口をガムテープでふさぐなどの虐待行為があったことが1日、同市などへの取材で分かった。
市は虐待があったことを確認し、学童保育所を指導したという。
毎日新聞の取材に対し、市子育て支援課は虐待があったことを認めたが、「虐待の詳しい内容は言えない。現在は虐待行為の相談などは寄せられていない」と話した。

学童保育所などによると、2015年6〜7月、「言うことを聞かず、周りに迷惑をかける」などの理由で、
指導員が口をガムテープでふさいだり、男児の手を縛ったりしたという。
虐待の疑いがあるとの情報提供を受けた市は、昨年10〜11月に聞き取り調査を実施した。

この学童保育所は市の委託を受けて、3人の指導員がいる。男児はその後、学童保育所をやめたという。

指導員の一人は取材に対し、「男児は周りの女の子をたたいたり、耳のそばで大声を上げたりする子。
手を縛られたときも該当の指導員から『今度、たたいたら手を縛るよ』と言われたが、『どうぞ』と返答した」と話した。

一方、男児の祖母は「確かに孫はやんちゃで、他の子に手を出したこともある。だがガムテープの件はやりすぎだと思う」と話した。
市などから謝罪はないといい、「不誠実な対応だ」と憤っている。

<虐待>指導員が男子児童の口をガムテープでふさぐ 山形

 

学校が絡んでいて、児童相談所にいろいろなことを言われてきている方は、学校の先生となるべく親密な関係を結んでおいてください。
児相が、子どもと二人で話がしたいと言ってくることがあります。
この時は非常に危険です。
学校と連絡しているにもかかわらず、児相の職員が「学校が親と連絡が取れないと言っている」と言ってくる場合もあるようです。
この場合は学校に確認が必要ですね。
しかし、決してけんか腰になりませんように、冷静な態度で接してくださいね。

あなたには、児相に不服申し立てをする権利はありません。
不服申し立ての制限
第十条の5 臨検等に係る処分については、行政不服審査法(昭和三十七年法律第百六十号)による不服申し立てをすることができない。
児童相談所に置いては、被害者が不服申し立てをできないことになっているのです。
証拠の提示もなく、オープンな裁判によって決済されずに保護されてしまうということです。
虐待があったかどうかの判断も児相が決めるのです。

 

こちらもお読みください。 
児童相談所とは何なのか? 
http://児相.com/blog/?p=219 

 

児童相談所が拉致するケース

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=188172608338001&id=100014357893194

 

 
私が良くお勧めするのがDDCでの診察と、対処
例えば、「化学物質過敏症の治療をDDCで受けています。」とか、
ワクチンや牛乳に対しても
内海 聡 (Satoru Utsumi)医師に相談しています。と言うと違いますよ。
私(甲斐)のカウンセリングを受けています。ということでもかなり防ぐことが出来ています。
 
 
 
虐待されていると親の前では何も言えないということを考えてのことだとは思いますが、これまでの事例では、お子さんが話した内容と食い違うことが多いのでお気を付けください。
「親と一緒に暮らしたくない」と言っている。と言われることが多いようです。
こんなことも考慮して、第三者を同席させてもらうか録音しておくことは必須ですね。
不登校のお子さんがターゲットになりやすいようです。
お医者様の診断書なども用意できればいいですね。
こんなご相談もありますので、3月は特にお気を付けください。

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。

3月のご予約は埋まりました。

4月は28日となります。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。