タグ: ひきこもり

精神医学について ③

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて、精神医学について書いていますが、精神医学は、優生思想から始まっているということはお分かりになりましたでしょうか?つまり、選民して排除するために作られたものなのです。それでは、精神病といわれている病名はどのようにして作られているのでしょうか?以前にもDSMで病名は作られているという記事を書いておりますので、興味ある方はそちらもお読みくださいね。こちらです。↓

モノアミン仮説とDSMの歴史

最近、学校や保育園、幼稚園の先生から「お宅のお子さんは発達障害かもしれないので専門家に診てもらってください。早期発見、早期治療が有効ですよ。」などといわれる方が増えています。それは何故なのでしょうか?そんなご家族のカウンセリングをさせて頂きますが、私がカウンセリングさせて頂いた方のお子様たちは、必ず何かしらの原因がありました。確かに、落ち着かないとか、集中できないとか、勉強ができないとか、癇癪を起すとか、感覚過敏があるとか、そういうことはありますが、それは決して病気でも障害でもなく、当たり前の反応だと私は思います。その原因を少しお考えになってみてくださいね。一度貼られたレッテルは一生続いていくことになります。例をお話しましょう。

学習障害ではないかといわれたお子さんの場合、世間的にも地位のある立派なお父さんのお子さんでした。そのお子さんにつきっきりでお父さんが勉強を見ていらっしゃいました。ちょっと間違うと叱責され、そのたびに委縮していき、勉強が嫌いになっていらっしゃいました。国語の学習障害だといわれたお子さんですが、読書は大好きで本はよく読んでいらっしゃるとのことでしたので、ご家庭での親御さんの接し方や学校での先生の接し方をお聞きしました。学校の先生も、みんなの前で、そのお子さんをバカにして、「学習障害だから、特別学級に行けよ」などといわれていたのです。いかがですか?あなたがそのような環境にあった場合、伸び伸びと勉強できるでしょうか?

次の例をお話しましょう。三世代の御家族で、お子さんは3人いらっしゃいました。一番上の小学生になったばかりのお子さんが不登校になっていました。イライラして弟をイジメたり、いうことをちっとも聞かないということで発達障害ではないかとご相談にいらっしゃいました。話を聴いていると、そのご家庭には、大人が決めたルールが沢山ありました。お子さんにとっては、理解のできないルールが沢山あったのです。そのルールをひとつひとつ聴いていくと、どうでもいいと思うようなことばかりで、幼いお子さんたちにとってはとても窮屈なルールだったことが分かりました。そして、ご両親は不当子になっているお子さんに「学校に行かなくてもいいよ。」とお子さんにしきりに仰っているので、「本当に学校に行きたくないの?」と聞いてみました。本当は学校には行きたかったのです。なぜ行くことができないのか?皆さんにはお分かりになりますか?実は、ある日体調が悪くて学校を休みました。次の日に学校に行くと、勉強が分からなくなってしまっていました。行っても分からないので、教室にじっとしていられません。だから、休むようになったのです。いかがですか?学校に行きたいと思っていたのですが、ご両親は「行かなくてもいいよ。」といいながら、毎日テレビとゲームしている息子さんをみて本当は嘆いていらっしゃったのです。学校に戻るためには、何をすればいいのかもうお分かりですよね? 

もう一例あげておきましょう。中学生の女の子の場合です。聴覚過敏があり、授業を受けることがとても苦痛に感じていて、集中できず、休憩時間もひっそり花壇に隠れて過ごしていました。机を動かす音、みんなの話し声が耐えられなかったそうです。しかし、好きな音楽はいくらでも聴くことができる。そういう状況から、周りの人たちに理解してもらえなかったようです。家庭の状況を聴いていくと、家庭では絶えず誰かと誰かが怒鳴りあっていて、それが耐えられなくて、自分の部屋に閉じこもっていたそうです。いかがですか?何を解決すればいいのか皆様にはもうお分かりですよね? 

このようにお子さんたちが信号として発信していることには意味があります。その信号をキャッチしてあげて頂きたいなと思うことがとても多いのです。それは発達障害ではありません。発達障害だといわれている原因に考えられることはたくさんありますよね。

食の問題、特に砂糖やグルタミン酸ソーダ、植物油、ジャンクフードなどの問題。

家庭内の不和 虐待なども含みます。虐待も過保護、過干渉についてもお考え下さいね。 

いじめ 

ワクチン接種 

電磁波などの社会毒と呼ばれているものの問題 シャンプーやリンス、洗剤、芳香剤、経皮毒なども含みます。

優生思想で、あなた自身が選民していませんか?ご自分の中の優生思想を見つめてみてください。

ちょっと考えただけでも思い浮かびますよね。発達障害という診断名はどうやって作られたものでしたか?思い出してください。精神医学とは何だったのかを思い出してみてください。

こちらもお勧めの一冊です。

 

 

 

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

不登校、ひきこもりになると

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

不登校になったりひきこもっていらっしゃる中にはこんな人もいますというお話です。

ひきこもっている方たちとお話していると、誰かを非常に恨んでいたり、親に感謝する気持を持てない人もいらっしゃいます。
こういう場合どうも、親御さんとの関係が良くないことが多いですね。

特に、男のお子さんは、父親に対する恨みが強い人も多いようです。
ひきこもっていても、お母さんとはお話はする方もいらっしゃいます。

もちろんいろいろなケースがありますので、参考までにお聞きくださいね。

ひとつの理由として、もちろん生育歴にも関係します。
しかし、今更過去のことを考えてもどうすることもできないですよね。
原因がなんであれ、そういうことは変えることはできません。

親がどうであれ、社会がどうであれ、子どもの時は過ぎました。
自分で生きていくことを考えて行かなければならない時なのですね。

ひきこもっている時は、それを考えている時です。
本来、生きていく力は持っているのです。
それを人のせいにしたり、何かのせいにしてみるけれど、何も動いてはいかない。
頭の中でぐるぐるとこのような思いが巡っている人も多いですね。

自分の人生を生きて欲しいですよね。

もうひとつは、無意識レベルのことですが、エディプスコンプレックスにも多少関係するのでなないかと思います。
エディプスコンプレックスとは母親を確保しようと強い感情を抱き、父親に対して強い対抗心を抱く心理状態の事をいいます。

自我発達の途中の段階において男児は、もっとも身近な存在である母親を自分だけのものにしようとする欲望を抱くようになるようです。
同時に、その母親が受け入れている父親の存在に気づきます。
少し成長してくると、男児は、母親の存在は、父親は競争相手あるいは敵であるという認識を無意識に抱くようになるようだという説です。

父親は仕事で忙しく、母親との関係が密接になることにも関係があるのかもしれませんね。
そういう理論もあるということを、頭の隅にでも置いておくと、理解しやすいこともあると思います。

”父親を超えよう”と思う心理もこのコンプレックスからきているようですね。
ゆえに、悪いことばかりでもないのです。

父親を超えていけばいいのです。
自分の力で超えていける道を探すことですね。

今更過去のことを考えてもどうすることもできないですよね。
原因がなんであれ、そういうことは変えることはできません。

親がどうであれ、社会がどうであれ、子どもの時は過ぎました。
自分で生きていくことを考えて行かなければならない時なのですね。

ひきこもっている時は、それを考えているモラトリアムの時です。
本来、生きていく力は持っているのです。
それを人のせいにしたり、何かのせいにして見るけれど、何も動いてはいかない。
頭の中でぐるぐるとこのような思いが巡っている人も多いですね。

モラトリアムとは、社会的に認められた猶予期間の意味もあるのですが、それを過ぎていたとしても、親のあなたが認めてあげてくださることも大切ではないでしょうか。

お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロン

自分の人生を生きて欲しいですよね。

ご両親としてはご心配でたまらないと思いますが、このことを一度考えて見てくださいね。
動くことだけに関心が集中してしまうと、いつまでも堂々巡りが長引くことが多いようです。

ひきこもっている本人が一番不安を持っています。
そして、自分で考える力もあります。

故に、親では難しいのです。
自分の気持ちを聞いてくれる誰かの存在がとても大きな役割を持ってきます。
社会に生きている誰かの存在が大きく影響を与えます。

社会における自分の立場を知ることも大切ですね。
社会とどのように関わっていくのか。

お一人お一人違いますので、これは、あくまでも一つの例です。

ご両親としてはご心配でたまらないと思いますが、このことを一度考えて見てくださいね。
動くことだけに関心が集中してしまうと、いつまでも堂々巡りが長引くことが多いようです。

ひきこもっている本人が一番不安を持っています。
そして、自分で考える力もあります。

共感できる誰かの存在がとても大きな役割を持ってきます。
社会に生きている誰かの存在が大きく影響を与えます。

 

学校に行くことができなくてお子様が部屋にひきこもり、考えていることもさっぱりわからないという方のためのカウンセリングを承っております。
基本的には、ご家族全員で受けて頂きます。
それは、家族が最小限の社会の単位だからです。
家族までが敵に思えているとき、外に連れ出すことは難しいですね。
出張カウンセリングもお受けしております。
出張の場合には交通費もご負担して頂きますが、一日だけご家族全員のお時間を預けてみてください。

それでは今日も出張してきます!! 皆様、素敵な一日をお過ごしくださいね。

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

知らないと大変なことになります。

おはようございます。自律カウンセラーの甲斐です。

発達障害について、最近では食事を変えればある程度改善すると言っている人も増えてきましたよね。

そしてそういう著書もありますので、読んでみてくださいね。

発達障害の治療の試み

しかし、発達障害 その症状・・・

それだけではありません。

不登校になると、カウンセリングを受ける方も増えていますよね。

カウンセラーの紹介してあるサイトに全国のカウンセラーを登録してあるサイトがあります。そこでの相談に登録しているカウンセラーが答えているのを読ませて頂くと、精神科や心療内科を勧めているカウンセラーさんがとても多くて愕然としました。

食についての問診や、生活環境について書いている人は一人もいません。

先ずは、ここを見直してくださいね。

例えば、いじめや虐待が精神的にも肉体的にも影響を及ぼすことがあります。これは、本人が無意識のうちに隠しますので、なかなか厄介ですね。特に女の子の場合、性的な暴力を受けたお子さんは実はとても多いのです。

早めに気が付けば、きちんと向き合うこともできますが、現実的には大人になってもその影響が出ている場合も多いですね。

次に予防接種の害!

精神薬を服用しているお子さんも多いですよね?

精神薬は、麻薬と同等のものです。

こんな記事もありますよ。新聞も載りました。対岸の火事ではありません。

 

発達障害で向精神薬を服用させられていた男児が突然死毎日新聞 2012年11月1日 夕刊

処方されていた向精神薬オーラップジェイゾロフトエビリファイ

男児に向精神薬を処方していた児童精神科医は、両親に危険性の説明をしていなかった。

 

今朝は、お友達のホメオパス比嘉眞紗子さんの記事をご紹介させて頂きますね。

無知ではお子さんを守ることが出来ません。

先ずは知りましょうね。情報下さった眞紗子さんに感謝!!

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=711570389005673&id=100004581540550

以下転載

【幼少期に打った予防接種で、両耳が聞こえなくなった】

わたしではありませんが、実際にいらっしゃいます。
聞いた話ではなく、実際にご本人よりお聞きしました。

同じ予防接種で、片耳が聞こえなくなった方もいらっしゃる。

同じ予防接種で、植物人間になってしまわれた方もいらっしゃる。

予防接種だけでないよ。

歯医者で奥歯を治療。
麻酔を打って治療して、家に戻ってきて眠りについた。
次の朝、そのまま起きて来ない。
息はしてるが起きて来ない。

そう、植物人間、、。
一家の大黒柱が、ある日突然、植物人間。。。

またある方は、、

職場の健康診断で、胃の検査。
ブスコパンという胃の動きを止める注射で意識不明に。

その後、目が痛くてテレビ画面やパソコン画面が見れない。
化学物質過敏症も発症。
仕事にも影響するが、辛いのは全て自分もち。

まだまだあります。
いくらでもあります。

わたしの身内で実際見てきた事。
わたしが実際本人から聞いた事。

こういう事実を知っているから、
だって学校がぁ〜〜とか
だって身内がぁ〜〜とか
だって皆がぁ〜〜とか

言い訳満載で、
迷っていると言っていた予防接種を打ったり、
様子を見ればいいくらいの風邪で注射したり、薬飲ませたり、、

本当に事実を知らないって怖いし、
まさか自分の子どもに限って、、と思ってるし。

だから、説明しまくるんだけど、やはり他人事で、、、。

選ぶのは自分。自分を守るのも自分。
子どもなら、守れるのは親だけです。

自分の子どもを一番大切に考えるのか?
それとも、周りや身内や一般論が大事なのか?

肝を据えて、しっかり自分軸を持って下さい。

本当に薬害は怖いのです。
その子の一生を左右するのです。

 

内海医師もワクチンについての電子書籍を書いてくださいました。医師だから書くことが出来る内容となっておりますので

是非こちらもお読みくださいね。

私も電子書籍にしております。よかったらお読みください。

こちらは紙ベースにしてほしいという声にお応えしてペーパーバックで出しました。

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

2月から、月に1回ですがTokyoDDCでのカウンセリングも行うことになりました。

2月はすでに埋まってしまいましたが、次回は3月29日の予定になっております。

ご希望の方は下記までお問い合わせください。

 

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。