タグ: アイデンティティ

直面化の利点と難点

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

ACからの回復をするプロセスとして、親との関係を見直し直面するという作業があります。そこで直面化の利点と難点についてお話してみましょう。

何か問題が起きたとき、その問題にきちんと向き合うことはとても大事ですが、実際に相手を前にして話すかどうかは別のことですね。

これは、みなさんも葛藤することだと思います。
直接相手に向き合う方法と、象徴的な形で向き合う方法、それぞれの利点と難点について書いてみます。

面と向かっての直面化

利点

1. 自分が言ったことに相手がどう反応するか見ることができます。相手があなたの話や、起こった事実、あなたという人間についてどう思っているかがわかります。

2.面と向かえば、相手はあなたの言っていることを無視できなくなります。

3.充分な時間をかけて話すチャンスになります。

難点

1.相手はあなたを罵倒する、身体的暴力を振るう、激しく非難する、嘲笑する、延々と文句を言ったり嘆くなど数R可能性が有ります。そのことであなたは混乱し、怖くなるかもしれません。

2.あなたは相手の反応を知りたくないのに知ってしまうかもしれません。相手がどう答えるかではなく、あなたが言いたいことをいうことで気が済むということかもしれません。

3.相手の反応に混乱し、言いたくないことまであるいは、心にもないことを口走る結果になるかもしれません。

4.相手は自分を守るため自己正当化するために忙しく、あなたの言うことに耳を貸さない結果になるかもしれません。

冷静に利点と難点を考え、直面化することを避けたとしてもあなたが臆病だということではありません。

間接的・象徴的な直面化

ゲシュタルトや、ロールプレイ、サイコドラマ、投函しない手紙などを使う方法です。
一人でも簡単にできるのは、投函しない手紙かもしれませんね。

利点

1.相手の反応を恐れることなく、いう必要があることを自由に発言できます。

2.相手と安全な距離を保ったままで、関係を終わらせることができます。

難点

1.あなたは相手に直接向き合うチャンスを逃したように感じるかもしれません。

2.自分の気持ちを相手にぶつけていたらどうだっただろうかと思いめぐらす結果になるかもしれません。迷いが残る可能性がありますね。

もちろん、直接的な方法を選べば問題は早めに解決しますよね。
しかし、場所や状況設定、あなたが何を言うかをきちんと計画することが大事ですね。一番大事なことは何かを考えてそれを一番最初に言うようにしてみましょう。

相手の反応ではなく、自分は何を言う必要があるのかに焦点を当てることです。あなた自身やあなたの動機、あなたのニーズをはっきり掴んでくださいね。

思った結果にならなくてもがっかりする必要もありません。
あなたが自分のニーズ、自分の感情をはっきりとわかっていればそれで大丈夫なのです。

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

何でもかんでも人に話したくなる?

おはようございます。自立サポートカウンセラーの甲斐です。
ネットをやっていても、色々な方とお話していても同じですが、何でもかんでも人に話したくなる人がいらっしゃいますよね。
全く知らない私にさえ自分の生い立ちや感情について話し始められます。
あたかもカウンセリングを受けている時のような熱心さで話し、理解してほしい!!相手も心を開いて自分を語ってよ!!!と、期待なさっているように思えます。

 

このような方たちは、インナーチャイルドからの回復途上にある人たちだとも言えるでしょう。
私たちは、急ぐ必要がないのに焦ってしまう場合が多いのです。

その内容は相手によってかなり違っているはずです。

思い当たる方はちょっとやってみてはいかがでしょうか?参考になさってくださいね。

 

Q1 あなたが言いたいことはなんですか?
自分が何を言いたいのか考えること。そして、すべてのことを話す必要がないことを理解することから始めましょう。
「どの部分を?」「どの程度まで?」と、自分に聞いてみましょう。

Q2 なぜ、その人に言いたいのですか?
あなたが話したいと思う動機を調べてみましょう。あなたはとことん正直であることが必要です。
それを言ったら、あなたは楽になりますか?
話すことであなたにとっての問題は明確になりますか?
相手を傷つけるために言いたいのですか?
自分が取り組んでいることを褒められたいから話したいのですか?
確信がないなら、はっきりするまで待ちましょう。

Q3 何が起きることを望み、期待していますか?
「何も期待していません」というのは、ありえません。もしそうであるなら言う必要はないのですから。隠された期待があるはずです。言葉にすることで期待はより現実的になります。
期待を裏切られるまで自分が相手に期待していることがあることに気がつかないものなのです。

Q4 その期待は現実的ですか?
あらかじめ状況を考え、何を言いたいのかをはっきりさせ、タイミングを考慮し、期待が現実的であることを確かめて、準備すればするほど結果はより良いものになるはずです。

4つの質問に答えて書いてみましょう。
頭で考えているだけではなく書く事によりより現実的になりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

不登校、ひきこもりになると

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

不登校になったりひきこもっていらっしゃる中にはこんな人もいますというお話です。

ひきこもっている方たちとお話していると、誰かを非常に恨んでいたり、親に感謝する気持を持てない人もいらっしゃいます。
こういう場合どうも、親御さんとの関係が良くないことが多いですね。

特に、男のお子さんは、父親に対する恨みが強い人も多いようです。
ひきこもっていても、お母さんとはお話はする方もいらっしゃいます。

もちろんいろいろなケースがありますので、参考までにお聞きくださいね。

ひとつの理由として、もちろん生育歴にも関係します。
しかし、今更過去のことを考えてもどうすることもできないですよね。
原因がなんであれ、そういうことは変えることはできません。

親がどうであれ、社会がどうであれ、子どもの時は過ぎました。
自分で生きていくことを考えて行かなければならない時なのですね。

ひきこもっている時は、それを考えている時です。
本来、生きていく力は持っているのです。
それを人のせいにしたり、何かのせいにしてみるけれど、何も動いてはいかない。
頭の中でぐるぐるとこのような思いが巡っている人も多いですね。

自分の人生を生きて欲しいですよね。

もうひとつは、無意識レベルのことですが、エディプスコンプレックスにも多少関係するのでなないかと思います。
エディプスコンプレックスとは母親を確保しようと強い感情を抱き、父親に対して強い対抗心を抱く心理状態の事をいいます。

自我発達の途中の段階において男児は、もっとも身近な存在である母親を自分だけのものにしようとする欲望を抱くようになるようです。
同時に、その母親が受け入れている父親の存在に気づきます。
少し成長してくると、男児は、母親の存在は、父親は競争相手あるいは敵であるという認識を無意識に抱くようになるようだという説です。

父親は仕事で忙しく、母親との関係が密接になることにも関係があるのかもしれませんね。
そういう理論もあるということを、頭の隅にでも置いておくと、理解しやすいこともあると思います。

”父親を超えよう”と思う心理もこのコンプレックスからきているようですね。
ゆえに、悪いことばかりでもないのです。

父親を超えていけばいいのです。
自分の力で超えていける道を探すことですね。

今更過去のことを考えてもどうすることもできないですよね。
原因がなんであれ、そういうことは変えることはできません。

親がどうであれ、社会がどうであれ、子どもの時は過ぎました。
自分で生きていくことを考えて行かなければならない時なのですね。

ひきこもっている時は、それを考えているモラトリアムの時です。
本来、生きていく力は持っているのです。
それを人のせいにしたり、何かのせいにして見るけれど、何も動いてはいかない。
頭の中でぐるぐるとこのような思いが巡っている人も多いですね。

モラトリアムとは、社会的に認められた猶予期間の意味もあるのですが、それを過ぎていたとしても、親のあなたが認めてあげてくださることも大切ではないでしょうか。

お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロン

自分の人生を生きて欲しいですよね。

ご両親としてはご心配でたまらないと思いますが、このことを一度考えて見てくださいね。
動くことだけに関心が集中してしまうと、いつまでも堂々巡りが長引くことが多いようです。

ひきこもっている本人が一番不安を持っています。
そして、自分で考える力もあります。

故に、親では難しいのです。
自分の気持ちを聞いてくれる誰かの存在がとても大きな役割を持ってきます。
社会に生きている誰かの存在が大きく影響を与えます。

社会における自分の立場を知ることも大切ですね。
社会とどのように関わっていくのか。

お一人お一人違いますので、これは、あくまでも一つの例です。

ご両親としてはご心配でたまらないと思いますが、このことを一度考えて見てくださいね。
動くことだけに関心が集中してしまうと、いつまでも堂々巡りが長引くことが多いようです。

ひきこもっている本人が一番不安を持っています。
そして、自分で考える力もあります。

共感できる誰かの存在がとても大きな役割を持ってきます。
社会に生きている誰かの存在が大きく影響を与えます。

 

学校に行くことができなくてお子様が部屋にひきこもり、考えていることもさっぱりわからないという方のためのカウンセリングを承っております。
基本的には、ご家族全員で受けて頂きます。
それは、家族が最小限の社会の単位だからです。
家族までが敵に思えているとき、外に連れ出すことは難しいですね。
出張カウンセリングもお受けしております。
出張の場合には交通費もご負担して頂きますが、一日だけご家族全員のお時間を預けてみてください。

それでは今日も出張してきます!! 皆様、素敵な一日をお過ごしくださいね。

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。