タグ: エビリファイ

薬ってなんだろう?

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて、お子様に向精神薬を服用させるということはとても危険なことであると再三記事にさせて頂いております。イライラしたり、騒いだり、あちこちうろちょろするのを薬で止めようとするなんて、おかしくないですか?脳機能障害だといい、一生それは治らないと言っているというのに、薬でおとなしくさせようとすることの意味を考えなければなりません。

昨年のFacebookに私はエビリファイの治験の募集の記事を書かせて頂いておりました。製薬会社がこのチラシをあちこちに配布していたのです。

12038442_1028083150569926_9120280295561078819_n

エビリファイの添付文書はお読みになったことはありますでしょうか?検索すると出てきますので、よろしければお読みになってみてください。

 

一般的名称は、アリピプラゾール Aripiprazoleです。
※※通常、アリピプラゾールとして1日1mgを開始用量、1日1〜15mgを維持容量とし、1日1回経口投与する。なお、症状により適宜増減するが、増量幅は1日量として最大3mgとし、1日量は15mgを超えないこと。

●小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の場合

※※原則として6歳以上18歳未満の患者に使用すること。

 

 

そして、今年

抗精神病薬「エビリファイ」
小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の適応追加承

「エビリファイ」は、当社創製の抗精神病薬。「統合失調症」「双極性障害における躁症状の改善」「うつ病・うつ状態」に次ぐ4つ目の適応症となる「小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性」の追加承認を取得。開始用量である「エビリファイ錠1mg」の剤形追加も承認 (大塚製薬のサイトより)

 

持続性注射剤の添付文書はこちら

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

エビリファイ1mg 添付文書はこちら

コンサータ、ストラテラだけではなく、エビリファイまでもが、小児に投薬される。

 

 

 

以下、Maki Fujinaga様より転載させて頂きます。
 

 

 

とうとうこの日が来たか。
まぁ…改めて承認されただけで小児にも投与してたけどね
そして、コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩徐放錠)やストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)が、成人のADHDに承認されたのと同様→(それまでは18歳未満のADHD児にしか処方出来なかったのが、日本イーライリリー株式会社が日本で初めて、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療剤としてストラテラを成人期のAD/HDへの適応追加承認を取得したことを発表したのが2012年8月のコト、続いて翌年2013年にはコンサータも成人期の患者への18mg、同27mgの処方が承認され、36mgは9ヶ月後に承認)要は、小児期から18歳までしか処方出来なかったのが、「一生薬づけ」に出来る様にした、というコト。そして、今回エビリファイもそれに続く。
こちらはストラテラやコンサータと逆で、オトナ(統合失調症などの治療薬として)に処方されていただけだったのが、子供の自閉症スペクトラム症(そもそも自閉症と呼ばれているその周辺の症状、行動パターンとは、臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心、やり方、ペースのを最優先させたいという本能的志向が強いコト(知的障害は無しとされる)であり、コレが精神科に罹る「病気」なのか?ってコト)にも処方が承認された。
これによって、コチラも「一生薬づけ」に出来る様にした、というコトです。エビリファイもストラテラもコンサータ(コンサータなんて、オトナが覚せい剤の代用に使ったコトで社会問題となったリタリンが形を変えただけ、全く同じ成分の薬のコトだからね。赤城高原クリニックのリタリン乱用を読んでねhttp://www2.gunmanet.or.jp/Akagi-kohgen-HP/DR_ritalin.htm )も、ドーパミンやノルアドレナリンの濃度を上昇させ、覚醒作用がある、要するに、覚せい剤と同じ「アッパー系」と呼ばれる種類のドラッグです。(きっぱり)ウソだと思ったら、聞いてみたらいいと思う。
覚せい剤を使ったコトがあるヒトに。覚せい剤が一番いいけれど、リタリンは同じように使える
コンサータはリタリンより「効き目」は弱いけど、
捕まらないからマシとか、そういう答えが返ってきますよエビリファイも好きなヒトは好きだと思いますよ。

ADHD治療薬(治療では無いけどね)はアメリカではアンフェタミンを含むアデロールが有名。日本は認可されてません。
でも今この時も、オトナ~小児への治験という人体実験は行われています。(大日本住友製薬がアメリカの会社と新薬開発を進めているのがダソトラリンとかね)

どうして、その子供の行動パターンを薬で抑えるのでしょう。
薬によって本来の脳の成長は著しく妨げられ、様々な経験が出来ないまま、やがて薬に体が依存してしまい、思春期、成人する頃には
ADHDや自閉症に、統合失調症や双極性障害(もちろん薬剤性ですが、そんなコト言われませんよ)が加わるかもしれません。

薬物依存の現実についてもう一度書いておきます。

◆自死。

◆事件、事故を起こし刑務所。

◆一生精神科通院(薬漬けによる医原病、入院)。

です。

自分で選択する能力の無い子供へ薬を与えるコトは
全て親の責任です。

「病院が処方したから」

というのは、我が子の人生を赤の他人へ丸投げしました、
と自らの無知をさらしている様なものです。

-大塚のサイトから-

ときには抑制的に働き、ドパミンが少量しか放出されていないときには刺激する方向で作用し、結果としてドパミン神経を安定化させます。

国内における承認状況(下線が今回の追加部分)ebi

抗精神病薬「エビリファイ」
小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の適応追加承

「エビリファイ」は、当社創製の抗精神病薬。「統合失調症」「双極性障害における躁症状の改善」「うつ病・うつ状態」に次ぐ4つ目の適応症となる「小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性」の追加承認を取得。開始用量である「エビリファイ錠1mg」の剤形追加も承認

国内の自閉スペクトラム症の患者数は約10万人※1であり、かんしゃく、攻撃性、自傷行為、またはこれらの複合行為の行動障害(易刺激性)を呈することがある。そのような患者さんへの治療薬は少なく、安全に使用できる薬が望まれていた
「エビリファイ」は、米国で2009年に小児患者さんに対する「自閉性障害に伴う易刺激性」の承認を受けた。日本においても、医療上の必要性の高い薬として開発要請を受け臨床試験を実施した

大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:樋口達夫、以下「大塚製薬」)は、抗精神病薬「エビリファイ(一般名:アリピプラゾール)」に関して、「小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性」の効能追加、および「エビリファイ錠1mg」の剤形追加の製造販売承認を9月28日に取得しました。

自閉スペクトラム症は、国内には約10万人の患者さんがいるといわれています。コミュニケーション障害、対人関係・社会性の障害、パターン化した行動などの症状があります。また、かんしゃく、攻撃性、自傷行為、またはこれらの複合行為の行動障害(易刺激性)を呈することがあり、患者さん自身や家族に重大な影響を及ぼす場合があります。しかしそれらの易刺激性に対して安全に使用できる薬は少なく、また特に小児期では、薬の服用に伴う体重増加や眠気など学業への影響も配慮する必要がありました。

エビリファイは、米国で2009年に小児患者さんに対する「自閉性障害に伴う易刺激性:Irritability associated with autistic disorder」の効能・効果の承認を取得しました。日本では、2011年に日本小児心身医学会、日本小児精神神経学会、日本小児神経学会の3学会より医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議に開発要望が出され、2012年に当社は厚生労働省より開発要請の通知を受けました。こうした背景から、易刺激性を伴う自閉性障害の患者さん(6~17歳)を対象に臨床試験を実施し、2015年に承認申請を行いこのたびの承認に至りました※2。本適応の開始用量は1mgとなるため、「エビリファイ錠1mg」の剤形の製造販売承認も同時に取得しました

大塚製薬は、今後も世界中の未解決の医療ニーズを満たすため、精神疾患、神経疾患、がんを最重点領域とした研究開発を進めてまいります。

※1 平成26年患者調査 総患者数、傷病基本分類別(厚生労働省)のうち、「自閉症」、「非定型自閉症」、「アスペルガー〈Asperger〉症候群」、「その他の広汎性発達障害」「広汎性発達障害,詳細不明」の患者数を足し合わせた数値
※2 2013年に米国精神医学会「精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM)」の改訂により診断名が変更されたため、承認を受けた適応症は「自閉スペクトラム症」となっています。

【自閉スペクトラム症について】

自閉スペクトラム症は、発達障害の1つとして位置づけられています。2013年に米国精神医学会「精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM)」が更新され、それまで広汎性発達障害に含まれていた自閉性障害、アスペルガー障害などが自閉スペクトラム症として称されるようになりました。
自閉スペクトラム症の原因は脳の機能障害に関係があるといわれていますが、特定はされていません。治療は、薬物療法の前に行動療法などが優先されて行われます。病気に伴う行動障害については、いくつかの神経伝達物質が関与し、中度から重度の行動障害にはドパミン神経系の関与があることがわかっています※3。抗ドパミン作用を持つ抗精神病薬は、興奮性(易刺激性)に対し有効であることが確認されており※4、一般的に抗ドパミン作用を主体とした抗精神病薬が経験的に頻用されています。米国では自閉性障害に伴う易刺激性に対して2006年に初めて非定型抗精神病薬※5が承認され、2009年には「エビリファイ」が同適応症の承認を取得しています。日本では1982年に定型抗精神病薬※5が自閉性障害の異常行動などに対して承認されましたが、副作用が多いことから小児の患者さんが使用するうえで安全性の課題がありました。

※3 森 健治; 自閉症スペクトラムへの対応-児の将来を念頭に 医療的対応.脳と発達, 42, 199-203, 2010
※4 鈴木 勝昭, 杉山登志郎;自閉症スペクトラムと脳, BRAIN MEDICAL, 24(4), 309-16, 2012
※5 抗精神病薬は、定型抗精神病薬(従来型)と非定型抗精神病薬(新規)とに分けられます。非定型抗精神病薬は、副作用の錐体外路症状(手がふるえる、体が硬くなる、など)が少ないなどの特徴があります。

【エビリファイについて】

「エビリファイ」は、大塚製薬が1988年に発見、開発し、2002年に統合失調症治療薬として米国で承認を取得後、現在までに日本を含めた60以上の国と地域で使用されています。ドパミンパーシャルアゴニスト作用という新しい薬理作用を持ち、脳内でドパミンが過剰に放出されている

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。