タグ: ワクチン

ADHDの薬物療法

おはようございます。

自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて昨日は、ロヴァス法について書かせて頂きました。

今朝は薬物療法について書いてみます。

先日も、講演会後の懇親会で、「ストラテラを飲むと本当に治るのです。」と言っている方がいらっしゃいました。

直接お話していないので、詳しくお聞きすることはできませんでしたが、20代の男性でした。

今も服用しているとしたら、それは治ったということにはならないことは皆さん、お分かりですよね?

相談を受けていても、保護者の方が同じようなことを仰ることも多いのです。

果たしてそれは真実なのでしょうか?

薬を飲むと落ち着き安定する。

飲まなければ多動が出て落ち着かない。

厳密にいうと、薬で押さえている状態で、治ったことにはなりません。

しかし、「薬を常用するということは不自然なことだとわかっていても、効果がある、つまり飲まなければ落ち着かないので今は大事な時だからやめることはできません。」

 

と仰る方が多いのです。

しかし、今が大事なときだとしたら、大事でないときはいつ来るのでしょうか?

 

服用し続けて、とんでもないことになるお子さんがとても多いということも考慮しなければなりませんね。

 

世間一般的には、薬物療法と療育と呼ばれている指導が大事だということになっています。

確かに発達障害を支援する人の教科書「よくわかる発達障害」の中にも、薬物療法と具体的指導が必要であると書いてあります。

 

次のような指導をしながら薬物療法をしていくということですね。

 

 

①行動療法

②ペアトレーニング

③カウンセリング

④ソーシャルスキル・トレーニング(SST)

⑤感覚統合療法

⑥学校や幼稚園などでの指導の実際

などと組み合わせるということですね。

しかし、ここでよく考えてみてください。

「洗脳」とは、薬物を使って、行動や思考をコントロールし、本来の自分の行動を指導されるままに行動するようになることなのです。

これはとても危険なことだと私は思います。参考までにこちらの動画をご覧ください。

http://jp.cchr.org/documentaries/the-hidden-enemy.html

 

 

それではADHDの治療薬として服用されている薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

①中枢神経刺激薬

②長時間作用型メチルフェニデート(MPH)(商品名 コンサータ)

③選択的ノルエピネフリン再取り込み阻害剤

〇アトモキセチン(商品名ストラテラ)

④降圧剤

〇クロニジン

⑤抗うつ剤

〇三環系抗うつ剤

〇SSRI

 

薬の副作用などについては、お調べになってみてください。

ADHDは、先天的な脳機能障害

 

この考え方に問題はないのでしょうか?

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

闘わない 戦わない 

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

今朝は、児童相談所の問題も含めての思考、コミュニケーションの取り方、行動について少しお話しましょう。

先日も、お子さん二人を家に置いたまま買い物に出かけた間に、お子さんが泣き、近所の人の通報で児童相談所に保護されてしまったという事例がありました。

すぐにご相談いただいたので、接するときの態度、話し方の注意点、今すべきことなどについてアドバイスさせて頂きました。

この時、一番強く言ったことは、「戦わない」ということです。

その結果、お子さんは無事に返されました。

このような事例はたくさんあります。

また、あるお母さんがいました。
お子さんが化学物質過敏症で、学校の教室にいられないということで、学校側に、あれこれと注文して闘っていました。
そんな時、ご相談をお受けしました。
どうやら、学校側に全責任を押し付け、それを正そうとばかりしているように私には見えました。
業を煮やした学校側は児童相談所に通報
危うく、保護されそうになってしまったのです。
私がまずアドバイスしたことは、お子さんをDDクリニックに連れて行くように。
治療から始めるようにお話しました。
その時もまだ、学校側と闘っていましたね。
教師との連絡帳でのやり取りも拝見し、敵対するのではなく、味方につけるように(先生の力を借りるように)先生とのコミュニケーションの仕方をアドバイス。
密に連絡を取るようにしました。
化学物質過敏症の治療中なので、それが改善したら登校させますとの約束をしました。
すると、まるで対応が変わってきたのですね。
親としてこの子を健康にするために頑張りますから見守ってくださいということで、児相もいったんは手を引いたかのように見えていました。
ところが、最近、最初にアレルギー治療をしていた病院から児相に通報があったようです。
その病院に来ないということでの通報のようですが、現在別の治療を受けて改善してきていることを伝えるようにアドバイスしました。
そこまで病院も介入してくるとは、私も少々驚きでしたが、こういうケースもありますので、お気を付けください。

1538697_673250809386497_611747915_n

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

Gardasil HPV Vaccine接種後13歳の少年は首から下が麻痺

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。HPVワクチンの被害者は女性だけではありません。無知ではお子さんを守ることができないのです。

男の子にもこのワクチン接種をするという記事は以前も読んだことはありましたが、実際にこのような被害者が出ております。

 

下記のサイトをご覧ください。

13 Year Old Boy Becomes Paralyzed from Neck Down After Gardasil HPV Vaccine

 

コルトン・べレット君は、今年1月にガーダシルを接種後、その副反応により首から下が麻痺して動けなくなる事態に陥りました。

その後、毎週4,5回、一回何時間にもわたるさまざまな治療のかいがあって、しゃべることも、手を動かすこともできるまでになりました

 その母親は、「私は無知すぎたわ。医師が言うことはなんでも正しい、彼が勧めることに間違いはないと信じていた」と述べています。
ワクチンについてはどうか、皆様お調べになってください。

色々な角度から情報を集めておかないとお子さんを守ることができないのです。

彼にワクチンを接種した医師は、この件をCDCに報告した後、男の子への接種を中止し、女の子にも(副反応が出ることを)注意するようになったということです。

 

 

 

 

 

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。