タグ: 不登校、ワクチン、自己肯定感、発達障害、人間関係、アイデンティティ

教育の視野狭窄

おはようございます。自立サポートカウンセラーの甲斐です。

 

以前もこの記事を書かせて頂きました。

そして記事を読んだという教師の方が、抗議の電話をくださいました。

少しお話させて頂き、講演会に参加くださるようにお話させて頂き、参加するとのお返事を頂いたのですが、ご参加頂けたのでしょうか?

「現場の教師は公務員なので、自分の思ったことは言えない。」

 

 

そのように仰っていました。

一体この国の大人は、何を一番大事なことだと思って生きているのでしょうか?

今、日本では、子ども達が「発達障害」というれってるを貼られ精神科に繋がれ投薬、チョットしたことで虐待を疑われ児童相談所に一時保護されているという事実。

知らない方のほうが多いと思います。

私たち全員の心の中にある優生思想に気が付かない限り、この状況は変わりません。
ラベリングとは、一種の抽象化作業である。
何故ラベリングをするのかというと、情報処理の節約です。
つまり、個々の細かい違いは無視して同じものとして扱うことによって認知処理に必要な作業を軽減しているのです。
これを学校教育に取り入れてしまったのが、今の特別支援教育なのです。
私はこのような分類をしてお子様たちと話したことはありません。
一人一人が違っているのですから、例えば同じような行動をしていても原因は違いますし、同じかもしれません。
これを一律にラベリングして接するということは、手抜き以外の何物でもないのです。
「この子はADHDである」ととらえた瞬間に、私たちの意識はその子自身ではなく、AD/HDという障害タイプへと繋がってしまうのです。
しかも、このラベリングの基準となっている項目はどちらでも取れるようなもので主観での判断となるのです。
チェック項目を見ただけで、判断し、その子どもに会った接し方をしているとは思えません。
多くの人たちは、普通の概念を作りその中に入れようとコントロールしてしまうのです。
何故、その子がそのようなふるまいをするのか?
考える人がほとんどいない状況の中で、「なんだかわからない子」としてその子たちを集め、ラベリングしているのです。
もう一度言います。ラベリングとは、情報処理の節約です。
つまり、個々の細かい違いは無視して同じものとして扱うことによって認知処理に必要な作業を軽減しているのです。
それが教育と言えるのでしょうか?
教育の丁寧さが損なわれているとしたら、それは特別支援教育が望んでいたことではないはずです。
教育とは、ロボットを作るためのものではありません。
そこを今一度考えてみて頂きたい。
数年前の内海先生と、杉浦さんの「子どもの声を聞こう」という講演会の席で教師の方が質問なさいました。
「私たちは一生懸命に接しています。しかし、子どもが言うことを聞かないのです。」と
その時の内海先生の答えは
「結果が出ないのなら、教師を辞めてください。」
というものでした。
我々大人は、ややもすると子どもさんたちを思い通りにしようとしてしまいます。
しかし、考えてみましょう。
いうことを聞かない子どもは悪い子ですか?
思うとおりに行動しない子どもはダメな子ですか?
支援するとはなんですか?
導くとはなんですか?
もっとも基本的なことを今一度、考えてみましょう。
内海聡医師の記事も一緒にお読みください。

 

 

 

 

勉強会も開催します!ぜひご参加ください。詳しくはこちらをご覧ください。

2017年3月13日 10:30

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

児童精神科医は、うすうす気づいてる

児童精神科医の太田昌孝氏は「発達障害の基礎理解」金剛出版の著書の中で次のように述べていらっしゃいます。

多くの児相精神科医の方々も気づいていらっしゃるということは色々な書物を読むと分かります。問題は、判断基準について調べ検証することで、変わってくるのではないでしょうか。

教科書通りに覚えているだけでは、見えてくるものが違うということがはっきりとわかります。

私も、発達障害という診断名を初めて知ったとき、不思議なことばかりで、色々と調べ、そう呼ばれているお子さんたちとも会って話をさせて頂いてきました。

診断基準があいまいであれば当然向き合い方も違ってきます。

それは当然だといえるでしょう。発達障害について、専門家によって診断名が違う。さらにはそもそも障害か否かの判断が異なるという話を聞くことがあるが、その理由の一つには複数の判断基準の存在が関連している。発達障害の診断をめぐる混乱には、近年の発達障害の概念の広がりも関連していると思われる。発達の遅れを伴わず発達の偏りの程度が従来の典型例よりも軽くても診断される場合が増えてきている。とりわけ行動症状では、その強さはスペクトラムをつくっているので診断基準にうまく当てはまらないことが関連していると思われる。
発達障害の原因の解明や治療法の開発を目指して研究を行うためには明確な診断基準が必要であるが、こころの発達の遅れや偏りのある子どもを支援する上では必ずしも厳密な診断にこだわることはないように思える。診断名にあまり振り回されずに、その意味するところ、つまり子どものどういう点が問題かをきちんと理解することが大切である。

 

 

私のこれまでのお子様たちから話を聞かせて頂いたことを鑑みてみると、困ったとされている問題には原因がある場合が多いのです。

脳の障害があるとは決して思えないということです。

そして、気になることの一つに、アレルギーを持っているお子さん、何かに対する過敏症で症状が出ていることも多いということです。

その原因は、様々です。

食であったり、親との関係であったり、いじめなども原因になります。
また、性的被害をもっていたり、虐待されることにより、積極的になれないことがあったり、言葉で感情を表せなくて行動してしまうこともあります。
早期発見早期療育を言われすぎたために、過剰反応している人が多いことも原因の一つでしょう。

そして、ワクチンも関係するというデータもあります。

診断されている基準は何でしょうか?

発達の遅れ、偏りとは何でしょうか?
人間はすべてにおいて同じように発達しなければ障害でしょうか?

国語の得意な子がいても、数学が得意な子がいても、体育が得意な子がいても、音楽が得意な子がいても、歴史が好きな子がいても、それがどうして障害だと言えるのでしょうか?
逆もまたしかりですね。

色々興味をもって、それを学ぶことができるって素晴らしいと私は思います。
そして、次々に新しいものに目を移していく才能もあるということ。

興味のないことをおとなしく聞けということもこれまた子どもにとっては酷なことですよね。
興味を持たないのは、見せ方にも問題はありませんか?

色々なことが浮かんできますよね。

人とのコミュニケーションがうまくいかないというお子さんとも話してきましたが、なぜ私とはコミュニケーションができたのでしょうか?

コミュニケーションの仕方
勉強の仕方

教えてもらっていないのかもしれませんよね。

聴き方、引き出し方、あるのではありませんか?

相手によってそれを変えることもコミュニケーション能力の一つですよね。

そう思われませんか?

 

 

 

 

 

ぽかぽか腹巻 予約分は完売しました。ありがとうございます。

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

知らないと大変なことになります。

おはようございます。自律カウンセラーの甲斐です。

発達障害について、最近では食事を変えればある程度改善すると言っている人も増えてきましたよね。

そしてそういう著書もありますので、読んでみてくださいね。

発達障害の治療の試み

しかし、発達障害 その症状・・・

それだけではありません。

不登校になると、カウンセリングを受ける方も増えていますよね。

カウンセラーの紹介してあるサイトに全国のカウンセラーを登録してあるサイトがあります。そこでの相談に登録しているカウンセラーが答えているのを読ませて頂くと、精神科や心療内科を勧めているカウンセラーさんがとても多くて愕然としました。

食についての問診や、生活環境について書いている人は一人もいません。

先ずは、ここを見直してくださいね。

例えば、いじめや虐待が精神的にも肉体的にも影響を及ぼすことがあります。これは、本人が無意識のうちに隠しますので、なかなか厄介ですね。特に女の子の場合、性的な暴力を受けたお子さんは実はとても多いのです。

早めに気が付けば、きちんと向き合うこともできますが、現実的には大人になってもその影響が出ている場合も多いですね。

次に予防接種の害!

精神薬を服用しているお子さんも多いですよね?

精神薬は、麻薬と同等のものです。

こんな記事もありますよ。新聞も載りました。対岸の火事ではありません。

 

発達障害で向精神薬を服用させられていた男児が突然死毎日新聞 2012年11月1日 夕刊

処方されていた向精神薬オーラップジェイゾロフトエビリファイ

男児に向精神薬を処方していた児童精神科医は、両親に危険性の説明をしていなかった。

 

今朝は、お友達のホメオパス比嘉眞紗子さんの記事をご紹介させて頂きますね。

無知ではお子さんを守ることが出来ません。

先ずは知りましょうね。情報下さった眞紗子さんに感謝!!

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=711570389005673&id=100004581540550

以下転載

【幼少期に打った予防接種で、両耳が聞こえなくなった】

わたしではありませんが、実際にいらっしゃいます。
聞いた話ではなく、実際にご本人よりお聞きしました。

同じ予防接種で、片耳が聞こえなくなった方もいらっしゃる。

同じ予防接種で、植物人間になってしまわれた方もいらっしゃる。

予防接種だけでないよ。

歯医者で奥歯を治療。
麻酔を打って治療して、家に戻ってきて眠りについた。
次の朝、そのまま起きて来ない。
息はしてるが起きて来ない。

そう、植物人間、、。
一家の大黒柱が、ある日突然、植物人間。。。

またある方は、、

職場の健康診断で、胃の検査。
ブスコパンという胃の動きを止める注射で意識不明に。

その後、目が痛くてテレビ画面やパソコン画面が見れない。
化学物質過敏症も発症。
仕事にも影響するが、辛いのは全て自分もち。

まだまだあります。
いくらでもあります。

わたしの身内で実際見てきた事。
わたしが実際本人から聞いた事。

こういう事実を知っているから、
だって学校がぁ〜〜とか
だって身内がぁ〜〜とか
だって皆がぁ〜〜とか

言い訳満載で、
迷っていると言っていた予防接種を打ったり、
様子を見ればいいくらいの風邪で注射したり、薬飲ませたり、、

本当に事実を知らないって怖いし、
まさか自分の子どもに限って、、と思ってるし。

だから、説明しまくるんだけど、やはり他人事で、、、。

選ぶのは自分。自分を守るのも自分。
子どもなら、守れるのは親だけです。

自分の子どもを一番大切に考えるのか?
それとも、周りや身内や一般論が大事なのか?

肝を据えて、しっかり自分軸を持って下さい。

本当に薬害は怖いのです。
その子の一生を左右するのです。

 

内海医師もワクチンについての電子書籍を書いてくださいました。医師だから書くことが出来る内容となっておりますので

是非こちらもお読みくださいね。

私も電子書籍にしております。よかったらお読みください。

こちらは紙ベースにしてほしいという声にお応えしてペーパーバックで出しました。

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

2月から、月に1回ですがTokyoDDCでのカウンセリングも行うことになりました。

2月はすでに埋まってしまいましたが、次回は3月29日の予定になっております。

ご希望の方は下記までお問い合わせください。

 

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。