タグ: 体力と病毒

体力と病毒

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

正気とは、中医学では生体の免疫力といい、日本漢方では体力といいます。正気が病邪を上回ると陽の反応を,病邪が正気を上回ると陰の反応を示します。体力を正気、病毒を邪と置き換えれば理解しやすいですね。病とは、正気と邪気の闘いだと捉えることができます。

病の初期の陽証期では、正気は充分にあり、邪との闘いにおいて、充分に発熱できるし、症候も発揚的になれる。

病の後半期である陰証期では、正気は消耗し、邪との闘いにおいて熱産生が充分に行われず発熱することができず熱が無く悪寒の状態になると考えられます。症候も沈降的になります。

太陽病期では、闘いの場が表です。表において、邪気と正気が闘っています。正気は体の中から表に動員されるのです。この動員される正気の力量が強い場合、太陽病の実証となるのです。動員される正気が弱い場合には太陽病の虚証になります。

小陽病では半表半裏に動員される正気が強ければ実証、弱ければ虚証となります。

陽明病では、持続熱の状態なので裏に動員される正気が弱ければ発熱は持続しません。したがって、陽明病では虚証は存在しないのです。

陰証では、正気が少なくなり邪気が優勢になります。

太陰病はほぼ正気と邪気が拮抗した時期ととらえます。裏に動員される正気がまだ強い場合には実証も存在します。

小陰病では、正気が少なくなりもはや動員する正気も弱く実証は存在しません。
厥陰病では、正気は少ないが、最後に体に残っているすべての正気を動員するため、ごく短い時間ではあるのですが実証も起こりえます。

この動員される正気は脈力に反映されるので脈診によって診断されます。

この時期によって治療方法も変わります。それは当然だといえるでしょう。

この考え方は、お子さんの様子で接し方が違うのとまったく同じ考え方ですね。ただ褒めればいいということでもなく、ただ叱ればいいというものでもなく、ただ見守ればいいというだけではないということですね。

 

参考文献:入門漢方医学

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。