タグ: 依存

スマートドラッグ  「頭が良くなる薬」乱用に規制強化へ

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

スマートドラッグってご存知ですか?記憶力が増すとか、頭が良くなるとか言ってネットで個人輸入しているお子さんたちがいらっしゃること、ご存知でしょうか?そのスマートドラッグに規制が入りそうです。

スマートドラッグの種類はこちらをご覧くださいね。https://osakado.cc/topics/smartdrug.html    

 

https://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00361969  

こちらの記事より引用

「頭が良くなる薬」乱用に規制強化へ

 

「頭が良くなる」などとうたわれている、いわゆる「スマートドラッグ」について、厚生労働省が、個人輸入を原則禁止する方針であることがわかった。
「スマートドラッグ」をめぐっては、てんかんやADHDなどの治療薬を、医師の指導なしに海外から個人輸入している実態がある。
ネット上には、「試験の前に記憶力向上のために服用した」などの書き込みが相次いでいるほか、国民生活センターなどにも、「高校生の娘が、集中力が上がるという薬をのんでいる」などの相談が寄せられていて、医師は危険性について指摘している。
まきメンタルクリニック・西崎真紀院長は、「一番困るのは依存性。依存がすごく強い薬をのまれた場合は、やめるのにすごく苦労する」と語った。
厚生労働省は、「医師の指導がないと、乱用や健康被害につながる」とし、今後、スマートドラッグの種類をリスト化したうえで、医師の処方箋がない場合は、原則、個人輸入を認めない方針で、22日の有識者会議で議論することにしている。

スマートドラッグは主に、脳の神経伝達物質や、酵素・ホルモンなどの神経化学物質の供給を増やしたり、酸素供給量を向上させたり、神経の成長を促進させたりすることによって働くといわれている。これを読んだだけでも危険だということがお分かりいただけるのではないだろうか?ニュースの記事の中にも依存性が非常に高く危険だとの医師のコメントもあります。過剰のアセチルコリンは潜在的に有害であると考えられている。 また、例えばプラミラセタムの場合、作用が非常に強力の為、少量でも脳内のアセチルコリンを大量に消費する。 その結果、脳が急速に疲労するため眠気や脱力感に襲われることがある。コリン作用性のスマートドラッグを服用時には注意が必要である。

 

とにかく、この問題がこのような形でクローズアップされるということは、問題があちこちで起きている証拠でもあるでしょうね。

海外のサイトを見てみましょう。

http://www.bestmastersprograms.org/smart-drug/

「スマートドラッグ」は、広義では栄養系やサプリメントなども含まれており、その範囲ではさほど問題はないが(効果も怪しいらしいが)、狭義の医薬品の意味で用いる時は、注意が必要だ。
処方箋医薬品に当たるものは、処方箋が必要だ。
個人輸入も可能だけど、日本では 覚せい剤取締法により覚せい剤に指定されているものもある。

 処方薬として
最初に、アデロール(アンフェタミン~日本では覚せい剤取締法で覚せい剤 として指定されている)をみてみる。
ADHD(やADDー多動症候群)患者の注意力を高め、衝動性を抑える。ナルコレプシーの発作も抑制する。
Stimulantは神経伝達物質を増加させ、バランスをとる効果がある。
ADHDおよびADDと診断される生徒は、全体の7%

しかも、アメリカでもっとも流行っているものは、アンフェタミン(日本では覚せい剤指定)を含むもののようで、それが上記のインフォグラフィックスにあるように、学生の間で乱用されて、大きな問題になっているのである。

医師の処方によったとしても副作用が起こりうる

*発作
*視力障害
*食欲減退
*睡眠障害
*不整脈
*鬱病
*震え
*けいれん
*幻覚

 

 

 

薬で頭が良くなるとか、記憶力が良くなるとか・・・安易な考えは捨てたほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

一歩ずつ成長していく

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

皆さん、よく考えてみてください。

小学生の時に、大学で学ぶ数学の問題は解けませんよね?

当たり前!と言っている人多いと思います。

人間には、発達段階というものがありますよね。基礎ができていなければ、応用問題は解くことはできませんよね。

 

心理学を学んでいる人は、必ず学びますが、マズローやエリクソンの発達段階という考え方があります。

mazuro

これがマズローの考えた発達段階です。興味のある方はお調べになってみてくださいね。

生まれてすぐだと、とにかく生きることだけに力を注ぎますよね。

生理的欲求というのは、睡眠とか食欲とか人間の本能によるものです。

次は安全であることの欲求です。安心して生きることのできる場所を求めます。

次は所属欲求です。家族の一員であること、どこかに所属していることの欲求ですね。

そして次は、承認してほしいという欲求です。

家族の一員として認めてほしい。人間としてここにいるということを認めてほしいという欲求ですね。

それができると、自分のできることをどんどん見つけて成長していきます。

エリクソンは、パーソナリティに関する8段階を提唱しました。

人間の人生を8つに分けて、それぞれには達成しなくてはならない課題があり、うまく達成することで自我と社会とがうまく付き合えるとしています。

image_erikson
この段階を飛ばしてしまうと、大人になっても自立、自律できていない人になってしまうのですね。

先ずは、安心して生活できる家庭が大事

充分に甘えることができること

それから、自分で考え学べるようになって行きます。

なんでも最初からできるはずはないのです。

 

自律できているなら、人の話をきちんと聞くことができます。そして、考え、学ぶことができるのですね。

そういう自立した人同士だと、相互依存の状態を築くことができるのです。

べたべたした関係ではなくて、さっぱりしている関係に見えるかもしれませんが、心と心は繋がっているので、肝心な時には相談ができるのです。

発達段階について以前も記事にさせて頂いておりますので、良かったらこちらもお読みくださいね。

発達段階

http://hi-mawari.com/?s=%E7%99%BA%E9%81%94%E6%AE%B5%E9%9A%8E

 

 

 
 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

自立と依存の関係について

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

最近、自立と依存の記事が多いのですが、こちらもよかったらお読みください。

 

親御さんのお話しを聞かせて頂いていると、自立に拘っている方が多い事に気がつきます。

「早く自立させなければ!」

「自立していないと思うんです。」

こんな言葉もよく聞きますよね。

自立は、依存の反対だと思っていらっしゃいませんか?

依存を抜けると自立する?

本当にそうでしょうか?

いえいえ、人間は、いつまで経っても何かに依存して生きているものなんですよね。(依存にも色々あります)
依存する事は悪いことである。 そう思っている方いらっしゃいませんよね?

あるお子さんの自立を目指すご両親は、お子さんを出来るだけ離すことをなさったり、すべてを自分で考え決めるように促がされていました。(小さくても決定権はもちろん、お子さんにあります。)

その結果、とてもいい子で手のかからないお子さんに育っていて、親御さんはすっかり安心していらっしゃったのです。
本当にこのお子さんは誰から見ても、甘える事もなく、礼儀正しくとてもいい子に育っていると思われていました。

ところがある日、突然不登校になってしまいます。
理由は本人にもわからないのです。

「甘やかして育てると、自立出来なくなる。」

そう単純に考えると、充分に甘えられないうちに、突き放される事になります。
自立とは、充分な依存の裏打ちがあって、初めて芽生えてくるのですね。

勘違いしない頂きたいのは、決定権はあくまでもそのお子さんにあるということは間違っているのではありません。

決定権はお子さんにありますが、放任するということとも違うのです。

依存を排除して自立を急ぐと孤立になってしまうのです。

お子さんにすっかり任せて、安心し極端に離れて、お子さんが自分一人でなんとかしなければならないと思い込んでいく場合、
これは、孤立です。

自分がどれだけ依存しているかを、見つめ、感謝する。
表面だけではダメですよ。

心から感謝の気持が湧き上がると、自立は近いですね。

人は、みんな依存しなければ生きてはいけない。
どれくらい自分は依存しているのだろうか。
それは、とても、有難い事なのだ。

そう思える事で、いい距離が生まれてくるのでしょうね。

一方、ベタベタした親子関係も確かにありますね。決定権が親にある場合!コントロールされている場合!
それは、親も子も溺れている状態かもしれませんよ。

必要な依存は、なになのか、その上での自立を考えるといいのかもしれませんね。

孤立と、自立は違いますよね。
孤立する事は自立とは違うのです。

先ずは自律することが大事なのです。

 

自分で考え、周りの事とも折り合いをつけ行動できる状態です。

 

依存していた子どもの時代から、自律し、自立した人同士が相互依存になる。

自立した人同士であれば、協力関係ができるのです。つまり、自然にお互いに助け合うことができるようになるのです。

しかし、自立のできていない人と、自立している人の協力関係は、一方に、してくれなければだめだという気持ち、強制力が出てくるので、うまくいかないのです。

人と力を合わせることができるようになるためには、やはり一人の人間として自立することはとても大事なことなのです。

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。