タグ: 児相問題

闘わない 戦わない 

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

今朝は、児童相談所の問題も含めての思考、コミュニケーションの取り方、行動について少しお話しましょう。

先日も、お子さん二人を家に置いたまま買い物に出かけた間に、お子さんが泣き、近所の人の通報で児童相談所に保護されてしまったという事例がありました。

すぐにご相談いただいたので、接するときの態度、話し方の注意点、今すべきことなどについてアドバイスさせて頂きました。

この時、一番強く言ったことは、「戦わない」ということです。

その結果、お子さんは無事に返されました。

このような事例はたくさんあります。

また、あるお母さんがいました。
お子さんが化学物質過敏症で、学校の教室にいられないということで、学校側に、あれこれと注文して闘っていました。
そんな時、ご相談をお受けしました。
どうやら、学校側に全責任を押し付け、それを正そうとばかりしているように私には見えました。
業を煮やした学校側は児童相談所に通報
危うく、保護されそうになってしまったのです。
私がまずアドバイスしたことは、お子さんをDDクリニックに連れて行くように。
治療から始めるようにお話しました。
その時もまだ、学校側と闘っていましたね。
教師との連絡帳でのやり取りも拝見し、敵対するのではなく、味方につけるように(先生の力を借りるように)先生とのコミュニケーションの仕方をアドバイス。
密に連絡を取るようにしました。
化学物質過敏症の治療中なので、それが改善したら登校させますとの約束をしました。
すると、まるで対応が変わってきたのですね。
親としてこの子を健康にするために頑張りますから見守ってくださいということで、児相もいったんは手を引いたかのように見えていました。
ところが、最近、最初にアレルギー治療をしていた病院から児相に通報があったようです。
その病院に来ないということでの通報のようですが、現在別の治療を受けて改善してきていることを伝えるようにアドバイスしました。
そこまで病院も介入してくるとは、私も少々驚きでしたが、こういうケースもありますので、お気を付けください。

1538697_673250809386497_611747915_n

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

児童相談所とは何なのか?

児童相談所とは何なのか?
またまた疑いがあったら即電話189全国共通の電話を作るって!
またまた、子ども狩りが加速しますね。
夏までに決めたいと?
通報して安心ですか?
いいことをしていると思いますか?
そのあと、そのお子さんが救われていると思いますか?
それを偽善というんです。
近所でおかしいと思うなら、何故声をかけてあげることができないのですか?
関わりを持ちたくない?
面倒だから?
子育ては、日本では地域が一団となって育てていたんですよ。
夕方暗いのに、子どもが街にいれば大人は「早く帰れよ~」と声をかけていたものです。
核家族になり、子育てするにも一人きりで相談できないママも多いんじゃありませんか?
不安で、育児書を読み漁り、そうでなければおかしいのではないかと不安でいっぱい。
そんなママも多いですよね。
子どもが異常に泣いていたら聞いてあげてください。
どうしたの?
その一言で救われるかもしれませんよ。
気軽に 189 に電話したら・・・
どういうことになるのかをお調べになってほしいです。
知らないことがどんなに罪深いことなのかを。
制度を作ったとしても、使わなければいいんです。
189 なんて偽善の塊です。
本当にそのお子さんが心配なら声をかけてあげてください。
よろしくおねがいします。

児童相談所とは何なのか?
児童相談所の主な業務は
*児童(0歳から17歳の者)を対象とする様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。*児童及びその家庭につき、必要な調査並びに医学的、心理学的、教育学的、社会学的及び精神保健上の判定を行うこと。*児童及びその保護者につき、調査または判定に基づいて必要な指導を行うこと。*児童の一時保護を行うこと。と規定されている。
ちなみに児童相談所の相談業務は次の5つに大別されている。
・養護相談:父母の家出 死亡、 離婚、 入院などによる養育困難、被虐待児など。
・保健相談:未熟児、虚弱児、小児喘息など。
・心身障害相談:障害児、発達障害、重度の心身障害など。
・非行相談:虚言、家出、放浪癖、性的な逸脱、触法行為など。
・育成相談:性格や行動、不登校。
ところが児童相談所がなぜこんな現状になってしまったか?考察してみると次のようなことが考えられる。
1、「児童虐待の防止等に関する法律(児虐法)」は、児童の虐待に対し権力者がウソやごまかしを重ね、国のメンツを保つ為に突貫で作られたザル法である。
2、児童相談所の予算は出来高払いで、良くある国やお役所ににまつわる組織が、結果や仕事量に応じて予算を請求する仕組みで成り立っており、予算の確保の為の「でっち上げ虐待保護」まで現実に存在し、一時保護は1人約40万円の予算を確保する手段であって、子供が死のうがわめこうが家庭が崩壊しようが関係ない。
そもそも精神医学は、優生学から発展したもので、本来劣性人種を収容、撲滅、させる為の技術として発展してきた、正体は洗脳学で、殺す為の医学である。児童相談所で一時保護し、精神医療を施すということは、虐待の被害に遭った子供を次の薬害の奈落に叩き落す諸業以外の何物でもない。
投薬と監禁で官官癒着で収益確保が目的となってしまっている。
3、「義」や「道理」の精神が無い。相談所の都合のいいように法律を悪用している。
4、「虐待」と「しつけ」「体罰」の定義があいまいで根拠が無い「虐待」行為が何をさすのか説明もできないような素人が職務辞令一つで専門家に変身する世界である。素人職員の単なる虐待があったと思われるという「思い込み」で処置できる。証拠を提示する必要が無い。
5、児童相談所所長が問題を起こしたときに責任を取る仕組みがなく、児童相談所が厚生労働省傘下の自治体組織の1つでありながら、厚生省も地方自治体も責任を取らない。被害は国民が丸かぶりとなる。
6、被害者は、不服申し立てができない。
児虐法10条の5 臨検等の係る処分については行政不服審査法(昭和37年法律第160号)による不服申し立てができない。
7、児童相談所は、警察、裁判所よりも権力を与えられている。
8、児童福祉に関する国家資格が無いため何のコントロールもされていない。
参考文献:
「児童相談所の怖い話 あなたの子どもを狩りに来る」
「一時保護」されたら、おしまい・・・”子どもを救う正義の味方”の恐るべき正体
誰も真相をレポートしないのは、ワケでもあるのか?
内科医 内海 聡著
ぜひお読みください。

レーニンの懐刀、コロンタインという女性革命家がいました。
この人の話は精神医学に繋がっていくのです。
1940年にWHOの中に世界精神保健連盟が誕生します。
その会長であるブロック・シチョルムは、共産主義者でもありますが、「精神医学の目的」として、次の7項目を挙げています。
1.憲法の破壊
2.国境の破壊
3.簡単に誰でも拘束する
4.合法殺人の権利
5.すべての宗教の撤廃
6.性道徳の破壊
7.学校での薬物常用によって未来のリーダーを奪い取る
これは、コロンタインの主張に共通しているのです。
この考え方は、児童相談所だけではなく、学校にも入り込んでいます。
もちろん、児童相談所で働いている人たちはこのことは知りませんが、知らなくてもこの考えに基づいて行動しているのです。
昨晩、ある議員さんと話したのですが、児童相談所で起きている事実をまったく知りません。
話しても、児童相談所は「虐待を受けている子どもを救う施設」だと思い込まれているのです。
実際に被害に遭っている人に会って話を聞いてくださいとお願いしましたが、あまりピンときていないようです。
もちろん、それは想定内の答えでした。
しかし、やはり議員さんに知って頂くことを始めなければ、児相のシステムを変えることは不可能でしょう。
議員さんを動かすためにも、庶民レベルでの認知が大事になります。
議員さんは動きません。
多くの市民が声を上げ続けなければ、調査をすることもしてくれないでしょう。
厚生労働省にも働きかけましたが、何も変わりませんからね。
いきなり、コロンタインとかレーニンとか、ブロック・シチョルムの話をしても通じるはずもないのです。
先ずは多くの人が現実を知ることから始めなければならないでしょう。
今も、施設の中で親にも会えず苦しんでいるお子さんたちがいます。

いかがですか?着々と、その通りになっていませんでしょうか?

Ref: The Humanitarian Freedom Fighter “Constructional Destruction” 9 June 1969
精神医学は、自分たちに従順な社会をつくり、それを意のままにコントロールし、支配するという計画を70年以上にわたって推し進めており、警察、教育、医療、介護、政治、司法、産業その他さまざまな分野を侵食しています。

物事に対する見方が鋭く、怖い存在そういうお子さんたちを発達障害という病名を付け、クスリ漬けにして未来のリーダーを奪い取る・・・

生まれた時からワクチン漬けにし、食べるものは食品添加物、経皮毒に侵され、電磁波、放射能に晒される。

そして、病気になりクスリ漬け・・・

これをマッチポンプといいます。

税金を搾り取り、共稼ぎしなければ生きていけない状態にさせ、TVコマーシャルで毒を宣伝、あたかも豊かな生活はこれだと言わんばかりに毎日垂れ流す・・・

そろそろ、気がついてはいかがでしょうか?

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。