タグ: 内海聡

巨悪の正体 あなたは、なぜカスなのか?

おはようございます。自立サポートカウンセラーの甲斐です。

巨悪の正体 あなたは、なぜカスなのか?

著者の内海聡先生にご本を頂きましたので、皆様より少しだけ早く読ませて頂きましたのでご紹介させて頂きます。

これまで仰って来たことの集大成の本だともいえるでしょう。

皆様もぜひお読みくださいね。

依存と精神薬の専門家である内海氏が1年ぶりにかかれた渾身の1冊!

さすがですね。これまでの集大成ともいえると私は思います。

日ごろ仰っていることを少し丁寧にわかりやすく書いてくださっていますよ。

その中の一節をご紹介しておきます。

第12章 「心理学」の正体 より

●心理学を学んでも「原則」にはたどり着けない。なぜなら心理学は支配者層が庶民をコントロールするための学問だからである。

●この世の問題は、突き詰めていくとすべてあなたの内面から生まれるものである

●すべての人間には自己を正当化する習性があり、人間は自分と異なる考えを否定する「反動の法則」を持っている

●きれいな言葉を使ったりする人は、自分が傷つかないようにしたいだけ(自分を否定できない人)である

●自分を否定できない人は自分を直視できず、いつまでも幸せにならない

内容紹介

なぜ、人々は医療のウソに騙され続け、病気になるのか?
なぜ、人々は陰謀論に踊らされ続けるのか?
なぜ、人々はインターネットで炎上を起こすのか?
なぜ、日本の政治はいつまでたっても良くならないのか?
なぜ、男と女・親と子は分かり合えないのか?
なぜ、人間はいつまでも幸せになれないのか?

医療の現場を経験し、講演とインターネットの活動で人々を観察し続けてきた
facebookフォロワー数14万人超の“日本一悪名高い医者”がついに見つけたのは、
「人間の思考法と心理の原則」。

この世に存在するありとあらゆる問題の元凶……巨悪とは何なのか?
その正体を理解できたとき、あなたはあなた自身に戦慄する。

「あなたは、なぜカスなのか?」

著者がたびたび読者に問いかけるこの質問こそが、すべてのカギを握る。
不安定な現代社会を生きるすべての人必須の知恵。

もくじ

第1部 認識編
第1章 「炎上ビジネス」の正体
第2章 「日本」の正体
第3章 「インターネット」の正体
第4章 「グーミン」の正体
第5章 「毒親」の正体
第6章 「陰謀論」の正体
第7章 「病気」の正体
第8章 「家族」の正体
第9章 「医療」の正体
第10章 「善と悪」の正体

第2部 変革編
第11章 「離間工作」の正体
第12章 「心理学」の正体
第13章 「愛」の正体
第14章 「深層心理」の正体
第15章 「陰陽」の正体
第16章 「思考」の正体
第17章 「人類」の正体

出版社からのコメント

内海先生が約1年ぶりに書き下ろした渾身の一冊。
これまでの著書とは比べ物にならないほど
痛烈な皮肉をふんだんに盛り込んだショッキングすぎる内容です。

 

巨悪の正体 あなたは、なぜカスなのか?

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: 内海聡, 推薦本 Tags: タグ: , ,

教育の視野狭窄

おはようございます。自立サポートカウンセラーの甲斐です。

 

以前もこの記事を書かせて頂きました。

そして記事を読んだという教師の方が、抗議の電話をくださいました。

少しお話させて頂き、講演会に参加くださるようにお話させて頂き、参加するとのお返事を頂いたのですが、ご参加頂けたのでしょうか?

「現場の教師は公務員なので、自分の思ったことは言えない。」

 

 

そのように仰っていました。

一体この国の大人は、何を一番大事なことだと思って生きているのでしょうか?

今、日本では、子ども達が「発達障害」というれってるを貼られ精神科に繋がれ投薬、チョットしたことで虐待を疑われ児童相談所に一時保護されているという事実。

知らない方のほうが多いと思います。

私たち全員の心の中にある優生思想に気が付かない限り、この状況は変わりません。
ラベリングとは、一種の抽象化作業である。
何故ラベリングをするのかというと、情報処理の節約です。
つまり、個々の細かい違いは無視して同じものとして扱うことによって認知処理に必要な作業を軽減しているのです。
これを学校教育に取り入れてしまったのが、今の特別支援教育なのです。
私はこのような分類をしてお子様たちと話したことはありません。
一人一人が違っているのですから、例えば同じような行動をしていても原因は違いますし、同じかもしれません。
これを一律にラベリングして接するということは、手抜き以外の何物でもないのです。
「この子はADHDである」ととらえた瞬間に、私たちの意識はその子自身ではなく、AD/HDという障害タイプへと繋がってしまうのです。
しかも、このラベリングの基準となっている項目はどちらでも取れるようなもので主観での判断となるのです。
チェック項目を見ただけで、判断し、その子どもに会った接し方をしているとは思えません。
多くの人たちは、普通の概念を作りその中に入れようとコントロールしてしまうのです。
何故、その子がそのようなふるまいをするのか?
考える人がほとんどいない状況の中で、「なんだかわからない子」としてその子たちを集め、ラベリングしているのです。
もう一度言います。ラベリングとは、情報処理の節約です。
つまり、個々の細かい違いは無視して同じものとして扱うことによって認知処理に必要な作業を軽減しているのです。
それが教育と言えるのでしょうか?
教育の丁寧さが損なわれているとしたら、それは特別支援教育が望んでいたことではないはずです。
教育とは、ロボットを作るためのものではありません。
そこを今一度考えてみて頂きたい。
数年前の内海先生と、杉浦さんの「子どもの声を聞こう」という講演会の席で教師の方が質問なさいました。
「私たちは一生懸命に接しています。しかし、子どもが言うことを聞かないのです。」と
その時の内海先生の答えは
「結果が出ないのなら、教師を辞めてください。」
というものでした。
我々大人は、ややもすると子どもさんたちを思い通りにしようとしてしまいます。
しかし、考えてみましょう。
いうことを聞かない子どもは悪い子ですか?
思うとおりに行動しない子どもはダメな子ですか?
支援するとはなんですか?
導くとはなんですか?
もっとも基本的なことを今一度、考えてみましょう。
内海聡医師の記事も一緒にお読みください。

 

 

 

 

勉強会も開催します!ぜひご参加ください。詳しくはこちらをご覧ください。

2017年3月13日 10:30

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

病気とはなんだろう?

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

皆様、お風邪など召していらっしゃいませんか?

風邪をひくのは何故なのか?
同じ環境にいても風邪をひく人もいればひかない人もいる。
これは一体どうしてでしょうね?
先ずは免疫力の低下が考えられますよね。
免疫力が低下するのはなぜですか?
体内に毒素がたまりすぎている場合。
気力が低下している時。
何かすっきりしない悩みを抱えている時。
こんなことが考えられますよね。
食事には気をつける人は多いでしょう。
もちろんそれもありますね。
あと、日用品に化学物質を使ってあるものを使い続けている場合。
歯磨き粉やシャンプー剤、洗剤、芳香剤なども見直してみてください。
でも、同じように社会毒を体に入れていても違いが出るのはなぜでしょう?
最初にいいましたが、気力の低下が大きく関わっているのですね。
気力が低下するというのは生命力が弱くなっている時です。
食や日常環境を整えることはもちろんのこと、精神的な面も考えてみてくださいね。
全ては繋がっていて当然の結果なのですね。
社会毒などでも気力を奪われている場合もあります。
風邪をひいたからといって、薬を飲むということは、またまた追い討ちをかける結果となり長引くことが多いんです。
悪循環ですよね。
病は気からと昔からいわれています。
そういうことなのですよね。
世界的に有名な栄養学者のロジャー・ウィリアムス博士は生命の維持のためには46種類の栄養素がバランスよく摂られていることが不可欠としています。
それだけではないと私は思います。
精神的なもの、思想や思考が多いに関係していると思います。
このことは、実際に自分自身が最近体験して実感したことですが、食に気をつけるようになってから全く風邪をひかなかったというのに、昨年のこの時期に風邪をひいて咳が止まらなくなったのではっきりと理解できたのですが、腑に落ちないことがあって思い悩んでいた時に風邪をひいてしまったのです。
この考え方は、内海聡著「医学不要論」でも内海氏は仰っています。
また、キネシオロジーやダイアネティックスなどの中にも同じ考え方があります。
生命力の低下する原因を考える時、この考え方はとても重要だと実感します。

 
 

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリング 申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: 内海聡, 医学, 未分類 Tags: タグ: , , ,