タグ: 向精神薬

精神医学被害者の方

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

 
朝から申し訳ないです。重い内容になってしまいます。しかし、これは非常に大事なことで防いでいかなければならないと真剣に思います。
最近、強制入院させられる人が増えています。こちらの事例は、訴えても取り上げることが出来た場合です。
離婚の妻精神科病院に
強制入院で負傷 元夫に賠償命令
夫が離婚訴訟で有利な判決を得るために、根拠なく入院させたと指摘され、慰謝料など約220万円の支払いを命じたという事例です。
私も数年前に全く同じような内容でご相談お受けしたことがあります。
その方は親戚一同に連れて行かれたのですが、こういう場合には、訴えを起こしても長引くだけで出ることができなくなってしまう恐れがあります。
幸い、電話でアドバイスさせていただいた通りになさって退院することができました。このような事実が現在日本では毎日500件近く起きています。先ずは知りましょう。
何が起きているのか知らなければ、防ぐことができません

厚生労働省に意見を出すことは誰にでもできます。

ご意見募集やパブリックコメントはこちら」から送ることが出来ます。

訴えの起こすことのできる被害者や、内部告発者を募っていらっしゃる団体もあります。こちらの病院で被害に遭われた方、被害者様や内部告発したい方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。お繋ぎします。

児童相談所問題においても、介護福祉施設の置いても、同様ですね。

強制入院させられる法律が強化されます。
誰でもがいきなり保護され、強制入院させられることが増えていきます。
確信がなくても危険があるのです。

そうならないためにも、被害者の方や内部告発してくださる方の情報が欲しいのです。

現実に起きている問題について、先ずは知ることから始めなければなりません。

以下は

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161027/k00/00m/040/078000c#csidx4d037bd72b23d31bd5d306177c76909
Copyright 毎日新聞

精神保健指定医の指定を取り消される医師は次の通り(当時の所属医療機関名、医療機関所在地、氏名。敬称略)

 

不正な申請をした医師

 ▽愛知医科大病院=宮沢利和、長谷川裕記、野口貴弘▽明石土山病院(兵庫県)=伊藤毅、財田一也、宗和将志、田中健一、藤田学▽けやきの森病院(神奈川県)=坂口貴子▽宇治おうばく病院(京都府)=大田壮一郎▽横浜市立大付属市民総合医療センター=近藤友子▽岡山県精神科医療センター=池上陽子▽京都府立医科大付属病院=酒井雄希、水原祐起、西沢晋▽群馬県立精神医療センター=清野うらら、鈴木雄介▽高知大医学部付属病院=山内祥豪、須賀楓介▽林精神医学研究所付属林道倫精神科神経科病院(岡山県)=鎌田豪介▽昭和大学横浜市北部病院=山田英介、田村利之▽兵庫県立光風病院、神戸大医学部付属病院=岡崎賢志▽神戸大医学部付属病院=田中知子▽聖マリアンナ医科大病院(神奈川県)=橋本知明▽千葉大医学部付属病院=田所重紀▽都立松沢病院=浅野未苗▽都立多摩総合医療センター=金田渉、石井民子▽東香里病院(大阪府)=赤沢美歩▽国立病院機構琉球病院=海江田保彦▽兵庫医科大病院=浅野真紀、吉崎晶絵、岩永伴久、北浦寛史、浜田優一朗▽兵庫県立光風病院=井上由香、横山紘子、佐々木雅明、小泉千晶▽北里大東病院(神奈川県)=大林拓樹、田沼竜太郎、竜田彩▽湊川病院(兵庫県)=江口典臣、三家英彦、志村政幸、平岡やよい▽藍野花園病院(大阪府)=守谷真樹子、実松麻由子

確認を怠った指導医

 ▽愛知医科大病院(愛知県)=松原桃代、木村仁、多羅尾陽子、鈴木滋▽原病院(群馬県)=原淳子▽明石土山病院(兵庫県)=太田正幸▽けやきの森病院(神奈川県)=堤康彦▽宇治おうばく病院(京都府)=岡崎信也▽横浜市立大付属市民総合医療センター=近藤大三▽岡山県精神科医療センター=河本泰信▽京都府立医科大付属病院=中前貴、柴田敬祐、北林百合之介、成本迅、松本良平▽群馬県立精神医療センター=須藤友博、大舘太郎▽厚生会道ノ尾病院(長崎県)=畑田けい子、立木均▽高知大医学部付属病院=藤田博一▽済生会横浜市東部病院=吉邨善孝▽林精神医学研究所付属林道倫精神科神経科病院(岡山県)=井上慶郎▽昭和大横浜市北部病院=工藤行夫▽神戸大医学部付属病院=山本泰司▽聖マリアンナ医科大病院(神奈川県)=御園生篤志▽千葉大医学部付属病院=佐々木剛、白石哲也▽都立松沢病院=野中俊宏▽都立多摩総合医療センター=西村隆夫▽東香里病院(大阪府)=井家上譲▽国立病院機構琉球病院=原田聡志▽兵庫医科大病院=大原一幸、奥田嘉男▽兵庫県立光風病院=葛山秀則、関口典子▽北里大東病院(神奈川県)=大石智、高橋恵▽湊川病院(兵庫県)=田淵実治郎、山口道彦▽藍野花園病院(大阪府)=川島文雄

 

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗精神医学, 医学 Tags: タグ: , ,

断薬したいとお考えの方へ

お子様に向精神薬を服用させている親御さんで、断薬したいとお考えの方は是非、お読みになってみてください。

精神薬の減薬、断薬に関するDDクリニック院長からのアドバイス

また、具体的には次のことにも気をつけて頂きたいと思います。

断薬を成功させるには…
1、断薬時の離脱症状を乗り越えるために、栄養欠乏状態を解決する。
2、断薬時に発生する身体的な痛みや軋み、震えなどを解決する。
3、補助者との間で最低限のコミュニケーションがとれるようにする。
4、薬物がいかなるものかを知る。
5、薬物を効果的に体外排出する。
6、薬物を摂っていた際の有害な記憶が常に切り離された状態でいるようにする。
7、薬物を摂っていた際の有害な記憶が突然リンクしても、それによる影響が最低限で済むような状態にいさせる。
8、通常の状態でより良いコミュニケーションがとれるようにする。
9、読み書きに関する能力、物事を概念的に理解する能力を回復する。
10、薬物を摂ることとなった原因(おもに人間関係)を処理する。
11、その人がより生存的な状態でいられる行動規範を身につける。
12、自尊心を回復する。
8~12については、犯罪者更生の中でも非常に有効です。

 

精神薬を抜くうえで最も重要なことは背景に対する知識、簡単に言えば精神医学や心理学とはなんなのかを知ることですが、そのうえでさらに下記がなければ精神薬を抜くことなどできません。

最も重要なことは精神薬との完全なる決別の意志です。この完全なるというのが重要で、ここがほんの少しでもあいまいな人はまずうまくいきません。これらはすべてヘロインやシャブに置き換えればいいです。「シャブも少しなら良いよな」とか考える人は永久にやめることはできません。もっと厳しく言えば何か代替療法で禁断症状を楽にしようとか、いい抜け道を探して精神薬を断薬しようと考える人は、まず精神薬から卒業することはできません。

次に重要なのは精神というものや心というものは自分で良くするものだという、完全なる理解です。ここも完全なるというのがポイントです。なぜかというとそこが不完全だと、結局他のモノに依存していくからです。異性、食事、カウンセラー、仕事etc。薬よりはましかもしれませんが、結局本人が望むものにはたどり着くことはできません。

その次に勉強が重要になります。これも覚醒剤などと同じですが、なぜ向精神薬がダメなのか理論で理解することが不可欠です。ここで重要なのは決して個人の経験であってはいけないということです。もちろん個人の経験は大事なのですが、それを論拠にするとどこかで崩れます。事実をもとに勉強することが重要になります。誰の語る内容が事実なのか見極める目が必要になります。

最後に自分で良くするという点にも重なってきますが、それはつまりどんな代替療法も「モノ」であることを理解することが、断薬を実現するうえでの大前提です。例えば東洋医学、サプリ、ハーブ等。これらは精神薬同様、精神を良くしてくれるものではありません。癒すものでもありません。禁断症状だったりもともと持っている精神的な症状を緩和してくれるだけのものであって、やはり根本的なモノではないのです。精神を扱う以上根本的な方法とはただ一つ、心と向き合うとか思想を省みるとか哲学を追及するとか、そういう類の事でしかありません。どんなに副作用が少ない「モノ」であっても、それは所詮「モノ」であることを理解して、初めて有効に活用することができ、断薬という結果につながっていくのです。薬の禁断症状やキチガイ医流(一般概念とは違うし、科学的根拠も薄いです)の薬の抜き方、考え方についてあらためて書いてみます。私は一気に抜くのが最も良いと思っています。これは自らの経験、海外の話、覚醒剤や麻薬の話に基づきます。ただ色々と条件付きなのが難しいところです。だから妥協案であるちょびちょびになるわけですが、通常6から12ヵ月位が目安です。他の薬にうつすことをすすめたことは絶対にないです。

なぜ一気に抜くのが一番だというか、そしてそうにもかかわらず私自身あまりやらないか、そこから説明しましょう。これは実に単純な話であり、覚醒剤や麻薬のちゃんとした離脱施設であれば、かならず一気に断薬するからです。違法ドラックなどテレビのイメージしか皆さんないでしょうが、シャブやヘロインを微調整して量を減らしながら断薬しようとするでしょうか?もちろんそんなバカなことはしません。それにドラックから向精神薬へ移行しようとすることも全く意味ありません。このウォールを読んでいる人なら向精神薬が麻薬や覚醒剤と何も変わりないことは当然御承知、だから本来は一気に断薬すべきなのです。これはある意味当たり前のことでしかありません。

しかし書いてます、条件付き・・・と。そうです、条件付きなのです。この条件について説明することが、現在の日本の状況や向精神薬自体の問題を理解するにも役立つでしょう。ヤク離脱施設というのは日本にはありませんが、海外にあるものはただ頑張れで一気断薬する場所ではありません。きれいな建物があり、中には保護室のような場所もあり、運動スペースがありサウナなどもあります。栄養学的にも考えられた食事が出て、サプリもついて、何よりも一気断薬の前に徹底的に薬の問題や害について勉強するのです。もちろん入所にはかなりのお金がかかりますが、ずっと精神科と付き合ったりだらだら断薬することと比べる必要があります。一気断薬すれば暴れたりモノを壊すくらいは当然で、だから保護室も必要になるのです。その中でサポートを受けながら断薬するからこそ、断薬できる可能性、社会復帰する可能性が飛躍的に高まります。

では日本はどうでしょう?もちろんそんな施設はどこにもありません。ただの一つもです。
そうすると日本の中では二つの選択肢を迫られます。つまり・・・
①自分で医者顔負けに勉強し、栄養学も学び、サウナも見つけ家族の理解を取り付け、自分の部屋をボロボロにする覚悟をして断薬するか
②禁断症状と依存が長引くことを覚悟の上でちょびちょび減薬していくか
ということになる。一見すると後者の方がよさそうですが、実際全体を眺めてみるとそうではありません。単純に言って社会復帰する時期が大幅に遅れますし、新たな依存を形成する恐れも飛躍的に増します。第一に重要なのは精神薬により形成されてしまった精神的脆弱性を回復するチャンスが薄れます(=根性論です)。だから本来は①を選択してほしいと思っています。

実はバカであればあるほど、精神薬の恐ろしさを知った瞬間に何の準備もせず一気に抜いてしまいます。そして私のところへ泣きついてくるというケースは後を絶たないのですが、はっきりいってこんなのは自業自得です。まずどんなことでも下調べくらいすべきであり、そういう下調べをしないから「そう」なるのです。日本では現実的に漸減法しかできませんが、どうしてそうなのか、それくらいは自分で勉強してください。

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

お子さんが服用されている薬はどんなもの?

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

お子様が向精神薬を服用なさっているという方は、じっくりとお読みください。

 

今朝は、お子さんたちの多くが服用させられている薬について書いてみましょう。

「この薬を飲ませると落ち着いて勉強もよくできるようになるんです。」と仰るお母さまも多いですね。

ということは、ずっと服用し続けるということになりますよね?

「時が来たらやめようと思っています。」

と仰るご本人もいらっしゃいます。

どうなさるかは、ご本人が決められることなのですが、もし服用なさっているとしたら、調べてみましょう。断薬するにしてもいきなり断薬することはとても危険ですので、知識とご家族のサポートが必要なのです。

メチルフェニデート

こんな薬がADHD(注意欠陥多動性障害)と診断された子どもに投与されています。

添付文書も読んでみましょう。

一部 効能・効果の項目を転載させて頂きます。リンク先に添付文書がありますので是非お確かめください。

【効 能・効 果】 注意欠陥/多動性障害(AD/HD) 《効能・効果に関連する使用上の注意》 1)6歳未満の幼児における有効性及び安全性は確立 していない。[「臨床成績」の項参照] 2)AD/HDの診断は、米国精神医学会の精神疾患の 診断・統計マニュアル(DSM*)等の標準的で確立 した診断基準に基づき慎重に実施し、基準を満た す場合にのみ投与すること。 *Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders

 

 

こちらもとても重要ですのでこちらもお読みくださいね。

薬物依存とメチルフェニデート

 

キャプチャ1

メチルフェニデートはコカインと同様にDATに対する阻害効果を有するため報酬効果を持つ依存薬物となり得る。

とも書いてあります。

*コカイン

コカインはコカという灌木の葉が原料です。原産地は南米で、古代から貨幣と同様に扱われる貴重な植物でした。後にヨーロッパでコカの葉から独自のアルカロイド成分・コカインが分離され、麻酔薬として使われるようになりました。

コカインはごく少量でも生命に危険な薬物です。

 

麻薬及び向精神薬取締法という法律があります。麻薬と向精神薬の扱い方は法律上同じだということも知っておいてください。

[ コカインの症状 ]

コカインは中枢神経を刺激します。

瞳孔の散大、血圧・心拍・呼吸・体温の上昇といったものが含まれます。

常習者は、鼻の粘膜に腫瘍をつくる危険性があります。

時々使用する場合は鼻詰まりや鼻水が見られます。

 

[ 麻薬及び向精神薬取締法(概略) ]

第一章

(目的)
第一条 この法律は、麻薬及び向精神薬の輸入、輸出、製造、製剤、譲渡し等について必要な取締りを行うとともに、麻薬中毒者について必要な医療を行う等の措置を講ずること等により、麻薬及び向精神薬の濫用による保健衛生上の危害を防止し、もつて公共の福祉の増進を図ることを目的とする。

 

お子さんがメチルフェニデートを10歳くらいから20歳くらいまで服用するとします。

その結果を想像できますでしょうか?

そのようなご家族からのご相談もお受けしておりますが、正気である時間が極端に少なくなっている場合がとても多いのです。

途中で自分で気が付き断薬なさる方も多いのですが、お子さんの時に「この薬を飲めばいい子になれる」と思いこまれていることも多のです。

親が勧めたということで、親御さんを恨んでいるということも出てきます。

いい子になれると思ってお母さんのいうとおりに薬を飲んだのに、今はこんなになって動けなくなってしまったじゃないか。

もうこれ以上、お母さん、僕にはどうすることもできないんだ。

助けてよ、お母さん・・・

そんな風に訴えかける若者もいます。

 

それではADHDの診断はどのように行われているのでしょうか?

科学的根拠は一切ありません。
精神科医の主観に委ねられています。

精神科医の診断および処方は、羊の皮をかぶった狼のようです。

現在でも、まだうつ病はセロトニンの枯渇が原因だとする精神科医がいるようですが、それは立証されていません。
生きている人の脳内のセロトニンやドーパミンを測定することはできません。
それをもとに処方されているということに気が付いてください。
モノアミン仮説
3種類の神経伝達物質であるモノアミン(ノルアドレナリン,セロトニン,ドーパミン)が不足するとうつ病を発症するという神経化学上の仮説です。今も多くの人たちは信じていますが、この仮説は否定されています。
アメリカの精神医学雑誌「the American journal of Psychiatry」に、うつ病の化学的不均衡理論を再検討した医師たちによる以下のようなレビュー記事が掲載されています。

 


10年以上にわたるPET studey、モノアミン枯渇に関する研究、およびモノアミン関連遺伝子の多型性を調べる遺伝子関連解析の結果、うつ病の病態生理において、セロトニン系、ノルアドレナリン性、またはドーパミン作動性神経伝達に実際の欠陥に関すると思われるエビデンスはほとんど存在しなかった

 

「精神医学」や「心理学」は私たちが求めるものと本質的な目的が違います。
その目的は「監禁」「拘束」「差別」「虐待」「廃人化」「隷属化」「金儲け」「殺人」「優生学」などです。

大事なことなので、もう一度書いておきます。

  いきなり断薬することはとても危険です。充分な知識と理解、ご家族のサポートが必要です。決していきなり断薬はなさいませんように。

先ずはご自分でお調べになることをお勧めします。

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。