タグ: 感情

良い人間関係って?

おはようございます!自律サポートカウンセラーの甲斐です。

 

良い人間関係とはどんなものを言うのでしょうか?
それは、あなた自身が決めるものです。
これぞいい関係というモデルは存在しないのです。
あなたは毎日どんな感情を抱きながら生きていますか?
その感情には、必ず人間関係が関わってきます。
どんな感情もとても大事なものです。
怒ってはいけないとか、泣いてはいけないとか、悲しんではいけないとか、喜んではいけないとかそう思っているとしたら、すこし、見つめてみましょう。
その感情は、私たちに必要なことを教えてくれているのですから。
怒り・・・  あなたの領分に勝手に入り込んできたものに対して、追い払うためにも必要な感情です。
怖れ・・・  不安も同じですね。これから起ころうとしていることに対して準備するために必要な感情なのです。
悲しみ・・・ 失われた過去にさよならするために必要な感情なんですよ。
喜び・・・  今、ここで生きている自分を受け入れるために必要な感情です。
今、あなたはどんな人間関係を持っていますか?
考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8、9,10月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗人間関係 Tags: タグ: ,

感情のコントロールができない >< と思っているあなたへ

おはようございます。

お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロンの甲斐です。

カウンセリングをはじめる前に、問診表を書いていただくのですが、困っていることを書いていただくと、「感情のコントロールができない」と、書いてくださる方が多いので、そのことについて記事にさせて頂きますね。ネットで検索をかけると、色々と出てきますね

感情をコントロールする方法!
う~ん
それは、どうしてコントロールしようとしているのでしょうね?

感情のコントロールって、何をもって、コントロールっていうのでしょうね?

沸いてきた感情を別の感情に置き換えることでしょうか?

沸いてきた感情を、押さえつけてなかったことにすることでしょうかね?
沸いてきた感情を、沈め、軽くすることでしょうか?

喜怒哀楽のない能面のような表情のあなたをあなたの周りの人たちは望んでいるでしょうか?

喜び
怒り
悲しみ
楽しい

これらを、感情とよびますが、感情は、自分の中から、湧き出てくるものですよね。

それは、とても自然なことだと思いますよ。
感情は沸いてきていいのですよね。いかがですか?

よく、こんなに寂しさや、悲しみを感じるなら、感情なんていらない!という人がいます。

しかし、怒りや、寂しさ、悲しさがあるから、向上することが出来るのですね。
そして、喜びや、楽しさを感じることが出来るのです。ドキドキ
感情のない人生を思い浮かべてみてください。

味気なくないですか?

私は、感情はコントロールする必要はない と思います。
というか、感情、自然に沸きあがる感情を押さえつけることは出来ないのですね。

コントロールしようと思うから、苦しいのではないですか?
いつも笑っているといいのですか?

特に、怒りや、悲しみを感じることが、  であると感じる人も多いようです。

怒りや悲しみは、悪でしょうか?

せっかく湧き上がった感情を、じっくり味わってみてはいかがですか?
湧き上がってきた感情を認めましょうよ。

コントロールと、呼ぶとしたら、一呼吸おくこと ですね。

カッむかっとして、相手に怒りをぶつけること

これで、後悔する人も多いようですね。でも、怒りをぶつけることは、悪いことではないんですよ。
相手に伝えることによって、自分の気持ちを知ってもらう方法の一つでもあるんです。

ようは、言い方、伝え方(行動)が問題なわけですよね。

どうやらこれを、 「感情のコントロールが出来ない!」 とおっしゃっているようですね。

私は、怒りを感じている!! 怒っているんだ!

お子様の不登校、ひきこもりの解決策提案サロン

私は、どうしてこんなにも腹が立っているのだろう?

そっか、 ○○が原因で腹が立つんだね。

それなら、▲ ▲ ▲ しよう。

起こす行動にポイントを移していってみてはいかがでしょうね?
それが、なかなか、出来ないのですよね。

だって、今まで生きてきた時間があるのですから、分かったからといって、すぐにポイントを移すことは難しいですよね。
みんな同じです!焦らないで下さいね。

ほらほら、ここでも、焦らない あきらめない 頑張り過ぎない  ドキドキ
しかし、そのことが分かったら、頭の隅においておいてくださいね。

さみしいよぉ~
でも、さみしいと感じてはいけないんだ!我慢しなければ・・・

と、押さえつけてしまうと、その感情は、心の奥底に沈殿していきます。
それが、溜まりすぎると・・・

いかがですか?

爆弾

さみしいよぉ~
どうして、私はこんなにさみしいの?
そっか、今日は、誰とも話していないよね。
誰かにメールか、電話してみよう~ 一緒に遊べるかもしれない!

音譜
いかがですか?

コントロールできるのは、感情ではなくて、行動ですよね?

親子で笑顔になれますように!
応援しています。ラブラブ

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00
カウンセリングは全て予約となります。

陰陽五行論 感情と味覚の関係

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

今朝は、メモ的な意味でも記事にさせて頂いておきます。

参考までに!

 

陰陽五行論について少しだけ載せておきます。急に何かが食べたくなる時ってありますよね。そんな時にちょっと思い出して見るといいかもしれませんよね。
感情との対比として
肝が悪いと怒りっぽくなる
心臓が悪いと喜びすぎたり躁になる
脾(胃腸)の悪い人は考え過ぎて思い患いしやすい
肺の悪い人は憂いやすい
腎の悪い人は諸事に恐れおののく
と考えられ、


味との対比として


酸っぱいものが好きであれば肝を悪くする。(逆もありうる)
苦いものが好きであれば心を悪くする。(逆もありうる)
甘いものが好きであれば脾(胃)を悪くする。(逆もありうる)
辛いものが好きであれば肺を悪くする。(逆もありうる)
塩からいものが好きであれば腎を悪くする。(逆もありうる)
また身体器官との関係では
肝が悪いとでは筋(スジ)が傷む、肩などがこる。
心が悪いとでは脈が乱れる、動悸がする。
脾が悪いと脂肪が減る、もしくは増える。
肺が悪いと皮膚が弱り皮膚の毛も弱る。
腎が悪いと骨が弱る。

 


これは全く科学的な根拠はないのですが、現代医学と関連深いところもあって、古代の理論と馬鹿にできないところがあります。非科学的であることも考慮したうえで利用すれば、間違いなくさまざまな状態に応用できることでしょうね。

 

 

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。