タグ: 断薬

断薬しようとしている方へ

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。たまには断薬についての記事を挙げておきましょう。
内海先生が教えてくださったのでシェアさせて頂きます。参考になさって下さいね。

 

これはアメリカの離脱症状患者が書いた文ですが、参考になります。カッコ内は内海氏の意見。

患者から医師へのアドバイス‐抗うつ薬の離脱症状を経験したものとして

最も安全かつ慎重な方法は、3週間ごとに10%づつ減らしてゆくことです。例えば10mgなら1mg、7 mgなら0.7mg減らす。CYP2D6 の代謝を抑制するパキシルの場合、10mg以下の分量ではゆっくり減薬。比較的低用量の場合、パキシルの自己阻害が減少し、代謝が早まる。

(私の場合はもう少しスピードが速いはず。単剤なら3~4カ月、多剤なら6~12ヶ月くらいで、この人の意見はそれより長くなる)

断薬には、低用量タブレットと液剤を組み合わせて使うのがよい。対象薬剤の液剤がないときは、調剤薬局で液体と調合。それできない場合はピルカッターで慎重に小さくカットするように患者に指示。

(これは基本だが、液剤はほとんどの薬がないので使わない。粉を使うのである。)

減薬過程で患者が我慢できないほどの離脱症状を訴える場合、薬を極少量のみ増量し、減薬ペースをさらに落とすこと。

(ここは意見が分かれる。倍に増やすこともあれば、そのまま維持することもある。)

離脱症状緩和のためにいかなる抗うつ薬も追加しないこと。自律神経系に不安定をもたらし、回復を遅らせる原因となる。

(これは絶対だと思うのだが誰も守らない。)

ベンゾジアゼピン系薬や睡眠薬を含め、他の向精神薬による治療は避けること。新たな薬物依存を生むことで、患者の苦痛を長引かせる結果となる。

(これも絶対だと思うのだが誰も守らない。この内容はアシュトンマニュアルも否定していることになる。)

減薬中、特に5-HTP、トリプトファン、SAM-e などの向精神薬物質に対して過反応を起こす患者がいるので、そうした物質を試すことのないように指示すること。

(そのまま)

慢性疲労、線維筋痛、POTS (体位性起立性頻拍症候群)、その他自律神経障害の症状を示す場合がある。この場合の適切な処置としては、それまで服用していた抗うつ薬の投与をミリグラムにも満たない極少量だけ再開し、さらに減薬ペースを落とすこと。離脱症状の自律神経障害はやがて消える。不安は離脱症状を悪化させるため、平静をたもつことを勧めること。瞑想で心を満たすような呼吸法が非常に有効。

(ここは意見が違う。瞑想はいいのだが、これに抗うつ薬を再開するといいことがないと思う。私はここでこそ漢方や鍼灸や栄養療法などを追加する。まあアメリカには東洋医学ないけど。)

もし患者に耐力があれば、神経機能のサポートとして、一日に ビタミンE 400IU と1000mg EPA のフィッシュオイル(約6カプセル)、不安、頻脈、筋肉のけいれんに有効なクエン酸マグネシウムを50mg-100mg、徐放性のビタミンC を1000mg/1日。ビタミンB群は過活性になることがある。乳漿(にゅうしょう)タンパク質分離物は栄養補給に。

(私は栄養療法は高額なものを一切すすめない。市販のマルチビタミンとかミネラル入りのものを飲むよう勧めるだけである。それより食事そのものを見直す。減薬がすすめば栄養療法は終了するのが基本。そのまま続ければ今度は栄養療法の被害者になる。例えばねずみ講とか高額栄養療法とか)

不眠は離脱症状としてよく起こる症状。睡眠には寝る前のマグネシウムがよい。またメラトニンも有効であるが、睡眠・覚醒サイクルをさらに混乱させないように服用は夜だけとし、最初は0.5mg 程度から始め、その後も最小用量にとどめるように患者に注意を促すこと。

(ここも意見が違う。メラトニンは今まで効いたためしがほとんどない。結局ロゼレムもぱっとしなかった。サウナはホントに結構いいと思う。)

鍼治療も断薬症状の緩和に有効。ただし、刺激治療やデトックス治療よりも、鎮静効果のある治療を推奨。患者に耐力があれば、ウゥーキングやエアロバイクなどの有酸素運動が神経系の安定に有効。

(そのまま)

抗うつ薬の断薬症候群を認識できるようになること。再発であるとか、双極性障害や心的外傷後ストレス障害などの精神障害の発現などと誤診することは避ける。抗うつ薬の断薬を行うことになった元の診断よりも重症の状態で再発するなど考えにくい。すべてのケースにおいて、断薬症状を疑うこと。

(誤診て言葉自体がナンセンスだが、元の症状とよく見比べるのが基本である。そこから発生してきたものはすべて薬側の問題である。発達障害の二次障害でも、統合失調症でも、双極性障害でも、PTSDでもない。)

抗うつ薬の断薬症状は自律神経系の不安定からくるもの。それを誤診し、治療に向精神薬を追加しては、神経系にさらに一生の障害を与えることになる。適切なケアとは、患者が自らの力で回復することを援助すること。

(そのまま。)

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8、9,10月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

Categories: ┗精神医学, 内海聡, 医学 Tags: タグ: ,

精神医学について②

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

昨日は夜にかけてのカウンセリングをお受けしたので、疲れ果てて寝てしまいました。(笑)精神医学について、書きたいことが沢山ありすぎて、昨日書いている時点では次は何を書こうとと決めていましたが、忘れてしまって、今朝はいつもの時間に間に合いませんでした(笑)また、それについては思い出したときに書きたいと思います。今、思い出したことを少し書き留めておきます。精神薬がらみの事故や事件が増えていると思いませんか?最近も、タイガー・ウッズが逮捕されたことがニュースになりましたね。マイケルジャクソンなどの有名人や、タレントさんが精神薬がらみで亡くなることもとても多いです。

 

こちらの記事をお読みください。
http://www.afpbb.com/articles/-/3131555

こちらの記事には、

 ウッズ選手が服用していた筋弛緩薬のザナックス(Xanax)は、不安やうつ、あるいは不眠症の治療のために処方されることがある。

と書いてありますが、主に睡眠導入剤、抗不安薬として処方されています。

タイガーウッズが服用していたという薬は、れっきとした向精神薬なのです。

ザナックス=ソラナックス の添付文書をお読みになってみてください。

http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00002845.pdf

重要な副作用をお読みください。
依存性が高く、刺激興奮、錯乱が現れることがあるとも書いてあります。

 

そして、麻薬・覚せい剤と精神薬の違いをご確認ください。麻薬や覚醒剤を使う人は違法行為ですが、単体の方が多いですよね?
向精神薬は合法で、多剤服用が多いのです。

いかがですか?

この意味も深く考えてみましょう。

合法なら安心ですか?

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

合法で多剤だけにやめようとするととても厄介なんです。麻薬や覚せい剤を辞めるときどうなるか想像はできると思います。(実際の辛さは分かりませんけど)禁断症状があります。禁断症状とは、もうその薬は飲んでいないという症状なのです。禁断症状は人によっても出方は違います。出ない人もいらっしゃいますし、とても軽く済む人もいらっしゃいます。しかし、多くの場合は、禁断症状の辛さに負けてまた薬に戻ってしまう方がとても多いのです。そのことも覚えておいて頂きたいことです。

「薬物の多くは脂溶性であり、その結晶は脂肪細胞の中に残留する」そして脳は「脳脂質」でできている。このことを知ることはとても大事なことですね。

だから、精神薬をやめて何年たっても「薬物性フラッシュバック」が起きることがあるのです。

「薬物の多くは脂溶性であり、その結晶は脂肪細胞の中に残留する」という事実を知ることは、とても大事なことです。

水を飲んでも飲んでもこれらは代謝されたり排毒されたりしません。
脂溶性毒の多くは西洋薬だけにとどまらず、農薬や食品添加物や住居系人口物質にも多くが含まれています。さらにいえばトランス脂肪酸の油そのものが、現代にとって毒の代表物質です。

神経のシナプスとシナプスの間には脂肪組織があります。細胞膜自体も一つの脂質です。あなたの皮下脂肪や内臓脂肪だけでなく毒の貯金箱はいたるところに存在します。これを知った上で排毒について考えないと、有効な手段とはなりえないということです。このことを知れば薬物性フラッシュバックが何であるかを知ることができます。

排毒によって脂肪を燃焼することも大事ですが、いかにきれいな油をとるかということも重要になって来ることはお分かりでしょう。

脳はその多くが「脂肪質」で構成されています。
オリーブ油やキャノーラ油も危険なものがいっぱい出回っています。

アマニ油やエゴマ油は油の種としてはいいのですが、偽物も多く、また温めて使用することが困難です。

魚の脂が体にいいのは確かですが直接仕入れるのが意外に難しく、本来動物脂肪や飽和脂肪は体に悪くありませんが、現代の飽和脂肪はろくでもない脂肪になっています。

これらの知識は調べることは悪いことではないのですが、本質的なことを考え行動する必要があります。

本質的な行動とは本当の意味でよい油が我々の手に入るように、社会を変えていくことでしかありません。断薬をお考えの方にお勧めしている本がありますのでご紹介しておきます。こちらを参考にお読みになってみてくださいね。

 

電子書籍はこちら→ 

           クリアーな身体、クリアーな心  

電子書籍はこちら→ 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

断薬したいとお考えの方へ

お子様に向精神薬を服用させている親御さんで、断薬したいとお考えの方は是非、お読みになってみてください。

精神薬の減薬、断薬に関するDDクリニック院長からのアドバイス

また、具体的には次のことにも気をつけて頂きたいと思います。

断薬を成功させるには…
1、断薬時の離脱症状を乗り越えるために、栄養欠乏状態を解決する。
2、断薬時に発生する身体的な痛みや軋み、震えなどを解決する。
3、補助者との間で最低限のコミュニケーションがとれるようにする。
4、薬物がいかなるものかを知る。
5、薬物を効果的に体外排出する。
6、薬物を摂っていた際の有害な記憶が常に切り離された状態でいるようにする。
7、薬物を摂っていた際の有害な記憶が突然リンクしても、それによる影響が最低限で済むような状態にいさせる。
8、通常の状態でより良いコミュニケーションがとれるようにする。
9、読み書きに関する能力、物事を概念的に理解する能力を回復する。
10、薬物を摂ることとなった原因(おもに人間関係)を処理する。
11、その人がより生存的な状態でいられる行動規範を身につける。
12、自尊心を回復する。
8~12については、犯罪者更生の中でも非常に有効です。

 

精神薬を抜くうえで最も重要なことは背景に対する知識、簡単に言えば精神医学や心理学とはなんなのかを知ることですが、そのうえでさらに下記がなければ精神薬を抜くことなどできません。

最も重要なことは精神薬との完全なる決別の意志です。この完全なるというのが重要で、ここがほんの少しでもあいまいな人はまずうまくいきません。これらはすべてヘロインやシャブに置き換えればいいです。「シャブも少しなら良いよな」とか考える人は永久にやめることはできません。もっと厳しく言えば何か代替療法で禁断症状を楽にしようとか、いい抜け道を探して精神薬を断薬しようと考える人は、まず精神薬から卒業することはできません。

次に重要なのは精神というものや心というものは自分で良くするものだという、完全なる理解です。ここも完全なるというのがポイントです。なぜかというとそこが不完全だと、結局他のモノに依存していくからです。異性、食事、カウンセラー、仕事etc。薬よりはましかもしれませんが、結局本人が望むものにはたどり着くことはできません。

その次に勉強が重要になります。これも覚醒剤などと同じですが、なぜ向精神薬がダメなのか理論で理解することが不可欠です。ここで重要なのは決して個人の経験であってはいけないということです。もちろん個人の経験は大事なのですが、それを論拠にするとどこかで崩れます。事実をもとに勉強することが重要になります。誰の語る内容が事実なのか見極める目が必要になります。

最後に自分で良くするという点にも重なってきますが、それはつまりどんな代替療法も「モノ」であることを理解することが、断薬を実現するうえでの大前提です。例えば東洋医学、サプリ、ハーブ等。これらは精神薬同様、精神を良くしてくれるものではありません。癒すものでもありません。禁断症状だったりもともと持っている精神的な症状を緩和してくれるだけのものであって、やはり根本的なモノではないのです。精神を扱う以上根本的な方法とはただ一つ、心と向き合うとか思想を省みるとか哲学を追及するとか、そういう類の事でしかありません。どんなに副作用が少ない「モノ」であっても、それは所詮「モノ」であることを理解して、初めて有効に活用することができ、断薬という結果につながっていくのです。薬の禁断症状やキチガイ医流(一般概念とは違うし、科学的根拠も薄いです)の薬の抜き方、考え方についてあらためて書いてみます。私は一気に抜くのが最も良いと思っています。これは自らの経験、海外の話、覚醒剤や麻薬の話に基づきます。ただ色々と条件付きなのが難しいところです。だから妥協案であるちょびちょびになるわけですが、通常6から12ヵ月位が目安です。他の薬にうつすことをすすめたことは絶対にないです。

なぜ一気に抜くのが一番だというか、そしてそうにもかかわらず私自身あまりやらないか、そこから説明しましょう。これは実に単純な話であり、覚醒剤や麻薬のちゃんとした離脱施設であれば、かならず一気に断薬するからです。違法ドラックなどテレビのイメージしか皆さんないでしょうが、シャブやヘロインを微調整して量を減らしながら断薬しようとするでしょうか?もちろんそんなバカなことはしません。それにドラックから向精神薬へ移行しようとすることも全く意味ありません。このウォールを読んでいる人なら向精神薬が麻薬や覚醒剤と何も変わりないことは当然御承知、だから本来は一気に断薬すべきなのです。これはある意味当たり前のことでしかありません。

しかし書いてます、条件付き・・・と。そうです、条件付きなのです。この条件について説明することが、現在の日本の状況や向精神薬自体の問題を理解するにも役立つでしょう。ヤク離脱施設というのは日本にはありませんが、海外にあるものはただ頑張れで一気断薬する場所ではありません。きれいな建物があり、中には保護室のような場所もあり、運動スペースがありサウナなどもあります。栄養学的にも考えられた食事が出て、サプリもついて、何よりも一気断薬の前に徹底的に薬の問題や害について勉強するのです。もちろん入所にはかなりのお金がかかりますが、ずっと精神科と付き合ったりだらだら断薬することと比べる必要があります。一気断薬すれば暴れたりモノを壊すくらいは当然で、だから保護室も必要になるのです。その中でサポートを受けながら断薬するからこそ、断薬できる可能性、社会復帰する可能性が飛躍的に高まります。

では日本はどうでしょう?もちろんそんな施設はどこにもありません。ただの一つもです。
そうすると日本の中では二つの選択肢を迫られます。つまり・・・
①自分で医者顔負けに勉強し、栄養学も学び、サウナも見つけ家族の理解を取り付け、自分の部屋をボロボロにする覚悟をして断薬するか
②禁断症状と依存が長引くことを覚悟の上でちょびちょび減薬していくか
ということになる。一見すると後者の方がよさそうですが、実際全体を眺めてみるとそうではありません。単純に言って社会復帰する時期が大幅に遅れますし、新たな依存を形成する恐れも飛躍的に増します。第一に重要なのは精神薬により形成されてしまった精神的脆弱性を回復するチャンスが薄れます(=根性論です)。だから本来は①を選択してほしいと思っています。

実はバカであればあるほど、精神薬の恐ろしさを知った瞬間に何の準備もせず一気に抜いてしまいます。そして私のところへ泣きついてくるというケースは後を絶たないのですが、はっきりいってこんなのは自業自得です。まずどんなことでも下調べくらいすべきであり、そういう下調べをしないから「そう」なるのです。日本では現実的に漸減法しかできませんが、どうしてそうなのか、それくらいは自分で勉強してください。

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。