タグ: 発達障害

精神医学について ③

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて、精神医学について書いていますが、精神医学は、優生思想から始まっているということはお分かりになりましたでしょうか?つまり、選民して排除するために作られたものなのです。それでは、精神病といわれている病名はどのようにして作られているのでしょうか?以前にもDSMで病名は作られているという記事を書いておりますので、興味ある方はそちらもお読みくださいね。こちらです。↓

モノアミン仮説とDSMの歴史

最近、学校や保育園、幼稚園の先生から「お宅のお子さんは発達障害かもしれないので専門家に診てもらってください。早期発見、早期治療が有効ですよ。」などといわれる方が増えています。それは何故なのでしょうか?そんなご家族のカウンセリングをさせて頂きますが、私がカウンセリングさせて頂いた方のお子様たちは、必ず何かしらの原因がありました。確かに、落ち着かないとか、集中できないとか、勉強ができないとか、癇癪を起すとか、感覚過敏があるとか、そういうことはありますが、それは決して病気でも障害でもなく、当たり前の反応だと私は思います。その原因を少しお考えになってみてくださいね。一度貼られたレッテルは一生続いていくことになります。例をお話しましょう。

学習障害ではないかといわれたお子さんの場合、世間的にも地位のある立派なお父さんのお子さんでした。そのお子さんにつきっきりでお父さんが勉強を見ていらっしゃいました。ちょっと間違うと叱責され、そのたびに委縮していき、勉強が嫌いになっていらっしゃいました。国語の学習障害だといわれたお子さんですが、読書は大好きで本はよく読んでいらっしゃるとのことでしたので、ご家庭での親御さんの接し方や学校での先生の接し方をお聞きしました。学校の先生も、みんなの前で、そのお子さんをバカにして、「学習障害だから、特別学級に行けよ」などといわれていたのです。いかがですか?あなたがそのような環境にあった場合、伸び伸びと勉強できるでしょうか?

次の例をお話しましょう。三世代の御家族で、お子さんは3人いらっしゃいました。一番上の小学生になったばかりのお子さんが不登校になっていました。イライラして弟をイジメたり、いうことをちっとも聞かないということで発達障害ではないかとご相談にいらっしゃいました。話を聴いていると、そのご家庭には、大人が決めたルールが沢山ありました。お子さんにとっては、理解のできないルールが沢山あったのです。そのルールをひとつひとつ聴いていくと、どうでもいいと思うようなことばかりで、幼いお子さんたちにとってはとても窮屈なルールだったことが分かりました。そして、ご両親は不当子になっているお子さんに「学校に行かなくてもいいよ。」とお子さんにしきりに仰っているので、「本当に学校に行きたくないの?」と聞いてみました。本当は学校には行きたかったのです。なぜ行くことができないのか?皆さんにはお分かりになりますか?実は、ある日体調が悪くて学校を休みました。次の日に学校に行くと、勉強が分からなくなってしまっていました。行っても分からないので、教室にじっとしていられません。だから、休むようになったのです。いかがですか?学校に行きたいと思っていたのですが、ご両親は「行かなくてもいいよ。」といいながら、毎日テレビとゲームしている息子さんをみて本当は嘆いていらっしゃったのです。学校に戻るためには、何をすればいいのかもうお分かりですよね? 

もう一例あげておきましょう。中学生の女の子の場合です。聴覚過敏があり、授業を受けることがとても苦痛に感じていて、集中できず、休憩時間もひっそり花壇に隠れて過ごしていました。机を動かす音、みんなの話し声が耐えられなかったそうです。しかし、好きな音楽はいくらでも聴くことができる。そういう状況から、周りの人たちに理解してもらえなかったようです。家庭の状況を聴いていくと、家庭では絶えず誰かと誰かが怒鳴りあっていて、それが耐えられなくて、自分の部屋に閉じこもっていたそうです。いかがですか?何を解決すればいいのか皆様にはもうお分かりですよね? 

このようにお子さんたちが信号として発信していることには意味があります。その信号をキャッチしてあげて頂きたいなと思うことがとても多いのです。それは発達障害ではありません。発達障害だといわれている原因に考えられることはたくさんありますよね。

食の問題、特に砂糖やグルタミン酸ソーダ、植物油、ジャンクフードなどの問題。

家庭内の不和 虐待なども含みます。虐待も過保護、過干渉についてもお考え下さいね。 

いじめ 

ワクチン接種 

電磁波などの社会毒と呼ばれているものの問題 シャンプーやリンス、洗剤、芳香剤、経皮毒なども含みます。

優生思想で、あなた自身が選民していませんか?ご自分の中の優生思想を見つめてみてください。

ちょっと考えただけでも思い浮かびますよね。発達障害という診断名はどうやって作られたものでしたか?思い出してください。精神医学とは何だったのかを思い出してみてください。

こちらもお勧めの一冊です。

 

 

 

 

 

 

 
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 8月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

勉強の技術 盛会御礼

昨日開催しました学習障害とは呼ばせない!「勉強の技術」にご参加の皆様、ありがとうございます。

真剣にお子さんたちの事を考えてくださっているお母さん、お父さんに集まって頂けました。

ありがとうございます!!

君子豹変す

この記事を上げたところ、やはり勘違いしていらっしゃる方が多いことに気が付きますね。

https://www.facebook.com/y.kai1/posts/1451235664921337

君子豹変す
立派な人物であるほど、自分が誤っていることが分かれば、きっぱりと言動を変えます。過去のことにとらわれたり、アドバイスしてくれた人のことをうらんだりすることなく、スッキリした形で、変身することができるのです。

 

いかがですか?

間違って覚えていたら、意味が全く違うものになりますよね。

こういうことは日常茶飯事に大人の間でも起きていますよね。

ということで、気が付いたら、調べてみましょう。

それが習慣になればすごいことになりますよ!!

まさしく、君子豹変す!!

 

講師のめんどぅーささんが皆様の感想をまとめてくださいましたので、お借りしてご報告させて頂きます。

https://www.facebook.com/kiyokookada/posts/1281196005291578

今日は皆様、ありがとうございました。
私にとっても、すごく学びの時間となりました。
感想を読ませていただいて、皆さんが真剣に子どもさんとのことに関して、自分の人生に対して、
悩みながら取り組まれている姿が伝わってきました。(じ~~~ん)
この「勉強の技術」を人生の中で適用していただくことで、さまざまな問題を解決していっていただけるのではないかと思います。どんどん使って、上手になって行ってくださいね~ヽ(・∀・)ノ

すばらしい皆様の気づきの数々をシェアいたします。

*****

まだ子どもは未就学だけど、近い将来のために・・・と思って参加しました。
ところがどっこい、「勉強の技術」だけど普段のコミュニケーションから使える、見直すきっかけをいただけました。子どもにとって、大人の話す言葉はきっと誤解語やマスが無いものばかりだったんだなーと気づきました。心がけて、技術を使っていきたいと思います。ありがとうございました!
(女性 30代)

ドリル(実践)で、実際にわからない言葉に出会った時、どのように感じるのかを自分で経験することで、子どもがどのように感じることができるのか理解できました。子どもにコミュニケーションする時にも、今までは「誤解語」が多くあったのかなと思い当たることがあるので、今後はきちんと噛み砕いてわかりやすく伝えていこうと思いました。
勉強に対する意欲も、今までの自分を振り返ると、興味のない事、自分が必要と考えない事については全くやる気にならなかったなと改めて思ったので、子どもが興味をもって勉強できるよう、今日の「勉強の技術」を活用していきたいと思いました。まずは、私自身も間違った言葉を教えないよう、辞書を買おうと思います。そして、トーン・スケールの勉強もしてみようと思いました。ありがとうございました!
(女性 30代)

本日はありがとうございました!めんどぅーささんが御殿場に来てくださる!!とすぐ申込みました。どんな学びがあるんだろう、難しいかなと思いましたが、すごくシンプルで、取り入れやすい内容でした。私は子どもがおりませんが、子どもの学びという面だけではなく、自分自身、夫婦、将来にも活用できるなと感じました。またトーンの勉強会も是非ともお願いします!
まず私も注意深く、興味を持ち、日々の過ごし方、接し方を変えてみたいと思います。
(女性 30代)

勉強は、頭の良い人と悪い人、生まれつき と、自分が楽するためにあきらめて、学生時代を過ごして、今、もっと勉強していれば良かったなーと後悔したり、私は頭が悪いからと何もやらないでいたけど、それは、たった3つの「誤解語」「マスがない」「段階の飛び越し」だけだったのかと感じました。
子どもにもあきらめない心をもってもらいたいと願っているので、つまづいた時には、今日習ったことを続けていって教えてあげたいです。私のように、すぐあきらめている子ども達が今たくさんいるので勇気を与えられるようになりたいと思っているので、今日のことは、とってもヒントになりました。
(女性 40代)

今日はわかりやすいお話をありがとうございました。私の子どもが、今、小学1年生で、勉強を親が見ることに自信がなくて、落ち込んだり、どうしたら理解してもらえるのか悩んでいたので、この勉強会にお誘い頂いたとき、「何かヒントがつかめるのでは!?」と期待しました。
「学ぶこと」に対して、目的や興味を持たない限りは身に付くこともないんだと再認識したので、これからは、親子でいっしょに宿題を楽しく理解できるように工夫していこうと思います。
まずは辞書を準備して、「誤解語」を解決して行きたいです。私自身、大人になってから学んだことの方が覚えているし役に立っているので、子どもにも、学ぶ楽しさを伝えられるようになろうと思います。(女性 40代)

今日は、自分の仕事(人の育成)に活かせる何かのヒントを見つけに参加させていただきました。まずは辞書を買おう!本屋さんに行って、分かりやすいものを選ぼうと思います。時々、本を読んでいて空白の時間が訪れることがありますが、それは誤解語になっているんだということが分かりました。よく、「セミナーの内容は子どもにも分かるように」と教わりますが、このことだったんだなぁと深く納得しました。
まずは自分のことを理解して、またステップアップしていきたいです。
また他の企画があれば、参加したいと思います。甲斐さん、岡田さんありがとうございました。(女性 40代)

段階の飛びこしが一番の問題だったのだろうというのが思い返しての感想。
いろいろ損をしてきたように思う。
活用できるようにちょこちょこ見直します。(40代 男性)

私の下の子が自閉症と診断を受け、今、年少なのですが、小学校入学の時に何か役に立つことがあれば・・・と思い参加させていただきました。上の子(小5)の勉強に役立てることが多かったので、今日から実践をしていきたいです。「段階の飛び越し」については小2で転校した時に体験しました。
毎日泣きながら宿題をやる息子でしたが、その時に知っていれば・・・!と思いました。国語が苦手で、辞書を引くことをめんどくさがりますが、いっしょに誤解語を見つけ出し、手助けできればと思います。これからもっと勉強も難しくなり反抗期に入り人間関係も難しくなりそうですが、勉強法を自分で身に付け、自分で勉強できるようになってくれれば嬉しいです。
(女性 30代)

小2の娘と一緒にこの方法で、興味あることを学んでいきたいと思います。娘は今、学校へ行くのを嫌がっていて、保健室で過ごしていたり、休んだりしています。私は学校へ通わずに、好きなことをとことん自分で探して選んで知識を得て欲しいと考えているので、ホームスクーリングと自然体験仲間との交流で、春から進もうと決めました。本に書かれている症状が、今の娘のイライラや腹痛、叫びなどにつながっているのかなと思えたので、まずは娘と本を読んで、対処できるようにしていきたいです。(女性 30代)

本日はありがとうございました。
一度本は読んだものの、すべてのことに向き合っていける「時間」が捻出できなかったり…。その子が本当に理解するまで待つこと、イライラしがちな自分に何がイライラするのか?を考えるきっかけになりました。(たぶん子どものことを誤解していたり、誤解して見えていたりする部分もあるかもしれません)。
トーンスケールの勉強会興味あります。またこのような機会を静岡でいただけるとありがたいです。
(女性 40代)

4人の子どもの母です。4人4色といいますか、勉強を自らする息子もいれば、なかなか勉強を理解できない娘もいたり...。私自身、勉強の方法って言われてもわからなかったのですが、ヒントを得たくて参加しました。
自分も誤解していたことがたくさんあったなあ~
だから先に進むことが大変だったのか!!と気付きもあり、それを子どもたちにもこれから活用していけると確信し、今日参加できて本当に良かったです。めんどぅーささん、甲斐さんありがとうございました。
(女性 40代)

小学校1年生の息子が「学校に行きたくない」と言いだしたのは、夏休み前。年長さんの時に「ランドセルいらない」と言った時からもっともっと学校のことを話したりわからないこと不安なことを見つけてあげられたら良かったのかなと思いました。今日から宿題をやる時、ごはんを食べる時、コミュニケーションを取りながらいっしょに調べる、いっしょに勉強してみようと思います。来れて良かったです。トーン・スケールのお話にも興味ありますのでぜひまたよろしくお願いします。
(女性 40代)

本日は、楽しくてためになるお話をありがとうございました。自分の娘がお腹が痛いと言っていたのはもしやこのせいだったのか!と思いました。本日は途中までしか参加できませんでしたが、家に帰って本をじっくり読みたいと思います。主人にも絶対読ませたいと思います!!ありがとうございました♪
(女性 30代)

小学生2年生の子どもがよく宿題をやりたくない、「友達と遊んでくる」とすぐ外へ。
その後、家へ帰ってきてもやらず。今日勉強させて頂いた、「誤解語」がたくさんあり、やる気をなくしているのだと気づきました。今日の気づきをしっかり使っていきたいと思います。
(女性 30代)

自分自身が、誤解語をクリアにすることで、すっきりするのを実感してからこれはすごい!と思い使っている技術です。今、小中学生を数人見ていますが、その子達も「え~こんなの知ってるし」と言いながら、辞書をめくると、「勉強になるね!」という言葉を返してきます笑
それらが技術になっていることをみんなが知れば、なにかや誰かのせいにせず薬に頼ることもなくなるなと本当に思います。これを広げる必要があると私も責任を持ちました。ありがとうございました。
(女性 30代)

****
思い立ったが吉日、サイエントロジー®の技術のよき(正しき)理解者で

間髪入れず、この企画を立ち上げてくださった甲斐さんと、律子さんのサポートに本当に感謝いたします。
それで、久しぶりに甲斐さんとりっちゃんとお茶したりして。
なんだろねー!本当に久しぶりに会ったけど、あんまり変わらないというか。普通に面白いっていうか。腹がないっていうか。
ほんま、オモロかったw
ややこしくない人たちって本当にいいわねん♪
つうわけで、次回も皆様、よろしくちゃん!!♪

次回は5月16日にトーンスケールの勉強会を開催させて頂きます!!
皆さん、ご参加くださいね。
人間関係で悩むことが減ると思います。
 
イベントページはこちらです。参加ボタンをポチット押しておいてくださいね。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

つぎのわたしのDDCでのカウンセリングは3月29日です。
DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 4月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

アレルギーについて

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

花粉症の季節になりましたね。いかがお過ごしでしょうか?

実は私も数年前には酷い花粉症があり、花粉症用のメガネをして、マスクをして、時には鼻の穴にティッシュを詰め込んで涙目で、外出することもとても辛い時期がありました。

しかし、今ではすっかりその症状は消えています。

それはなぜでしょうか?

私のやったことは、食品添加物を極力摂らない。調味料はすべて変えました。砂糖も捨てました。

アレルギーが増えたのはいつくらいからだと思いますか?

実は昭和30年代から急激に増えたのです。

多くのお子さんや保護者様から話を聴かせて頂き、発達障害、自閉症のお子さんは、アレルギーがあることがとても多いことにも気が付きました。

数年前に、医師の内海氏とあるグループでアレルギーについて考察したことがありますので、ご紹介しておきます。

参考までにお読みください。

花粉症で悩んでいる方が多いので、この件に関して話しています。【推論】 (内海 聡氏 のコメントより抜粋)

 

内海:あのね・・・科学論だけど難しいことは考えなくていいんです。違ういい方をすれば、あなた方が考える免疫異常=アレルギー=異物排除亢進は、なぜ起こるんですかと聞いているんです。さらに違ういい方をすれば、どうして異物排除亢進が起きるんですかと聞いているんです。それは石鹸をやめてきたなくなったからではありません。そもそも花粉症って何に反応してるんですか?」

 

●スギ花粉!?(・_・;?ですよね。

 

●自律神経?

 

内海:「ここではスギ花粉で結構です。好酸球やヒスタミン細胞がはたらいていないわけではありません。しかし、ではどうして30年前よりも花粉症はここまで広がっているんでしょう?杉の植林や花粉量はそこまで大きく変わりましたか?   それなのに花粉症が激増しそれぞれの症状も悪化している理由を、400字以内で説明しなさいってことです。この結論は結局私の推論で、ネット上のどこにも載っていませんよ。」

 

● 異物排除は、生体にそなわってる本質的なもの。これがないと、自分を守れない。防人みたいなものです。花粉症は、杉花粉やひのき花粉などの外的侵入に粘膜が反応ですね。これらの異物に対して、こうたいができることから、免疫反応がはじまります。

 

内海:「どうして昔は抗体がほとんどできなかったのに、今はできるんですか?その抗体は何に対して出来ているんですか?」

 

● 杉を伐採してないことでしょうか?海外の木材のほうが安い!いま、めんどうな伐採したところで「労多くして、利益少なし」で、はったらかしの杉林が多い。私の自宅は主人の代々の家なんですが昭和7年築のオール国産杉です。

 

●ひょっとして、杉花粉自体が昔と今ではちがうのでしょうか?化学物質や、空気の汚れ、水の汚れ(塩素などの影響)。昔の杉花粉は身体にやさしかったが、今のは、人体に強力な異物となる。農薬散布!伐採しない代わりに、農薬をまいて、害虫駆除してるとか。。。

 

● 農薬や化学物質が花粉の中に入り込んでいて、人間はそれにたいして、過剰に異物排除」する。これを公表すると、いろいろ厄介なので、「はい、花粉症」といってステロイド出しておくほうが、農薬とステロイドで製薬会社は二重にもうけ、企業献金で政治屋も「もうかりま~~す」でしょうか?

 

● っていうか、農薬などで花粉自体のDNAが変質したとか。。   鹿児島は杉林に対する農薬散布が少ないのkも。。アイシャドウでかゆいのは、金属にはんのうしてるんじゃないかな?化粧品には」、金属が入ってるし。。

 

● 膠原病などの免疫疾患も、(これは自己抗体ですが)自分自身が化学物質(たぶん油性のもの、でないと細胞膜通過して、核に到達できないから)で変質して、それにより自己抗体ができるのかな?

 

● 生物兵器ってやつ?いや、植物兵器だ・・?インフルと一緒?

 

内海:「お~。ちょっと見ないうちに大分近付いてきてるんじゃない?なぜこう考えないんですか?自分たちで答えを出している部分があります。なぜ花粉には反応しないのに、世の中のスギ花粉には反応するんですか?なぜ昔のスギ花粉に反応する人は少なかったのに、今はべらぼうに多いんですか?

 

最初にアレルギーの概念がずれているといいました。つまり花粉症は病気だと思っているわけです。杉という物質に対して抗体ができていると。しかしそれがごく当たり前の自然な反応だとしたらどうでしょうか?人体の免疫は何も変わっていないとしたら?おかしいのは人体ではなく外側の問題だとしたら?

 

今の花粉の中や外にどれだけ毒物が混じっているか?計算した人はいますか?恐らくそんなニンゲンはこの世に一人もいないでしょう。だからこれは推論なのです。しかし私には何か確信めいたものがあります。

 

つまりあなた方の花粉症は、アレルギーでも病気でもなく、まったく正常に機能している結果です。そして異常に反応している相手とは、スギ花粉ではなく、スギ花粉の中や外に存在している物質です。だからこそ30年前と今でここまであからさまに数字が違う、そう思いませんか?

 

ついでに書きますと、◯◯さんは化学性の石鹸を避けることでよくなったと書いていますが、この話は同根なのです。添加物や化学薬品を避けた後に花粉症がよくなったという話はよく聞きます。あなた方に人体は勝手に誤認なんてしないんですよ。誤認しているのは愚かなグーミンの意識です。自分の体が異常だとか誤認しているとか、勝手に誤認してるわけです。それはまったく正常な反応です。そしてある物質に対して異常反応していれば、似たような物質に対しても異常反応します。あなた方が500年前にタイムトリップできたとすれば、あなた方の花粉症はきっとどこかに消えてしまうことでしょう。500年前のスギ林に住んでいたとしても・・・・・

 

さらに言えば対外的有害物質だけでなく、内面においても免疫を狂わせる原因が存在します。それが食品添加物などだけでなく、栄養素そのものです。まあ、みなさん、ゆっくり考えて下さい。」

 

● ありがとうございました。今の野菜は昔の野菜の数分の一の栄養素とか。。もう、すべて化学物質なんかで汚染され、うちからも外からもやられてるということですね。   放射線と同じですね。 自己抗体関連疾患に関しては、ずっと疑問でしたが、やはり、糖鎖が少し変質して(自分の細胞ですよ。攻撃しないでください」のマークが変質)抗体ができる、正常反応だと、理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。