タグ: 自己愛人格障害

自己愛性人格障害

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

今日は、自己愛性人格障害についてお話させていただきますね。

自己愛があることはとても大切なことです。

自己愛がなければ、生きてはいけないでしょう。 自己愛があることと、自己中とは違いますので誤解のないようにしてくださいね。

 

通常 人格障害については、18歳までにこのような症状がある場合、人格障害とは呼ばないことが多いようです。

18歳くらいまでは、発達段階なので、まだまだ、障害にはなっていないという考え方からくるものでしょうね。
しかし、これは本当に障害なのでしょうか?
この基準を決めているのは、DSMというアメリカのマニュアルで、医師が集まりアンケートで決めた障害名だということを肝に入れてお読みください。

 

基本的な障害としては、感情的な混乱の激しい人格障害でと言われています。

演劇的で、情緒的で、移り気に見えることが多く、ストレスにはかなり弱い傾向があります。
 大きく2つに分けられ、先ず、無自覚タイプ

自己中心の塊で、多くは母親の過保護により生じます。

「私は特別な人間なんだ」と思い込んでいます。厚顔無恥・誇大・顕示欲の強さが特徴です。
次に過剰警戒タイプ

 「自分は本当はもっとすごいんだ」と空想して、傷ついた自尊心を取り戻そうとする傾向があります。

 

DSM-Ⅳの診断基準によると

 

次の9項目のうち5つ以上認められれば、自己愛性人格障害が疑われます。

 

1 自分は特別重要な人間だと思っている。

 

2 限りない成功、権力、才能、美しさにとらわれていて何でも出来る気になっている。

 

3 自分が特別であり、独特であり、一部の地位の高い人たちにしか理解されないものだと信じている。

 

4 過剰な賞賛を要求する。

 

5 特権意識を持っている。自分は当然優遇されるものだと信じている。

 

6 自分の目的を達成するために相手を不当に利用する。

 

7 他人の気持ちや欲求を理解しようとせず、気づこうともしない。

 

8 他人に嫉妬する。逆に他人が自分を妬んでいると思い込んでいる。

 

9 尊大で傲慢な態度、行動をとる。

 

 絶えず傍で賞賛され、励ましてくれる人を必要とします。それが、生きる原動力となっています。

そういう存在があって、成功の階段を上っていくことができます。
 自分中心に物事を考える為に、相手の気持ちをには無頓着になりがちです。

もちろん、自分に自信をもつことは、必要なことなのです。
 過度にプライドが高く社会生活に支障をきたしてしまうのが、この自己愛性人格障害に当てはまります。

 「自己愛」の成熟過程が阻害されることにより、大人になっても幼い自己愛が残存するとされ、「親の溺愛」[過大評価(褒めすぎ)」「搾取的行動」「一人っ子」などの環境要因が原因だとしている説もあります。

 

また最近の研究では、遺伝的要因も意外に大きいのではないかとの報告もあります。

本当にそうでしょうか?

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります

若者に急増!責任転嫁にする「自己愛型人間」の直し方?

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

アメーバーニュースにこんな記事がありますね。

 

自己愛型人間 これは、直さなければいけないですか?

自己愛があることはとっても素晴らしいことなんですよね。

 

確かに、何でも人のせいにする人は、若者だけではなく、いらっしゃいますよね。

 

この記事にも、そんな風潮を感じませんか?

以下引用

 

■自己愛型人間が増えたわけ

 自己愛型人間が増えたことには、いくつかの要因があると思います。なかでも少子化の影響から、親や祖父母、おじやおばから愛情を一身に受け、甘やかされている若者が多いという事実が挙げられるでしょう。

 博報堂(2006年)の調べによると、今や1人の子どもが持つ平均ポケット(お金の出所)数は約7つ。つまり、父母、両方の祖父母、おじやおばなどを加えると平均7人くらいから、お小遣いやプレゼントをもらえる、ということです。

 記念日には抱えられないほどのプレゼントや大金をもらい、ねだればすぐに行きたいところに連れて行ってもらえる……こんな状況が当たり前になると、与えられることに感謝の気持ちを持てなくなります。我慢する体験、努力して手に入れる体験も持てなくなります。

 また、幼いころから成功神話に煽られて育つ若者が多いことも影響していると思います。勉強ができればわがままが通る、お金持ちの子は何をしても許される —–特別扱いが許される環境で育つと、成功するごとに自己愛が強くなります。ところが一歩社会へ出れば、自分の限界や努力ではどうにもならない理不尽さに直面します。そのとき、自己愛が強い人ほど完全ではない自分を受け入れられずに、成功を煽ってきた親や周囲への恨みが強くなります。

 また、自分と同じように他人にもかけがえのない人生があること、自分はたくさんの人の支援のもとに生きているということが実感できないような環境で育ってきた場合、やはり自己中心的な思考と行動が増えて自己愛傾向が強くなってしまいます。

引用終わり

 

確かに原因の一つであるかもしれません。しかし、同じような条件で育ってもそうはならない人もいる訳ですし、

これでは、豊であることがよくないという「悪者探し」をしているような・・・

考えすぎでしょうかね?

 

最近、相談を受けた人の中にも、確かにいらっしゃいますよ。

「自分は弱い人間だから、周りが支えるのが当たり前!」 だと、本気で考える人。

こういう人は、人の話を傾聴する訓練をただ受けても、直るとは私には思えないのですが、こういう方法もあるのだなぁ~と、とても興味深く読ませていただきました。なるほど・・・

 

通常 人格障害については、18歳までにこのような症状がある場合、人格障害とは呼ばないことが多いようです。

18歳くらいまでは、発達段階なので、まだまだ、障害にはなっていないという考え方からくるものでしょうね。
しかし、これは本当に障害なのでしょうか?
この基準を決めているのは、DSMというアメリカのマニュアルで、医師が集まりアンケートで決めた障害名だということを肝に入れてお読みください。

直そうとするならば、うんと痛い目にあうことですよ。自分が何とかしなければと思わなければ、(つまり気がつかなければ始まりませんよね)自己愛が強すぎて、世間に受け入れてもらえないことに遭遇し、悩むことが一番いいのではないかと私は思います。そして、自分で修正していくことなんですよね。 自己愛型の人には、いいところもたくさんあるのですよね。

 

その修正の方法は各自が見つければいいのですよね。

そのひとつの方法が傾聴することであると、この記事の筆者はおっしゃっている。

自己愛が強くて、気がついていない人は、傾聴はしませんよね。

傾聴するだけではなく、自分の思いを話すことも大切だともおっしゃっていることには同感ですね。

 

自分を知るためには、人と接することですよね?色々な人と接すること。

 

直す という言い方は、私はとっても嫌な気持になります。(本人が直そうと思うならいいんですよね)

人間は誰でもが完全ではありませんよね。色々なタイプがいるから、面白いんですよね。

色々なタイプの人が、付き合っていく上で、お互いに接することで、折り合いを付けていくことが大切なことですよね。

そのように、私は、考えています。

 

記事の書きかたって、難しいですね(笑)
アメーバー記事は、若者に急増!責任転嫁にする「自己愛型人間」の直し方  です。

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。