タグ: 躾

子は親の背中を見て育つ 甘えと躾についての考察 パートⅡ

おはようございます。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて、昨日は中華街での勉強会の後の懇親会での出来事から見る甘えと躾についての考察をしました。

しかし、片手落ちですよね。怒鳴られたというママの意見を聴いていません。ですから、少し続きを書いてみますね。

食事を寝っ転がってさせていたママ、ついには、お子さんがドアを蹴飛ばして同席していた方に怒鳴られたので「大きな声を出さないでください。」といったそうです。

それは、子どもに大きな声で言って欲しくなかったのだそうです。帰り際に、その方に「ありがとうございました。」と言って帰宅したそうです。

 

ここで、問題です。同席していた人は何故大声で怒鳴ったのでしょうか?そしてその後もFacebookで記事になさっていました。怒りが収まらなかったのでしょうね?

怒鳴られたママは、なぜ子どもに大声で言って欲しくなかったのでしょうか?

ここにも、お二方の生き方が見えてきますよね?

それぞれの立場から考察して、自分だったらどうするだろうかと考えてみてください。

きっといろいろな方法が頭に浮かぶと思いますがいかがですか? 

今回の一連の騒動を見ていて思ったのは、嫁姑の争いにも似ているよなぁ~ということでした。適切に自分の感情を相手に伝えることが出来ない状態ですよね。

こうやって、それぞれ成長していくのでしょうね。(笑)双方が自分は間違っていないと思っているのでしょうね?

このような状態が家庭内で続いているとお子さんたちには必ず影響が出ますよね。お子さんからそのような相談を受けたこともあります。

蛇足ですが、機能不全家族に育ったお子さんが受ける影響について書いておきます。

アダルトチルドレンという言葉をお聞きになられた方は多いと思います。では、アダルトチルドレンとはどういう人を指すのでしょうか?アダルトチルドレンという言葉はもとをただせばアメリカのアルコホリックの治療現場から生まれた言葉です。アルコホリックの親のもとで育った静かで控えめな人々の自己破壊的とも呼べるような他人への献身に注目していたのです。

しかし次第に、アルコホリックに由来するものだけではないことがわかってきました。

虐待する親のもとで育ち、大人になった人たち
機能不全家族のもとで育ち、大人になった人たち

「親との関係で何らかのトラウマを負ったと考えている成人」のことをアダルトチルドレンの定義としているとも言えます。しかし、よく考えてみると多かれ少なかれ、人間は親の影響を受けて大人になります。アダルトチルドレンという言葉がどうなのだろうかの疑問はありますが、現在通常言われているアダルトチルドレンについて書いてみようと思います。

1981年に出版された クラウディア・ブラックの 「私は親のようにならない」と、1983年に発売されたジャネット・ウォイティッツの「アダルトチルドレン・オブ・アルコホリック」という本がミリオンセラーになったことでアダルトチルドレンの概念が一気に広まったようです。

では、機能不全家族とはどのような家族を言うのでしょうか。
子どもにとって「安全な基地」であること、そのなかで子どもが自らの「自己」を充分発達させることができることこれが健康な家族の機能であるとされています。機能不全家族は全体国家主義のように個々の家族構成員を拘束し、一定のルールのもとでの生活を強制し、個人のプライバシーを軽視します。被害を受けるのは子どもたちで、親から有形無形に侵入され家のルールに自ら進んで拘束され「良い子」になりがちです。

子どもたちは機能不全家族を維持し続けるために役割にはまり込みそれを演じ続けることになるのです。それでは、どんな役割を演じることが多いのでしょう。

[ヒーロー]
何かが秀でているお子さんがいると、さらなる活躍を期待して熱中し、子どもの方も一層頑張ることになり、ますます一芸に秀でることになります。昔の漫画で恐縮ですが、「巨人の星」の飛雄馬のようなお子さんですね。

[スケープゴート]
ヒーローの裏側に当たるのがこのタイプのお子さんです。一家のダメを全部背負うような子どもです。この子さえいなければ全てうまく収まるという幻想を家族全員に抱かせることで家族の真の崩壊を防いでいるようなお子さんのことですね。病気をするといえばこの子、非行をするといえばこの子、問題を起こすのはいつもこの子という役割のお子さんのことです。相談を受けていてもこのタイプのお子さんは多いと感じます。

[ロストワン]
「いない子」としての役割をするお子さんもいます。いつも静かで文字通り「忘れ去られた子」です。家族がなにか一緒にやろうとしても最初はいるけどいつの間にかいなくなっている。いなくなっても誰も気がつかない存在なのです。家族内の人間関係を離れ自分が傷つくことを逃れようとしているのです。中学生くらいになってくると、「いないという居方」にも磨きがかかってきます。

[プラケーター]
慰め役のお子さんのことです。慰める相手は母親です。いつも暗い顔をしてため息をついている母親を慰めます。多くの場合、末っ子ですね。とても優しく、感受性が豊かです。

[クラ(ウ)ン]
道化役のお子さんのことです。親たちの争いが始まり、家族間に緊張感が走り始めると、突然頓珍漢な質問をし始めたり、踊ったり歌ったりし始めるお子さんのことですね。普段から、家族にはペット的な扱いを受けていますが、心の中はさみしさが溢れています。

[イネイプラー]
支え役の子どものことです。他人の世話をやいてクルクル動き回っています。長男や長女がこの役割をすることが多いですね。
母親に変わって幼い弟や妹の面倒をみますし、父親替わりをしたりします。男の子がこの役割をすると依存的な母親とのあいだに情緒的近親相姦が生まれるのです。女の子がこの役割をすると、もっと深刻な事態が起きることもあります。父親による性的虐待ですね。

この他にもいろいろあると思いますが、ざっとみるとこのような役割があります。しかし、子どもたちは「無意識の言語」「ふるまい」をしていますので、伝えたいことは彼らにさえもわからないのです。

こうして、自分自身の欲求を棚上げし、他人の欲求を自己に取り入れ、自分の欲求のようにして生きているので、自分の感情を感じることができなくなっているのです。つまり、彼らは共依存しながら生きているので、「自己の欲望」の中身を知らなければ、自分を生きることができなくなるのです。

コミュニケーションについての勉強会後の出来事だったので、私はとても悲しく思ったことは秘密です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 9月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

 

子は親の背中を見て育つ 甘えと躾についての考察

こんにちは。自律サポートカウンセラーの甲斐です。

昨日は横浜の中華街でのコミュニケーションについての勉強会でお話しさせて頂きました。

参加してくださった皆様、主催してくださったおんゆうさんご夫妻に感謝申し上げます。

内容は、思ったよりも深い内容となりましたね。

やはり少人数の勉強会のほうが中身が深くなり、感じて頂けることも多く、深い内容になると改めて思います。

講演会が終ってからのご質問の一つに「甘え」についてのご質問がありました。

そのことについて書かせて頂きます。

ご質問くださった方のお子さんは幼稚園児でしたので、「この年齢のときは甘えは必要だから、甘えてもいいと思うよ。」とお答えしてあります。

帰り際のご質問だったので、それ以上はお話ができない状態でした。

その後、懇親会での様子をほかの方からお聞きして思ったのは、「甘え」と「自由」の違いがはっきりと理解できていないのだと思いました。

人間は、社会的な生き物です。ですから、他の人たちとうまくやっていく必要に迫られますね。

「子どもはえらい。だから大人のほうが間違っていることのほうが多い」ということは、私もよく言いますが、その意味をはき違えてしまうと、なんでもOKとなります。しかし、それは少し違いますよね。

発達障害 と言われるお子さんたちを見て、眉をしかめる大人はとても多いですよね。

その中には、親の接し方が大きく関係していて、何でも自由でいいのかというと、それは違います。

懇親会でよくお子さんが、騒ぐことがあります。

食事を一緒にするので、家庭が丸見えになります。

以前もあった例をお話ししましょう。

あるお子さんが自分はある程度食べたので暇になり、店内で遊び始めました。つい立てによじ登ったり、店内を走り回ったり、とにかく他のお客様にもご迷惑だったと思います。

母親を見ると、何も言いません。まさしくやりたい放題の状況になりました。そこで、同席していたある親御さんが、お子さんではなく、その親御さんに「注意しました」その結果注意された親御さんは「自由にさせているのですから、いいんです」というのです。

いかがですか?

それは違いませんか?

 

昨日の例では、自分で食べることが出来る年齢だと思われるお子さんに、お母さんが口まで運んで食べさせていたということですが、その状態もお子さんは寝っ転がっての状態だったらしいです。(私は見ていないのでその状態はよく分かりませんが)

私がそのかたの所に行ったときは、確かに寝そべっていました。どうしたの?と聞くと、眠くなったとのことでしたのであまり気にしてしていませんでしたが、明らかに飽きている状態ですよね。
その後、ドアを蹴飛ばしたらしいのですが、それも私は見ていませんが、それを注意した同席していた方からのお話で注意した方に「大きな声を出さないでください」と言われたのだと聞きました。

以前の事例では、その後、数日して注意された親御さんは、反省されて謝られたのですが、躾と自由、放任について深く考えさせられました。注意してもらった時の親の態度もお子さんはちゃんと見ていますよ。

躾とは何でしょうか?

辞書を調べてみましたので参考になさってください。

しつけ
礼儀作法を教えて身につけさせること。その礼儀作法。
漢字の躾をよくご覧ください。
身を美しくと書きます。
武家礼式の用語として生まれました。
 
 
箸の持ち方、使い方などは典型的なものですよね。
日本では、茶道や華道、日本舞踊、剣道、柔道など武道でも礼儀作法は重んじられます。
 
美しく生きるということは、生きやすいということでもあります。
今、このような考え方をする人が減ってしまったのでしょうか?
 
食事を頂く前には「頂きます」とあいさつして食べ始めます。
食事をしている間は、動き回らないことも礼儀ですね。
 
食事はお互いのマナーのもとに楽しく頂くのが大事ですね。
 
ある程度、大きくなれば自分で食べることが出来るようになります。
ですから、少々こぼしても、自分で食べる習慣をつけさせてあげることも大事です。
徐々に上手になっていきます。
 
こぼすことが嫌で、親が口に運んでいれば、いつまでたっても上手には食べることが出来なくなるでしょう。

自律、自立ができなくなっていきますよね。

 

自律とは、自分を律することでもあります。

 
お子さんが、長時間そこにいることが出来ない常態でしたら、家庭内でそれができるようになるまでは、公の場所に連れて行くのはやめたほうがいいでしょうね。
懇親会などの場合は長時間に及びますので、遊び道具などを用意することも大事なことだと思います。同席するお子さんがいらっしゃれば、一緒に遊んでもらえるような方法も考えてみるのもいいと思います。
長時間じっとしていることはお子さんたちにとっては苦痛な事でしょう。
 
講演会では、私がお話させて頂くときは、御一緒に参加されてもいいと日ごろ言っています。
ただし、お子さんにとって、そこは「退屈な場所」であることは間違いないと思います。
 
大人たちはお子さんを相手にすることはできません。お子さんが退屈しないような遊び道具をお持ちくださいともお願いしております。
そして、一番大事なことは、お連れになる前にお願いをしておいていただきたいとも言っております。
親の都合で、勉強するために連れてこられるのですから、それは当然ですよね。
 
子どもは親の所有物ではありませんので、一人の人間としての配慮が必要だと思います。
 
講演会や勉強会で騒ぐお子さんはあまりいらっしゃいませんが、懇親会となると、講演会に続いての時間となりますので、配慮はとても必要になります。
 
自由とは何か?
 
自由についても考えてみましょう。
現代社会では、自由といえば、たいがいのことが許されてしまいます。
自由とは、人間の生き方の本質に、関わる問題なのです。つまり、人生いかに、生きるべきかと言う、根元的な問題に、関わる重大な要素なのです。
 
欲望を開放することが自由ですか?
もしそう思っているとしたら、そういう人は欲望の奴隷になってしまうでしょう。
 
人生には限りがあります。しかし欲望には限りがありませんよね。
限りあるのに限りのないものを支配しようとすれば、己を失ってしまいます。自己を失ってしまったら自由などありえないのです。
 
 
自由の行きつくところはなんだとおもいますか?
 
それは自己実現です。自己実現とはなんでしょうか?それはマズローが提唱した発達段階の一番上にあるものですね。
自己実現とは意思と思いやりから達成できるものです。
主体性と思いやりがなければ達成できないのです。
 
それでは、お子さんにそのことを教えてあげていくことは親の責任だとも言えるのではないでしょうか?
先ずは、自分がどう生きるのか、何を実現したいのかを考えてみることがとても大事なことです。
 
自由とは、必然的に、自己中心の究極的な在り方を、意味することになります。自由は、自分自身の問題なのです。
昨日の勉強会でもお話しさせて頂きましたが、先ずは自分がどう生きていくのか、しっかりと見つめ直してみてはいかがでしょうか?
 
お子さんたちは、親の言う通りにはなりません。親のしているようになっていくのです。
このこともお話しさせて頂きました。
 
子どもは親の背中を見て育っていきます。
 
そのことをじっくり考えてみてはいかがでしょうか?
 
 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

DDクリニックでのカウンセリングは、ただいま 9月分の申込受付中です。
お問い合わせは、予約用電話:03-6240-1316まで!
クリニックのホームページはこちらです。

お問い合わせください。

御殿場、訪問カウンセリングはご予約を承っております。

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。