タグ: 食

ADHDの薬物療法

おはようございます。

自律サポートカウンセラーの甲斐です。

さて昨日は、ロヴァス法について書かせて頂きました。

今朝は薬物療法について書いてみます。

先日も、講演会後の懇親会で、「ストラテラを飲むと本当に治るのです。」と言っている方がいらっしゃいました。

直接お話していないので、詳しくお聞きすることはできませんでしたが、20代の男性でした。

今も服用しているとしたら、それは治ったということにはならないことは皆さん、お分かりですよね?

相談を受けていても、保護者の方が同じようなことを仰ることも多いのです。

果たしてそれは真実なのでしょうか?

薬を飲むと落ち着き安定する。

飲まなければ多動が出て落ち着かない。

厳密にいうと、薬で押さえている状態で、治ったことにはなりません。

しかし、「薬を常用するということは不自然なことだとわかっていても、効果がある、つまり飲まなければ落ち着かないので今は大事な時だからやめることはできません。」

 

と仰る方が多いのです。

しかし、今が大事なときだとしたら、大事でないときはいつ来るのでしょうか?

 

服用し続けて、とんでもないことになるお子さんがとても多いということも考慮しなければなりませんね。

 

世間一般的には、薬物療法と療育と呼ばれている指導が大事だということになっています。

確かに発達障害を支援する人の教科書「よくわかる発達障害」の中にも、薬物療法と具体的指導が必要であると書いてあります。

 

次のような指導をしながら薬物療法をしていくということですね。

 

 

①行動療法

②ペアトレーニング

③カウンセリング

④ソーシャルスキル・トレーニング(SST)

⑤感覚統合療法

⑥学校や幼稚園などでの指導の実際

などと組み合わせるということですね。

しかし、ここでよく考えてみてください。

「洗脳」とは、薬物を使って、行動や思考をコントロールし、本来の自分の行動を指導されるままに行動するようになることなのです。

これはとても危険なことだと私は思います。参考までにこちらの動画をご覧ください。

http://jp.cchr.org/documentaries/the-hidden-enemy.html

 

 

それではADHDの治療薬として服用されている薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

①中枢神経刺激薬

②長時間作用型メチルフェニデート(MPH)(商品名 コンサータ)

③選択的ノルエピネフリン再取り込み阻害剤

〇アトモキセチン(商品名ストラテラ)

④降圧剤

〇クロニジン

⑤抗うつ剤

〇三環系抗うつ剤

〇SSRI

 

薬の副作用などについては、お調べになってみてください。

ADHDは、先天的な脳機能障害

 

この考え方に問題はないのでしょうか?

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。

アルミニウム

今さらという感じですが、もう一度おさらいしておきましょう。
鍋や、アルミホイルも危険ですね。

http://bit.ly/1hbUiAY
ホットケーキや菓子類などに含まれるアルミニウムの添加物について、厚生労働省は21日、使用基準を定めて規制する方針を決めた。食事の取り方によっては、幼児で国際基準を上回るおそれがあることが分かったためだ。アルミは多量に取ると、神経系に影響が出る心配がある。

http://bit.ly/1hbUDnb

メロンパンやドーナツなどには、アルミニウムが含まれている場合がある。厚生労働省は、健康に悪影響を与えかねないとして、摂取基準を設けて規制することに乗りだした。なぜ、食品にアルミが含まれているのか。日々の食事は大丈夫なのか。 (林啓太)

「アルミニウムを子どもが口にしたら、どんな影響が出るのでしょうか」。2人の幼児を育てている主婦(30)は不安を口にした。

メロンパンやスポンジケーキ、ドーナツ。子どもたちの大好きな菓子パンやケーキの多くには、添加物として「ベーキングパウダー(膨張剤)」が使われている。ベーキングパウダーに含まれているミョウバン(硫酸アルミニウム)が、食品のアルミと関係している。

アルミは、土壌や水、空気にも存在。体内に大量に蓄積されると、肝臓や腎臓の障害を引き起こす可能性がある。アルツハイマー病との関連を指摘する意見もある。

厚労省が基準作りを始めたきっかけは、子どもを対象にした調査結果だった。2011〜12年度に実施した調査で、1〜6歳の子どものうち5%が、世界保健機関(WHO)などの専門家会議が設定した暫定許容量(1週間に体重1キログラム当たりで2ミリグラム)を上回っていた。平均は0.86ミリグラムだった。

厚労省食品安全部基準審査課の担当者は「専門家会議の基準は十分な余裕があり、許容量を超えて摂取したとしてもすぐに健康に影響があるわけではない」と、大量に摂取しなければ大丈夫という立場だ。

だが、同じ食べ物の量で比較すれば、体重1キロ当たりの摂取量は、体重の少ない子どもほど多くなる。食べもの通信社(東京)の松永真理子編集委員長は「幼い子どもには、できる限り摂取させないための取り組みが必要だ」と話す。

アルミは、タコやイカ、ウニなどの形状安定剤や、着色料の食用タール色素、漬物の変色を防ぐ色止め剤などにも含まれている。

原材料表示で 確認は難しい

だが、消費者がアルミを含む食品を見分けるのは難しい。原材料表示で添加物の名称を表示することが義務付けられている。だが、ベーキングパウダーが使われている場合は「膨張剤」と表示することが許されており、ミョウバンが含まれているかは分からない。

厚労省は使用状況などを調査した上で、基準値を設定する方針だ。当面は食品業界に使用量を自主的に減らすよう要請する。NPO法人「食品と暮らしの安全基金」(さいたま市)の小若順一代表は「アルミニウムの危険性は数十年前から指摘されてきた。基準値の設定は一歩前進だが、あまりにも遅すぎた」と話す。

製パン業大手「山崎製パン」はミョウバンを含まない膨張剤に切り替えた。パン製造20社でつくる日本パン工業会の担当者は「ミョウバンを含む膨張剤は、菓子パンの表面にぱりっとした感じを出しやすいため広く使われた。業界としても、代替の膨張剤に切り替えるようにしていく」と話す。

食品問題評論家の垣田達哉氏は「添加物に含まれている物質も表示するなど、消費者が判断できる材料を提供するべきだ」と指摘する。松永氏は「アルミ製のなべなどからも溶け出る。添加物以外のアルミの健康への影響についても調べる必要がある」と話した。

http://bit.ly/1hbUNeg
アルミ添加物、使用基準を設け規制へ 菓子やパンに使用

ホットケーキや菓子類などに含まれるアルミニウムの添加物について、厚生労働省は21日、使用基準を定めて規制する方針を決めた。食事の取り方によっては、幼児で国際基準を上回るおそれがあることが分かったためだ。アルミは多量に取ると、神経系に影響が出る心配がある。厚労省は業界にも自主的に減らすよう通知を出し、消費者にもバランスのよい食事を呼び掛ける。
世界保健機関(WHO)などによる専門家会議は、アルミを一生とり続けても、健康に影響がない1週間の許容量を体重1キロあたり2ミリグラムに定めている。国内では水道水には基準があるが、食品は一部を除きなかった。

厚労省は2011~12年度に、様々な食品に含まれるアルミの量を調べ、食事の調査をもとに年齢層ごとの摂取量を推計した。このうち1~6歳は、平均では許容量の4割におさまったものの、多くとる5%の人は許容量を上回った。7歳以上はいずれも許容量内だった。

1~6歳はアルミの4割を砂糖類・菓子類、3割を穀類からとっていた。アルミは自然界にも存在し、生鮮食品にも含まれるが、膨らし粉(ベーキングパウダー)に含まれるミョウバンなどが影響しているとみられる。膨らし粉を使う食品には一部の菓子パンや、ドーナツ、蒸しパンなどがある。ミョウバンは浅漬けの色をきれいにしたり、生ウニの形崩れを防いだりする目的でも使われる。

厚労省は、アルミを含む添加物について食品安全委員会に評価を求め、食品での上限値を定める。

アルミは大量にとり続けると腎臓や握力に障害が起こることが動物実験で確認されている。アルツハイマー病との関連も指摘されているが、厚労省は「明確な科学的根拠はない」という。

 

 

 
こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
ご予約・お問合せはこちらをクリック!
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。
Categories: , 食について Tags: タグ: ,

砂糖依存症

甘いものって癖になりますよね。
それは当然だったのです。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校小児科医のRobert Lustig博士は著書の The Atlantic で次の様に述べています。

「脳には側坐核と言う快中枢があります。種の存続欠かせない部位です。糖分をはじめ、何らかの物質を過剰摂取すると、快楽の元となる物質によりドーパミンを放出する信号が側坐核に送られます。こうして、快楽物質をさらに摂取するようになるのです。問題は、ドーパミンを放出し続けると信号の効果が弱くなっていくことです。

同じ効果を得るためには、さらに多く快楽物質を摂取する必要があります。これが耐性です。快楽物質が足りないと禁断症が出ます。耐性と禁断症が中毒の正体です。

 

http://www.theatlantic.com/health/archive/2014/01/the-sugar-addiction-taboo/282699/

より以下転載

 

22d7bd38e

 

 

The Sugar-Addiction Taboo

When can you call a food addictive?

 

Now that the holidays have come and gone, it’s time to look in the mirror and ask ourselves, “Did I really need to eat the whole box of chocolates?” If you did it in one sitting, you may suffer from Binge Eating Disorder, a newly-sanctionedpsychiatric diagnosis in the Diagnostic and Statistical Manual-V by the American Psychiatric Association. But even if you ate the box over several sittings, you might still suffer from its more controversial cousin—Food Addiction, not yet included in the DSM-V.

There’s been a lot of heat about food addiction, but little light. None other than Nora Volkow, director of the National Institute of Drug Abuse, has spoken out in favor of the diagnosis. Yet the psychiatric and the scientific communities have been slow to get on the bandwagon. Many scientists eschew the diagnosis whileothers embrace it. Not surprisingly, the food industry has largely dismissed the notion. No one argues that food isn’t pleasurable, or even that food doesn’t activate the “reward center” of the brain. But can food truly be addictive? In the same way that alcohol, tobacco, and street drugs are?

Some scientists poo-poo the idea on basic principle. You don’t need alcohol, tobacco or street drugs to live, but you do need food. How can something required for life be addictive? There are three levels of motivation: liking, wanting, and needing. When we go from wanting to needing, that’s when we start to invoke the concept of addiction. As a species and as individuals, we clearly need food.  Strike one for the naysayers.

But do we need all kinds of food? Certainly, we need those foods that supply essential nutrients—those things our bodies can’t synthesize itself. These include vitamins, minerals, essential amino acids (found in protein), and essential fatty acids (found in fish and various vegetables). If you’re missing any of these you’ll get some classic nutritional deficiency disease, such as beriberi or scurvy. But what about energy? We certainly need energy, but we humans are very capable of turning protein or fats into energy when it is required. What if a foodstuff supplies only energy? Alcohol is energy, but it is certainly not required for life. There’s no biochemical reaction that requires alcohol. Thirty-nine percent of Americans are teetotalers, and while they might be missing out on some fun, they’re not exactly ill.

Which brings us to sugar. Another fun substance, full of energy, made up of two molecules linked together: glucose (kind of sweet, and not that much fun), and fructose (very sweet, and a whole lot of fun). Glucose is a nutrient, although not essential—it’s so important, that if you don’t eat it, your liver will make it. But what about fructose? Is fructose a nutrient? As it turns out, there’s no biochemical reaction that requires dietary fructose. A rare genetic disease called Hereditary Fructose Intolerance afflicts 1 in 100,000 babies, who drop their blood sugar to almost zero and have a seizure upon their first exposure to juice from a bottle at age six months. Doctors perform a liver biopsy to confirm the diagnosis. From that moment on, they’re fructose-free for the rest of their lives. And they’re among the healthiest people on the planet. Alcohol and fructose both supply energy. They’re fun—but they are not nutrients.Strike two.

But oh, do we want it. As an example, rats are not big fans of lard. But if you lace the lard with some sugar (called “cookie dough”), that’s another story — indeed, in a controversial abstract at this year’s Society for Neuroscience meeting, rats were found to prefer Oreos to cocaine. And we humans are not far behind. Arecent study by Dr. Eric Stice of Oregon Health Sciences University looked at our obsession, by parsing out the fat from the sugar. Subjects laying in an MRI scanner consumed milkshakes where the fat and the sugar concentrations were dialed up or down.  Bottom line, fat stimulated the somatosensory cortex (in other words, “mouthfeel”), but only sugar stimulated the reward center. And adding fat to the sugar didn’t increase the reward any further. This study shows we want sugar way more than we want fat.

 

以上転載終わり

http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2010/04/20/sugar-dangers.aspx

http://japanese.mercola.com/sites/articles/archive/2016/09/01/砂糖依存症.aspx様より

一部引用させて頂きます。

栄養バランスの乱れ、栄養不足

  1. 体内のミネラルバランスが崩れる
  2. クロム不足
  3. カルシウム、マグネシウム、タンパク質の吸収が悪くなる
  4. 総コレステロール値、中性脂肪値、悪玉コレステロール値を上げる
  5.  善玉コレステロール値を下げる
  6. ビタミンEの血中濃度を下げる
  7. 砂糖はデンプンと比較すると2-5倍の脂肪に変換される。

行動の変化

  1. アルコール同様の中毒性
  2. アドレナリンの急上昇、多動、不安
  3. 小児の集中力低下、眠気、イライラ
  4. 小児の身体活動の低下
  5. 学習能力が低下し、学校の勉強について行けなくなり成績が落ちる
  6. 反社会的な行動が増える
  7. 情緒不安定
  8. うつ
  9. アルコール依存症

病気のリスク増加

  1. ガン細胞に栄養を供給する
  2. 細胞死を促す
  3. 空腹時血糖値が上昇する
  4. 収縮期血圧の上昇
  5. 血小板粘着能の亢進
  6. 腎臓結石、胆石の形成
  7. 急激な糖分の吸収による過食
  8. 肥満
  9. インスリン感受性の低下によりインスリンが増加、糖尿病に発展する
  10. 反応性低血糖
  11. 頭痛、偏頭痛
  12. めまい
  13. 消化管の不調
  14. 食物アレルギー
  15. 慢性変性疾患
  16. アテローム性動脈硬化症、心血管系疾患
  17. 白内障、近視
  18.  関節炎、喘息、多発性硬化症などの自己免疫疾患に発展
  19. 肺気腫の原因
  20. 骨粗鬆症の要因
  21. 虫垂炎、痔、静脈瘤の罹患
  22. パーキンソン病(糖分の摂取量が多いと発症しやすい)
  23. 痛風、アルツハイマー病のリスク増加
  24. 唾液が酸性に傾く、虫歯、歯周病
  25. 歯肉炎
  26. カンジダ菌 (イースト感染)の爆発的な増加
  27. 妊娠中毒症
  28. 小児の湿疹
  29. 注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状を悪化させる
  30. ポリオを発症するリスクの増加
  31. てんかんの発作
  32. 肥満体の人の血圧上昇
  33. 集中治療中の過剰摂取は死亡のリスクがある

身体機能の障害

  1. 健康状態が正常な人における代謝異常
  2. 免疫機能の低下による感染症に感染するリスクが増加
  3. 体組織の柔軟性や機能の低下
  4. 視力の低下
  5. 早老
  6. 糖化の最終代謝産物の増加。タンパク質に糖の分子が付着し機能を低下させる
  7. DNA構造の変異
  8. 点滴栄養補給中の患者において脳への酸素供給が絶たれる
  9. タンパク質構造が変異し、そのタンパク質の体内での作用が変化する
  10. コラーゲン構造の変異
  11. 肌の老化
  12. 身体の生理的恒常性の低下
  13. 酵素機能の低下
  14. 肝細胞の分裂が進み肝臓が肥大。肝脂肪の増加。
  15. 腎臓肥大による病変
  16. 膵臓機能の低下
  17. 体内水分量増加
  18. 尿の電解質組成への影響
  19. 副腎機能の低下
  20. 毛細血管の表面を損傷させる
  21. 腱の弾力性低下
  22. δ波、α波、θ波など脳波を増幅させ、思考能力に影響を与える
  23. ホルモンバランスの変調
  24. フリーラジカルを増加させ酸化ストレスを起こす
  25. 不妊率の増加、胎児発育遅延のリスクが2倍以上
  26. 新生児の脱水症状
  27. 未熟児では、二酸化炭素の排出量に影響する

 

 

こんなお悩みの方もご相談ください。
カウンセリングさせて頂いております。

Heart Concierge ひまわり
静岡県御殿場市萩原767-14
お問合:090‐9924‐7773
e-mail:info@hi-mawari.com
営業時間:9:00~18:00カウンセリングは全て予約となります。
Categories: ┗発達障害, 医学, , 食について Tags: タグ: , ,